1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめのカッターマット比較ランキング

2018/04/03更新

おすすめのカッターマット比較ランキング【2018年】

カッターマットのめもり

カッターを使用する際、そのまま机の上で作業を始めてしまうと傷が付いてしまうなど、大事な家具を傷めてしまうことがあります。わざわざ新聞紙を用意したり、不要な紙を重ねて使ってみたり、という工夫をされている方も少なくありません。しかし、そんな方にこそおすすめしたいのがカッターマットです。

カッターマットは使うことでさまざまなメリットがあるなど、一家にひとつはぜひおすすめしたいアイテム。でも、どんなふうに選べばいいのかよく分からないという方も多いでしょう。そこで今回は選び方のコツ、そしておすすめのカッターマットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カッターマットの選び方

文房具

カッターを使用する際に欠かせないアイテムといっても過言ではない、カッターマット。その名前からも分かる通り、カッティング作業を行う際に下に敷くマットのことで、多くのものは塩化ビニール樹脂などで分厚くできているのが特徴です。

基本的にはどれを選んでも間違いというわけではありませんが、それぞれのメーカーなどによって分厚さであったり、目盛りの書き方、ちょっとした違いがあるため、それによっては使いやすさが変わってくることでしょう。できれば作業をスムーズに進める為にも使いやすいものを選ぶのがおすすめです。

そこで、実際に購入する際はどういった点に気をつければいいのか。簡単にカッターマットの選び方のポイントをまとめてみたいと思います。

強度を左右する素材で選ぶ

カッターの刃はするどく、皮膚のような柔らかい部分であれば簡単に切ってしまいます。カッターマットはそんな柔らかいもので出来ていると当然すぐにだめになってしまいますので、ある程度丈夫さが要求されるでしょう。そこで、素材で選ぶというのもの一つめのポイントになります。

一般的なカッターマットに使われている素材は二種類に分けることができます。まずは塩化ビニール樹脂、もうひとつはオレフィン樹脂です。それぞれの違い、特徴をご紹介していきましょう。

塩化ビニール樹脂

塩化ビニール樹脂は、多くのカッターマットに使用されている素材で、なんといってもリーズナブルな価格でお求めの方にはぴったりの素材となります。あくまでも最低限使用できれば十分、という場合はこちらを選ばれるといいでしょう。

デメリットといえば低温に弱く、寒い季節になると素材自体がだめになりやすい、というのが一つ挙げられます。消耗品として割り切って使用するのであれば、またそれもデメリットではなくなります。低価格のものをこまめに買い替える、というのが性に合っている方、使用頻度がそれほど高くないという方はおすすめです。

オレフィン樹脂

申し分ない強度を誇るものといえばこちらのオレフィン樹脂でしょう。耐熱温度は100度以上と、熱に強いのはもちろんのこと、塩化ビニール樹脂のデメリットでもある低温にも強い、両方の強さを兼ね備えた素材になります。強度が第一、とお考えの方にはやはりこちらがおすすめです。

デメリットは値段でしょう。塩化ビニール樹脂に比べるとやや高価になるため、使用頻度がそれほど高くない方やカッターマットはできるだけリーズナブルに、とお考えの方には少し気になってしまうところかもしれません。しかし十分な役割は果たしてくれますので、買って損をするということはないかと思います。

目盛りのタイプで選ぶ

カッターマットの多くは目盛りが印刷されているなど、サイズや長さを確認するのにとても便利なものが多くあります。この目盛りをガイドがわりに作業することが出来ますので、できれば使いやすいものを選ぶといいでしょう。見ていただくと分かるのですが、メーカーごとにそれぞれ違いがあります。

必ず付いていなければならないというわけではありませんが、正確に作業を進めやすくするためにも、しっくりくるものを探してみてください。

サイズで選ぶ

カッターマットの大きさも作業効率に関わってきます。ごく一般的な作業、それほど大きなものを必要としていない場合はA4程度でも十分機能する、と満足される方も多いようです。しかし、もっと広々とした面が必要である場合は、さらに大きいA3サイズがおすすめです。

ギリギリの面積の中で作業するのはなかなかに至難の業ですので、できればゆとりがあるものをおすすめします。目安としては、作業する用紙の一回り大きい面積のもの、と考えていただくと分かりやすいのではないでしょうか。大は小を兼ねるという言葉もありますので、よほど小さなものをお差が紙でない限りは大きめがおすすめです。

便利な機能で選ぶ

その他にも、リバーシブルタイプのもの。こういった機能もおすすめです。やはりマットも永久的に使えるものではありませんので、どうしても表面に傷がつきやすくなります。その際も、アイテム自体がリバーシブル仕様になっていると、傷だらけになった面を裏返して使うことが出来るので、長くきれいな状態で作業できます。

また、外で作業されるなど持ち運ぶことを前提に考えている方、自宅で使用する際もコンパクトにまとめておける方がいい、という方は二つ折りのものもおすすめです。省スペースにまとめることができますので、すっきりと保管したり持ち運ぶことが出来るでしょう。ぜひそちらもチェックしてみてください。

このように、機能性で選ぶというのもアリです。一番大切なのは何を選べば使いやすいか、作業しやすくなるかを優先的に考えること。価格で選ぶことももちろん大切なのですが、できるだけ快適な作業のお供となってくれるものがベター。ひとつひとつ使用感も違ってきますので、ぜひ比べてみてください。

スポンサーリンク

カッターマット人気おすすめ商品TOP10

今どんなカッターマットが人気なのか、ぜひおすすめしたいアイテムをご紹介していきたいと思います。購入される前の参考としても役立てていただけると幸いです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ミワックス カッティングマット 450x300mm ブラック MX-A3-B

ミワックス カッティングマット 450x300mm ブラック MX-A3-B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,944

メイドインジャパンの製品、そして「創造をサポートする」というコンセプトのもとに作られた未ワックスのカッターマットは、確かな高品質と洗練されたデザインが特徴のアイテムです。さまざまな分野のクリエイターに愛用されているなど、ファンが多い製品でもあります。

ブラックを基調としたシックなデザインはとてもおしゃれで、シンプルな方眼ドットはガイドとして十分機能してくれます。三種類の硬度が異なる樹脂を一体五層構造にすることで両面ともに均等に、使いやすい工夫が取り入れられているのがポイント。デザイン性にも品質にもこだわりたい方必見のアイテムでしょう。

9位

コクヨ カッターマット 両面 600×450mm 黒 マ-43D

コクヨ カッターマット 両面 600×450mm 黒 マ-43D

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,424

丈夫な素材であるオレフィン系樹脂を使用した両面使用のカッターマットです。それぞれ両面に方眼掛がついているので、それぞれの面を同じように使用することができます。厚さも3.0mmとしっかり確保されており、机や床などを傷から守ってくれます。作業の際つい力が入ってしまいがちな方にも安心ですね。

また、オレフィン系樹脂をそれぞれ3つの層にわけてつくられているなど工夫されており、使用するカッターの刃自体も傷みにくく配慮されているのもポイント。環境にも優しい素材で、作業を行う際にできるだけ快適な状態で行うことができるような仕組みが嬉しいですね。

8位

オルファ カッターマット ふたつ折り A3 ネイビー 223BSNV

オルファ カッターマット ふたつ折り A3 ネイビー 223BSNV

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,800

持ち運びの予定がある方、できるだけコンパクトに、でもしっかりと確保できるスペースがあるものを。そういった方におすすめしたいのがこちらの二つ折りのカッターマットになります。開いて使えばA3サイズ、折り畳めばA4サイズと作業に合わせて選べるのが嬉しいですね。持ち運びにも便利です。

マットの裏面はすべり止め素材を使っているので、どんな作業でもしっかりと安定して行うことが出来ます。二つ折りではありますが、継ぎ目に段差ができないため、作業の際もスムーズです。1cm刻みのグリッド、1mm単位の目盛り、30・45・60°のガイドなどあると嬉しい目印がたくさん。作業効率もアップしそうですね。

7位

ライオン事務器 カッターマット 320×240mm CM-30K-B ブルー

ライオン事務器 カッターマット 320×240mm CM-30K-B ブルー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 453

爽やかなブルーカラーが映える、シンプルなタイプのカッターマットです。サイズは320×240mmとほぼA4サイズに近く、手頃で使いやすさを実感していただける大きさでしょう。厚みも1.2mm程度ありますので、普段それほど使用頻度は高くないけれどひとつ手元に置いておきたい、という方にもおすすめです。

方眼掛入りとなっていますので、カットする際など目安として使うことが出来ます。ちょっとした作業を行う際にも便利に活用していただけますので、ぜひ作業の時はどんどん使ってみてはいかがでしょうか。

6位

ナカバヤシ カッターマット A4 クリアブルー CTM-A4CB

ナカバヤシ カッターマット A4 クリアブルー CTM-A4CB

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 577

ちょうど扱いやすいA4サイズのカッターマットです。こちらの特徴は何といっても爽やかなクリアカラーでしょう。透明感がとても美しく、あらゆる作業の際にもこのカッターマットを活用することでより便利に、作業効率をアップさせやすくすることができます。

切り目が目立ちにくい素材を使用しており、5mm方眼線入りとなっていますので、作業の際にしっかりと確認しながら作業することが出来ます。厚みもそこそこにありますので、カッティング作業の際にも安心してお使いいただけるでしょう。

5位

エヌティー カッティングマット オレフィン系樹脂 A5 CM-22i-Pu クリアパープル

エヌティー カッティングマット オレフィン系樹脂 A5 CM-22i-Pu クリアパープル

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 310

ちょっとコンパクトなものが欲しい、という方におすすめなのがこちらのカッターマットです。A5サイズとなっていますので、非常に見た目も省スペース。ちょっとした作業の際にもパッと取り出して使うことが出来ますので、いつでも手元に置いておきたくなる存在ですね。

工作の際にも役立つ便利な5mm単位の目盛りは、カッティングだけでなくさまざまな作業にも役立ってくれるでしょう。鮮やかなクリアパープルのカラーは華やかで、作業も思わず楽しい気分にさせてくれること間違いなし。カッターマットを気軽に試したい方にもおすすめです。

4位

エヌティー カッティングマット オレフィン系樹脂 A5 CM-22i-R クリアレッド

エヌティー カッティングマット オレフィン系樹脂 A5 CM-22i-R クリアレッド

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 310

丈夫な素材としても知られるオレフィン系樹脂を使用したカッターマット、こちらはちょっと小さめサイズのA5になります。しかし人によってはちょうどいい大きさで使いやすく、かえって作業効率が捗るという方も。安心の日本製で、品質が気になる方も安心です。

クリアレッドの明るい色味は、気持ちを前向きにしてくれるカラーリングで作業もぐっと捗りそう。図画工作の際の作業スペース用に使うことも出来ますので、大人はもちろんのことお子さんにも大変おすすめの一品です。ぜひご家庭やオフィス、さまざまな場面で活用してみては。

3位

ナカバヤシ カッターマット 折りたたみカッティングマット A3 CTMO-A3

ナカバヤシ カッターマット 折りたたみカッティングマット A3 CTMO-A3

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,011

大きなカッターマットがほしいけれど場所をとるしかさばるし、という悩みをお持ちの方も少なくありません。そんな方にこそ選んでいただきたいのがこちら、折りたたみタイプのカッターマットです。広げた状態であればA3サイズで、折り畳んだ状態であればA4サイズで、というように幅広く活用していただけます。

再生オレフィン系樹脂を使用することで地球に優しく、そして丈夫で使いやすく作られているので、作業の際にも安心して進めることが出来ます。切り目や折り目も気になりにくいのが嬉しいですね。キレイなブルーは見やすく、作業も進めやすいです。

2位

プラス カッターマット 両面 A3 300×450mm ライトグレー 48-583

プラス カッターマット 両面 A3 300×450mm ライトグレー 48-583

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 867

オフィスやご家庭、どこででも大活躍間違いなしのA3サイズのカッターマットです。厚さは2mmですが、傷が付きにくく快適な使い心地を実感していただける工夫が取り入れられています。オレフィン系樹脂をそれぞれ軟質・硬質と組み合わせることで、三重構造に。さらに両面どちらも使用することができます。

落ち着きのある深い色味は目にも優しく、見やすさだけでなく作業の際の疲れにも配慮されているのがポイント。ついつい長時間作業を続けてしまいがちな方も、疲労を軽減しながら進めることが出来そうですね。これをひとつ持っているだけであらゆる作業に活用することができますので、ぜひ迷った際は候補に入れていただきたい一枚でしょう。

1位

プラス カッターマット 両面 A3 300×450mm グリーン 48-584

プラス カッターマット 両面 A3 300×450mm グリーン 48-584

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 791

長時間作業される方にも快適に行っていただけるよう、できるだけ彩度をおさえたダークトーンカラーを採用したカッターマットです。A3サイズですので縦横たっぷりとスペースをとることができ、広くのびのびと作業することが出来ます。大きめのものを扱う際も不便を感じにくいので、ゆとりを持って行いたい方には特におすすめです。

ガイドライン自体は片面のみとなっていますが、両面ともにカッティングマットとしてしようすることができるので大変効率が良いです。丈夫な素材としても知られるオレフィン系樹脂を使用しているので、長く安定した使い心地を実感していただけるでしょう。再生樹脂を使用したり環境に配慮されているとこともポイント。カッターマットといえばこれ、と挙げられるほど人気のある商品のひとつです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

カッターマットの効果的な使い方

カッティング中

カッターを使用するだけがカッターマットの使用方法ではありません。むしろ、日常のちょっとした作業の際もカッターマットをどんどん活用していくのがおすすめ。ただカッティンスするだけでなく、その他にどのように使っていけばいいのか、ちょっとしたコツについてお話していきましょう。

絵を描く際にもおすすめ

カッターマットを使用されたことがある方ならお分かりの通り、机の上に置くことでしっかりとその場所を固定してくれます。カッターマット自体が滑らないようになっていますので、すべり止めとしての役割もになってくれるというわけです。そこで、絵を描くなどの創作作業もおすすめになります。

もちろん紙とカッターマット自体は滑ってしまうことがあるため、完全に固定する場合はクリップやテープを使う必要があるかと思いますが、その際にもカッターマットを使えばそれごと固定できるので、安定した作業スペースを確保しやすくなるというメリットがあります。

また、色を塗ったりする際にはみ出ても、机自体を汚さないので、気にすることなく描き続けることが出来るでしょう。絵を描かれる予定がある方はやや大きめのカッターマットですと、ゆとりをもって描き進められるのでサイズも検討してみてください。

細かい作業を行う際にも

カッターや刃物を使う際以外にも、カッターマットは作業スペースの確保として役立ってくれます。例えば細かい作業を行う際、パーツが細かいものや失いやすいものの場合、机の上に並べてどこかへ行ってしまい見失うことがあります。しかし、カッターマットがあればその上で作業を進めることが出来るでしょう。

濃い色のカッターマットを選べばより分かりやすくなるかと思いますので、こういった作業を行う予定がある方は色選びにも少しだけこだわってみてはいかがでしょうか。グリーンのものが一般的によくみかける色ですが、ピンクや青、透明など実はさまざまなものがあります。

行う作業によってみやすさ、使いやすさは変わってくるかと思いますので、ぜひ購入前にご自身がどんな使い方をするのかをイメージしてみてはいかがでしょうか。それに合わせたものを選ぶことで使いやすく、作業効率もアップしやすくなりますのでおすすめですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。カッターマットを普段から意識して選ぶ、という機会はおそらくそう多くはないかと思います。吟味して選ぶのもよし、いくつか購入してみて使い比べてみるもよし、そのなかからより良いものが手にすることができるでしょう。ぜひ便利なアイテムを日常生活のなかで、どんどん活用してみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.