1. グッディ∞
  2. 家電フィッシュロースターのおすすめランキング!人気商品を最強比較

2018/08/01更新

フィッシュロースターのおすすめランキング!人気商品を最強比較【2018年】

焼き魚

フィッシュロースターとは簡単に言えば魚焼き器のことです。自宅のコンロに魚焼き器が付属していれば、自宅でも簡単に焼き魚を作れるわけですが、どうしても気になるのが煙や匂いでしょう。一人暮らしならまだしも、家族同居だと夫が魚の匂いを嫌がって気分を損ねてしまうことも考えられます。

そこで活躍するのがフィッシュロースター。これには匂いや煙を除去するフィルターなどがついており、部屋の空気を生活に保ちつつ魚料理を楽しむことができます。しかも、細かく分解できることから掃除も簡単。これさえあれば、面倒な魚料理が気軽になるため、今よりも魚の摂取量を増やすことができるでしょう。青魚にはDHAやEPAが含まれるため健康効果が高いと言われていますよ。

ただ、フィッシュロースターにも様々な種類がありますので、購入前に自分に合った商品の選び方を学んでおきましょう。また、ランキング形式による人気商品の紹介も行います。

スポンサーリンク

フィッシュロースターの選び方

タブレットを使う女性

まずはフィッシュロースターの選び方を確認していきましょう。フィッシュロースターの中には1万円、2万円を超える高価な商品もありますからね。きちんと選び方を確認して購入しないと、後で泣くことになるかもしれませんよ。

サイズについて

サイズが小さければ小さいほど場所をとらず、置き場所に困らないわけですが、本体サイズが小さい=庫内の面積が狭いということにもなります。庫内とは魚を入れて調理する場所のこと。つまり、コンパクトな商品を選んでしまうと魚が入りきらず、上手く調理出来ない可能性もあるのです。これでは本末転倒でしょう。

ただ、大きければ大きいほど良いとも限りません。設置場所に収まらず常に出しっぱなしの状態になれば使い勝手が悪いのは確実ですし、単純に邪魔です。そのため、どの程度の魚を調理するのか、家族は何人構成か、設置場所の広さはどの程度か。このあたりを意識しながらサイズを選ぶようにしてください。一部の商品はスペックに本体サイズと庫内サイズがそれぞれ表記されています。

清掃について

コンロに付属の魚焼き器を使わなくなる理由のNo1は掃除の面倒さとも言えるでしょう。実際、魚を焼くうちに中がギトギトになってしまい、料理の意欲を削がれた人も多いのではないでしょうか。そのため、フィッシュロースターを選ぶ際は清掃のしやすさも重視したいところ。単純にどこまで分解できるかで掃除しやすいかが決まると言ってもいいでしょう。

やはり細かく分解できれば出来るほど、掃除は容易になります。ただ、その場合は元に戻すのが楽かも確認したいところです。コンロの二の舞にならないよう、常に綺麗に保てそうなフィッシュロースターを選んでみてください。

フィルターについて

フィッシュロースターは匂い対策としてフィルターの付属するものが存在します。魚を焼く際の匂いが気になるため、フィッシュロースターの購入を検討している方は必ずフィルターの付属する商品を選択しましょう。

このフィルターを通して煙が排出されるため、匂いが幾分か気にならなくなるはずです。また、フィルターも商品によって性能が異なったりしますので、きちんとスペックを確認するようにしましょう。特にマンション住まいの方などは匂い対策が必須とも言えます。

機能について

フィッシュロースターの中には魚を焼くだけでなく、燻製や焼き芋など他の料理を作成できる機能が付属したものもあります。これはなかなかに便利で、機能が多いと料理の幅が一気に広がるはずです。また、いちいちひっくり返す必要がなくなる両面焼きや、タイマー機能なども便利でしょう。

ただ、機能が増えれば増える分だけ高価になることも少なくありません。このあたりは予算と相談ですね。長く使うつもりなら高機能でやや高価なものを、逆にまず試してみたい方は安価な商品を、といった感じで選択してみてください。

メーカーについて

現在、フィッシュロースターには山善、パナソニック、TOSHIBA、象印など様々なメーカーが参戦しています。どこも有名なメーカーですので品質的には問題ないと思われますが、やはりメーカーごとに特化した機能やデザインの特徴はありますね。

たとえば、パナソニックは「けむらん亭」というブランドを展開しており、これは魚を焼くだけでなく燻製も出来るという優れものです。また、オートクリーンなどにも優れていますが、値段はやや高めなことも。対して山善はわりと安価な商品が多く、初めての方にも人気があります。それでいて、必要最低限の機能は備えており、商品としては申し分ないです。

他にも象印ならプラチナ触媒のフィルターによる煙や匂いの大幅カット、TOSHIBAなら両面焼き高温赤熱ワイドヒーターの搭載など。メーカーごとに機能や特徴が変わってきますので、ぜひこちらも注目してみてください。

スポンサーリンク

フィッシュロースター人気おすすめ商品TOP7

ここからはお待ちかねのフィッシュロースターの人気ランキングを紹介します。各商品の商品説明や口コミを見て、少しでも興味が湧けば公式サイトなどで詳しい情報をゲット。そして購入に踏み切りましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

7位

山善(YAMAZEN) 両面焼きワイドグリルMWG-4627

山善(YAMAZEN) 両面焼きワイドグリルMWG-4627

画像出典:Amazon.co.jp

こちらは山善のフィッシュロースターで、名前からも分かるように上下にヒーターが搭載されているため、裏返すことなく両面を焼き上げてくれます。しかも、庫内はサンマが4尾入るほどの広さ。そのため、魚だけでなくトウモロコシや串焼き、ステーキなどサイズが大きめな食品も簡単に焼き上げることが出来るでしょう。パワーも1100Wと申し分ありません。

匂いや煙を軽減するためにセラミックフィルターが搭載されているのもポイントです。また、蓋部分には各種食材の大まかな時間が記載されています。これとタイマーを合わせることで、簡単に適切な焼き加減に仕上げてくれることが期待されます。シンプルな商品らしく安価で購入できることも多いので、予算が少ない方にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) 両面焼きワイドグリルMWG-4627の口コミ評判

こんなに簡単に焼けて、手入れも簡単で、魚料理が面倒だとの思い込みを一新してくれました。しかも、安い。もう親友です。

兎に角うまく焼けるのがまずよい!  掃除が簡単に出来るのもよい!  
住宅設置のものは魚をひっくり返さなくてはならないが、これは両面焼けるので手間いらずだ!

6位

タイガー フィッシュロースター メタリックブラウン KFA-G130-TH

タイガー フィッシュロースター メタリックブラウン KFA-G130-TH

画像出典:Amazon.co.jp

こちらはクロスワイドヒーターを搭載したタイガーのフィッシュロースター。クロスワイドヒーターは上下でヒーターの方向が違い、いちいち裏返さずとも少ない焼きムラで綺麗に仕上げてくれます。このヒーターはタイガー独自のものです。また、焼き網にはシリコン加工を施し、魚をこびりつきにくくしています。そのため、焼成後も魚を崩さずお皿に移すことができるでしょう。

もちろん、フィッシュロースターですので、煙や匂いの分解機能も付属しています。簡単分解による簡単お手入れもいいですね。ふた、焼き網、反射板、受け皿を外して洗うことができます。他にも過熱防止のサーモスタットや、上蓋部分に印刷された調理メニュー、1300Wによるハイパワーなど多くの魅力を持った商品。カラーはシンプルなメタリックブランで、キッチンにもなじみやすいでしょう。

タイガー フィッシュロースター メタリックブラウン KFA-G130-THの口コミ評判

家が高気密なため、IHのグリルは室内に匂いがこもっていたのですが、これを屋外で使用してからは室内の匂いは気にならなくなりました。掃除は受け皿と網が簡単に外れるので、簡単にできるのが便利です。

とても使いやすく、おいしく魚が焼けるので、大変気に入っている商品です。使用頻度が高く、3年ほど使用して、フィルター等も汚れてしまったので、部品交換をしないで、新しく購入して入れ替えました。

5位

パナソニック フィッシュロースター おさかな煙らん亭 シルバー NF-RT700P-S

パナソニック フィッシュロースター おさかな煙らん亭 シルバー NF-RT700P-S

画像出典:Amazon.co.jp

こちらはパナソニックのフィッシュロースターで、6つの自動メニューを搭載しているのが特徴です。「生・姿焼き」「切身・干物」「つけ焼き」「とり肉」「焼きなす」「焼きいも」の中から好きなメニューのボタンを押すだけで、火力や温度、時間などを細かく調整してくれるため、後は待つだけで美味しく焼きあがります。しかも、両面焼きなことから裏返す手間もありません。デジタル30分タイマーによるセルフ時間調整も当然ながら可能です。

素早く立ち上がるヒーターの採用による余熱いらずもポイントのひとつ。加えて、庫内にはセルフクリーニングコード処理がしてあり、飛び散った油を熱で分解してくれます。そのため、庫内が脂でギトギトになることは少ないでしょう。

フィルターは14層になっており、これが強制排気ファンと協力して煙を約90%もカットしてくれます。焼き魚や焼き芋は好きだけど、自宅で料理をすると煙が気になるうえ、いちいち裏返す手間などが面倒に感じる。そういった方は本商品を検討してみるといいかもしれません。

パナソニック フィッシュロースター おさかな煙らん亭 シルバー NF-RT700P-Sの口コミ評判

この商品はとても扱いやすく煙もほとんど出ず焼き加減も3段階で調整でき、焼けるのも早いです。

魚を焼いても、肉を焼いても、その都度感動しています。皮はパリパリ、身はふっくら。ボタン一つ押すだけで料理屋の味に匹敵する料理が出来るので、悩んでる方はポチっとすることをオススメします。

4位

TOSHIBA 脱臭・脱煙フィッシュロースター シャンパンゴールド FG-20SB(NE)

TOSHIBA 脱臭・脱煙フィッシュロースター シャンパンゴールド FG-20SB(NE)

画像出典:Amazon.co.jp

こちらは両面焼き高温赤熱ワイドヒーターが搭載されたTOSHIBAのフィッシュロースターです。魚を美味しく焼き上げるコツは、強火で一気にと言われています。本商品の両面焼き高温赤熱ワイドヒーターは魚などを一気に過熱。しかも上下にヒーターがついているため、両面を同時に焼き上げてくれるのです。これなら裏返すのが面倒な方でも大丈夫。入れて待つだけで美味しい焼き魚が完成します。

さらに、ホーローディンプル反射板の力で庫内の隅まで熱が行き渡るため、ムラなく細かい部分までしっかり焼き上げます。焼き網部分にはブラックシリコーンコートマルチ焼網が採用されており、魚の身が網に食い込みにくい仕様です。そのため、焼きあがった魚とお皿にとる際、身が崩れてしまうことも少ないでしょう。また、焼き網の間隔が狭いのもポイントで、小さな食材を乗せたときも落ちにくくなっています。

もちろん、匂いや煙を分解する機能も付属。プラチナ触媒が匂いや煙を二酸化炭素と水に分解するため、気軽に自宅で焼き魚を作ることが出来るでしょう。使い終わった後は各パーツに分解して洗えるのもいいですね。こまめに掃除を行えば常に綺麗な状態に保てるはずです。

パワーは1250W、ヒーターのサイズはさんまが4尾同時に焼ける広さと他のスペックも十分。高温赤熱ワイドヒーターなどが気になる方は検討してみてください。

TOSHIBA 脱臭・脱煙フィッシュロースター シャンパンゴールド FG-20SB(NE)の口コミ評判

上手く焼けます。他社製品より全ての点で評価します。期待通りです。

以前に使っていた物に比べ、まず早く焼けること、しかもおいしく焼けること。
何よりも魚を焼いた際に網にくっつかないことが最大の満足点です。

3位

象印 フィッシュロースター 両面焼き 分解洗い&プラチナ触媒フィルター EF-VG40-SA

象印 フィッシュロースター 両面焼き 分解洗い&プラチナ触媒フィルター EF-VG40-SA

画像出典:Amazon.co.jp

象印のフィッシュロースターと言えば、有名なのが「プラチナ触媒フィルター」搭載による煙や匂いの軽減です。そのカット率は90%と言われており、これはNBS発煙性試験装置や、ガスクロマトグラフィーなどを使用した試験によって算出しています。加えて大手メーカーなことから信用できる数字と言って差し支えないでしょう。

焼き機能としては「こんがり反射板」が搭載されており、熱を効率よく反射させて魚を美味しく焼き上げてくれます。さらに、水の蒸発量を約60%に抑える優秀さ。庫内のサイズは幅35センチほどありますので、大きめの魚でも簡単に焼けるでしょう。公式によればさんま4尾を同時に焼くことも可能なようです。もちろん、両面焼きが搭載されているので裏返す手間はありません。

また、焼き網や反射板、本体カバー、ヒーター部、こんがり反射板、水受け皿といったように細かく分解できるため、お手入れも簡単です。これなら常に綺麗な状態で魚を焼くことも出来るでしょう。何気に、焼いた魚を簡単に取り出せる取り器が付属するのも嬉しいところです。

他にも30分タイマーなどが付属しており、魚以外にもローストチキンや焼きナス、焼き豚などを作成可能。料理時に出る煙や匂いが嫌いでストレスが溜まってしまう方や、コンロに魚焼きが付属していない環境の方はひとつ持っておくと便利でしょう。

象印 フィッシュロースター 両面焼き 分解洗い&プラチナ触媒フィルター EF-VG40-SAの口コミ評判

IHの魚焼き部分が故障したので買いました。
使ってみて、焼き加減も良いし、何より後始末がビルトインIHより簡単で綺麗になるので満足です。

お手入れも簡単だし、入れておけば美味しく焼けるので、本当に重宝してます!
手羽先を塩コショウして焼いたら、お店の味でした

2位

パナソニック ロースター けむらん亭 ブラウン NF-RT1000-T

パナソニック ロースター けむらん亭 ブラウン NF-RT1000-T

画像出典:Amazon.co.jp

こちらはパナソニックのフィッシュロースターで、けむらん亭の名前通り部屋の中を煙らせません。というのも、庫内に油や煙と言った有機物を酸化・分解する触媒フィルターがついており、これをファンの働きによって無色・減臭の期待を排出します。そのため、魚を焼く際の匂いや煙が苦手という方でも使いやすいでしょう。匂いのカット率は約90%と言われています。しかも、ワンボタンでお手入れできるオートクリーンモードまで搭載です。

また、本商品は魚を焼くだけでなく、燻製まで出来る機能を搭載しています。普通に料理をすると時間と手間のかかる燻製ですが、本商品なら専用の容器に食材とチップを入れて少し待つだけ。チーズなら15分前後もあれば出来上がってしまうほどです。

もちろん、焼き機能の方も優れており、オートメニューを使うだけで薄い切り身をジューシーに、干物をふっくらと仕上げてくれます。遠赤ブラックヒーターとセラミック備長炭コートの採用による加熱は七輪焼のような美味しさ。しかも、重量減少率を約27%まで抑えてくれるのです。

庫内のサイズも幅32.8×奥行22.3×高さ5.2センチと十分でしょう。卵の燻製やスモークチーズなどの燻製料理と、サンマや鮭などの焼き魚、どちらも楽しみたい方には最適の一品。価格はやや高めですが、料理の幅を広げたい方は購入してみるのも良いかもしれません。

パナソニック ロースター けむらん亭 ブラウン NF-RT1000-Tの口コミ評判

よく汚れる部品が洗いやすいのでこまめにお手入れできるのが嬉しいです。お値段はトースターに比べたらずいぶんお高いですが総合的にはコスパは悪くないかなと思います。

実際に使用してみると確かに値段だけのことはあり、切り身や姿焼きは素晴らしいできばえです。皮はばりっと、身はほっこりしっとりと専門店なみの焼き加減、これまでのフィッシュロースターとは一線を画す性能です。

1位

山善(YAMAZEN) ワイドグリル NFR-1100 S

山善(YAMAZEN) ワイドグリル NFR-1100 S

画像出典:Amazon.co.jp

こちらは山善のフィッシュロースターで、網のサイズ横31.5×縦20.5センチによるワイドグリル。両面焼きなことから食材を入れたらひっくり返す必要はなく、出来上がりを待つだけで大丈夫です。また、セラミックフィルターによる匂いや煙の軽減もポイント。分解も簡単にできるためお手入れも楽だと思われます。

30分タイマーがついているうえ、本体上部には各種料理の焼き時間が記載されているため、これらの併用することで適切な焼き加減に仕上げることが出来るでしょう。焼き時間のメニューは魚だけでなく、ステーキや焼き鳥、焼き芋なども記載されています。

出力も1100Wのハイパワー。それでいてお値段はお手ごろですので、初めてのフィッシュロースターにもぴったりでしょう。安価でパワー、機能共にそれなりの商品を探している方におすすめです。メニューには書かれていませんが焼きトウモロコシなどにも対応しています。

山善(YAMAZEN) ワイドグリル NFR-1100 Sの口コミ評判

安く、簡単に調理、メンテナンスも簡単。
魚を焼いても部屋が煙りでモクモクになりません。

ガスレンジの魚焼きグリルが壊れて買ってみました。想像以上に煙も出なくて焼き上がりもふっくら美味しいです。肉を焼いても油が落ちるのでヘルシーです。価格の割に良品でした。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

フィッシュロースターの効果的な使い方

バランスのいい食事

ここからはフィッシュロースターの効果的な使い方を紹介します。

魚料理にこだわらない

フィッシュロースターという名前から魚焼き専門の機械に思われがちですが、上記のランキングなどを見てもらえば分かるように、焼き鳥やステーキなど他の料理に対応している機種も多いです。そもそも、魚にしか通らない熱なんてありませんからね。当然と言えば当然でしょう。

ですので、フィッシュロースターを購入した暁には焼き魚だけでなく、ステーキや焼き芋などにも挑戦してみるといいですよ。商品によっては適切な焼き時間や熱量を自動で設定してくれるボタンも付きますので、上手く活用していきましょう。

使ったら洗う

フィッシュロースターを使ったら、きちんと分解して洗うようにしてください。面倒だと思って洗うのをさぼってしまうと、汚れがこびりついて落ちなくなる恐れもあります。中にはセルフクリーニングコートなどがしてある商品も存在しますが、せっかく細かく分解できるのですから、常に清潔に保ちたいところです。

まとめ

フィッシュロースターの選び方や商品ランキングはいかがでしたか。気になる匂いや煙を軽減できるフィッシュロースターをひとつ用意しておけば、魚料理が面倒という固定概念も少しは緩和されるでしょう。魚は現代人に必要な栄養がたっぷり詰まった食品ですので、ぜひフィッシュロースターを購入して摂取する頻度を増やしてみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.