1. グッディ∞
  2. 生活雑貨めん棒おすすめ比較ランキング!パン・お菓子作りやマッサージに人気なのは?

2018/04/03更新

めん棒おすすめ比較ランキング!パン・お菓子作りやマッサージに人気なのは?【2018年】

めん棒 パン生地

パンやクッキーなどの生地を伸ばしたり、あるいはうどんやそばを打つ時に使うのがめん棒です。一見するとただの棒のように見えますが、その商品選びにはチェックすべきポイントがあります。

そこで今回は、このめん棒の選び方とおすすめの人気商品をご紹介します。用途によっても選ぶべき商品は変わるので、参考にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

めん棒の選び方

女性 調理器具

めん棒はクッキーや麺など様々な生地を伸ばしたり生成するために使いますが、それぞれの生地に合うものやオールマイティに使えるものなど色々とあります。また手入れのしやすさも素材によって変わります。

まず最初にめん棒を初めて使うのか、それとも買い替えのために選ぶのかによって選択肢は変わります。また用途に応じて使い分けるのであれば、それぞれどんなめん棒を選べば良いのか知っておく必要があります。

初心者はシリコンやプラスチックがおすすめ

これからめん棒を使ってパンやクッキーなどの生地を生成しようという方であれば、木製よりもシリコンやプラスチック製のものが使いやすいかもしれません。最初から道具にこだわる、というのも良いのですが、木製のめん棒はメンテナンスに気を遣います。

最初のうちは生地を伸ばしたり空気を抜くという作業に集中することをおすすめします。そこで手入れは簡単に済ませられる素材のめん棒がおすすめというわけです。

さらにシリコンやプラスチック製のめん棒は木製よりも生地がつきにくくなります。生地がついてしまう場合には粉を振ることになりますが、その量によっては味にも影響が出てしまいます。

めん棒はあくまでも調理のための道具であり、それほど神経を使うことなく使用できるものを選んでおいた方が良いでしょう。使い方に慣れてきたら、国産の高級な木製めん棒を購入して長く愛用するのも良いかもしれません。

オールマイティに使えるめん棒とは

めん棒で生地を伸ばすと言っても、作るものによって作業内容は異なります。例えばパン生地の場合には中の空気を抜くのが目的になるので、それほど力を込めて押すようなことはしません。

逆にうどんなどは力を入れて生地を平らに伸ばしていきます。このような異なる用途に1本のめん棒で対応するとなると、どのような条件が必要になるのかを考えなければいけません。

ですから「パンが作りたい!」「ピザ用に購入したい!」というように、作りたい料理が決まっているなら、当然それに最適な商品を選ぶべき。しかしできればいろいろな料理に活用できるめん棒を選びたいと思っている人もいますよね。

オールマイティに使えるめん棒を選びたいと思ったら、まず長さを何かを考えましょう。パンやクッキーなどをメインに使うのであれば短くても良いのですが、ピザ生地にも使うのであれば最低30cmは欲しいところです。

そしてめん棒は直径も商品によって異なります。そばを打つのであれば細いめん棒も必要になりますが、そうでなければ太いものを選んでおくと良いでしょう。伸ばす作業も楽になりますし、力を加える時も簡単です。

そしてどの位の重量があれば良いのかを考えます。重い方が初心者は力を入れずに生地を伸ばすことができます。ただしパン生地のようにあまり力を加えてしまうと、焼き上がりが固くなってしまうことがあるので注意が必要です。

それらを考えると、幅広い用途にも使えるめん棒を選ぶのであれば100~200g程度の重量の商品を探すと良いかもしれませんね。

買い替えるのなら用途に応じた商品を

めん棒を持つ女性

すでにめん棒を使っていて、そろそろ買い替えたいという人であれば用途に応じて選ぶと良いかもしれません。もちろんそばやうどんからピザ、パンにクッキーとあらゆる調理に使うとなればめん棒の種類もかなり増えてしまいます。

そこでまず、サイズの違うものを揃えると良いかもしれません。短いサイズのものは狭いキッチンでの調理にも便利ですが、ちょっとだけパンやクッキー、タルトなどを焼きたいという時にもかなり重宝します。

クッキーなどを焼く場合には、生地を均一の厚さにする必要があります。うまく均一にできないという場合には、めん棒の両端にリングがついたものがあるので便利です。

そばやうどんと打つとなれば、ある程度の長さが必要になります。さらに力を加えて伸ばすので、重量もあった方が良いでしょう。このように用途によっては使い方が異なるので、使いやすいタイプのめん棒を探すことが大事です。

パン生地には表面がデコボコしためん棒を

パン生地を生成するためには、表面がデコボコになっためん棒が便利です。もちろん技術が向上すれば通常のめん棒で作業できますが、慣れないうちは生地がはりついて上手く空気が抜けません。

そこでプラスチック製の表面がデコボコになっためん棒を1本用意しておくと、パン生地の生成が簡単にできるようになります。

クッキーなどには金属製が便利

クッキーなどの生地を生成する時には、めん棒につかないように生地を冷やしておく必要があります。まためん棒も冷やしておくと効果が高まるので、金属製のものを使うと良いでしょう。

金属製のめん棒には、アルミやステンレスがあります。アルミは軽いので使いやすいのですが、ステンレスは大抵重量が重くなります。ある程度の経験値があれば、重いステンレスでもうまく生地を生成できるようになるでしょう。

そば打ちのためのめん棒の選び方

そばを打つためのめん棒には、色んな選び方があります。特にステンレスのような金属製と木製のめん棒は、手打ちそばか機械打ちかによって使い分ける必要があります。

加水量が多い手打ちそばの場合には、柔らかな素材の木製がおすすめです。木製であれば加水による柔らかさを生かして優しく伸ばすことができます。

一方で機械打ちのそばの場合には加水量が少なく、さらにつなぎも使っているので硬い金属製のめん棒が使いやすくなります。

木製は金額によって使い勝手が変わる

オーソドックスなめん棒を選ぶのであれば、木製のものから検討することになります。生地を伸ばしたり生成する作業に慣れてきたならば、どのような道具でも使いこなすことができると思います。

ただし木製のめん棒を選ぶ際にはいくつかの注意点があります。基本的に安い商品は反りやすかったり、使ううちに表面が荒くなったりします。高額な商品ほど良質な木を使っているので、あまり劣化することなく長く使えます。

表面が荒くなる程度であれば、自分でメンテナンスをすることができます。けれどもめん棒は湿気による影響で反ってしまうと、元に戻すことはできません。もちろん普段の手入れに注意が必要なのですが、材質そのものによる違いで反りやいか否かが変わります。

長く愛用できるめん棒を探すのであれば、堅く変形しにくい素材でできたものを探すことが大事です。高級素材として、けやきや樫、ナラなどがあります。もっと手頃なものが良いのであれば、タモ材などがおすすめです。

また木製のめん棒の選び方としては、節目が少ないものがおすすめです。吸水しにくのが理由ですが、木目が多いものは水分を吸い取りやすいので、乾かすのに時間がかかります。芯まで吸い込んだ水分を乾燥させるためには3日間は干しておかなければいけません。

その間は使えないので、予備のめん棒を用意しておく必要もあります。節目や木目が少なく、堅い木材であればメンテナンスも楽ですし、長く使うことができます。

話題のめん棒ダイエットに使うなら…

めん棒を使用してリンパマッサージを行うめん棒ダイエット。直接肌に使用するため、衛生面を考えるとめん棒ダイエット用のめん棒を用意することをオススメします。

好みの問題もありますが、めん棒ダイエットに使用するなら使い勝手が良い手で握れる直径3~4cm程度のものが良いかもしれませんね。重量がなくても特に問題ないので、持ってみて重たくないものを選んでみましょう。またあまり高額なめん棒でなくても問題なく使用できることでしょう。

スポンサーリンク

めん棒人気おすすめ商品TOP10

それでは販売されているめん棒の中から、人気の高い商品をご紹介します。色んなタイプのものが揃っているので、用途に応じて使い分ける方にも参考になると思います。

それぞれに使い勝手の良さが違うので、買い替えを検討している方にも役立つと思います。現在不満な点を解消できるような商品を探すこともできるのではないでしょうか。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

パール金属 EEスイーツ 木製 ケーキ めん棒 35cm 【日本製】 D-4788

パール金属 EEスイーツ 木製 ケーキ めん棒 35cm 【日本製】 D-4788

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 412

天然木製の、ごくごく普通のめん棒です。重量は180g、しっかりとした重さが生地をしっかりと伸ばすことができることで人気の商品です。手入れには手間がかかりますが、生地を伸ばしたり巻き付けたりと色んな用途に使えます。

また生地を伸ばすだけではなく、叩いて使うこともできるのでクルミやアーモンドのように堅いものを砕くことにも使えます。

9位

タイガークラウン ケーキめん棒 250 小 467

タイガークラウン ケーキめん棒 250 小 467

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 432

狭いキッチンでもコンパクトに使える便利なめん棒です。サイズは直径3.3cm×長さ25cm、重さは120gとなっています。ブナの木を使い、適度な重みがある点が評価されています。

パンやクッキーなどのお菓子作りに最適なサイズと言えます。たまにお菓子などを作るような方におすすめです。手打ちうどんにも使えると人気の商品となります。

8位

Cosyhom めん棒 シリコン製 粘くない抗菌性で洗浄しやすい麺棒 (木製ハンドル, オレンジ)

Cosyhom めん棒 シリコン製 粘くない抗菌性で洗浄しやすい麺棒 (木製ハンドル, オレンジ)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 990

ハンドル部分は安全な木製、本体は生地がつきにくいシリコン製のめん棒です。木製とは異なり、食洗機でも洗えるように手入れが簡単な点が評価されています。もちろん安全性の高いシリコンを使っているので安心して使用できます。

生地につきにくいことが特に高評価につながっています。初心者でも簡単にお菓子やパンが作れるとあって、人気のある商品です。

7位

【Bau-houz】木製 めん棒 パスタ 餃子 ピザ お菓子作り 製菓道具 製パン そば打ち 麺棒 (ミドル)

【Bau-houz】木製 めん棒 パスタ 餃子 ピザ お菓子作り 製菓道具 製パン そば打ち 麺棒 (ミドル)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,380

直径が5.5cm×長さ41cmの大きなサイズのめん棒です。軽く力を入れることができるので、お菓子やパンの他にもうどんの生地も簡単に伸ばすことができます。パスタの麺打ちにも使えるとあって人気の商品です。

ハンドル部分を取り外すこともできるので、狭いキッチンでもコンパクトに収納しておくことができます。たまに使うような方にもおすすめの商品です。

6位

貝印 Kai House Select アルミ製で洗いやすい 生地がダレない 冷やせる めん棒 DL-6391

貝印 Kai House Select アルミ製で洗いやすい 生地がダレない 冷やせる めん棒 DL-6391

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 927

色んな生地を伸ばしても木製とは異なり、匂いや色がつきにくいアルミ製のめん棒です。金属製なので冷やして使うことができるので、パイ生地などは低温で伸ばすことができます。

湿気には注意が必要な木製と違って、アルミ製は手入れも簡単なのが利点と言えます。手軽に使えて冷やしながら生地をしっかりと伸ばせることで人気のある商品です。

5位

(ヨウフォー)Yoofor めん棒 料理用麺棒 ローラー式 30cm 錆/カビ防止 母の日 プレゼントステンレス

(ヨウフォー)Yoofor めん棒 料理用麺棒 ローラー式 30cm 錆/カビ防止 母の日 プレゼントステンレス

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,599

抗菌防カビで清潔に使えるステンレス製のめん棒です。手入れも簡単で衛生的に使えることが人気の理由です。ステンレスなので重みもあり、少ない力でしっかりと生地を伸ばせることが利点と言えます。

また木製のめん棒と比べると生地がつきにくい点も高い評価につながっています。また直径3.5cmと太さもあるので、接地面が大きいことも使いやすいと人気の商品です。

4位

タイガークラウン ケーキめん棒 450 大 466

タイガークラウン ケーキめん棒 450 大 466

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 594

長さが45cmと長いのでしっかりと力を入れることができるめん棒です。うどんやそばなどを打つ時にも役立つ利便性の高さが人気の商品と言えます。

表面も滑らかなので生地もつきにくく、初心者も簡単に使える点も高評価につながっています。重さも240gあるので、うどんなどの固い生地もきちんと伸ばすことができます。

3位

パール金属 アンテノア 木製 ケーキ めん棒 35cm D-349

パール金属 アンテノア 木製 ケーキ めん棒 35cm D-349

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 427

天然木製のシンプルなめん棒です。作りがしっかりしているので使いやすいと人気の商品です。使ううちに木くずが出ることもなく安心して使用できます。

軽い上に丈夫なので、クッキーやくるみを砕くことにも使えます。長さも35.5cmあるので、パンやクッキーの生地からピザのような大きな生地を生成するのにも活用できる使い勝手の良い商品です。

2位

貝印 Kai House Select 均等にのばせる リング付き めん棒 DL-6311

貝印 Kai House Select 均等にのばせる リング付き めん棒 DL-6311

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 594

両端にリングの出っ張りがあるので、生地の厚さを均一にできる便利なめん棒です。ゴム製のリングは着脱できるので、外して通常のめん棒としても使用できます。

長さは42cmあるのでピザ生地の生成にも使用できます。重量も軽いので、パン生地を圧し潰すことなく適度な力で空気抜きすることができます。この使い勝手の良さが高く評価されています。

1位

タイガークラウン ガス抜き めん棒(小) 7239

タイガークラウン ガス抜き めん棒(小) 7239

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 483

表面がデコボコしている樹脂製の軽いめん棒です。パンの生地の空気を抜くのに最適と評価される商品です。サイズは直径3.4cm×長さ25cmとコンパクトなので、ちょっとしたパン作りに使いたいという方におすすめできます。

木製よりも生地がつきにくい点や、小さな生地を生成する時に便利な点が評価されています。重量も85gと軽いので力を入れすぎず、パンも固くならないことも利点と言えます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

めん棒の効果的な使い方

めん棒をもつ手

めん棒は非常にシンプルな構造の調理器具ですが、その分使い方によって仕上がり具合も大きく変わってきます。そこでパンやうどんなどをおいしく仕上げることができる、めん棒の効果的な使い方をご紹介します。

また木製のめん棒は手入れに注意が必要なので、そのポイントも取り上げていきます。長く愛用できるように、参考にしていただければと思います。

木製めん棒は湿気に注意を

オーソドックスな木製のめん棒はプロの調理人も愛用する便利な道具です。けれども木の特性をよく知った上で、正しい手入れの方法を知っておく必要があります。食品に直接触れるものなのに、カビが発生するようなことがあってはいけません。

木製のめん棒は水分を吸収すると、カビが発生してしまいます。そこで普段の手入れでは水を使わず、まずこびりついた生地はカードなどを使ってそぎ落としておきます。その後に乾いた布などで拭いて終わりです。

けれども湿気を含むパン生地の空気抜きなどをしていると、その内部にある水分がどうしてもめん棒についてしまいます。そこで手入れの際にはしっかりと乾拭きをして、その後は風通しの良い場所で水分をきちんと取っておくことが大切です。

どうしても気になる汚れが付着して取れないという場合には、水でさっと洗い流してからしっかりと乾拭きをして乾燥させます。風通しの良いところで吊るし、3日間は乾燥させるようにしましょう。

反りを防ぐために直射日光は避けること

木は直射日光を浴びると反ってしまいます。めん棒も木製のものは反りやすいものもありますし。一度反ってしまうと元に戻すことはできません。そのために乾燥させる目的で直射日光に当てるということは厳禁です。

また湿気の多い場所に置いておいても反ってしまうので、空気が停滞するような場所にしまいこむのではなく、空気が通るような場所で乾燥させておく必要があります。

木製めん棒の表面のメンテナンス

木製のめん棒は、最初は表面がつるつるでも使っているうちに荒れるようになります。木くずが発生するようになると生地に入り込んでしまうので手入れが必要になります。

荒れた表面を再び綺麗にするためには、目の細かいサンドペーパー、いわゆる紙やすりを使うと良いでしょう。十分に湿気を取った後に軽く表面をこすることで、ささくれなどが無くなり綺麗になっていきます。

生地の生成のポイント

最後に生地を生成するときのポイントを紹介します。

パン生地のの伸ばし方

パン生地を生成する場合、めん棒で伸ばすというよりも発酵によって生まれた空気を抜くという作業が必要になります。その際に力を入れすぎないことがポイントになります。

力を込めてパン生地を伸ばしてしまうと、焼き上がりが固くなってしまいます。少しの力で軽く押して、生地の中のガス(空気)を押し出すようにします。

うどんの生地の伸ばし方

うどんの場合にはパンとは全く異なり、しっかりと力を入れて伸ばすという作業が必要になります。まず丸めた生地に軽く打ち粉をふって、めん棒につきにくくします。そしてめん棒で少しずつ平らに伸ばしていき、ある程度薄く広がったところで生地をめん棒に巻き付けます。

巻き付けが終わったらめん棒を縦にして生地をほどき平らにします。その後再びめん棒で押して平らにしてから巻き付け、再び90度回転させて開きます。この作業を何度か繰り返すことで、うどんの生地は四角く広がります。

ピザの伸ばし方

ピザ生地をめん棒で伸ばす方法は、まず台に打ち粉をしてから生地を置き、さらに小麦粉をふりかけて真ん中にめん棒を置きます。そしてまず最初に前方に押し出すようにめん棒を転がし、再び真ん中に戻してから次は手前に転がします。均一になるように力を加減するのがポイントです。

ピザ生地を回転させながら何度か繰り返してバランスよく均一の厚さになるように伸ばしていきます。うどんとは異なり、めん棒に巻き付けることはないので、いかに生地がつかないように手早く作業するかがポイントになります。

クッキー生地の伸ばし方

クッキー生地を伸ばす時には、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておくとめん棒に生地がつきにくくなります。ただし、冷蔵庫から取り出してすぐに伸ばしてしまうとヒビが入ってしまいます。これは外周部と中心との温度差により、固さに違いが生まれるからです。

そこでまず最初に軽く練りほぐしておいてからめん棒を使うようにします。長く練ってしまうと熱が加わるので、軽く済ませるのがポイントです。その後にラップで包んでおくとめん棒にくっつく心配がありません。

冷えたクッキー生地は固く、均一に伸ばすのは難しいものです。そこでめん棒の両端の下に割りばしなどを置いていけば、力を加えると同じ厚さで伸ばせるようになります。

まとめ

めん棒には様々な品質のものがありますし、高額であるほどに反りにくく丈夫な商品となります。けれどもどのような用途に使うのかによって、費用対効果を考えた商品選びが必要になります。

プロとしてそばやうどんを打つのであれば、それなりの道具は必要になります。けれどもたまにパンやクッキーを焼く時に使うのであれば、それほど高価なものでなくても十分に使えます。そのように価格によって使い勝手がどのように違うのかを把握できれば、適切な商品選びができるようになります。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.