1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめスープジャー人気比較ランキング!保温・保冷機能は?

2018/03/22更新

おすすめスープジャー人気比較ランキング!保温・保冷機能は?【2018年】

お弁当にあたたかいスープを持っていきたいときや、夏に冷たい麺類などを持ち運ぶときにも便利なスープジャー。オフィスにお弁当を作って持って行っている人には、必須のアイテムではないでしょうか。

スープだけではなく雑炊なども持ち運ぶことができますし、意外と使用用途の広いスープジャーはお弁当女子・男子なら1つは持っておいてもいいでしょう。

そんなスープジャーはサーモスや象印、タイガーといった誰もが知っているメーカーをはじめ、さまざまなメーカーから、それぞれ特徴の違うものが発売されています。ですからどれを選んでいいか悩んでしまう人も多いでしょう。

そこでここではスープジャーを選び方や人気のおすすめ商品をご紹介していきます。これからスープジャーを買おうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スープジャーの選び方

エプロン 女性

保温も保冷もできるスープジャーは、お弁当を作っている人たちからとても人気ですから、その種類も多様化してきています。パッと見は似たような商品がたくさんあるのですが、その特徴は異なるため、購入前にはしっかりチェックすべきポイントがあります。

自分にぴったりなスープジャーはどういう風に選ぶといいのでしょうか。使い勝手がよく、毎日のお弁当を楽しめそうなスープジャーの選び方のポイントについてご説明していきます。

容量で選ぶ

スープジャーには容量の違いがあります。小さいものだと250ml、大きければ500mlといった容量がありますが、一番商品数が多いのは、300mlや380mlなどのミドルサイズのものになります。

購入するスープジャーの容量は、自分がスープジャーをどのような用途で使うかということを意識して選ぶようにしましょう。

メインのお弁当の補助的存在として、ちょっとスープを持っていきたいという人は一番小さいもので十分でしょう。スープがメインのおかずの1つだという人なら、300mlや380mlのサイズがおすすめです。スープとパンというようなランチの食べ方をする人なら、このサイズがいいのではないでしょうか。

スープ自体がメインだったり、雑炊などを入れてスープしか食べないという人、とてもよく食べる人なら500mlの大きい容量のものを購入するといいでしょう。

その時その時によって、用途が違うという人は何種類かの容量のものを買っておくと便利です。用途が違うものをいくつか持っておけば、お弁当の献立を考えるのも楽しくなるでしょう。

重さや大きさもチェック

容量に似ていると思うかもしれませんが、同じ容量でも商品によって重さや大きさが違います。お弁当を持っていくということを考えると、荷物が少しでも軽くなるように、商品重量が軽めのものを選ぶのがおすすめです。

また自分のカバンに入れて、しっかりフィットするかという点で商品自体の大きさも見てみましょう。

重さや大きさの点で、自分のカバンにフィットしなかったり重すぎると感じるようなら、容量を少し小さいものにしたほうがいいかもしれません。

スープジャーにはスープなどを入れることになるので、商品重量にプラスして、中身の重さも加わることも忘れてはいけません。あまり重すぎたり大きすぎたりすると、持ち運びが面倒になってしまってスープジャーを使わなくなってしまう可能性もあります。

ですから重さや大きさも重視すべき点の1つなのです。

お手入れのしやすさで選ぶ

スープジャーを買えば、ほぼ毎日使うという人もいるでしょう。そんなときに、お手入れがしづらかったりすると洗うのが面倒になってしまって、せっかく買ったスープジャーを使わなくなってしまうこともあるかもしれません。

そんなことにならないようにするためには、購入前にしっかりお手入れのしやすさをチェックしておきましょう。お手入れのしやすさのチェックポイントは、口径が広いか、内部がどうなっているか、パーツが複雑すぎないかといったようなところでしょう。

口径が広ければ、それだけ洗いやすいですよね。手を中まで入れて洗うことができれば、中もしっかり洗えるので、口径は広いものを選ぶといいでしょう。容量が大きくても、口径が広く背が低めのスープジャーだと、洗いやすいため洗うのが面倒ということにはならないでしょう。

また、内部の加工についても重視すべき点です。スープジャーの内部はステンレス製とセラミックコートというものが主流ですが、洗いやすいという点を取ると、セラミックコートがおすすめです。

セラミックコートのものだと、さらっと汚れが落とせるので、洗う手間が省けます。また臭いもつきづらくなっているので、臭いが強いものを持ち歩くときにも向いています。

一方でセラミックコートは、ステンレス製のものよりも保温や保冷効果が低いという特徴もあります。ステンレス製も汚れを落としづらいというわけではありませんが、臭いうつりがしやすく、時間がたつと汚れが落ちにくくなっていくという欠点があります。その代わり保温・保冷力が抜群なので、その点を重視するならステンレス製がいいかもしれません。

内部加工については洗いやすさを取るのか、保温・保冷力を取るのかを考えて選ぶといいでしょう。頻繁にスープジャーを買い換えるという人なら、ステンレス製のものでも汚れの落ちにくさに悩まされることはないでしょう。

洗いやすさでいうと、パーツが複雑ではなく分解できるという点も重要です。パーツが複雑だと、たとえ分解できたとしても洗うものが多くなりますし、組み立ても面倒ですよね。洗ったり乾かしているうちに、パーツをなくしてしまう可能性もあります。

ですから洗いやすさを重視するときには、パーツが単純で洗うのが簡単そうなものを選ぶことをおすすめします。

洗いやすさについては、すでにその商品を使っているユーザーからの口コミも参考になります。そういった口コミもチェックしてみるといいでしょう。

保温性や保冷性などの機能で選ぶ

せっかくスープジャーを買っても、肝心の保温性や保冷性がいまいちだと、お弁当を食べるときにがっかりしてしまいますよね。ですから保温性や保冷性もしっかりチェックしておくべきポイントです。

この点をチェックするには、その商品の仕様にある「保温効力」と「保冷効力」という項目をみてみましょう。これは、室温20度の部屋にスープジャーを置いた場合に、熱湯や冷水を入れ、その温度をどのくらいの時間保てるのかということを表しているものになります。

当然保温効力や保冷効力が高いほど、その商品の保温性・保冷性が優れているということになります。ですからこの項目が高ければ、温かいスープを温かいままで食べることができます。スープジャーを選ぶときには、この「保温効力」と「保冷効力」が高いものを選ぶといいでしょう。

最近では「真空断熱構造」のスープジャーも出てきています。これは簡単に言うととても保温・保冷効力の高い技術が採用されているということです。保温・保冷効果をとても重視する人なら、この真空断熱構造がおすすめです。ただし、価格が他のものよりも高くなりがちですから、コスト面とのバランスを見て選びましょう。

デザインで選ぶ

スープジャーのラインナップを調べてみると、非常に多くのデザインとカラーのものがあることに気づくでしょう。全くデザインを気にしないという人もいるでしょうけれど、おしゃれなデザインや好きな色のスープジャーを選べば、お弁当を作ることも、お弁当を食べるときも楽しい気分になれるでしょう。

ただしとても好きなデザインやカラーだったとしても、保温・保冷効果があまりなかったり、洗いづらかったりすると、やはり使いづらくなってしまいます。

デザインはそういったスープジャーとしての機能をチェックしたあとで、最終的にいくつか商品が絞れたら、その中のどれを選ぶかという際のチェックポイントにすることをおすすめします。

デザインを重視するなら、いくつか好きなデザインやカラーのものをピックアップし、その中のどれが機能が高く、洗いやすいかをチェックして選ぶといいでしょう。

スープジャーに直接口をつけて飲む人は・・・

スープジャーを持っていく場合、スプーンなどを使って食べる人と、スープジャーに直接口をつける人がいるでしょう。

スープジャーに口をつけないで食べる人には関係ありませんが、スープジャーに口をつけるという人は、そのスープジャーが口をつけて食べやすい構造になっているかもチェックすべきポイントです。

樹脂カバーやシリコンカバーがついていると、口をつけて飲みやすいので、直接口をつけるという人はこの点もチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

スープジャー人気おすすめ商品TOP10

ここまでご説明してきたとおり、スープジャーを選ぶときにはチェックするべきポイントがたくさんあります。これらのポイントを踏まえて、スープジャーにはどんな商品があるのかを見てみましょう。

ここではおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介しています。それぞれの特徴についてもご説明していきますから、気になる商品があればここから選んでみてもいいでしょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

タイガー 魔法瓶 真空 断熱 スープ ジャー 380ml 保温 弁当箱 広口 まる底 インディゴブルー MCL-B038-AI Tiger

タイガー 魔法瓶 真空 断熱 スープ ジャー 380ml 保温 弁当箱 広口 まる底 インディゴブルー MCL-B038-AI Tiger

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,073

魔法瓶でおなじみのタイガーのスープジャーです。真空断熱構造になっていて、保温性・保冷性は抜群。口径も広めで洗いやすく、パーツが分解できるのでお手入れしやすい商品です。

タイガーの商品はスープジャーに限らず、汚れにくくニオイがつきづらい加工がされているので、お手入れ面を重視する人には大変おすすめです。

この落ち着いたブルー以外は、ビタミンカラーのイエローとオレンジ寄りのレッドがあります。サイズ展開も3種類あるので、家族で別カラーを使ったり、用途によっていくつか持っていてもよいのではないでしょうか。

9位

象印 (ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 550ml クリアレッド SW-HC55-RC

象印 (ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 550ml クリアレッド SW-HC55-RC

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,686

明るいレッドとブラウンのツートーンカラーが目を引く象印のスープジャーです。550mlとスープジャーの中では大きめのサイズですから、スープをメインでお弁当にしたい人に。オリジナルレシピもついてくるので、お弁当作りが楽しくなりそうです。

飲み口は樹脂製で、直接口をつけてもやわらかく飲みやすいようになっています。パーツは全て分解ができるので、清潔に洗うことができるアイテムです。

中身はつるっとしたステンレス製になっていて保温力・保冷力もばっちりで、中身を入れて6時間後でもあったかいスープや冷たいメニューを食べることができます。

8位

和平フレイズ ランチジャー フードコンテナ ランチポット 400ml ハンディ 真空断熱 レッド フォルテック・ランチ FLR-6862

和平フレイズ ランチジャー フードコンテナ ランチポット 400ml ハンディ 真空断熱 レッド フォルテック・ランチ FLR-6862

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,003

デザインが可愛らしい和平フレイズのスープジャーです。このレッド以外にもカラバリ豊富で明るい色が多いので、家族で色違いを用意しやすい商品となっています。

真空断熱構造で、保温・保冷もばっちりこなします。内面はセラミックコートがされているので、ニオイうつりがしづらく洗いやすい商品です。口径も広めなので、手が大きすぎなければ中まで手を入れて洗えるでしょう。パーツが比較的シンプルなので、洗うものが少ないのも魅力的。

お手入れのしやすさや、明るいカラーを重視するならおすすめの商品です。

7位

パール金属 スープ ジャー 400ml ブラック 保温 保冷 フード マグ キープス HB-272

パール金属 スープ ジャー 400ml ブラック 保温 保冷 フード マグ キープス HB-272

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 880

さまざまなキッチン用品を製造しているパール金属のスープジャーです。ちょっと変わったフォルムがおしゃれなアイテム。保温も保冷もきちんとこなしますから、長時間たっても美味しい料理を食べることができます。

400mlと少し大きめですから、スープだけではなくおかゆやパスタなどを入れていくのに向いた容量になっています。そのほかにもさまざまなメニューで使えるでしょう。

口径8cmと広めなので、洗うときにも手を入れやすく、しっかり中まで洗えます。

6位

サーモス 真空断熱スープジャー 400ml ミルク JBQ-400 MLK

サーモス 真空断熱スープジャー 400ml ミルク JBQ-400 MLK

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,228

水筒でおなじみのサーモスのスープジャーです。白と茶色のツートンカラーが可愛く、シンプルなアイテム。400mlと容量がやや大きめなので、たっぷりスープをお弁当に持って行きたいという人におすすめです。

開け方に工夫がしてあり、蓋が開けづらいときには上フタを押しながら回すとすぐに開きます。熱いものが中に入っているとなかなか蓋が開きづらいということもありますが、この商品ならそういった心配はありません。

パーツをすべて分解することができ、蓋部分は食洗機にも対応しているのでお手入れがとても簡単です。

5位

サーモス 真空断熱フードコンテナー ディズニー ミッキー ミニー 270ml レッドホワイト JBI-271DS R-WH

サーモス 真空断熱フードコンテナー ディズニー ミッキー ミニー 270ml レッドホワイト JBI-271DS R-WH

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,799

サーモスのミッキー柄のスープジャーです。赤と白のカラーがおしゃれな商品。270mlと比較的こぶりなスープジャーですから、お弁当のおかずの1つとしてスープを持って行きたいという人におすすめです。

真空断熱構造ですから、熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいままで持ち運びが可能です。スープはもちろん、冷たいフルーツやデザートも冷たいままで楽しめます。

開けやすく、洗いやすい構造になっていて、使い勝手のよいスープジャーです。

4位

スケーター 保温 スープジャー 300ml 和 モダン 抹茶 スープポット ランチジャー LJFC3

スケーター 保温 スープジャー 300ml 和 モダン 抹茶 スープポット ランチジャー LJFC3

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,274

とても渋い色をしたスケーターのスープジャー。本体と同色の専用バッグもついてきてお得です。カラーバリエーションが3色あり、どれも和風の渋い色合いになっています。

300mlとスープジャーの中では標準的な大きさながら、超軽量でコンパクトなので持ち運びがしやすいでしょう。保温も保冷もしっかりこなします。

このスープジャーを使って調理ができるレシピがついているので、そういったレシピに興味がある人にもオススメの商品です。

3位

サーモス 真空断熱スープジャー 380ml レッドペッパー JBI-383 RDP

サーモス 真空断熱スープジャー 380ml レッドペッパー JBI-383 RDP

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,019

レッドカラーが鮮やかなサーモスのスープジャーです。標準的な380mlの容量ですから、使いやすい商品です。蓋部分はすべて分解可能で、本体の口も大きく洗いやすいのも魅力でしょう。

真空断熱構造ですから、もちろん保温・保冷効果にも優れています。保温効力は56度以上、保冷効力は12度以下と十分な保温・保冷効果ではないでしょうか。

サーモスのスープジャーが欲しいという人は、まずはこれを試してみてはどうでしょう。

2位

サーモス 真空断熱フードコンテナー 380ml レッドチリ JBI-382 RCL

サーモス 真空断熱フードコンテナー 380ml レッドチリ JBI-382 RCL

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,799

さまざまなスープジャーを製造しているサーモスの、明るいレッドカラーのスープジャーです。明るいカラーですからランチタイムに気分を盛り上げてくれそうですね。丸洗いが可能で、パーツも分解できるので、お手入れが簡単な商品です。

真空断熱構造ですが、真空断熱構造のスープジャーの中では比較的お求めやすい値段になっているので、とりあえずきちんと保温・保冷をするスープジャーが欲しいという人に向いているでしょう。

1位

サーモス 真空断熱スープジャー 500ml コン JBM-501 KON

サーモス 真空断熱スープジャー 500ml コン JBM-501 KON

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,308

クールなネイビーカラーとシンプルなフォルムがかっこいいサーモスのスープジャーです。女性向きの明るい色以外ではブラックが定番カラーなスープジャーの中でも、少し珍しいカラーではないでしょうか。大容量な点も、男性に使いやすいスープジャーとなっています。

もちろん真空断熱構造なので、スープジャーとしての保温・保冷機能もばっちりです。フタの構造がとてもシンプルで洗いやすいのも嬉しいポイントです。大容量スープジャーをお探しの方におすすめします。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

スープジャーの効果的な使い方

カレー

スープジャーやスープを入れるだけのものと思っている人も多いでしょう。しかしスープジャーはスープ以外のものを運ぶのにも向いています。
ここではスープジャーの基本的な使い方のコツや用途についてご説明していきます。スープジャーを購入する前に参考にすると、どんなスープジャーが自分に合っているか想像がつきやすいかもしれません。

あたたかい料理を入れる場合

スープジャーにスープを始めとした煮物やカレーなどのあたたかい料理を入れる際には、はじめにスープジャーに熱湯を入れてスープジャー自体を余熱してみましょう。こうすると、それだけ食べ物の温度が低くなりづらくなるので、お弁当を食べるときにも、ほかほかのままでいてくれます。

スープジャーに入れて運べる料理は、スープだけではなくあたたかいものならなんでもいいでしょう。パスタを入れるのもおすすめです。

冷たい食べものを入れる場合

スープジャーにはサラダやフルーツなど冷たいものを入れて、冷たいままで食べることができるほか、冷たい麺料理などを運ぶのにも向いています。

夏場には冷製パスタやそうめんなどの料理を運ぶのに大活躍するのではないでしょうか。

スープジャーを使って調理する

スープジャーによっては、スープジャーを使って調理ができるというものもあります。保温効果の高いスープジャーなら大抵可能ですが、例えば具材に熱を通したいときにも便利ですし、スープジャーの中でスープ料理を作ることもできます。

詳しくは、スープジャーレシピの本や本体についてくるレシピブックを参考にしてみてください。

まとめ

作った状態の温度を保てるため、とても便利なスープジャー。ランチタイムを楽しくしてくれるアイテムとしてはとても優秀なアイテムです。

お気に入りのデザイン・カラーで使い勝手のよいスープジャーを選ぶことができれば、毎日のお弁当作りも楽しくなるでしょう。ここでご紹介した内容を参考に、ランチタイムを盛り上げてくれるようなスープジャーを選んでみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.