1. グッディ∞
  2. インテリア&家具インテリアにもおすすめなコルクボード人気比較ランキング

2018/03/22更新

インテリアにもおすすめなコルクボード人気比較ランキング【2018年】

コルクボード

メモや写真などを貼り付けるコルクボード。工夫次第で様々な活用方法ができるインテリアグッズとしても人気のアイテムです。そこで今回はこのコルクボードの選び方をご紹介します。

比較的安価で購入できるものですが、細かな点に注意をしておかないと、使い勝手が悪いとがっかりすることもあります。大切な思い出をディスプレイしたり、あるいは家族でのメッセージのやり取りのために活用できるものを選んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

コルクボードの選び方

主婦

コルクボードを選ぶ時のポイントは、写真の留めやすさと部屋でのディスプレイのしやすさです。細かな点をチェックしておかないと、留めておいた写真が落ちてしまったりボードが変形してしまうようになります。

またインテリアアイテムとして活用するためには、どんなコルクボードが役立つのかも知っておくと良いでしょう。そのためのポイントをご紹介します。

ピンを刺しやすいコルクボードの見極め方とは

コルクボードは写真やメモをピンで留めるのに便利なアイテムです。けれども安い商品を購入すると分かりますが、何度もピンを抜き刺ししていると次第に穴が大きくなってしまい、そのうち自然にピンが落ちてしまうようになります。

気がつけば床にピンが落ちているというようなことがあると、うっかり踏んで怪我をしかねません。そこでしっかりとピンを刺して穴が大きくならないようなコルクボードを選ぶことが必要です。

コルクボードは実は、一枚全てがコルクというわけではありません。全てがコルクとなると堅すぎて、ピンが刺さらないからです。そこで芯材の片面、あるいは両面に薄いコルク板を貼る形となります。

大事なのはこの芯材に何を使っているのかということです。安い商品は段ボールや柔らかいスポンジを使っているので、ピンを刺すとすぐに中で穴が大きくなってしまいます。そして何度も使っているうちにしっかりと刺さらなくなってしまうわけです。

そこで、できる限り高密度のスポンジを使った商品を選ぶことがポイントとなります。商品説明ではそこまで詳しく分からないかもしれません。そのような時は口コミを見れば、ピンがしっかりと刺さるかどうかを確認することができます。

反ったり変形しにくいものを選ぶこと

コルクボードは大きなサイズになるほどに、反ったり変形しやすくなります。反りの原因は温度と湿度の変化によってコルクが膨張したり縮むからです。また全体が変形するのは、枠の木材が湿気などの影響によって伸縮することでコルクが圧迫されたりするためです。

これは木枠の品質や芯材へのコルクの貼り方によって違いが生まれます。価格が高いほどに変形しにくくなりますが、やはりこれも口コミなどを参考にすると良いでしょう。

木枠の品質によって雰囲気が変わる

コルクボードは一般的に木枠などで枠組みされています。これは枠にはめていないとコルクがすぐに変形してしまうからです。この木枠の品質によって、コルクボード全体の印象が大きく変わります。

ある程度は質感を感じるような、落ち着いた色のものを選ぶと良いでしょう。プラスチックの枠の場合にはどうしても安っぽく見えてしまうので、インテリア性を重視する場合には避けた方が良いかもしれません。

木枠とコルクの境目にも注意を

木枠とコルクの境目には、商品の品質の差が大きく現れます。仕上げがしっかりとしていない商品の場合、この境目の面取りをしていないので、バリのようなささくれが出ています。ついうっかり触ってしまうと怪我をしてしまうので注意が必要です。

臭いもチェックが必要

通販で購入するコルクボードは、実際に手元に届いてみないと分からないことも多くあります。そのひとつが臭いです。コルクボードは芯材にコルクを貼っていますが、その接着剤の臭いがきつい場合があります。

これは時間を置いてもなかなか取れないことがあるので注意が必要です。場合によってはアレルギーを発症することもあるので、口コミなどを参考に臭いがきついかどうかを確認しておくことが大切です。

両面コルクと片面コルクの選び方

コルクボードには両面タイプと片面タイプがあります。両面タイプはもちろん、両面使えることが利点です。片面が傷んできたら裏返して反対面を使うことができます。

けれども実は、両面コルクは壁に吊るしておくと反りかえりやすくなります。その点片面コルクは反ったり変形しにくいので、いつまでも綺麗にディスプレイすることができます。

マグネット付きのものは磁石の強さをチェックすること

コルクボードは何度もピンを抜き刺ししているうちに、どうしても穴が広がってきてしまいます。また大切な写真に穴を空けたくないという場合もあるでしょう。

そこで便利なのがマグネットが付いたコルクボードです。写真をマグネットで挟むので穴を空けずに済みますし、コルクも傷つけることがありません。

ただし注意が必要なのは、そのマグネットの磁力が弱い商品があるということです。写真は割と厚みがあるので、磁力が弱いとすぐに落ちてしまいます。

スポンサーリンク

コルクボード人気おすすめ商品TOP10

それではインテリアにもおすすめのコルクボードの中でも、人気のある商品をご紹介します。使い勝手が異なるので用途によっても選ぶべき商品は違います。

ここでご紹介する商品もそれぞれ特徴が違うので、求める用途に合うものが見つかるかもしれません。また使い勝手などを参考にすることで、どんな商品が役立つのか参考になると思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ナカバヤシ 両面コルクボート L 900×600mm WCB-9060

ナカバヤシ 両面コルクボート L 900×600mm WCB-9060

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

サイズが90cm×60cmの大きなコルクボードです。大判サイズですが芯材にスチロール素材を使うことで反りを軽減しています。フレームは高級感を感じる縁丸仕上げとなっています。

さらにフレームを細くすることによってスタイリッシュな印象を受ける商品となっています。インテリア性を重視する方にもおすすめと言えます。この大きさを利用して、撮りためた写真を目一杯貼ることができそうです。

9位

WRC コルクボード 両面 コルク WBD-CB3040

WRC コルクボード 両面 コルク WBD-CB3040

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 864

フレームにパイン材を使ったお洒落なコルクボードです。両面コルクなので、表裏を返すことで色んな使い方ができそうです。サイズは40cm×30cmと使い勝手のよい大きさとなっています。

ピンの刺さり具合も良く、抜け落ちる心配もあまりありません。芯材は不明ですが反りに対しての耐性はそれほど高くないので、壁に吊るす場合には定期的に表裏を返して使う方が良いでしょう。

8位

フレームレスコルクボード Sサイズ

フレームレスコルクボード Sサイズ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,134

フレームが無いオールコルクのお洒落なボードです。裏にはシナベニアを貼っているので反りには強いと言えます。良質なコルクを使っているので、ピンも抜けにくくメモや写真をしっかりと留めておくことができます。

サイズは45cm×30cm、厚みは7mmなので長いピンは使えません。けれども薄くスタイリッシュなシルエットなので、インテリアとしても役立つ商品と言えます。

7位

ナカバヤシ 両面コルクボード W600×H450 WCB-E6045

 ナカバヤシ 両面コルクボード W600×H450 WCB-E6045

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,204

芯材に低発砲スチロールを使った両面コルクのボードです。サイズは60cm×45cm、厚みは1.5cmあります。細いフレームがスタイリッシュでデザイン性の高い商品なので、インテリアグッズとしても役立ちます。

吊り下げ金具と紐が付属しているので、購入すればすぐに吊り下げて使用することができます。手軽に使えるサイズ感なのでメモを貼り付けて伝言ボートにするなど便利に活用できそうな商品です。

6位

マグピンコルクボード S 強力マグネットが付く 厚み12㎜ タテヨコ両用 CB333

マグピンコルクボード S 強力マグネットが付く 厚み12㎜ タテヨコ両用 CB333

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 597

付属するネオジウム磁石を使って、ピンで穴を空けることなく使える便利なコルクボードです。厚みも12mmあるので、ピンを刺しても写真などを貼ることができます。

サイズは22.5cm×30cmとコンパクトな大きさなので、壁に吊り下げても机の上に置いてメモボード代わりに使ったりと、使い勝手の良い商品と言えます。

5位

アイリスオーヤマ コルクボード CRB-4590 ナチュラル

アイリスオーヤマ コルクボード CRB-4590 ナチュラル

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,132

45cm×90cmと横長のデザインとなるコルクボードです。ポスターなどを貼るプレゼンテーションボードとして使われるスチレンボードを芯材に使っているので、繰り返しピンを抜き刺しするのは不向きかもしれません。

お気に入りの写真や押し花などをディスプレイするインテリアとして活用すると良いかもしれません。サイズも横長なので、色んなものを飾ることができそうです。

4位

マグピンコルクボード M 強力マグネットが付く 厚み12㎜ タテヨコ両用 CB334

マグピンコルクボード M 強力マグネットが付く 厚み12㎜ タテヨコ両用 CB334

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 793

マグネットでコルクに穴を空けることなく使える便利なボードです。サイズは45cm×30cmと小さめなので、何枚か使ってインテリアとして使うこともできそうです。

穴を空けたくない写真はマグネットで、メモならピンで留めてといったように、用途に応じて使い分けることができるので便利です。縦にも横にも吊り下げることができるので、スペースに合わせて自由に設置することができます。

3位

アイリスオーヤマ コルクボード CRB-6090 ナチュラル

アイリスオーヤマ コルクボード CRB-6090 ナチュラル

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,297

60cm×90cmサイズのコルクボードです。割と大きなサイズなので、壁に吊るす際には両面テープで補強すると良いでしょう。プリントアウトした書類などを一時的に留めておくといった用途にも使えます。

芯材の密度はそれほど高くないので、何度もピンを刺すと穴が大きくなります。あらかじめ画びょうを刺して、マグネットで留めても良いでしょう。

2位

アスカ 両面コルクボード CB340 厚さ12㎜ LLサイズ 600×900mm

アスカ 両面コルクボード CB340 厚さ12㎜ LLサイズ 600×900mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,063

60cm×90cmサイズの大きなコルクボードです。厚みも12mmあるのでしっかりとピンが刺さります。写真や新聞の切り抜きなど、お気に入りのものを沢山ディスプレイすることができそうです。

フレームは繊維状にした木材を熱圧成型したものなので、変形しにくく大きなボードでも歪みにくくなっています。そのために吊るしても変形しにくいのが利点と言えます。

1位

マグピンコルクボード L 強力マグネットが付く 厚み12㎜ タテヨコ両用 CB335

マグピンコルクボード L 強力マグネットが付く 厚み12㎜ タテヨコ両用 CB335

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,182

マグネットで写真などを貼ることができるので、小さなお子さんがいても安心して使えるコルクボードです。サイズも60cm×45cmと大きく、伝言ボードとして使うにも十分な広さがあります。

木枠も優しい色合いなので、どのようなインテリアにも合うデザインと言えます。マグネットはさほど磁力が強くないので、薄い紙などを貼るのに向いています。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

コルクボードの効果的な使い方

コルクボード

コルクボードは何気なく壁に吊るしたりしていると、いつの間には反ってしまっていることがあります。もちろん商品によっても変形のしやすさは違います。けれども使い方に注意することで、このような変形を防ぐことができます。

他にもインテリアとして活用する工夫が色々とあるので、いくつかご紹介します。細かな点に注意すれば、コルクボードをお洒落に活用することができます。

壁に吊る場合の反りを防ぐ方法

コルクボードは壁に吊っておくと、次第に反るようになります。単に連絡メモなどを貼り付けるだけなら見た目は気にならないかもしれません。けれども写真などをディスプレイするのであれば、できる限り変形しないようにしたいものです。

特に両面コルクの場合には反りやすいのですが、これは温度や湿度が原因です。例えば暑い夏では、室内を向いている面は高い温度によって膨張します。そして反対側の壁側は室内側と比べると温度が低いので、この温度差によってコルクが変形してしまうわけです。

そこで夏場はできる限り、表裏を適度に返しておくことが反らないようにするコツとなります。メモボードとして使うのであればあまり面倒ではありませんが、写真をディスプレイする場合には、全部の写真を貼り直さなければなりません。その点は工夫が必要になるでしょう。

冬場の場合には壁側の結露が原因で、湿気を多く含むようになります。湿気が増えるとコルクは膨張してしまうので、部屋側に反るようになります。そこで壁とコルクボードの間にもう1枚スポンジなどを挟んでおけば、湿気を避けることができます。

一度反りなどで変形してしまうと、コルクは元に戻すのは非常に難しいものです。なるべく反りが発生する前に表裏を変えるようにすることが大切です。

空いた穴の塞ぎ方

コルクボードはメモを貼り付けるなどの用途で使う場合、何度もピンで穴を空けるので次第に穴が大きくなってしまいます。これを塞ぐためには、コルク粘土を使うと良いでしょう。穴に埋め込んで乾かせば、再びしっかりとピンを刺せるようになります。

アクセサリーを飾る場合にはオールコルクのボードを使う

コルクボードにはオールコルクのものと複合材のものがあります。写真やメモをピンで留めるなら複合材の方がよいのですが、アクセサリーなどを吊るすためにピンを刺す場合にはオールコルクが良いでしょう。

オールコルクは密度が高いので、重いアクセサリーを吊るしてもピンが抜け落ちたりすることがありません。このように用途に応じてコルクボードを使い分けると良いでしょう。

小さなコルクボードは両面テープで壁に貼る

インテリアとしてコルクボードを活用する場合、小さなサイズのものを壁にいくつも貼るとお洒落です。けれどもそれだけの数を吊るすとなると大変です。ピクチャーレールで吊り下げるには数に限りがありますし、またいくつも吊り下げると見た目があまりお洒落ではなくなります。

そこで両面テープを使えば、壁に傷をつけることなくいくつもコルクボードを貼り付けることができます。それぞれにお気に入りの写真を貼ったり、あるいは電熱ペンで文字を焼いてデザインするのも良いでしょう。

カラーボックスに取り付ける

簡易なカラーボックスにコルクボードを取り付けると、お洒落な収納家具になります。蝶番で取り付ければ扉になりますし、そこにお気に入りのものを貼っておけばオリジナルの家具が出来上がります。

大きなコルクボードでカレンダーを作る

コルクボードの大きなサイズがあれば、カレンダーや予定表に活用できます。予定をメモに書いて貼り付けておけば、家族みんなで共有することができます。予定が変更になっても、付箋を使うように簡単に日付を変えて貼り変えることが可能です。

何度もピンで刺さないようにするために

伝言ボードとして使う場合に、何度もメモを刺すことが無いように工夫することもできます。あらかじめ画びょうを刺しておいて、あとはメモを磁石で画びょうの上からくっつければ良いわけです。

まとめ

コルクボードには細かく見ると品質などに違いがあることが分かります。商品によっては何度もピンを刺せるものや、ディスプレイ専用に使うと良いものなどがあります。

またコルクは温度や湿度の影響を受けて変形しやすいので、設置にも注意したい点もあります。そのような点を理解した上で、インテリアなどに色々と工夫して使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.