1. グッディ∞
  2. 家電おすすめグリル鍋の比較ランキング!焼肉・すき焼きなどにも人気なのは?

2018/04/03更新

おすすめグリル鍋の比較ランキング!焼肉・すき焼きなどにも人気なのは?【2018年】

すき焼き

一家に一台あるととても便利なグリル鍋。一台でさまざまな用途に使えるため、料理の幅が広がります。また使い方も簡単なのもポイント。

そんな便利なグリル鍋ですが、さまざまなキッチン用品を扱うメーカーから、たくさんの種類のものが発売されています。あまりに種類が多すぎて、自分が欲しいグリル鍋がどれなのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

ご家庭それぞれにあったグリル鍋を購入するには、選び方にポイントがあります。ここでは、グリル鍋の選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

グリル鍋の選び方

キッチンで悩む女性

グリル鍋を選ぶときには、そのグリル鍋の用途が自分に合っているかどうかを考えることが重要です。それではどの点に注目すれば、そのグリル鍋が自分に合っているかどうかがわかるのでしょうか。

グリル鍋の選び方を詳しくご説明していくので、自分が購入するべきグリル鍋を明確にしてみましょう。

人数に合ったサイズのものを選ぶ

グリル鍋にはいくつかのサイズがあります。このサイズ選びを間違えてしまうと、自分の家ではそのグリル鍋が役に立たなかったり大きすぎるということも。ですから、グリル鍋を選ぶときには、まずは自分の家庭にあった最適なサイズを知っておきましょう。

1人暮らしや同棲カップル、夫婦という家族構成の場合は、コンパクトな1~2リットルサイズで十分です。3~4人家族なら3~4リットル、5人以上の家族なら5リットル以上の大容量のものを購入する・・・という風に覚えておけば、覚えやすいのではないでしょうか。

それ以上人数がいるご家庭なら、グリル鍋1台では足りないかもしれません。そういった家庭ではミドルサイズのものを2台買うのを検討してもいいでしょう。

加熱方式で選ぶ

グリル鍋には、電気ヒーターとIH式のものがあります。どちらにするかは、それぞれのメリット・デメリットを知り、それぞれの好みや、ご家庭の状況によって選ぶといいでしょう。

電気ヒーター式のグリル鍋の方が、今のところは一般的で商品も多いという特徴があります。また、安価なものが多いので、コスト面を機にする人なら電気ヒーター式のものが良いでしょう。

ただし電気ヒーターが入っていない部分があると、火の通りにムラが出やすいというデメリットがあります。ですから電気ヒーター式のものを選ぶなら、ヒーターが全体的に入っているかをチェックしなければなりません。全体に入っているものなら、加熱にムラが出にくくなります。

IH式のグリル鍋は、IHクッキングヒーター自体もついたものも多く、グリル鍋だけではなくさまざまな用途に使えるのが特徴です。また、火力が強くムラが出にくいという長所もあります。

ただしIH式のグリル鍋は電気ヒーター式のものに比べると商品数が少なく、価格も高くなりがちです。グリル鍋を良く使うというご家庭で、使い勝手がよくすぐに調理できるものが良いということなら、IH式のグリル鍋がおすすめです。

人によってはIHの電磁波を浴びてはいけない医療機器を体に埋め込んでいる場合もあるでしょう。そういう人がご家庭や家に招くことのある友人にいるという場合は、そもそもIH式は選択できません。

安全性をチェックする

グリル鍋は使っていると熱くなりますし、加熱しすぎると焦げ付きすぎたりすることもあります。ですから安全性にも気を配らなければなりません。

例えばプラグがマグネット式のものだと、コンセントにつまづいてしまったときでも、パッとブラグが抜けるようになっているのでグリル鍋が倒れてしまうようなことはありません。火傷の確率が減り、鍋のものが床にこぼれたりすることもなくなるので、安全性を重視するならマグネット式プラグがおすすめです。

またタイマー機能についてもチェックしておきましょう。こちらはグリル鍋の火の消し忘れを防ぐ機能です。タイマーがついていれば、もし火を消し忘れても勝手に消えるようになるので、火事の危険性をぐっと減らすことができます。

こうした機能がついていると価格は高くなりがちですが、安全のためには重視すべき点ですから覚えておきましょう。

付属プレートで選ぶ

グリル鍋は鍋だけではなく、さまざまなプレートがついてきて色々な用途に使えるようになっています。例えば焼肉用プレートや、たこ焼きプレートといったようなものです。こうしたものがついていると、グリル鍋の出番も多くなります。

あまりに多くのプレートがついていると邪魔になることもあるでしょう。また、商品の重量も重くなりますし、当然価格も高くなります。ですから自分がどんなプレートが必要なのかを考えて、必要ないプレートがたくさんついているような商品は避けるようにするといいでしょう。

あまり色々な用途で使わないなら、ごくシンプルなものがついているグリル鍋でも十分です。

スポンサーリンク

グリル鍋人気おすすめ商品TOP8

さまざまな商品が出ているグリル鍋。選び方のポイントがわかっても、商品を絞りきれないという人もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、人気のおすすめグリル鍋を8商品集めてみました。それぞれの特徴とともに、ランキング形式でご紹介していくので、どれが自分に合ったグリル鍋なのかを考えてみましょう。

ここから選べそうなら、ここでご紹介するグリル鍋の中から購入するものを決めるのもいいでしょう。もしも適したものがなかったとしても、より欲しいグリル鍋が明確になるはずです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

山善(YAMAZEN) グリル鍋 1200W 容量2L(直径23 深さ5cm) ブラック YGA-120(B)

山善(YAMAZEN) グリル鍋 1200W 容量2L(直径23 深さ5cm) ブラック YGA-120(B)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,700

山善のとてもシンプルなグリル鍋です。容量2リットルで1~2人用となっています。付属プレートなどはついておらず、鍋とガラス蓋のみというとてもシンプルなものですが、かなりお求め安い価格になっているので、シンプルなものを求めている人に最適です。

さまざまなプレートがついているわけではありませんが、これ1台で鍋もちょっとした炒め物も作れます。グリル鍋を食卓で鍋を楽しむときに使いたいというなら、このグリル鍋で十分です。

7位

象印 グリル鍋 コンパクトタイプ ブラック EP-SA10-BA

象印 グリル鍋 コンパクトタイプ ブラック EP-SA10-BA

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,080

象印のコンパクトタイプのグリル鍋です。1~2人向けの大きさとなっていて、付属プレートなどはついていないシンプルなグリル鍋ですが、あちこち気の利いた商品でもあります。

マグネットプラグでコードにつまづいたときにも安心。ふたは斜めにしておけるように、つまみ部分に細工がしてあります。鍋には水量目盛りもついていて、使いやすいでしょう。丸洗いもできるで、お手入れも楽々です。

コンパクトでシンプルなグリル鍋を求めているという人で、機能性も重視するならこちらの商品がおすすめです。

6位

象印 グリル鍋 土鍋風なべ EP-PE10-TA

象印 グリル鍋 土鍋風なべ EP-PE10-TA

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 8,500

象印の土鍋風グリル鍋です。鍋の色が土鍋のような色になっていて、食材やだしの色が映え、豪華に見えます。見た目を楽しみたいという人におすすめのアイテム。

グリル鍋として使うだけではなく、直火もOKなのが嬉しいところ。キッチンで直火にかけながら調理をして、食卓では保温という使い方ができる商品です。

なべに水量目盛りがついていたり、ふたのつまみに置きやすい加工がしてあったりと、さまざまなところまで目の届いた商品です。マグネットプラグなので、安心なのもポイントでしょう。

5位

タイガー グリル鍋 5.0L プレート 3枚 タイプ 深鍋 たこ焼き 焼肉 プレート 蓋 付き CQD-B300-TH

タイガー グリル鍋 5.0L プレート 3枚 タイプ 深鍋 たこ焼き 焼肉 プレート 蓋 付き CQD-B300-TH

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,424

タイガーの大容量グリル鍋です。5リットルの容量があるため、4~5人家族のご家庭に最適。鍋用プレートだけではなく、たこ焼きプレート、波形プレートがついてくる、用途の広い商品です。さまざまな場面でグリル鍋を使いたいという場合は、このグリル鍋が便利でしょう。

安心のマグネット式プラグで、万が一コードにつまづいたときにも火傷の心配がありません。鍋料理用の深なべは直火OKなので、調理がしやすいでしょう。波形プレートには油キャッチャーもついていて、ヘルシーに調理ができる商品です。

4位

アビテラックス 電気グリル鍋 3L ブラウン ブラック [正規代理店品]

アビテラックス 電気グリル鍋 3L ブラウン ブラック [正規代理店品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,960

アビテラックスのとてもシンプルなグリル鍋。3リットルサイズで3~4人のご家族に最適な大きさになっています。シンプルなだけに、特に付属プレートなどもなく、お求めやすいお値段のグリル鍋です。

シンプルながらも、これ1つで煮る・焼く・保温の3役はこなせるアイテム。ダイアルつまみで操作もシンプルです。色々なものは必要ないからグリル鍋だけがほしいという場合におすすめな商品です。

3位

象印 グリルなべ 土鍋風なべ&遠赤すき焼きなべ&溝つき遠赤焼肉プレート EP-PX30-TA

象印 グリルなべ 土鍋風なべ&遠赤すき焼きなべ&溝つき遠赤焼肉プレート EP-PX30-TA

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 8,015

象印の色々なプレートがついたタイプのグリル鍋です。付属してくる鍋は、土鍋風鍋、遠赤すき焼きなべ、溝つき遠赤焼肉プレートと、グリル鍋でやりたい基本の料理がすべてこなせるセットになっています。

土鍋風鍋には目盛りがついているため、濃縮タイプのつゆを使って鍋をするときにとても便利。ふたのつまみの部分も、置きやすい構造になっています。

遠赤すき焼き鍋はすき焼きだけではなく、焼きそばやお好み焼きといった焼き物料理に使え、料理の幅が広がります。グリル鍋1台でさまざまな料理を楽しみたいという人におすすめです。

2位

タイガー グリル鍋 3.7L プレート 3枚 タイプ 深鍋 たこ焼き 焼肉 プレート 蒸し台 蓋 付き ブラウン CQG-B300-T

タイガー グリル鍋 3.7L プレート 3枚 タイプ 深鍋 たこ焼き 焼肉 プレート 蒸し台 蓋 付き ブラウン CQG-B300-T

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 8,236

プレートが3種類もついてくるタイガーのグリル鍋です。3.7Lと少し大きめサイズですから、4人家族までに適応するサイズです。付属プレートにはグリルなべ、たこ焼きプレート、波形プレートがついてきて、鍋料理以外に焼肉やたこ焼きまでつくれるアイテム。

マグネット式プラグで本体が動くことがないという安心もポイントです。ヘルシーな蒸し料理ができるように、蒸し台もついていて、さらに料理の幅が広がります。使い勝手のよいグリル鍋をお探しの方におすすめです。

1位

アビテラックス 電気ミニプレート グリル鍋 レッド/ブラック APN-16G-R

アビテラックス 電気ミニプレート グリル鍋 レッド/ブラック APN-16G-R

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,100

見た目がコンパクトで可愛らしいアビテラックスのグリル鍋です。レッドとブラックのツートーンもおしゃれで、一人暮らしの人におすすめ。とてもシンプルでお値段もお安く、ちょっとグリル鍋を使ってみたいというときにも気軽に購入できます。

アルミ鍋と焼きプレートのセット。シンプルながらも鍋料理にも焼き物料理にも使える優秀なアイテム。これ1台で一人暮らしの自炊にバリュエーションが増えるでしょう。一人鍋を楽しみたい人なら、このグリル鍋が大活躍します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

グリル鍋の効果的な使い方

たこ焼き

ここまでグリル鍋の選び方やおすすめ商品についてご説明しましたが、最後にグリル鍋の基本的な使い方をおさらいしておきましょう。

グリル鍋は食卓で鍋をしたいときに使えるアイテムです。調理も保温もできるため、テーブルの上であつあつの鍋を常に楽しめるというのがメリット。家族で鍋をするときや、友達と鍋パーティーをするときなんかにも、テーブルの上に鍋があれば盛り上がります。

鍋をする以外には、炒めものや焼き物料理もできます。また、付属プレートがあれば焼肉やたこ焼きなどもできるため、単なるホットプレートよりは用途が増えます。

付属プレートがついたグリル鍋なら、1台でカセットコンロとホットプレートの役割を果たせるので、場所を取らないでしょう。

まとめ

鍋料理をしたくなる時期に恋しくなるグリル鍋。1台あればさまざまな料理に使えますし、まずは購入してみてはどうでしょうか。

ここでご紹介した商品を参考に、それぞれのご家庭に最適なグリル鍋を探してみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->