1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめ片手鍋の人気比較ランキング!ステンレスやホーローはどう?

2018/03/22更新

おすすめ片手鍋の人気比較ランキング!ステンレスやホーローはどう?【2018年】

片手鍋

毎日の料理を快適にするアイテムの一つに、片手鍋があります。すでに片手鍋を使っているという人も多いかも知れませんが、片手鍋は汁物や煮物に使えるだけでなく、炒め物の調理にも使えるので、自宅で利用しているという人も多いでしょう。

片手鍋はステンレスタイプからホーロータイプまで、種類が様々です。現在では、様々なメーカーからたくさんの調理器具が販売されているので、購入する時に迷ってしまうこともあるでしょう。

本ページでは片手鍋の選び方のポイントや、効果的な使い方、さらにネット通販で購入できる人気の片手鍋をランキング形式でご紹介したいと思います。自分にぴったりの片手鍋を見つけて、料理に活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

片手鍋の選び方

考える女性

まずは片手鍋の選び方についてご説明したいと思います。効率良く調理するためには、用途に合った片手鍋を選ぶことが大切なので、ぜひ参考にしてください。

サイズで選ぶ

片手鍋を選ぶときには、最初にサイズと容量を考えなければいけません。料理に使う際に、人数分の調理で必要になるのか、片手で持てる重量になるのかを考えた方が良いでしょう。10~14センチサイズや15~18センチサイズがあるので、ミルクを温めたり野菜を温めたりする際に、ちょうど良いサイズを選ぶ必要があります。

例えば、ミルクを温めるなら10~14センチサイズがちょうど良いですし、ちょっとしたものを茹でるなら、15~18センチサイズがちょうど良いでしょう。サイズの基準がわからない場合は、スタンダードな15~18センチを購入してみて、必要なサイズを購入していくのがおすすめです。

あまり大きなサイズになってしまうと、片手で調理をするのが重労働に感じてしまいますので、両手鍋を選んだ方が良いでしょう。片手鍋を選ぶメリットを考えて、しっかりと使いやすいサイズを選ぶことが大切です。

蓋付きで選ぶ

片手鍋を使うときには、蓋付きタイプを選ぶことが大切です。片手鍋はそのままでも使えますが、茹でる作業や煮物を作るときには、蓋があった方が調理はしやすいです。調理が終わったら蓋をしておくことで、全体に味が馴染んでくれますし、ホコリや乾燥から料理を守ってくれるのがポイントです。

熱の伝わりやすさが早くなるので、蓋を使ってあげれば調理の時短にもなるでしょう。効率良く片手鍋を使うためには、しっかりと蓋の付いているタイプを選ぶことが大切でしょう。また、蓋はクリアなガラスタイプを選ぶことがポイントになります。

片手鍋を開けなくても中身が確認できるので、熱を逃がすことなく調理が続けられますよね。効率良く料理ができるように、蓋付きの片手鍋を選ぶようにしておきましょう。

素材で選ぶ

片手鍋を選ぶときには、素材で選ぶことも重要になるでしょう。何の料理に使うのか、どんな手段で使うのかを考えて、あなたにぴったりと合った片手鍋を選ぶことが大切です。それぞれの素材の特徴を把握して、使用用途に合った片手鍋を選びましょう。

アルミニウム

アルミニウムの片手鍋は軽量なので、調理中に使いやすくなっているのが特徴的です。さらに、火が食材に伝わりやすいので、片手鍋に使うならぴったりの素材と言えるでしょう。基本的には、お湯を沸かすときや汁物の調理に使うのが一番です。そのため、ゆで卵やラーメン、味噌汁やスープを作るときに活躍してくれるでしょう。

しかし、アルミニウムは高温に弱くなっているので、フチや底部分に食材がこびりつきやすくなっています。さらに、アルミニウムはアルカリ性に弱い性質がありますし、酸性にも弱い特徴があります。そのため、味を染み込ませるために、漬け込むような調理方法には使わない方が良いでしょう。

安価で購入できるものが多いので、コスパに優れているのですが、IHにも対応していないのは注意が必要です。

ステンレス

ステンレスの片手鍋は、食材がこげつきにくいので、非常に人気の高い素材となっています。ごしごしと手入れをしても傷つきにくくいので耐久性が高く、長期間使用できることが特徴的です。保湿力が高い素材なので、煮込み料理に使いやすいのも嬉しいポイントです。

しかし、熱が伝わりにくいため、アルミニウムを素材に使っているタイプが多いです。そのため、アルミニウムと比べると重量があり、片手で使いづらくなっています。さらに、炒め物をする場合は、鍋の底にこびりつく可能性が高いです。しっかりと加熱をしてから、油を入れて調理するようにしておきましょう。

長期間使いやすい調理器具なので、ステンレスもコスパに優れていて、幅広い人が使っているタイプと言えるでしょう。

ホーロー

ホーローの片手鍋は、使い続けていても腐食しにくいことがメリットです。耐久力が高いので、長期間使える片手鍋と言えるでしょう。ホーローは鉄やアルミの上から、ガラス素材をコーティングして、焼きつかせて作られています。

そのため、熱が逃げない特徴がありますし、焦げ付きに強いというメリットがあります。さらに、熱を逃がさないので材料を入れても、温度が下がりにくくなっています。特に煮込み料理に使いやすく、ニオイ移りが気になりませんし、摩擦にも強くなっています。

非常にメリットが大きいのですが、重さがデメリットとなっています。また、コーティングの仕方によっては、衝撃で割れてしまう可能性もありますので、丁寧に取り扱ってあげましょう。大切に使ってあげれば、一生ものとして使えるところは魅力的です。

見た目も可愛らしく、インテリアとしても使えますので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

テフロン

アルミニウムにフッ素をコーティングしたテフロン加工の片手鍋は、軽く調理をしやすいところが特徴的です。また、アルミニウムを使っているため、火が食材に伝わりやすくなっています。さらに、食材がこびりつきにくいので、アルミニウムのデメリットをカバーした素材と言えるでしょう。

しかし、テフロン加工をしている片手鍋は、強火の調理をしてしまうとコーティングが剥がれてしまいます。また、しっかりと手入れをしていても、使い続けていれば自然とコーティングが剥がれてしまうものです。数年以内にコーティングが剥がれてしまうので、何度も買い換えることになるのは、注意が必要です。

コスパ重視で調理をしたい人には、向いていない素材と言えるでしょう。

鉄の片手鍋は非常に熱が伝わりやすいので、火力を生かした調理にぴったりです。耐久力もあるので、長期間しっかりと使えるところが特徴的です。本格的な料理をする人や、お店で使われることの多い片手鍋と言えるでしょう。

しかし、非常に重量のある片手鍋なので、一般家庭で使われることは少ないです。両手鍋として使う分には良いですが、どちらかと言えば、あまり片手鍋には向いていない素材と言えるでしょう。

保証期間で選ぶ

せっかく購入した調理器具なら、頻繁に買い換える予定があったとしても、保証期間のあるものを選びましょう。特にホーローの片手鍋なら、大切に使えば一生使える耐久性を持っています。もしも欠陥品ですぐに壊れてしまっても、保証期間中なら返品や交換対応をしてくれるでしょう。

また、保証期間が付いている商品は、問題なく使える使用期限としても考えることができます。そのため、値段や素材に違いがない片手鍋なら、保証期間の長い片手鍋を選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

片手鍋人気おすすめ商品TOP11

ここからはネット通販で購入できる人気の片手鍋を、ランキングでご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

11位

パール金属 片手鍋 18cm ガラス鍋蓋付 ガス火専用 フッ素加工 ミッド H-495

パール金属 片手鍋 18cm ガラス鍋蓋付 ガス火専用 フッ素加工 ミッド H-495

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 727

アルミニウムにフッ素コーティングをしたテフロンの片手鍋です。18センチサイズと標準的なサイズになっているのはメリット。ちょっとした野菜や一人用の鍋物を作るときに、ぴったりのサイズになっています。ガス火専用なのでIHには対応していませんが、軽くて使いやすいのが特徴的です。

フッ素加工によって、鍋の内側に食材がこびりつきにくいのは、嬉しいポイントの一つです。付属のガラス鍋を使えば、効率良く調理ができる片手鍋となっています。IH調理器具に比べると、軽めで使いやすくなっているのは魅力的です。

一人暮らしの方はもちろんのこと、家族のちょっとしたご飯にも使いやすくなっているので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

10位

ジオ 片手鍋 16cm GEO-16N

ジオ 片手鍋 16cm GEO-16N

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,027

アルミを混ぜたステンレスで作られた片手鍋です。16センチと標準的なサイズになっているので、いろんな料理に使いやすいのはメリット。片手鍋として使いやすいように、補助ハンドルが付いていて、様々な調理に使いやすいのは魅力的です。

なべ底やフチの段差がシンプルに作られているので、ムダがなくお手入れしやすくなっているのは、嬉しいポイントの一つです。フチは料理を注ぎやすく、汁がたれにくい作りになっているのが特徴的です。そのため、台所にこぼれにくくて、キレイに使えるようになっています。

また、アルミとステンレスを7層構造で混ぜ合わせているので、全体に熱が伝わりやすくなっています。オーブンにも対応している片手鍋なので、片手鍋選びに悩んでいる人におすすめしたい商品です!

9位

クックスマーク 片手鍋 18cm IH対応オール熱源対応 ガラス鍋蓋付 フッ素加工 ブラック

クックスマーク 片手鍋 18cm IH対応オール熱源対応 ガラス鍋蓋付 フッ素加工 ブラック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,718

アルミニウムをフッ素コーティングしたタイプの片手鍋です。テフロン加工の片手鍋は、軽くて使いやすいのがメリット。アルミニウムが使われているので、熱伝導率は高くて食材がこびりつきにくいのがテフロン片手鍋の特徴です。

電子レンジとオーブンは使えませんが、ガス火とIHのどちらにも対応しているのは、嬉しいポイントの一つです。高温にあまり強くないテフロンですが、本体部分は400度までの温度に耐えられる作りになっているのは魅力的です。

しかし取っ手は120度、つまみは200度までしか使えないので、高温で使用する場合は注意が必要です。ガラスの蓋も付属になっているので、片手鍋選びに迷ったら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

8位

和平フレイズ マーブル・プレミアム IH対応片手鍋 16cm MR-7049

和平フレイズ マーブル・プレミアム IH対応片手鍋 16cm MR-7049

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,758

摩擦に強いクイックマーブル加工がされたテフロンの片手鍋です。クイックマーブルは食材のこびりに強く、キズが付きにくくなっているのはメリット。金属のお玉を使っても傷が入りにくいので、調理方法の選択肢が広がってくれます。

16センチサイズなので、片手鍋の中でもスタンダードなサイズなのは、嬉しいポイントの一つです。多くの調理に対応していて、片手で調理しても重たく感じないのは魅力的です。また、ガスやIHに対応しているのはもちろんのこと、様々な調理方法に対応している片手鍋です。

人気のある片手鍋なので、自分用としてはもちろんのこと、家族や友人用にプレゼントしてあげると喜ばれやすいです。片手鍋を欲しがっている人に、こっそりプレゼントで贈ってみてください!

7位

富士ホーロー ソースパン solid 18cm グリーン SD-18S・G

富士ホーロー ソースパン solid 18cm グリーン SD-18S・G

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,142

ニオイや汚れがつきにくいといわれるホーローの片手鍋。こちらの商品は非常ににカラフルで実にお洒落。ただコンロの上に置いておくだけでも絵になる魅力的な一品です。フタのツマミはある程度のサイズがあり持ちやすいので、料理中のストレスも軽減してくれることでしょう。

さらに熱が伝わりにくい樹脂製の持ち手部分には、収納時に便利なフック穴もついています。口コミでは「色が良くて使い勝手も抜群」「安いのにオシャレ」など、高評価を得ているのもポイント。ガスコンロでの使用はもちろんのこと、IHコンロでも使用可能。贈り物として受け取っても嬉しいですよね。

6位

パール金属 お手軽クック ブルーダイヤモンドコート ミニ 鍋 14cm オレンジ 【ガス火専用】 HB-153

パール金属 お手軽クック ブルーダイヤモンドコート ミニ 鍋 14cm オレンジ 【ガス火専用】 HB-153

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 756

テフロン加工で作られた14センチサイズの片手鍋です。ブルーダイヤモンドコートと呼ばれる、特殊なコーティング方法を使っているのはメリット。ダイアモンドの粒子が入ったフッ素をコーティングしていて、耐久性に強い片手鍋となっています。

また、14センチサイズの片手鍋なので、ちょっとしたおかずを作るときに利便性が高いです。赤ちゃんのミルクを温めるのにも使いやすいのは、嬉しいポイントの一つとなっています。ガス火専用なのでIHには対応していませんが、軽くて使いやすいので一つは持っておきたい片手鍋と言えるでしょう。

ちょっとした料理はもちろんのこと、友達同士でチーズフォンデュをするときにも大活躍だったと、口コミでも人気の商品なのでおすすめです!

5位

柳 宗理 ステンレス 片手鍋 18cm つや消し 311150 日本製

柳 宗理 ステンレス 片手鍋 18cm つや消し 311150 日本製】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,680

ステンレスで作られた18センチサイズの片手鍋です。ステンレスの片手鍋は、食材のこげつきに強く、耐久性が高くなっているのがメリット。他の素材で作られた片手鍋と比較すると、長期間しっかりと使えるようになっています。保湿力も高いので、煮物やスープ料理にぴったりの片手鍋と言えるでしょう。

付属のフタが付いているので、料理の効率化がしやすいのは、嬉しいポイントの一つです。フタを回転させることで、汁物の拭きこぼれを湯きりに使いやすいのは魅力的です。18センチとスタンダードなサイズなので、様々な調理に使いやすくなっていて、万能に使える片手鍋といえるでしょう。

世界的に有名な柳宗理がデザインしたステンレス片手鍋なので、調理器具にこだわりを持っている人は、ぜひ購入してみてください。

4位

ジオ 片手鍋 18cm GEO-18N

ジオ 片手鍋 18cm GEO-18N

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,654

アルミを混ぜたステンレスで作られた片手鍋です。標準サイズの18センチなので、様々な調理にしっかりと使えるところがメリット。補助ハンドルが付いているので、重たいステンレスの片手鍋でも、持ち運びしやすくなっているのは魅力的です。

全体的にシンプルなデザインになっているので、使いやすさ重視になっているのは、嬉しいポイントの一つです。とにかく使いやすい片手鍋が欲しい人にぴったりの片手鍋となっています。調理本がセットになっているので、どんな料理を作れば良いか悩んだときにも使いやすくて便利です。

3位

和平フレイズ 片手鍋 18cm ガラス蓋付 IH対応 ダブルマーブル WR-6293

和平フレイズ 片手鍋 18cm ガラス蓋付 IH対応 ダブルマーブル WR-6293

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,391

本体はテフロンで底面はステンレスで作られたタイプの片手鍋です。耐久力が高くなるように、内側に二種類のマーブル加工をしているのはメリット。金属製のお玉を使っても、内側にキズが入らないように加工されているのは魅力的です。

ガス火やIHだけではなく、エンクロやラジエントヒーターに対応しているのは、嬉しいポイントの一つです。様々な加熱方法に対応しているので、あらゆる家庭で使いやすくなっています。付属の蓋は強化ガラスになっていて、調理中でも様子が確認できるのでおすすめの片手鍋となっています。

2位

パール金属 片手鍋 16cm ガラス鍋蓋付 IH対応 フッ素加工 フォア H-1863 【IH対応】

パール金属 片手鍋 16cm ガラス鍋蓋付 IH対応 フッ素加工 フォア H-1863 【IH対応】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,064

フッ素加工がされたテフロンタイプのガラス蓋付き片手鍋です。テフロンタイプはアルミニウムと同じように軽くて使いやすいのがメリット。高温では使えませんが熱の伝導率も高くて、お湯や汁物を調理する際に使いやすい片手鍋となっています。

付属のガラス蓋が付いているので、調理中にホコリや乾燥から料理を守ってくれるのは、嬉しいポイントの一つとなっています。蓋を使うことで熱伝導率が高くなり、調理の効率が上がって、時短に使えるところは魅力的です。

片手鍋初心者の方でも使いやすくなっているので、片手鍋選びに迷ったら、ぜひ選んでみてはいかがえでしょうか?

1位

パール金属 片手鍋 18cm ガラス鍋蓋付 IH対応 内面4層 + 外面3層 マーブル加工 プレミアムマーブル H-4236

パール金属 片手鍋 18cm ガラス鍋蓋付 IH対応 内面4層 + 外面3層 マーブル加工 プレミアムマーブル H-4236

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,533

プレミアムマーブル加工された18センチテフロンの片手鍋です。内側に4層、外側に3層のコーティングがされているのはメリット。非常に耐久性が高く、金属のお玉だけではなくヘラも使えるようになっているのは魅力的です。

キズや汚れに強いので、しっかりと長期間使えるところは、嬉しいポイントの一つです。さらに、ガスやIHだけではなく、ハロゲン、シーズ、エンクロ、ラジエントヒーターに対応しているのが特徴的です。鍋の熱がハンドルに伝わりにくいよう工夫されているのは、ワイヤーで作られている片手鍋です。

ガラス蓋も付属になっていてそのまま使いやすいので、自分用としてはもちろんのこと、友達や家族にプレゼントしてみるのもおすすめです!

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

片手鍋の効果的な使い方

片手鍋 人2

片手鍋の効果的な使い方をご紹介します。

調理方法に合わせたサイズを使う

片手鍋を効果的に使うなら、調理方法や量に合わせたサイズを使う必要があります。もちろん、素材によって使用用途が変わってくるのはもちろんですが、サイズも重要なポイントとなります。ちょっとしたものを作るのに、小さいサイズを使っていては、熱が伝わりにくくてムダな時間が掛かってしまいます。

大量の調理を小さいサイズで調理するなら、一気に調理することはできませんし、何度も同じ作業をしなければなりませんよね。ちゃんと調理方法に合った素材を使い、ぴったりと合ったサイズを使うことが大切です。調理器具を使うときには、大は小を兼ねるという言葉は適していません。

そのため、片手鍋のサイズは、家庭の人数と作る分量を考えて使う必要があります。調理方法によっては、水分を飛ばすために大きな鍋で少ない分量を調理した方が良い場合もあります。片手鍋の直径と深さを意識して、調理を行っていきましょう。

まとめ

片手鍋は効率良く料理ができる調理器具ですが、持ち運びも便利なタイプが増えてきていて、蓋が付属しているものまで種類が様々です。自分の用途に合わせた使い方ができて、使い勝手が良いアイテムだと思います。

豊富な種類の調理器具が販売されていますが、値段と性能はピンキリです。しかし、リーズナブルな片手鍋の中にも品質の高い鍋が多くあるようです。片手鍋を購入する際、もし迷った時はぜひこちらのページを参考にしてくださいね。

自分に合った片手鍋を選ぶことで、効果的な調理環境を整えることができるはずです。あなたも片手鍋を使って快適な調理をはじめてみませんか?

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.