1. グッディ∞
  2. 家電無線LAN子機おすすめ比較ランキング!人気最強の簡単で速い商品は?

2018/03/14更新

無線LAN子機おすすめ比較ランキング!人気最強の簡単で速い商品は?【2018年】

パソコンを使う手

近年のスマホやゲーム機は無線LAN対応が当たり前になっています。しかし、一昔前のノートパソコンやデスクトップパソコンなどには無線LANが搭載されていないケースもあるのです。この場合、有線でのインターネット接続が必要となるわけですが、ルーターから対象機器まで距離があると、LANケーブルを引っ張ってくるのが難しいことも多いです。

よしんば引っ張ってこれたとしても壁に穴をあける必要があったりで、あまり心穏やかではないでしょう。そんな時に活躍するのが無線LAN子機です。形状としてはPCに取り付けるBluetoothの送信機や、キーボードとマウスの受信機のようなもの。USB端子に接続することで、無線LAN機能の無いPCに無線LAN機能を付与します。

つまり、無線LAN子機があれば有線LANの必要が無くなるわけです。今回はそんな無線LAN子機の選び方や商品ランキングを紹介しましょう。

スポンサーリンク

無線LAN子機の選び方

考える女性

無線LAN子機の選び方にはどのようなポイントがあるのでしょうか。自分の環境に合った商品が選べるよう、下記の情報を確認しておいてください。

対応OSについて

パソコンにはWindowsやMacといったOSがインストールされています。全ての無線LAN子機が全てのOSに対応するわけではありませんので、購入前には対応OSを確認しておきましょう。一応、対応OSでなくとも動作することはありますが、こればかりは実際に使ってみないと分かりませんので、よほどの事情がなければ自分の使用しているOSに対応した商品を選んでください。

規格について

無線LAN子機は商品ごとに対応する規格が異なります。規格とはパッケージなどに書かれている「11ac」「11n」などの英数字のこと。正確には「IEEE802.11ac」となりますが、商品説明には11acなど簡略化したものしか表記されていないことも多いですし、長い方の名前を覚える必要は特にないでしょう。

言ってしまえば、11の後につくアルファベットが違うだけです。ただ、このアルファベットが重要であり、たとえば11bなら最大速度が11Mbpsしか出ません。対して、最新の規格である11acなら最大1300Mbpsの速度が出ると言われています。そのため、速度を求めるなら11acに対応した商品を選ぶのがいいでしょう。

ただ、11nでも最大600Mbps程度の速度が出ますので、十分と言えば十分かもしれません。11ac対応の商品に対して、11nまで対応の商品の方が安価なこともありますし、自分の求める速度に合わせて選ぶといいでしょう。ちなみに、規格は親機、子機の両方が対応して初めて使用可能です。つまり、11acの通信を行うなら、11acに対応した親機と子機が必要になります。

接続インターフェースについて

一昔前はカードスロット式の無線LAN子機も存在しましたが、現在はほとんどがUSB接続です。そのため、接続できない心配は基本的にないでしょう。USB端子の無いパソコンを探すのは骨が折れそうです。ただ、USB2.0とUSB3.0の違いには注意してください。

下位互換があるため、USB3.0の無線LAN子機をUSB2.0のポートに挿したり、逆にUSB2.0の無線LAN子機をUSB3.0のポートに挿すことは可能です。ただ、USB3.0の速度の恩恵をうけたいのなら、無線LAN子機もポートもUSB3.0でなければなりません。ちなみに、速度の違いはUSB2.0が480Mbpsに対して、USB3.0は5Gbpsとなります。

言ってしまえばUSB2.0でも十分な速度を持ちますが、11acの高速通信を実感したい方はUSB3.0を選ぶのもいいでしょう。USB3.0はポートが青いのが特徴です。

サイズについて

無線LAN子機のサイズは端子の方が大きいくらいのサイズから、アンテナのついたやや大型サイズまで様々です。当然ながらアンテナの付いた商品の方が感度が良いため、デスクトップPCなどで使うならアンテナ付きを狙うのもいいかもしれません。逆に、ノートのように外で使うことの多い場合は小型の方が何かと便利でしょう。

また、親機から子機が離れる場合もアンテナ付きがおすすめ。小型の商品でも受信はしてくれると思いますが、おそらくサイズが大きめの商品の方が安定感が高いでしょう。デスクトップの背面ポートへの設置ならサイズがやや大きめでも気にならないと思います。

スポンサーリンク

無線LAN子機人気おすすめ商品TOP10

さて、選び方の項目で無線LAN子機にも様々なサイズや規格、形状があると分かりましたね。それでは、今度は実際に人気のある商品をランキング形式で見ていきましょう。先ほどの選び方と組み合わせることで、きっと自分にぴったりの商品が見つかりますよ。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 150Mbps 11n/g/b 2.4GHz専用 USB2.0 コンパクトモデル ブラック WDC-150SU2MBK

エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 150Mbps 11n/g/b 2.4GHz専用 USB2.0 コンパクトモデル ブラック WDC-150SU2MBK

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 684

こちらはELECOMの無線LAN子機で、非常にコンパクトサイズなのが特徴。接続後に飛び出す部分は5.5mmしかなく、人によっては引き抜く際に掴みにくいレベルです。重さもたった2gしかないため、邪魔に感じることはまずないでしょう。

通信規格は11n/b/gに対応しており、最大150Mbpsでの無線通信が可能。設定用のドライバーはメーカーのホームページからダウンロードできるため、ウルトラブックなどドライブが無い製品でも安心です。とにかく少しでも小型な無線LAN機器をお探しの方は本商品に決めるのもいいかもしれません。

エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 150Mbps 11n/g/b 2.4GHz専用 USB2.0 コンパクトモデル ブラック WDC-150SU2MBKの口コミ評判

この価格で無線LANが手軽に繋がるのはすごい感激でした。
ポートに挿したままでも邪魔にならず使いやすいです。

USBスロットへ差し込んで、出っ張りが数ミリしかなく、通信も親機から別の部屋での使用になりますが、全く問題なく通信しています。

9位

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN 子機 11n/g/b 300Mbps アンテナ型 WN-G300UA

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN 子機 11n/g/b 300Mbps アンテナ型 WN-G300UA

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,316

こちらはI-O DATAの無線LAN子機でアンテナが外付けされたタイプ。アンテナは前後左右90度回転可能なため、親機の位置に合わせて角度を調整すれば電波感度が良くなると予想されます。通信規格は11n/g/bに対応しており、11nなら最大300Mbpsでの通信が可能です。

また、本気はアクセスポイントモードも搭載。これを使えば子機だけでなく親機として活用することもできます。セットアップは簡単で、付属のCDを入れたら指示に従ってインストールするだけ。後は本商品を差し込めば利用開始です。

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN 子機 11n/g/b 300Mbps アンテナ型 WN-G300UAの口コミ評判

Windows10で使用しています。
結果から言うと問題なしです。刺した瞬間に認識してくれました。

PCに挿して3DSのwifiを使うのに使用しています。
説明書どおりにやれば設定も簡単ですし、なにより安いのでオススメです。

8位

BUFFALO エアステーション 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DMS

BUFFALO エアステーション 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DMS

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,944

こちらはBUFFALOの小型無線LAN子機。外付けアンテナなどはなく、USB端子から少し飛び出る程度の大きさです。通信規格はきちんと11acに対応。親機が11acに対応していれば、最大433Mbpsによる高速インターネットを体感できます。

また、5GHz帯の利用により2.4GHz帯との電波干渉を避けることができるため、動画の視聴中にコマ落ちしたり、ファイル転送時にエラーが発生するといったトラブルは少なめ。しかも、遠距離の通信を安定させるビームフォーミング機能も搭載しています。小型で11acに対応した商品をお探しの方におすすめです。

BUFFALO エアステーション 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DMSの口コミ評判

古いノートPCが再び使えるようになりました。いずれ11acの無線LANに交換を考えているので良い買い物だったと思います。

古いPCで、5GHz帯を利用したい方、2.4GHz帯「802.11n」を利用したい方にはオススメの製品だと思います。

7位

BUFFALO 11ac/n/a/g/b 433Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

BUFFALO 11ac/n/a/g/b 433Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,620

こちらはBUFFALOのアンテナ外付けタイプの無線LAN子機。高感度アンテナは3軸で回転するため、様々な方向に調整することが可能。親機から遠い個所への設置でもアンテナの向きを調整することで受信感度が良くなる可能性があります。加えて、複数のアンテナの電波をやりとりするビームフォーミング機能搭載。親機もビームフォーミングに対応していれば、より安定した無線LANを楽しめるでしょう。

対応規格は11acをはじめ、11nや11a等。また、AOSS機能を使えば初めてでも簡単に接続できます。小型の商品を使用していて、安定感が悪いと感じる方にもおすすめの商品です。

BUFFALO 11ac/n/a/g/b 433Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHPの口コミ評判

コンパクトな子機ではぶちぶち切れてたが、これに変えたら安定した。設定も楽々、よい選択だった。

無線LANでのネットは初めてな上に親機が1階、子機が2階という事で少々不安でしたが、使用開始から速度は十分に維持でき回線も切れたことが無いので、今では安心して使っています。

6位

BUFFALO 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

BUFFALO 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,303

こちらはUSB端子に受信機を接続し、そこからLANケーブルを伸ばしてLAN端子に繋ぐ、少し変わったタイプの無線LAN子機です。そのため、パソコンよりもテレビやゲーム機への使用の方が向いているかもしれません。有線LANしか付属しないテレビも無線LANでネットに接続可能です。

本体のUSB端子が稼働するため、パソコンの位置などに合わせて角度調整が可能なのもポイント。もし直接の接続が出来ない場合でも付属品のフレキシブルケーブルを使えば接続が可能になります。さらに、付属ケーブルを上手く使えば電波の感度が良い場所に設置することもできるでしょう。

パソコンだけでなく、テレビやゲーム機など様々な機器を無線LAN接続したい方におすすめです。

BUFFALO 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/Cの口コミ評判

PanasonicのBlu-rayレコーダー DMR-BRW500 に接続して使用しています。
無線LAN通信でYouTubeを見たり、お部屋ジャンプリンクを使用するために購入しました。

この値段でこの使い勝手。
ビエラのアクトビラの無線化に使用してますが全く問題なく、しかも安い!良いです!

5位

BUFFALO エアステーション 11ac/n/a/g/b 866Mbps USB3.0用 無線LAN子機 WI-U3-866DS

BUFFALO エアステーション 11ac/n/a/g/b 866Mbps USB3.0用 無線LAN子機 WI-U3-866DS

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,855

こちらはややサイズが大きめの無線LAN子機。少し前のUSBメモリくらいの大きさです。そのため、ノートパソコンに接続すると出っ張りが少し気になるものの、11ac/n/a/g/b規格に対応で5GHzなら866、2.4GHzなら300Mbpsの通信を可能としています。ただ、高速通信の恩恵を最大限受けるにはUSB3.0への対応が必要ですので気を付けてください。

本商品にはフック付きの延長ケーブルが付属しており、これを利用することでパソコンのモニター上部などに設置することも出来ます。モニター上部に設置することで受信感度がアップし、安定性も高まると言われていますので、可能であれば試してみるといいでしょう。また、初めての購入でも安心のかんたん設定が搭載されています。

BUFFALO エアステーション 11ac/n/a/g/b 866Mbps USB3.0用 無線LAN子機 WI-U3-866DSの口コミ評判

パソコン入れ替えのため購入 本体はBUFFALOのWHR-1166DHP4でドア1枚隔てて約4mの距離で使用パソコンの表示では700Mbpsと出ていますおもにユーチューブの閲覧が主なので、コマ落ちもなく問題ありません。

前に他社製品の子機を買って大失敗。こちらの製品の場合は付属のインストールCDの設定も判りやすいし、延長コードも付属していて気が利いていて好感が持てます。

4位

WIFI 無線LAN子機 600 Mbps 2.4G / 150Mbps + 5G / 433Mbpsデュアルバンド(5GHz 433Mbps / 2.4Ghz 150Mbps)アダプタ  802.11b / g / n / a Windows 10 / 8.1 / 8/7 / XP / Vista(32bit/ 64bit)Mac OS 10.4?10.12.1に対応高速モデル デュアルバンド無線lan 子機無線lan acアダプタ

WIFI 無線LAN子機 600 Mbps 2.4G / 150Mbps + 5G / 433Mbpsデュアルバンド(5GHz 433Mbps / 2.4Ghz 150Mbps)アダプタ  802.11b / g / n / a Windows 10 / 8.1 / 8/7 / XP / Vista(32bit/ 64bit)Mac OS 10.4?10.12.1に対応高速モデル デュアルバンド無線lan 子機無線lan acアダプタ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,699

こちらは回転式の外付けアンテナが付属した無線LAN子機。ノートパソコンに接続する場合、100円玉サイズの超小型商品に比べてやや邪魔になりますが、アンテナが付くことから安定した接続が可能だと思われます。壁や障害物が多く、親機から離れた場所での使用に適しているでしょう。

対応規格は11ac/a/n/gで5GHz帯と2.4GHz帯の通信が可能です。また、対応OSがWindows10や8、XPやVista、そしてMac等と幅広いのも特徴。USB機器は対応OSに書かれていなくても動作することが多いとはいえ、やはり対応と書かれていた方が安心できるでしょう。ちなみに、本商品はAP(アクセスポイント)としても使用可能です。

WIFI 無線LAN子機 600 Mbps 2.4G / 150Mbps + 5G / 433Mbpsデュアルバンド(5GHz 433Mbps / 2.4Ghz 150Mbps)アダプタ  802.11b / g / n / a Windows 10 / 8.1 / 8/7 / XP / Vista(32bit/ 64bit)Mac OS 10.4?10.12.1に対応高速モデル デュアルバンド無線lan 子機無線lan acアダプタの口コミ評判

リビングでのダウンロード速度(HPの表示速度)も早くなるし,別の部屋でもしっかりと電波が5本立つようになりました。感動です。とても感謝しています。

現在2階のデスクトップに付けて使っているのですが、信号が途絶えることなく普通に使えてます。
安かったのでちょっと心配でしたけど、安心しました。

3位

Wi-Fi 子機 USB2.0 600Mbps 無線子機 11ac 高速 親機-子機デュアルモード対応 Wi-Fi USB アダプタ ハイパワーアンテナ 取り外す可能 持ち運び便利 Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / XP / Vista / Mac OS 10.4~10.12.1 対応 ANEWKODI

Wi-Fi 子機 USB2.0 600Mbps 無線子機 11ac 高速 親機-子機デュアルモード対応 Wi-Fi USB アダプタ ハイパワーアンテナ 取り外す可能 持ち運び便利 Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / XP / Vista / Mac OS 10.4~10.12.1 対応 ANEWKODI

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,699

こちらはアンテナが外付けされたタイプの無線LAN子機で、規格は11acに対応しています。通信速度は最大、5GHz帯で433Mbps、2.4GHz帯で150Mbps。5GHzと2.4GHzの両方に対応しているため、電波干渉を避けながら使用することが可能です。

外付けのアンテナは360度回転。これによって親機から離れた場所でも快適にインターネットを楽しめるでしょう。セットアップも簡単で基本的には付属のCDを入れてドライバをインストールするだけ。後は子機を接続することで受信可能な状態になります。しかも、Windows10からXP、さらにMacまでと対応OSが幅広く、多くのパソコンで使用できそうです。

小型の無線LAN子機では安定しない、アンテナを用いた安定の高速通信が欲しい、古いOSに対応した商品がほしい。そんな方々におすすめです。

Wi-Fi 子機 USB2.0 600Mbps 無線子機 11ac 高速 親機-子機デュアルモード対応 Wi-Fi USB アダプタ ハイパワーアンテナ 取り外す可能 持ち運び便利 Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / XP / Vista / Mac OS 10.4~10.12.1 対応 ANEWKODIの口コミ評判

wifiがないのデスクトップパソコンで使っています、問題なく満足しています。予想以上の感度で大変喜んでいます。

ネット使ってて切断される様子もなく、安定して一定の速度を出し続けてくれます。
私の環境では、今まで使ってきた無線子機の中で一番安定してますね。

2位

TP-Link 11ac/n/a/ 無線LAN子機 (USBアダプター型) 極小モデル 11ac/n/a 433Mbps 5GHz専用 3年保証 Archer T1U

TP-Link 11ac/n/a/ 無線LAN子機 (USBアダプター型) 極小モデル 11ac/n/a 433Mbps 5GHz専用 3年保証 Archer T1U

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,477

こちらはTP-Linkの無線LAN子機で規格は11ac/n/aに対応しています。速度は最大で433Mbpsの高速通信。それでいて本体はキーボードの受信機並みに小型です。そのため、ノートPCに常に装着しておいても問題なし。ほんのちょっとはみ出るだけですので、持ち運びの際にも邪魔にはならないと思います。

ちなみに、本商品は5GHz帯専用。2.4GHzは電子レンジやBluetoothなど使用機器が多いことから干渉しがちですが、5GHz帯は干渉が少ないと言われているため安定した接続が可能でしょう。ただ、壁や障害物に弱いことから、親機から離れた場所での使用には適さないかもしれません。

WPA/PA2やWPA-PSK/WPA2-PSKなどのセキュリティに対応しているうえ、3年保証が付くので安心感も強いと言えそうです。小型で高速通信が出来る無線LAN子機をお探しの方にはぴったりの商品です。

TP-Link 11ac/n/a/ 無線LAN子機 (USBアダプター型) 極小モデル 11ac/n/a 433Mbps 5GHz専用 3年保証 Archer T1Uの口コミ評判

まず驚いたのはサイズ、小指の先ほどしかありません。あまりに小型なので性能は二の次
なのだろうと思いきやしっかりと親機を認識して433でます

windows10で使っています。ドライバインストールして簡単なセットアップだけで快適にインターネットライフを楽しんでおります。
速度も十分で途切れる事もないので安心です。

1位

TP-Link WIFI 無線LAN 子機 11n/11g/b デュアルモード対応モデル TL-WN725N

TP-Link WIFI 無線LAN 子機 11n/11g/b デュアルモード対応モデル TL-WN725N

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 695

こちらはTP-Linkの無線LAN子機で11n/g/bに対応しています。残念ながら11acには対応していないものの、同社の11ac対応商品に比べて800円前後も安価なため、速度にこだわりが無ければ本商品を選ぶのもいいでしょう。最大150Mbpsほどの速度が出るため、十分と言えば十分だと思います。

サイズはUSB端子から少しだけ飛び出る程度で、100円玉よりも小さいくらいです。そのため、ノートパソコンにぴったり。常に接続しておいても邪魔になることはないでしょう。キーボードやマウスの受信機と並べておいても違和感はないはずです。むしろ、外してしまえば、あまりの小型サイズから失くしてしまうかもしれません。

セキュリティは64/128のWEPやWPA/WPA2、WPA-PSK/WPA2-PSKに対応しており、安全性は十分と言えるでしょう。加えて、安価ながら3年間の保証がつくのも嬉しいところです。ちなみに、USBは一般的な2.0です。

TP-Link WIFI 無線LAN 子機 11n/11g/b デュアルモード対応モデル TL-WN725Nの口コミ評判

セッティングも容易だし、接続も安定していて問題なし。ルータはAtermWG1200 、OSはWin10 Pro NECのデスクトップで使っています。他社ルーターは何とも言えませんが、NECのものとは相性は良いようです。

WiFiのみ(有線LANなし)の環境でデスクトップ型PC(Win7)に使用しています。特にトラブルもなく、インストールも簡単で便利に使えてます。スピードも不満はありません

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

無線LAN子機の効果的な使い方

パソコンを持ってOKサインを出す女性

ここからは無線LAN子機の効果的な使い方を見ていきましょう。

中継器を導入する

無線LAN子機と親機の間に障害物が多い環境だと、障害物が電波の邪魔をしてしまい通信が思うように出来ないこともあります。そんな時は、中継器を導入することで障害物の妨害を回避しましょう。中継器とは親機と子機の間に設置するもので、親機から受け取った電波を引き継いで子機へ届けてくれます。中継器を利用することで電波問題が解決することも少なくありませんので、電波状況が悪いと感じれば導入を検討してみてください。

アンテナの角度を調整する

これは外付けアンテナの付いた無線LAN子機限定になりますが、アンテナが付いていれば角度を調整して受信感度を高めましょう。特に親機と子機に距離がある場合、障害物などの問題から受信感度が悪くなることも少なくありません。アンテナを上手く親機の方向に向ければ、受信感度が良くなることもありますので、アンテナ付きの商品ならいろいろな角度を試してみてください。

まとめ

今回は無線LAN子機について、選び方やランキングを紹介しました。最近のスマホやゲーム機は初めから無線LANに対応しているのが当たり前ですが、ノートパソコンやデスクトップパソコンなどは意外と対応していないことも多いです。そんな時は、無線LAN子機を購入して快適なインターネットライフを送りましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.