1. グッディ∞
  2. ベビー&キッズ双子用ベビーカーおすすめ比較ランキング!縦型・横型で人気なのは?

2018/04/03更新

双子用ベビーカーおすすめ比較ランキング!縦型・横型で人気なのは?【2018年】

二人乗りベビーカー

双子ちゃんが生まれてきたときに必須になる双子用ベビーカー。今まで双子がいなかったご家庭や、はじめての子供が双子だったという場合には必ず必要になるアイテムです。また歳が近い子供が2人いるという場合にも使えます。

大事なお子さんのために使うものですから、その品質や機能にもこだわりたいですよね。しかし双子用ベビーカーは、普通の一人乗り用ベビーカーに比べると、商品数も少なく情報も少ないのが難点です。

そのために、どんな商品を選んで良いのかわからないという人もいるでしょう。今までベビーカーを使ったことがある人でさえ、双子用となると悩んでしまうかもしれません。

そこで今回は双子用ベビーカーについて、その選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介していきます。生まれてくる赤ちゃんが双子だという人や、双子が生まれたご家庭でのベビーカー購入時の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

双子用ベビーカーの選び方

ベビーカー

双子用ベビーカーには、さまざまなタイプのものがあり、その機能やそれぞれの商品の特徴が異なります。そのため、それぞれのご家庭にあったベビーカーを選ばなければ、必要な機能がなかったり使いづらかったりすることもあるかもしれません。

そこでまずは双子用ベビーカーを選ぶときに、どういった点を気にすればいいのかをご説明していきます。

縦型か横型かで選ぶ

双子用ベビーカーには大きくわけると、縦型と横型のものがあります。双子用ベビーカーというと、横に2つ座席が並んだ横型タイプを想像する人も多いかと思いますが、実は縦に座席が並んだ縦型タイプも人気です。

縦型タイプは座席が縦に並んでいるため、通常のベビーカーと幅はそれほど変わらず外出中もとても便利です。駅の改札もラクラク通ることができますし、幅の狭い歩道も普通に通れるでしょう。また横型に比べると安定した走行ができるというのもメリットです。

ただし縦型タイプの場合、前の座席と後ろの座席とでは対象年齢が異なることが多く、双子に使う場合には不便なこともあるでしょう。また、縦に並んでいるので前側の座席に座った赤ちゃんの様子は少し見辛いかもしれません。

一方横型タイプはどうしても横に幅を取ってしまうというデメリットがあります。そのため電車に乗ったり狭い道を通ったりというときには不便でしょう。

しかし横型タイプは両方の座席が同じような仕様になっているため、対象年齢も同じです。そのため双子用としては横型タイプの方が向いていると言えるかもしれません。横並びなので、どちらの赤ちゃんの様子もチェックしやすいのもメリットではないでしょうか。

スリムなタイプが必要なら縦型タイプ、双子用であることを重視するなら横型タイプがいいでしょう。どちらを優先するかによって選ぶべきベビーカーが異なります。もしも双子用ではなく、年の近い兄弟用として購入するなら対象年齢の違いは問題になりませんから、縦型の方が良いかもしれません。

そのご家庭のお子さん、そしてライフスタイルに合わせて最適なタイプのベビーカーを選択しましょう。

対象年齢をチェックする

ベビーカーには対象年齢というものがあります。1ヶ月頃から使えるものもあれば、生後半年くらいから使えるというものも。年齢や体重の上限もあるので、ベビーカーを購入するときには対象年齢や体重を必ずチェックするようにしましょう。長く使えるものだと、子供が成長したときにも便利です。

双子用として購入する場合も、兄弟用として購入する場合も、双子用ベビーカーを購入する場合は両方の座席の対象年齢をチェックするということを忘れないでください。座席によって対象年齢が違う場合があるからです。横型の場合は対象年齢が同じであることが多いのですが、念のために両方ともチェックしておきましょう。

今すぐベビーカーを使いたいという場合、この対象年齢のチェックがとても重要です。せっかく購入しても、すぐに使えなければ意味がなくなってしまうからです。ですから対象年齢のチェックは必ずするようにしましょう。

リクライニング機能で選ぶ

双子用のベビーカーにも、通常のベビーカーと同様にリクライニング機能があります。縦型のベビーカーではこのリクライニング機能はそれぞれの座席で独立していますが、横型の場合、稀にリクライニング機能が独立していない場合もあるので、必ずリクライニング機能が独立しているかをチェックしましょう。

双子で体格が同じだったとしても、赤ちゃんというのは、その時その時で状態が異なります。1人の赤ちゃんは寝ていても、1人の赤ちゃんは起きているということもあるでしょう。こういった場合に、リクライニング機能が独立していると一方を寝かせ、一方を座らせておくことができるのでとても便利で、赤ちゃんにとっても快適です。

独立リクライニング機能の他には、リクライニングの角度がどの程度調整できるかもチェックしておきましょう。リクライニングできる角度が多ければ多いほど、便利であることには違いありません。ただし、リクライニング機能の充実性を重視しすぎて、価格が高くなりすぎたり必要な機能がなかったりすると、そのご家庭に「最適」なベビーカーとは言い難いでしょう。

価格面や他の機能とのバランスを見ながら、リクライニング機能についてもチェックするようにしましょう。

折りたたみがしやすいものを選ぶ

ベビーカーは折りたたみをしてコンパクトに収納しなければならないときもあります。そういった場合にすぐにさっと折りたたみができるように、折りたたみがしやすい商品を選びましょう。

折りたたみ機能についてチェックするべきポイントは、片手で折りたたみの操作をすることができるか、簡単におりたたみができるかといったひょうなことです。

何故片手で操作できるものが良いかというと、赤ちゃんを抱いていても折りたたみの操作ができるからです。また、急いで折り畳まなければならないときには、片手で簡単に操作できるものだと便利です。

さらに折りたたみ機能をチェックするときには、折りたたみ後に自立できるかどうかも一緒にチェックしましょう。自立できるタイプだと、折りたたみ後にどこかに立てかける必要がないので、便利です。

また折りたたみ後のコンパクト性も合わせて調べておくといいでしょう。折りたたみ後にコンパクトだと収納場所をとりません。縦型は使用時はスリムですが、折りたたんだ時には横型よりも大きくなりがちです。そのあたりのバランスも考えると最適なベビーカーを選ぶことができます。

持ち運びが多いなら軽量&コンパクトなものを

ご家庭によっては車でベビーカーを持ち運ぶことが多いという場合もあるでしょう。そういった持ち運びが多くなるご家庭の場合は、本格的で重厚な双子用ベビーカーよりは、軽量でコンパクトなものがおすすめです。

軽量なら女性一人の力でも簡単に車の荷台にベビーカーを乗せることができますし、折りたたみしたときもコンパクトなので軽自動車など小さめの車でも持ち運びができます。

車への積み下ろしは意外と重労働になりがちなので、車での移動が多いというご家庭の場合はコンパクト性は重要です。軽量でコンパクトだと、壊れやすいのではないかと心配になるかもしれませんが、車での移動が多いということは徒歩で行動する範囲は車を持っていない家庭よりは少なくなるでしょう。ですから、結果的な耐久年数は変わらないと考えられます。

本体重量をチェックする

持ち運びが多いなら軽量でコンパクトであることを重視するべきですが、持ち運びが多いというわけではなくても、本体重量は重要なチェックポイントです。なぜならベビーカーは女性一人で動かすことが多いため、あまりに重すぎるとコントロールしづらいからです。

双子用ベビーカーの場合、「軽量」というと10kg前後のものを指します。軽量と言っても結構重いですよね。軽量であることを重視しない場合でも、本体重量は15kgくらいのものがおすすめです。それ以上になると女性一人の力ではなかなかうまく操作ができないでしょう。

海外性のものだと20kg近くのものもあったりします。そこまで重いものだと女性一人で操作するのには向いていません。また横型よりは縦型の方が軽いものが多いというのも覚えておきましょう。

ベビーカーの安定性について

双子用ベビーカーはその構造上、どうしても一人用のベビーカーよりも安定性にかける場合もあります。しかしベビーカーが安定していないと、赤ちゃんにとって危険なこともあるでしょう。ですから、双子用ベビーカーを選ぶときには安定感を重視されているかもチェックポイントになります。

双子用ベビーカーを使うときには、特に乗せ降ろしのときにこの安定感が重要になります。赤ちゃんを一人ずつ乗せることになるので、ベビーカーが安定していないと体重が傾いてベビーカーが倒れてしまうおそれもあります。また、一人を乗せたあとにもう一人を乗せるときに、ベビーカーに赤ちゃんが当たってしまった場合、安定感がなければ簡単に倒れてしまうことも。

ですからベビーカーがしっかりと安定しているかどうかという点はとても重要です。ベビーカー自体があまりに軽すぎると安定性はかけてしまい、転倒の危険性があります。どうしても軽量のベビーカーが必要な場合は、使用時に誤ってベビーカーをひっくり返さないように注意が必要です。

安定性という意味では、横型よりも縦型の方が安定しています。横型の場合は横に並んでいるので、左右に重心が偏りやすいからです。

乗せ降ろしの時だけではなく、走行時にも安定性は必要です。特に体重の違う赤ちゃんを2人乗せているときには、走行時の安定性がなければ操作が難しくなってしまいます。

安定した走行ができるかどうかは、タイヤの仕様にかかっています。タイヤが大きめだったり、衝撃吸収機能がついていたり、ダブルタイヤ仕様だったりすると安定した走行ができます。安定走行にこだわるなら、タイヤの仕様をチェックするようにしてください。

レインカバーや日よけについて

ベビーカーは雨天のときにも使わなければならないこともあります。また外出時に突然雨が降ってくるということもあるでしょう。大雨のときはそもそもベビーカーでのお出かけはおすすめできませんが、ちょっとした雨が降ったときのことを考えて、専用のレインカバーが付属しているものを選ぶと便利です。

レインカバーの中にはUVカット加工がしてあるものもあるので、そういった面も併せてチェックしておきましょう。また、レインカバーは座席をすっぽりとおおうようなものだと、ベビーカーが濡れることを防げますし、赤ちゃんをしっかり雨から守ることができます。

レインカバーと併せて日よけの大きさについても確認しておきましょう。日向ぼっこは健康に良いし気持ちいいと思うかもしれませんが、紫外線は赤ちゃんにとっても有害です。少しくらいの日向ぼっこは必要ですが、何の保護もされていない肌が露出している部分が紫外線に当たりすぎると、日焼けで赤くなってしまったり、肌にダメージを与えてしまったりします。

そういった場合に便利なのが日よけです。日よけのサイズも大きめサイズがおすすめ。夏の暑いときでも、日よけが大きければ座席全体を日陰にできるので、暑すぎることによる不快感を軽減できます。

双子用ベビーカーの場合、この日よけについても座席ごとに独立しているものだと、お子さん一人一人の状態に合わせて日よけの範囲を調節できるので便利です。

その他の機能について

双子用ベビーカーは通常のベビーカーと同様に、その他にもさまざまな機能が備わっています。

例えば座席下のバスケットなんかはついていると便利な機能の1つではないでしょうか。買い物したものを入れてベビーカーを押したり、子供の外出に必要なものをこのバスケットに入れて外出すると、ベビーカーのハンドル部分に荷物を置く時に比べてバランスが取りやすく、ベビーカーの操作がしやすくなります。

バスケットには何キロまでの荷物を載せられるかという仕様の差もあるので、安易に大きいバスケットがついていればいいというわけではありません。この機能を重視するなら、バスケット部分自体の仕様もチェックするようにしましょう。

ドリンクホルダーやテーブルがついているタイプの双子用ベビーカーもあります。赤ちゃんがまだごく小さい頃だと、この機能は使うことがないかもしれませんが、1歳を超える頃になると、ドリンクホルダーやテーブルがついていると便利なことも。

ドリンクホルダーにドリンクを置いておけば、赤ちゃんが自分で好きなときに飲み物を飲めますし、テーブルがあればベビーカーに座りながらちょっとした食事も可能です。

その他にも商品によってさまざまな機能がついていますから、気になる商品にどんな機能がついているかもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

双子用ベビーカー人気おすすめ商品TOP10

双子用ベビーカーの選び方がわかったところで、具体的にどんな商品があるのかをみていきましょう。ここでは、人気のおすすめ双子用ベビーカーをランキング形式で10商品集めてみました。

それぞれの商品の特徴も一緒にまとめていますから、双子用ベビーカーを購入するときの参考にしてみてください。どれも人気の商品ですから、ここから購入するベビーカーを選んでみてもいいでしょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ベビートレンド シットアンドスタンド ウルトラ ラグーン ストローラー 2人乗り 縦型 ベビーカー 【66411】

 ベビートレンド シットアンドスタンド ウルトラ ラグーン ストローラー 2人乗り 縦型 ベビーカー 【66411】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 240,743

ベビートレンドの縦型タイプの双子用ベビーカーです。とてもシンプルでかっこいいデザイン。前は3ヶ月から22kgくらいまでのお子さんに、後ろは2歳頃から22kgのお子さんに対応しています。対応年齢的には、双子用というよりは年の近い兄弟に最適なベビーカーでしょう。

前輪キャスターロック機能、カップホルダー、5点式シートベルトなど、ベビーカーとしてはとても便利で安全な機能が色々とついています。また、サスペンションもついているので、ガタガタの道でもらくらく走行可能です。日よけが大きいのも、お子さんを日光から守れて安心です。

9位

シットアンド スタンド ダブル ピスタチオ

シットアンド スタンド ダブル ピスタチオ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 29,800

座り乗りも立ち乗りもできる、とてもユニークな双子用ベビーカーです。縦並びタイプになっていて、対応年齢が前後とも6ヶ月から4歳頃までと長めなのもポイント。立ち乗りは2歳から4歳頃までの対応となっています。座り乗りも立ち乗りもできるため、双子だけではなく、年の近い兄弟用のベビーカーとしてとてもおすすめ。

立ち乗りは後部座席を取りはずしてできるようになっています。立ち乗り以外に、ベビーカーを押している親御さんの方を向いて座ることもできるようになっています。ドリンクホルダー付きのテーブルもついているので、ちょっとした食事もベビーカーに乗りながら可能です。

8位

ジョイー Joie ベビーカー エアツイン リコリス ブラック 41584

ジョイー Joie ベビーカー エアツイン リコリス ブラック 41584

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 30,022

ジョイーの双子用ベビーカーです。左右別々のリクライニング、専用レインカバー、リバーシブルクッション付きと必要な機能はしっかりとこなす商品。もちろん折りたたみも可能で、コンパクトに折りたたむことができます。

基本的な機能はすべてついているのにも関わらず、お求めやすいお値段なのも魅力的。コントロールしやすいつくりになっていて、重さも11.3kgとなんとか女性でも一人で運べる重さになっています。双子用ベビーカーについていて嬉しい機能をこなすベーシックなベビーカーです。

7位

日本育児 2人乗り ベビーカー DUO シティ HOP ブラックフレーム レッド コンパクトで軽い2人乗りベビーカー

日本育児 2人乗り ベビーカー DUO シティ HOP ブラックフレーム レッド コンパクトで軽い2人乗りベビーカー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 27,865

日本育児の双子用ベビーカーです。鮮やかなレッドカラーが目を惹くおしゃれなデザイン。縦に座席が2つ配置されているのでスリム且つコンパクトな商品となっています。駅の改札もラクラク通れるでしょう。さらには、本体重量10kg弱と軽量になっているので持ち運びも簡単です。

前は6ヶ月から体重18kg程度まで、後ろは3ヶ月から18kgまでのお子さんに対応。双子にも兄弟にも最適なベビーカーです。前後席を覆うレインカバーもついているので、ちょっとした雨が降った時にも安心です。普通のベビーカーとあまりサイズが変わらないので、コンパクトさにこだわる人におすすめです。

6位

GRACO (グレコ) デュオスポーツ ジェミニブラック 二人乗りベビーカー (背面タイプ) 専用レインカバー付き 67048

GRACO (グレコ) デュオスポーツ ジェミニブラック 二人乗りベビーカー (背面タイプ) 専用レインカバー付き 67048

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 35,638

グレコの横並び式双子用ベビーカーです。専用のレインカバーがついてくるので、レインカバーの購入は必要ありません。3歳くらいまでのお子さんに使えるベビーカーなので、双子用にも年の近い兄弟用にも。リクライニングは左右独立しています。フレームがしっかりしていて、楽に押せ、小回りもきく商品です。

35リットルの超大容量カゴつき。お買い物したものをそこに収納できるので、子供を連れてのお買い物もラクラクです。もちろん折りたたみは片手片足で簡単にでき、コンパクトに折りたためます。嬉しい機能がたくさんついているのにも関わらず、比較的お求めやすいお値段になっているのも魅力でしょう。

5位

ジョイー Joie エヴァライトデュオ ツートーンブラック 41669

ジョイー Joie エヴァライトデュオ ツートーンブラック 41669

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 34,597

ジョイーのシンプル且つ必要なものがすべて揃ったベビーカーです。縦並び式になっていて、前は6ヶ月から36ヶ月頃のお子さんに、後ろは1ヶ月から36ヶ月頃のお子さんまで対応しています。対応している年代が少し違うため、双子用としてだけではなく、年の近い兄弟用としてもおすすめ。

縦型ですから双子用ベビーカーとしてはスリムなつくりになっていて、細い場所を通るのに便利です。片手でもたためるので、赤ちゃんを抱っこしていても折りたたみ可能。さらに荷物が入る場所が多いのも魅力でしょう。日よけも大きめで、お子さんを紫外線から守れます。

4位

コンビ Combi ベビーカー TWINSPIN ツインスピン ブラック (1ヶ月~36ヶ月頃対象) スムーズに押しやすい二人乗りベビーカー

コンビ Combi ベビーカー TWINSPIN ツインスピン ブラック (1ヶ月~36ヶ月頃対象) スムーズに押しやすい二人乗りベビーカー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 42,024

コンビの双子用ベビーカーです。オーソドックスな横並び式になっています。1ヶ月から36ヶ月までのお子さんに対応と、対応できる幅が広いのも魅力的。双子だけではなく、歳が近いお子さん2人用のベビーカーとしても使えます。

大型車輪なので押しやすく、座席の下には14リットルの大容量カゴがついているのもポイントです。リクライニングも別々に調整できるようになっています。三つ折りに折りたため、とてもコンパクトに収納できるベビーカーです。本格的な双子用ベビーカーの中では、リーズナブルになっています。

3位

(Newox) ベビーカー 二人乗りベビーカー 双子ベビーカー ワンタッチ開閉タイプ リクライニング機能 通気性良い 物置カゴ付き (ブルー)

(Newox) ベビーカー 二人乗りベビーカー 双子ベビーカー ワンタッチ開閉タイプ リクライニング機能 通気性良い 物置カゴ付き (ブルー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 19,800

横に2つではなく、縦に2つ並んだ双子用ベビーカーです。しっかりした作りながら、9kg弱という比較的軽量な商品。横に幅を取らないので、駅の改札口もスムーズに通ることができるでしょう。

シートが独立しているので、それぞれの赤ちゃんの状態によってリクライニングの調整が可能です。双子だけではなく、年の近いお子さんが2人いるという家庭にも最適。ハイシートなので外出中に車のガスから赤ちゃんを守ることができます。

片手で簡単に折りたたみができるタイプになっています。赤ちゃんを抱っこしながらでも折りたためる仕様。折りたたむととてもコンパクトで場所をとりません。

2位

エンドー COOL KIDS CKバギーツイン ブラック バギー アルミ 軽量 双子用 ツインズ

エンドー COOL KIDS CKバギーツイン ブラック バギー アルミ 軽量 双子用 ツインズ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 10,682

エンドーの双子用ベビーカーです。見た目もとてもシンプルで、重さ5kg弱と軽量のベビーカーですから持ち運びもラクラク。とてもお求め安い価格であることも魅力の1つでしょう。

さらには持ち運びに便利なショルダーストラップ付きです。女性でも簡単に持ち運べる仕様になっているので、ベビーカーを持ち運ぶことが多いご家庭におすすめ。折りたたむととてもコンパクトになるため、軽自動車の荷台にも簡単におさまる大きさです。

1位

エアバギー AirBuggy ココ ダブル 双子用ベビーカー キャメル AB4803

エアバギー AirBuggy ココ ダブル 双子用ベビーカー キャメル AB4803

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 75,600

エアバギーの双子用ベビーカーです。落ち着いたキャメルカラーで、性別を選ばない商品。生まれてきた赤ちゃんが男の子でも女の子でも、男女の一人ずつであったとしても、気軽に使えるベビーカーです。カラバリも豊富で、他の色もおすすめです。

比較的コンパクトな作りになっているので、場所をとりません。左右それぞれのシートでリクライニングが独立してついているので、それぞれの赤ちゃんに合わせてリクライニング角度を調整できるのもポイント。

折りたたみ収納時のために、自立スタンドがついています。また、折りたたみもとても簡単で、フットブレーキと折りたたみ用レバーを操作するだけで、すぐにコンパクトに折りたためます。コンパクト性や機能性、すべての点で優れた商品です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

双子用ベビーカーの効果的な使い方

動物園 ベビーカー

双子用ベビーカーはその名のとおり双子の赤ちゃんや年の近い兄弟の赤ちゃんを乗せるためのベビーカーです。ここまでご説明してきたとおり、選び方にはたくさんのポイントがあり、商品もさまざまです。しかし購入をした双子用ベビーカーを快適に使うためには、その基本的な使い方についても知っておかなければなりません。

ここでもう一度、双子用ベビーカーの基本的な使い方と双子用ベビーカーを使うときの注意点についておさらいしておきましょう。

双子用ベビーカーの基本的な使い方

双子用ベビーカーは双子のいるご家庭、または年の近い小さいお子さんが2人いるご家庭で効果的に使えるアイテムです。2つ座席がついているため、2人の子供を同時にベビーカーに乗せて外出をすることができます。

常に大人2人で子供の面倒を見ることができるという状況なら、双子用ベビーカーは必要ないかもしれません。しかし、大人1人で2人の子供の面倒を見なければならないときには双子用ベビーカーがあるととても便利です。

毎日のおさんぽに、公園へのお出かけに、外出時の離乳食、お昼寝に、双子用ベビーカーはさまざまな場面で大活躍します。2つの座席のリクライニング機能や日よけは独立していることが多いですから、お子さんの状態に合わせてそれぞれ調節をしてあげましょう。

双子用ベビーカーを使用するときの注意点

双子用ベビーカーを使うときには、どうしても普通のベビーカーよりは幅を取りがちです。ですから公共交通機関を使う場合には、あまり混んでいない時間帯を選んで外出をすることをおすすめします。

また、混雑時にはベビーカーを折りたためるように、片手に子供を抱いて片手で折りたたみの操作をするという方法も練習しておきましょう。ここで問題になるのは、双子の兄弟の場合だと子供を抱く手が足りないということでしょう。抱っこ紐を使う方法もありますが、混雑すると考えられる場合、双子のお子さんを持った家庭では大人2人体制での外出がおすすめです。

ベビーカー操作時のバランスにも気をつけましょう。バランスが悪いとベビーカーをひっくり返して赤ちゃんに怪我をさせてしまうおそれもあります。たとえベビーカー自体が安定性を重視したつくりになっていたとしても、気をつけるに越したことはありません。

まとめ

双子や年の近い小さなお子さんがいるご家庭には非常に便利な双子用ベビーカー。双子にしか使えないというわけではないため、意外と多くの種類があるので、デザインについてもチェックしながら選ぶことができるでしょう。

ここでご説明・ご紹介した内容を参考に、それぞれのご家庭の赤ちゃんやライフスタイルに合わせた双子用ベビーカーを選んでみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.