1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめの洗濯洗剤は?人気比較ランキング

2018/06/21更新

おすすめの洗濯洗剤は?人気比較ランキング【2018年】

洗濯

洗濯洗剤はとにかく洗浄力が高そうなものを選んでいるけれど、思うように汚れが落ちていない、そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。実は洗濯洗剤の選び方には大切なポイントがあります。

今回は効果的に汚れが落ちるような洗濯洗剤の選び方をご紹介します。また、花粉症の季節や梅雨の時期に室内干しする方も、生乾きのニオイから解放されるように参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

洗濯洗剤の選び方

男性

洗濯洗剤は実に多くの種類があるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますね。けれどもそのような商品はどれも、特定の目的のために効果を発揮するように開発されています。

つまり目的に合致した商品を選ぶことが大切なポイントというわけです。そこでここでは、洗濯洗剤にはどのようなタイプのものがあるのか、どのような時に効果を発揮するのかをご紹介します。

洗濯洗剤は用途に応じて選ぶことが大切

洗濯洗剤の種類があまりにも多いので、選ぶのも迷ってしまうかと思います。けれどもこれだけ種類が多い理由は、色んな要望に応えるために開発されているためです。逆に言えば、目的に合わない洗濯洗剤を使うと効果が発揮できないということになります。

同じタイプの洗剤であれば、洗浄力はさほど違いはありません。つまり何を選べば良いのかを決めるためには、どんな目的で使うのかをきちんと定めることが必要というわけです。

洗濯洗剤の種類は大きく分けると、粉末タイプと液状タイプ、そして近年人気のあるジェルタイプになります。これらはそれぞれ得意とするものがあるので、それを知っておくと良いでしょう。またどのような効果を重視するのかによってどんな性能をチェックすれば良いのかを知っておくことが大事です。

洗浄力の高さで選ぶなら粉末タイプ

現在最も人気があるのは液状タイプの洗濯洗剤です。様々な香りのものが販売されていますし、メーカー各社も開発に力を入れているタイプです。もちろん洗浄力の高さをアピールする商品も多くあります。

けれども実は、それよりも高い洗浄力を持つのが粉末タイプの洗濯洗剤です。昔ながらのものがしっかりと汚れを落としてくれるというわけですね。けれども粉末タイプは水に溶けにくいとか、洗濯が終わった後にも衣類に残るという不安を持つ人も多いのではないでしょうか。

確かに液状タイプと比べれば水に溶けにくいのは事実です。けれどもそれは液体タイプと比較しての話であって、決して溶けにくいというわけではありません。粉末タイプの洗濯洗剤も今ではかなり改良されているので、水にもしっかり溶けますし、衣類にも残りにくくなっています。

そして粉末タイプが何故洗浄力が高いのかというと、弱アルカリ性であることが理由です。衣類の汚れで一番気になるのは皮脂の汚れやたんぱく質ですが、これは蓄積されると黄ばみにつながります。ワイシャツの襟や手首の汚れが落ちなくなってくるのは、皮脂などの汚れが落ちないからです。

そしてこの皮脂やたんぱく質は酸性なので、それを中和させるアルカリ性の洗剤が効果的ということになります。多くの洗濯洗剤は弱アルカリ性となっていますが、粉末タイプの強みは水に溶けてもその性質を失わないところにあります。

ただし冬場の冷たい水道水で洗濯する場合には、やはり若干溶けにくくなるのが気になります。できればお湯で洗うことができれば、しっかりと汚れを落とせます。

また、これは液状タイプでも言えることですが、何度も洗うと繊維を傷めるようになります。そのために柔軟剤を使ったり、あるいは最初から柔軟剤が入ったものを選ぶと良いでしょう。

使い勝手の良さが光る液状タイプ

洗濯洗剤の主力となっているのが液状タイプです。冬場の水道水でもきちんと溶けて汚れを落としてくれます。ただし液状タイプは水に溶けるとアルカリ性が弱まると言われます。それが粉末タイプとの洗浄力の差に現れるようです。

ただし粉末タイプとは異なる使い勝手の良さとして、部分的にしつこい汚れをつけ置き洗いできる点があります。気になるシミがあれば、液を少し垂らして時間を置いてから洗濯すると落ちやすくなります。

また液状タイプの洗濯洗剤には、様々な効果を追加したものが販売されています。まず室内干しで嫌なニオイが発生しないような抗菌・殺菌タイプのものがあります。ニオイが発生する原因は、生乾きによって雑菌が繁殖するからです。

その原因を断ち切ることで、梅雨の時期の室内干しでもニオイを気にすることがなくなります。そして他にも色んな効果を持つ洗濯洗剤が販売されています。

黄ばみを防ぐ蛍光増白剤入り

蛍光増白剤は白いシャツなどの黄ばみを気にならなくしてくれます。ワイシャツをいつまでも白く保つために役立ちます。逆に明るい色のついた衣類の場合には、その色が変わりやすいので注意が必要です。

大抵の洗濯洗剤には仕上がりを白く見せる蛍光増白剤が入っていますが、実はこれは染料です。シミや黄ばみを白く見せるということで、漂白剤とは違い絵柄によって色落ちするということはありません。

ただし、淡い色の生地の場合には、蛍光増白剤が付着することで本来の色が変わってしまうことになります。パステルカラーのような淡い色の衣類は、蛍光増白剤が入っていないものを選んだ方が良いかもしれません。

除菌効果が期待できる漂白剤

漂白剤入りの洗濯洗剤は除菌と消臭効果が期待できます。季節の変わり目に着なくなる衣類を洗濯する時に便利でしょう。次の季節にしまいこんだ服を出してみると、妙に黄ばんでいるということはないでしょうか。これは雑菌が繁殖することで起きる症状です。

そこで漂白剤入りの洗濯洗剤を使っておけば、オフシーズンの間保管しておいても黄ばむことはありません。また洗濯洗剤に配合されている漂白剤は塩素系ではなく酸素系なので、色落ちしにくいのも利点です。

ただし柄物の中には色落ちしやすいものもあるので、目立たないところに洗剤を5分ほどつけておいて、変色しないかどうかを確認しておくと良いでしょう。

衣類を柔らかくする柔軟剤

粉末タイプでも柔軟剤が入ったものが出ていますが、液状タイプは柔軟剤入りのものが非常に多く販売されています。仕上がりがふんわりと柔らかくなりますし、冬場には静電気の発生も抑えてくれます。

皮脂の汚れを落とす酵素

液状タイプでも粉末タイプのような汚れ落ちを実現するのが酵素入りです。タンパク質の汚れももちろんのこと、食べ物をこぼしたりした後のシミも落としてくれます。

手を汚さないジェルタイプ

近年人気が増しているのがジェルタイプです。濃縮された液状の洗剤をフィルムでコーティングしたもので、手でつまんで洗濯機に入れることができます。汚れ落ちも良いですし、洗濯の量に応じて投入する個数を調節できる便利さもあります。

このジェルタイプの洗濯洗剤の利点として、液状タイプでは配合することができない成分を別々にフィルムに閉じ込めて、水に溶かした時にそれぞれの成分の効果を発揮できることがあります。有効成分の鮮度を保つことができる全く新しい形状の洗濯洗剤と言えます。

ただし、このフィルムは耐熱温度がそれほど高くないので保管には注意が必要です。夏場は室温が高いとフィルムが溶けて中身が出てしまうこともあります。

ウールやシルクの手洗いにはおしゃれ着用洗剤を

ウールやシルクの衣類はタグに手洗い表示されています。これは洗濯機の手洗いモードで洗う必要があるものですが、洗濯洗剤もおしゃれ着用を選びます。汚れをしっかり落とす弱アルカリ性は、生地を傷める恐れがあります。そこで生地に優しい中性のおしゃれ着用洗剤を使うことになります。

おしゃれ着用洗濯洗剤は残留しても皮膚の刺激が少ないのが利点です。また界面活性剤の刺激も少ないので安心して使用することができます。ただし殺菌効果などはありませんし、油汚れには強いのですがたんぱく質汚れにはあまり効果がありません。そのために襟の気になる汚れを落としたり、部屋干しの嫌なニオイを抑制することは期待できません。

敏感肌の人は石けん洗剤を

洗濯洗剤はとにかく汚れ落ちの良さや香りの良さが重視されますが、例えばそのような香りを苦手とする人も大勢います。あるいは界面活性剤をはじめとして色んな成分が配合されています。そのような化学的な成分が苦手というような場合、天然成分を使った石けん洗剤がおすすめです。赤ちゃんやデリケートな肌の人が安心して着れる仕上がりになります。

あるいは普段口元に触れることが多いハンカチなども、石けん洗剤を使うと安心です。洗濯した後の水も自然に優しいものですし、仕上がりもそれほど香りは強くありません。

油汚れやたんぱく質の汚れに強いとされる石けん洗剤ですが、実はその洗浄効果は水質に大きく左右されることが知られています。関東地方のような硬水では洗浄力が落ちるので、使用量を増やす必要があります。そして大量に洗剤を使うことで残留した石けんカスがニオイを発するようにもなるので注意が必要です。

時短したい人にはすすぎ1回の洗剤がおすすめ

粉末洗剤やおしゃれ着用洗剤はすすぎを2回行う必要がありますが、液状タイプの洗濯洗剤にはすすぎ1回で済ませることができるものがあります。洗濯物が多い家族や普段仕事などで忙しい人におすすめです。

また節水にもなるので、水道料金を安く抑えることにもつながります。汚れによっては洗浄力が落ちる場合もありますが、皮脂や汗などの汚れを中心に落とすのであれば十分です。

中には中性であり漂白剤も含まないのに高い洗浄力を持つ商品もあります。これは繊維の奥まで洗剤が浸透するように工夫されているのが理由です。またすすぎ1回でも仕上がりの香りがそれほど強くない商品もあるので便利です。

スポンサーリンク

洗濯洗剤人気おすすめ商品TOP15

それでは販売されている洗濯洗剤の中でも人気のある商品をご紹介します。各メーカーは洗浄力やその他の効果にこだわりを見せています。

その中で自分が使う場合に役立つようなものを探していただければと思います。粉末タイプや液状タイプ、そして人気を高めているジェルタイプと一通り揃っているので、効果を比べてみると良いかもしれません。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

15位

ボールド 洗濯洗剤 液体 プラチナクリーン プラチナピュアクリーンの香り 詰め替え 超特大 1.26kg

ボールド 洗濯洗剤 液体 プラチナクリーン プラチナピュアクリーンの香り 詰め替え 超特大 1.26kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 419

部屋干しの嫌なニオイをピュアな香りに変える液状タイプの洗濯洗剤です。プラチナクレンジング効果により白さを実現しています。さらにすすぎは1回で済ませることができるので、節水効果もあります。

香りの強さを抑えているので、強い香りが苦手な方にもおすすめです。柔軟剤も配合されているので、白さと共にふんわりとした仕上がりになります。

14位

【大容量】トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 液体 4Kg

【大容量】トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 液体 4Kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,934

大容量4kg入りの洗濯洗剤です。繊維1本1本までクレンジングするというスーパーナノ洗浄により、こびりついた皮脂の汚れを落とします。泡切れも良いのですすぎは1回で済ませられます。

香りもそれほどきつくなく、柔軟剤の匂いが苦手な方にもおすすめです。何度も詰め替える必要がないので便利という点で評価の高い商品です。

13位

アリエール 洗濯洗剤 液体 イオンパワージェルサイエンスプラス詰め替え 超特大1.26kg

アリエール 洗濯洗剤 液体 イオンパワージェルサイエンスプラス詰め替え 超特大1.26kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 375

繊維の奥にまで浸透して嫌なニオイ菌の増殖を防ぐ洗濯洗剤です。さらに洗濯機のカビを防止する効果もあります。漂白剤を使うことなく、高い洗浄力を実現しています。

部屋干しをしても嫌なニオイが発生しないと評価の高い商品です。ボトルも持ちやすい形状になり、さらに液だれ防止キャップの採用によってボトルが汚れるのを防ぐことができます。

12位

【大容量】フレグランスニュービーズ 衣料用洗剤 液体 ジェル 詰替用 1460g

【大容量】フレグランスニュービーズ 衣料用洗剤 液体 ジェル 詰替用 1460g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 413

消臭成分と花の香りを詰め込んだフレッシュカプセルを配合した洗濯洗剤です。柔軟剤によりふんわりとした仕上がりになり、また蛍光剤を使っていないので衣類の色が変色する心配もありません。

匂いもそれほどきつくなく、ほのかに香る程度となっている点が人気の理由です。柔らかな仕上がりも肌ざわりが良いと高い評価につながっている商品です。

11位

ボールド 洗濯洗剤 ジェルボール3D 癒しのプレミアムブロッサムの香り 詰め替え 超ジャンボ 44個入

ボールド 洗濯洗剤 ジェルボール3D 癒しのプレミアムブロッサムの香り 詰め替え 超ジャンボ 44個入

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 804

プレミアムブロッサムの香りで仕上がるジェルタイプの洗濯洗剤です。ふんわりハリアップ成分を配合することで、アイロンがけも楽になるほど柔らかな仕上がりとなります。

また3層に分かれた成分が溶けて混ざり合うことによって、有効成分を最大限高めています。部屋干しでも嫌なニオイが発生しない点や、甘い香りが好まれる点で人気の商品です。

10位

トップ ハイジア 洗濯洗剤 液体 詰替超特大 1300g

トップ ハイジア 洗濯洗剤 液体 詰替超特大 1300g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 972

抗菌バリアで衣類やタオルを清潔に保てる洗濯洗剤です。マイナスに帯電する綿繊維に対して、プラスイオンの抗菌成分が吸着するようになっています。

皮脂の角質やたんぱく汚れに強く、酵素により汚れを分解・除去して菌の繁殖を防ぎます。漂白剤が配合されていない点や、香りがあまりきつくない点が高く評価される商品です。

9位

さらさ 洗濯洗剤 詰め替え 750g

さらさ 洗濯洗剤 詰め替え 750g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 279

蛍光剤や漂白剤、着色料が配合されていない安心して使える洗濯洗剤です。代わりに高活性オーガニック酵素を配合することで高い洗浄力を備えています。天然由来の香料成分によるやさしい柑橘系の香りも特徴となります。

肌の弱い人も安心して使える低刺激性が高評価につながっています。赤ちゃんの衣類にも使えることで人気の高い商品と言えます。

8位

【大容量】 アリエール 洗濯洗剤 粉末 サイエンスプラス7 1.5kg

【大容量】 アリエール 洗濯洗剤 粉末 サイエンスプラス7 1.5kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 446

W漂白剤を配合することで強力洗浄と抗菌効果のある洗濯洗剤です。食べ物のシミもしっかりと落とし、ニオイ菌の繁殖も防ぎます。洗濯槽のカビを防止する効果も備えている高機能洗剤です。

液状タイプと比べると匂いがそれほどきつくない点や、高い洗浄力が人気の理由です。ワイシャツが白く仕上がる点も高評価につながっています。

7位

arau. アラウベビー 洗濯用せっけん 詰替用 720ml×2個パック

 arau. アラウベビー 洗濯用せっけん 詰替用 720ml×2個パック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 660

植物の石けん成分でできた無添加の洗濯洗剤です。柔軟剤なしでもふっくらと仕上がるので、赤ちゃんの衣類やタオル洗いにおすすめです。手肌をいたわるアロエの植物エキスを配合しているので、手洗いも安心です。

香りも優しいので、刺激に弱い赤ちゃん用にぴったりと人気の商品です。洗浄力に関しては劇的な効果は見られませんが、安心して使える商品として評価されています。

6位

トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 液体 詰替超特大 1300g

トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 液体 詰替超特大 1300g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 970

繊維の奥まで浸透して汚れを浮かすことができるスーパーナノ洗浄が特徴の洗濯洗剤です。大容量なので詰め替え頻度を減らせる便利な商品となります。

液体タイプではトップクラスの洗浄力が人気の理由です。爽やかな香りも匂いが苦手な人に高評価となっています。泡切れがよくすすぎは1回で済ませることができるので、時短にもつながります。

5位

アリエール 洗濯洗剤 リビングドライジェルボール3D 詰め替え 超ジャンボ 44個入

 アリエール 洗濯洗剤 リビングドライジェルボール3D 詰め替え 超ジャンボ 44個入

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 810

3層立体構造で成分を別々に閉じ込めたジェルタイプの洗濯洗剤です。洗うたびに繊維の奥の黄ばみやくすみをクリアにしてくれます。生乾きの菌も抑えるデュアルバイオ抗菌処方により、嫌なニオイを軽減します。

これまで取れなかったタオルの生乾きのニオイがなくなったとの声も多い人気商品です。手を汚さずに扱えるジェルボールも高評価となっています。

4位

【大容量】アタック 抗菌EX スーパークリアジェル 洗濯洗剤 液体 詰替用 1.35kg

【大容量】アタック 抗菌EX スーパークリアジェル 洗濯洗剤 液体 詰替用 1.35kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 368

部屋干しの嫌なニオイを抑制する抗菌水洗浄技術を採用した洗濯洗剤です。洗濯水の中の制菌力を高めているのが特徴です。ナチュラルな香りで生乾きのニオイを軽減できると評判の商品となります。

皮脂や角質などの菌も抑制しつつ、微細な汚れをしっかりと洗浄できるのでクリアな仕上がりになります。すすぎは1回で済ませることができます。

3位

【大容量】ウルトラアタックNeo 洗濯洗剤 濃縮液体 詰替用 1300g

【大容量】ウルトラアタックNeo 洗濯洗剤 濃縮液体 詰替用 1300g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 795

濃縮酵素の力で襟やそでの汚れも直接塗ることでしっかり落とせる洗濯洗剤です。スマートキャップを採用することで、ピンポイントで気になる汚れを取ることができます。

もみ洗いせずに塗るだけで簡単に汚れを落とせる手軽さが人気の理由です。蛍光剤を使っていないので、大事な衣類も変色させずに済みます。すすぎも1回で良いので節水にもつながります。

2位

【大容量】エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 詰替用 920ml

【大容量】エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 詰替用 920ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 409

縮みや毛玉・色あせなどの洗濯ダメージを防ぐおしゃれ着用の洗濯洗剤です。汚れもしっかりと落とせる点が人気の商品となります。爽やかなフレッシュグリーンの香りも高評価です。

ニットはふんわりと仕上がり、シャツはしゃきっとした仕上がりになります。たっぷり容量のサイズなので、普段着の洗濯にも贅沢に使える便利な商品となります。

1位

【大容量】アタックNeo 抗菌EX Wパワー 洗濯洗剤 濃縮液体 詰替用 1300g

【大容量】アタックNeo 抗菌EX Wパワー 洗濯洗剤 濃縮液体 詰替用 1300g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 953

なかなか取れない汗のニオイの元となる、汗臭菌の抑制が可能な洗濯洗剤です。三大悪臭とも言われる生乾き臭と汗臭、靴下臭の原因菌を抑制することで、効果的に消臭してくれます、

さらに気になる洗濯機のカビ菌も、洗濯するたびに除菌して綺麗にしてくれます。梅雨の時期に室内干しする人や花粉症で外干しができない人にとっては、嫌なニオイから解放されると高く評価される商品です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

洗濯洗剤の効果的な使い方

yシャツ

洗浄力の高い洗濯洗剤は、使い方を工夫することでさらに効果的に活用することができます。そこで簡単に実践できる効果的な使い方をご紹介します。

なかなか思うように汚れが落ちない、あるいは嫌なニオイが無くならないと嘆く方は参考にしてみてください。また用途に応じて洗濯洗剤を使い分けることも必要なので、知っておくと役に立ちます。

皮脂汚れは体温に近い温度のお湯で落ちる

ワイシャツの襟や袖口などは、洗濯していても次第に黄ばんできたり汚れが落ちなくなっていきます。その結果、クリーニングに出したり新品を購入したりと、お金がかかると嘆く方も多いかと思います。

実はこのような皮脂の汚れは、35度から40度くらいのお湯で洗うとかなり落ちます。お風呂の残り湯を使うと良いというのはこのためです。もちろん湯舟には雑菌が多いので、抗菌・除菌効果のある洗濯洗剤を使うのが基本です。またすすぎもしっかり2回行っておきましょう。

夏場は粉末タイプ、冬場は液状タイプを

洗濯洗剤は粉末タイプの方が洗浄力は高いのですが、冬場の冷たい水道水ではどうしても溶け残りが出やすくなります。お湯が使えれば良いのですが、そうでなければ冬場は液状タイプに切り替えると良いでしょう。

シミは食器洗剤を

パスタソースやカレーが付着するなどによりシミになった部分は、食器洗剤を塗っておくとよく落ちます。洗濯洗剤でもシミに塗れるものがありますが、そうでなければ普段使っている食器洗剤で代用することができます。

まとめ

洗濯洗剤には色んなタイプの商品がありますが、用途が明確になればどれを選べば良いのかが分かるようになります。同じようなタイプの商品であれば、洗浄力はそれほど変わらないので、後は香りなどの好みで選ぶと良いでしょう。

普段使っている洗剤ではなかなか汚れが落ちないという方、あるいは生乾きのニオイに悩まされている方は、この機会に他の商品を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.