1. グッディ∞
  2. ファッション&靴&アクセサリーおすすめのパンスト比較ランキング!人気の伝線しにくい商品は?

2018/04/03更新

おすすめのパンスト比較ランキング!人気の伝線しにくい商品は?【2018年】

脚

女性にとってパンストは仕事の時、冠婚葬祭など多くの場面で履くことが多いなくてはならないアイテムですよね。今ではコンビニや100円ショップなどでも売られており、手軽にいつでも購入することができます。

毎日使用する人は履き心地、丈夫さ、値段などこだわりたいところです。ここではパンストの選び方、人気のパンストなどをご紹介します。

スポンサーリンク

パンストの選び方

はてな
パンストは「パンティストッキング」の略でストッキングの一種で、なかでもお尻をすっぽり覆う長さのストッキングのことを一般的には言います。ここではストッキングの中でもパンストに注目し、選び方をいくつかご紹介します。

手軽に買えるのでコンビニや100円ショップで購入している人もきちんと選べば快適にパンストを使うことができるので、参考にしてみてください。

糸の種類で選ぶ

パンストで使われている糸はSCYとDCYがよく使われています。ここでは2種類の糸を詳しくご紹介します。

SCY(シングルカバリングヤーン)

伸縮性に優れたポリウレタン糸に耐久性の高いナイロン糸を1重巻きしている糸のことを言います。DCYで編まれたパンストに比べ、糸が細く、透明感が高いパンストになります。

素肌感の高いパンストを探している場合にはSCYが使われているパンストをえらびましょう。

DCY(ダブルカバリングヤーン)

こちらは伸縮性に優れたポリウレタン糸に耐久性の高いナイロン糸を2重巻きにしている糸のことを言います。

表面が滑らかで、すべりが良いので、履きやすく、フィット感と耐久性の良いパンストに仕上がります。

編み方で選ぶ

パンストは編み方もさまざまな方法があります。編み方によってパンストの仕上がりが異なりますのでご紹介します。

交編

サポート糸とナイロンの糸を交互に編んでいく方法で作られたパンスト生地です。一般的なサポートストッキングはこの方法で作られています。素肌のような透明感があります。

ゾッキ編

サポート糸だけで編まれたパンスト生地です。交編でみられる編み目のよれや横しまなどがなく、耐久性、伸縮性に優れています。

編み方や糸の種類に注目することで、パンストの透明感、耐久性などを履かなくてもわかることができます。

色で選ぶ

パンストはさまざまな色が売られています。同じシリーズの中でも素肌のようなナチュラルなもので数種類、黒、ブラウンなどもあります。人の肌の色はさまざまですよね。

購入する際、サンプルがあれば、その生地に手を入れて引っ張って見ると、色の確認ができます。その時に、手首の外側を見るのではなく、内側を見て確認するのがポイントです。

サンプルがない場合はパッケージの外側から見えるパンストと、手首の内側の色で確認しましょう。台紙が白の場合、実際着用すると若干濃くなります。細く引き締まった脚に見せたい場合は、ワントーン濃いものを選んでもいいでしょう。

着圧で選ぶ

最近のパンストは脚の部分に合わせ着圧を変えて、美脚効果を発揮させています。着圧の単位はhpa(ヘクトパスカル)で表されます。hpaの数字が大きいほど着圧が強いということになります。

足首の通常着圧は約10hpaですが着圧の高いパンストの場合、13~15hpaという商品もあります。より脚を細く見せたい場合には着圧表示に注目し、着圧が高いパンストを選ぶといいですね。

逆に締め付け感を避けたい人は、hpa表示のないパンストを選びましょう。

伝線させたくない場合は

パンストは靴下やタイツなどに比べて薄いため、履くときや、どこかに引っ掛けてしまうと伝線してしまうというデメリットがあります。

伝線しにくいパンストを選びたい場合には伝線しにくい特殊な糸が使われていたり、織り方にこだわっているものなどがあります。メーカーの中でも伝線しにくい商品にはパッケージに「伝線しにくい」などのうたい文句が書かれているので、そのようなメッセージのあるものを選ぶと間違いないですね。

穴が開いてしまっても、そこから伝線が広がらないものは履き替えるまで目立ちにくく、安心ですね。

体形に合ったものを

パンティストッキングは伸縮性が良くても体形に合ったものを選ぶことで快適に使うことができます。今ではマタニティ向けのパンストや、大きな体形の人向けの10Lサイズのパンストもあります。

パンストを諦めてガーターストッキングを使用していた人もさまざまな種類から選ぶことができるので、自分の体形に合わせて選んでくださいね。

スポンサーリンク

パンスト人気おすすめ商品TOP10

パンストはコンビニや100円ショップ、スーパーなど様々な場所で購入することができます。急に必要になった場合には便利ですが、日常で使い続ける場合には着け心地、履きやすさなどこだわって購入したいですよね。

ここでは豊富な種類の中から選ぶことができる通信販売の中でも人気のパンストをランキングでご紹介します。購入する際の参考にしてみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【逢】 マタニティ ストッキング

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【逢】 マタニティ ストッキング

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,118 – ¥ 1,296

こちらはマタニティ向けのパンストになっています。妊娠中もパンストを履く機会がある場合がありますよね。

お腹が大きくなってもきつくならず、下腹を包み込む「腹帯」設計になっており、お腹を優しく支えてくれます。お腹が大きくなると腰が痛くなりがちですが、バックサポートで、腰にも優しい作りになっています。

静電気防止加工や制菌加工も施され、つま先が補強されている補強トウで、通常のパンストと同じように快適に使うことができます。

9位

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【黒】 25デニール シアータイツ 〈3足組〉

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【黒】 25デニール シアータイツ 〈3足組〉

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,944

アツギの新スタンダードストッキングシリーズ「アスティーグ」は11タイプから構成されており、それぞれ脚を美しく見せ、快適な履き心地が特徴です。その中の「黒」は深いブラックがモードにかっこよく見せる大人のパンストです。

素材はあらかじめ黒を練りこんだナイロン糸を使っているので、漆黒の黒が実現しました。頻繁に使う人、まとめ買いをしたい人に最適な3足組です。伝線してしまっても履き替えることができるので安心ですね。

8位

[グンゼ]SABRINA Natural(サブリナ ナチュラル)ストッキング〈同色3足組〉 SB410 ウィメンズ

[グンゼ]SABRINA Natural(サブリナ ナチュラル)ストッキング〈同色3足組〉 SB410 ウィメンズ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,620 – ¥ 2,268

グンゼから発売されているパンストの中で、1995年から多くの女性の脚をきれいに見せてきた「SABRINA」が新しく生まれ変わりました。

きめが細かいハイゲージ編で穴が開いても伝線しにくく、肌馴染み、履き心地のよいパンストです。吸放湿素材を使い、蒸れにくく、パンティ部にはストレッチ立体設計を採用し、締め付け感が少なく、伸びが良く、ずれ落ちにくくなっています。

保湿成分のツバキオイルが配合され、デオドラント、UV対策、静電気防止効果もあります。

7位

(アツギ)ATSUGI ストッキング ATSUGI STOCKING(アツギ ストッキング) 引きしめて、美しい。 〈3足組2セット〉 

(アツギ)ATSUGI ストッキング ATSUGI STOCKING(アツギ ストッキング) 引きしめて、美しい。 〈3足組2セット〉 

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,901

アツギのこちらのパンストは、オールSCYで肌触りがよく、足首は9hpaの着圧で引き締めることですらりとした脚に見せてくれます。さらにブラックというカラーがより足を細く、大人っぽく見せてくれます。

伝線しにくく、つま先には補強がされている補強トウが採用されているので、丈夫です。頻繁に履く人に最適な3足組2セットの商品です。外出の多い仕事で着用しても安心のパンストです。

UV対策加工や撥水加工、静電気防止加工も施され天気や気候に左右されずにいつでも快適に履くことができます。

6位

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【圧】 引き締め スムースオープン 着圧ストッキング 〈3足組〉

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【圧】 引き締め スムースオープン 着圧ストッキング 〈3足組〉

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,500 – ¥ 1,944

日本のメーカーアツギから発売されているこちらのパンストは伝統的で革新的な新スタンダードストッキング「アスティーク」シリーズの「圧」というパンストです。

科学の視点から考えられており、脚の部分によって、着圧を変える段階着圧にすることで、長時間履いても痛くならず、美脚ラインは夕方まで続く欲張りを叶えたパンストです。
動きやすいダイヤマチで、外回りが多い職場でもストレスになることなく毎日でも履きたくなるパンストです。

5位

(グンゼ)GUNZE ストッキング サブリナ 伝線しにくい あったか ストッキング3足組

(グンゼ)GUNZE ストッキング サブリナ 伝線しにくい あったか ストッキング3足組

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 920 – ¥ 1,080

こちらのパンストはパンティ部分が厚手でつま先も補強され、寒い時期でも温かく履くことができます。脚部分には極細のフィラメント糸のオリジナル素材が使われ、空気をたくさん含むことで、温かさを長時間キープすることができます。

寒い時期、タイツでは見た目にもNGな場面でもこちらのパンストなら見た目にしっかり、温かさはキープしてくれるので、助かりますね。3足組なので、頻繁に履く機会がある人でも寒い時期をローテーションで乗り切ることができそうです。

4位

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【強】 丈夫 ストッキング 〈3足組〉

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【強】 丈夫 ストッキング 〈3足組〉

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,620

アツギのストッキングシリーズ「ASTIGU(アスティーク)」 の中のこちらは「強」という商品です。

パンストの強度にこだわったこちらの商品はナイロンを2重に巻いたオリジナルの糸を使い、破れにくく、伝線しにくく、つま先は補強トウになっていたりとさまざまな視点から強度の強いパンストを実現しました。すぐ破れてしまう人でもこれなら何度も繰り返し使うことできそうですね。

動きやすいダイヤマチや立体編で履き心地の良さも好評です。

3位

【工場直営】【大きいサイズ】日本製ゆったりパンストL LL 3L 4L 5L 6L 7L 8L 9L 10L

【工場直営】【大きいサイズ】日本製ゆったりパンストL LL 3L 4L 5L 6L 7L 8L 9L 10L

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 890 – ¥ 1,053

こちらのパンストは大きいサイズで、普段、太ももの間がすれて痛かったり、太ももの間の生地が薄くなってしまうと股ずれにお悩みの人に最適な商品です。

太もも部分の編み方を変えることで、生地の丈夫さ、擦れの軽減を実現しました。太もも部分は伸びが良く、足首部分はダブつかずにすっきりした履き心地です。安心の日本製で、工場直売の商品です。

L~10Lまでのサイズから選ぶことができるので、体形にフィットするパンストを選ぶことができます。

2位

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【肌】 素肌感 ストッキング 〈3足組〉

(アツギ)ATSUGI ストッキング ASTIGU(アスティーグ) 【肌】 素肌感 ストッキング 〈3足組〉

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,500 – ¥ 1,620

日本のメーカーアツギから発売されているパンストのシリーズ「ASTIGU(アスティーグ)」の中からこちらのパンストは「肌」という商品です。

素肌感にこだわったパンストで、糸はなめらかできめの整った肌のようなものを使用し、履くことで、素肌のような美しい脚を演出してくれます。独自の染色方法で、素肌っぽさに加え、カバー力も兼ね揃えた色を採用しています。

ヒップ周りのの前、後、サイドの編み方を変えた3WAY立体構造で女性の体に無理なくフィットする形状になっています。

1位

(グンゼ)GUNZE ストッキング サブリナ なめらかゾッキPS 3足組

(グンゼ)GUNZE ストッキング サブリナ なめらかゾッキPS 3足組

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 864 – ¥ 1,080

インナーやストッキングを製造・販売している日本のメーカー、グンゼのパンストサブリナはパンティ部分が立体構造になっているので履きやすく、締め付け感がなく、なめらか素材が心地よい商品です。

つま先部分は補強されているので丈夫で伝線しにくく、破れにくいので、繰り返し履くことができそうです。万が一穴が開いてもそこから伝線が広がりにくいので目立ちにくいので安心です。3足組なので、仕事で頻繁に使用する際の洗い替えとしても最適な容量ですね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

パンストの効果的な使い方

パンスト
パンストを効果的に使いたい場合には、自分の体形に合ったものを正しい履き方で利用する必要があります。ここではサイズの選び方、正しいパンストの履き方をご紹介します。

サイズの選び方

パンストのサイズは身長が基準となります。その後、ヒップサイズを見て決定します。購入する前にヒップサイズを測っておきましょう。サイズはSから大きなものだと10Lくらいまで豊富なサイズから選べるので、きっとぴったりなサイズが見つかりますよ。

妊婦でも履ける

お腹の大きな妊婦さんでも履けるパンストもあります。妊婦さんでもパンストを貼カネくてはならない場面ってありますよね。ガーターストッキングだと太ももが気になるという人もあり、一般的なパンストタイプだとお腹を締め付けてしまいそうで履くのをためらってしまいますが、マタニティ用はお腹を支えてくれ、腰もサポートしてくれるので体に優しいパンストになっています。妊婦さんでも専用のパンストを履けば、きちんとした服装をすることができますね。

正しい履き方

パンストを履くときに、なれていないと爪などにひっかけて履く前に伝線させてしまうなんてことも少なくありません。また、履けたとしてもずれ落ちてきたり、なんだか履き心地が悪く、違和感を感じるといったこともあると思います。

サイズが合っていないという理由もありますが、サイズが合っていても履き方が間違っていても起こりうることなんです。

ここでは正しいパンストの履き方をご紹介します。

両手でパンストをしっかりたぐり寄せます。ウエストからつま先までたぐり寄せることで、つま先を定位置で履くことができます。

つま先をしっかり入れたら、両手の親指をパンストの内側に入れ、ゆっくり引き上げていきます。その際、パンストにしわができないように脚に沿って伸ばしながら引き上げるのがポイントです。

両足を交互に膝まで引き上げます。ここまでは椅子などに座っておこなうとやりやすいですよ。

両方の膝まで履けたら立ち上がり、太もも、股下まで引き上げていきます。この時もたるまないようフィットさせながら引き上げます。

股下に隙間がないのを確認し、ウエストまで引き上げます。お尻やお腹を包むようにフィットさせます。

正しく履かないと伝線の原因になったり、色むらにもなりがちです。慌てずにゆっくり正しい履き方をすることで、ずれ落ちたりせず、履き心地も良くなります。

正しい履き方と同時に爪を立てず、指輪など引っ掛けやすいものは外して履きましょう。

パンストの洗濯の仕方

パンストはネットなどに入れて洗濯機で洗濯することが可能です。より長く使いたいという人には長持ちさせることができる優しい洗濯の仕方をおすすめします。

おしゃれ着洗いの洗剤を適量のぬるま湯にいれ、泡立てておきます。パンストが浸かるくらいの量がいいですね。

パンストをいれ、軽く押して洗います。汚れやすいつま先、足裏部分は念入りに押し洗いし、しっかりと汚れを落としましょう。

すすぎはぬるま湯を泡がなくなるまで数回替えて洗剤をしっかりと落とします。

乾いたタオルに包み、水分をふき取ります。ネットに入れて洗濯器で脱水してもいいでしょう。

ウエスト部分に洗濯ばさみを挟み風通しの良い、日陰で乾かします。

まとめ

いかがでしたか?パンストは女性にとっては必須アイテムという人も多いと思います。毎日履くという人もいるかと思いますが、パンストと一言で言っても素材感、耐久性などメーカーや製法、材料によってさまざまです。

選び方を参考に、実際履いてみて、ぜひ自分にベストなパンストを選んでくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.