1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめのペーパータオル比較ランキング!人気で便利なのは?

2018/04/03更新

おすすめのペーパータオル比較ランキング!人気で便利なのは?【2018年】

ペーパータオル

洗った後の手を拭いたり、料理の下ごしらえに使用したりなど、様々なシーンで便利に使えるペーパータオルは快適な生活を送るうえで欠かせないアイテムの一つです。基本的に使い捨てなので衛生的に使え、目的に合わせて選べるように現在はサイズから質感まで、国内外のメーカーからさまざまなものが販売されるようになりました。

本ページではたくさんあるペーパータオルの中から自分の目的に合った製品を選ぶために役に立つ、ペーパータオルに関する様々な情報をお届けします。

スポンサーリンク

ペーパータオルの選び方

手 泡

日常的に使用する使い易いペーパータオルを選ぶときに、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

目的に応じてサイズを選ぶ

ペーパータオルを選ぶとき、まずはサイズを確認することが必要です。ペーパータオルのサイズには大きく分けると大判サイズ、レギュラーサイズ、エコノミーサイズの3種類があり、それぞれに使い易い用途が分かれます。

まず一枚でもしっかりとふける大判サイズのペーパータオルは、サイズが大きい分一枚当たりのコストは割高になる事が考えられます。でも、一度に何枚も使う小ぶりなものと比較すると、一枚でしっかりと拭けるため結果的にはコストも安くつくこともあり、ごみの減量にもつながります。ただしサイズが大きいので設置するスペースなどはよく考えて検討することが求められます。

次にもっともよく使われるレギュラーサイズのペーパータオルは、必ず一枚で手が拭けるとは言えない場合もありますが、意識して使えば1枚でもしっかりと手を拭けるサイズなので、節約意識を高めたいときにはお勧めとも言えます。レギュラーサイズのメリットは何と言っても種類が多い事です。種類が最も豊富なサイズなのでサイズ以外の様々な条件によって多くの中から好みのものを選びやすいのが魅力です。

そして最も小さなエコノミーサイズのペーパータオルは、普通に手を拭くためには2枚程度は必要になるのですが、サイズが小さい分コストを抑える事の出来るペーパータオルです。コンパクトな分設置場所も少なくて済むうえ、コストが抑えられるので経費節減につながる事が期待されます。

タオルの形状の違いで選ぶ

ペーパータオルの形状にはトイレットペーパーのように連続した状態に切れ目の入ったロールタイプと、ティッシュペーパーのように一枚ずつ取り出せるポップアップタイプのものがあります。

ロールタイプのものはペーパータオルホルダーを使用して使う事が多いのですが、形状は、テーブルなどに置いて使用する縦置きタイプや壁面などに横向きに設置するタイプなどがあります。ロールのサイズのよってペーパーホルダーのサイズも合うものが求められ、サイズの合わないものだとすぐに抜けてしまって使いにくくなるなどの不都合が起きやすくなります。

また、ティッシュペーパーのように一枚ずつ片手で取り出せるようになったポップアップタイプは、設置の際に特に専用のホルダーなどは不要で、置くだけで使える手軽さが魅力です。どこにでも持ち運びもしやすいので、例えば家の中で使うだけでなくアウトドアなどのレジャーにも便利に使えます。

ロールタイプのペーパータオルの方がポップアップタイプよりも値段は高めの設定になっていますが、ロールタイプの方が紙質が柔らかく吸収性の高いものが多く、質感や使い心地の良さを追求するならロールタイプの方が向いています。特にキッチンや食卓で使うのに適しています。

肌触りや質感で選ぶ

ペーパータオルも製品によって硬さや質感、厚みなどが異なり、使い心地や肌触りなどがそれぞれ違います。その為どんな目的に使用したいかによって肌触りや質感などを選ぶ必要があります。

例えば洗面所などで手洗いをした後のお手拭として使うなら何よりも大切なのは水分をきちんと吸収してくれる吸収力の高さです。手を拭くためなのでそれほど柔らかさにこだわらなくても十分機能は果たせるし、見た目の色合いなども真っ白でなくても良いかもしれません。

キッチンなどで使用し、食べこぼしをふき取ったりグラスなどの仕上げ拭きに使用するものを選ぶときには、柔らかくて吸収力が高く毛羽立ちにくいものが求められます。拭きたいものの表面に程よくソフトにフィットして、汚れや水分をしっかりと吸い取る事ができます。調理の際の野菜の水切りなどに使うにも便利です。

また、キッチンで料理の下ごしらえに使用するのが目的なら、たとえば食材を搾るのに使用しても安心なように安全性の高いペーパータオルが求められます。また、多少の力では破れないような耐久性の高さも必要になります。

ペーパータオルは一般的に水に強く濡れても簡単には破れないようなものが多いのですが、同じ水分を拭き取るのでも手を拭くためだけでなく顔を拭いたりするにも使う場合には、吸水力が高くて硬いものではなく、肌あたりのソフトな肌にやさしい質感のものであることが求められます。

スポンサーリンク

ペーパータオル人気おすすめ商品TOP10 

使い易いペーパータオルを人気の高いものを中心にランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

スコッティ ファイン 洗って使えるペーパータオル 52カット 1ロール プリントつき

スコッティ ファイン 洗って使えるペーパータオル 52カット 1ロール プリントつき

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 284

ハイドロニットを使用した丈夫なキッチンペーパーです。パルプとポリプロピレンを原材料に使用しており、水で洗って使う事もできるのが特徴です。調理中の材料の水切りや手拭などに何回か使用した後に台ふきんとして水で絞って使用し、最後にはキッチンの油汚れや床の掃除などに使用することもできてとても経済的で無駄なく使えます。

水を吸い取る作業の後絞ってまた拭いて使えるほど丈夫で、最初は食品や食器の水分を取るのに使用し最後は雑巾として使用して捨てる使い方がしっかりとできます。プリント付きなので紙ナフキンの代わりに使用することもできるのですが、水に強い特性を生かし、単なる飾りや敷物としてよりもしっかりと使い倒すことができるのでお得感があります。布ふきんのように使用後に漂白などの手間も不要で後片付けも楽になります。

9位

エリエール Plus+キレイ ペーパーハンドタオル 120組240枚×5個

エリエール Plus+キレイ ペーパーハンドタオル 120組240枚×5個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 523

サイズが (幅×奥行×高さ) :21.5×12×16.5cmのペーパーハンドタオルが120組240枚入りが5個セットになっています。衛生的に使えてソフトタイプパルプを100%使用した肌にやさしい感触の柔らかな2枚重ねのペーパータオルです。食品を取り扱う台所などの水回りに置いても安心な抗菌フィルムを採用しています。

キッチンや洗面所などでの手拭や掃除にもしっかりと活用できます。ティッシュペーパー同様に肌触りはかさつかずソフトで使い易いのが特徴ですが、調理にも使用できる一般のペーパータオルと比較するとやや薄いつくりです。普通のティッシュペーパーのように上に引き出して使用します。

8位

【10袋セット】エルヴェール ペーパータオル エコ ダブル 中判 703207(1袋 200組400枚) お手拭き

【10袋セット】エルヴェール ペーパータオル エコ ダブル 中判 703207(1袋 200組400枚) お手拭き

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,690

硬くなく、かといって柔らかすぎる事もないので使い勝手の良いお手拭向きのペーパータオルです。トイレなどの手拭に使用するのに最適で、リーズナブルな値段の割に十分な柔らかさが感じられる製品です。レギュラーサイズの再生紙を使用したペーパータオルの中でもワンランク上の品質と使用感を感じられます。

吸収力も高く、使い捨てなので清潔に使えるのが魅力です。冬場のインフルエンザ対策にもおすすめで、再生紙でありながら紙質も良いのでティッシュ同様の柔らかさを味わえて、気持ちよい使用感が得られます。

7位

業務用ペーパータオルM 200枚×5パック

業務用ペーパータオルM 200枚×5パック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,347

一般家庭や会社などから排出された古紙をリサイクルして作られた業務用のペーパータオルです。環境にやさしく衛生的でコストパフォーマンスの優れた製品です。お客様用のトイレなどに、洗面所に常備し手洗い後の手拭に、衛生管理に特に注意しなければならない業種にもおすすめの使い勝手の良い便利なペーパータオルです。

200枚入りパックが5パックセットになっていて価格的にもお得感のある製品ながら、コンパクトサイズなので買い置きしても場所をとる心配がありません。持ち手付きの外装パッケージで持ち運びも楽にできます。厚みや固さもちょうどよくたっぷりと使用できるコスト感で、手を洗った後の水分のふき取りに便利に使用できます。

6位

スコッティ ハンドタオル 200枚(100組)

スコッティ ハンドタオル 200枚(100組)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 95

片手で取り出せる使い勝手の良いポップアップ式のハンドタオルです。牛乳パックをリサイクルしたパルプを原料に使用しており、手にやさしくごみの減量にもなるソフトタイプの手拭用シートです。2枚重ねのシートがはがれないようにタオルの両サイドが圧着されており、白くて柔らかな肌触りで安心して使用できます。

使い捨てなので衛生的に使用できて、しっかりと水分を吸収してくれるので使い心地の良いハンドタオルです。一見すると固そうなイメージがありますが丈夫で柔らかく、厚手で破れにくいので毛羽立ちにくく、使用時にかすが付くこともなく快適な拭き心地を感じられます。紙質がしっかりしているので手を拭いたりテーブルを拭いたりするのに便利です。

5位

カークランド ロールタオル(ペーパータオル) 2枚重ね 160カット12ロール

カークランド ロールタオル(ペーパータオル) 2枚重ね 160カット12ロール

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,625

160カットという驚異的なカット数の多さで、とても使いでのあるペーパータオルです。一枚当たりのサイズ感や厚さ、吸水性の良さなどが安価なペーパータオルとは全く異なります。キッチンで食材を洗った後の水切りや食器のふき取りをした後、硬く絞って台拭きや床掃除用にも使えるほど丈夫で使い易いペーパータオルです。

使い方にもよりますが160カットでおよそ1か月ほどもつので、12ロール入りを購入すれば1年近く使う事が出来ます。キッチンペーパーとしては価格が高く感じるかもしれませんが、これだけ使い倒せて、しかもたっぷりと入っているので、結果的にはコストパフォーマンスの優秀な製品だといえます。

4位

スコッティ ファイン 洗って使える ペーパータオル 61カット 1ロール

スコッティ ファイン 洗って使える ペーパータオル 61カット 1ロール

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 359

まるで布ふきんのような感触の不織布タイプのペーパータオルです。吸水力が優れ水分をしっかりと吸い取ってくれる上、破れにくく丈夫な新しいタイプのペーパータオルです。野菜の水切りや食材を搾る際にもギュッと絞って使える大判シートです。食器拭きや台ふきん、掃除用の雑巾代わりに水にぬらして汚れが目立つまで繰り返し使える丈夫で使い勝手の良いペーパータオルです。

洗っても破れないので乾かして再利用することもできて繰り返し使用できるのですが、最後はシンク周りや床などの汚れをふき取るのに使えます。最終的には使い捨てなので衛生的で安心して使え、布製のふきんのように洗ったり消毒したりする手間がかからず重宝します。

3位

スコッティ ペーパーふきん サッとサッと 400枚(200組)

スコッティ ペーパーふきん サッとサッと 400枚(200組)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 388

ティッシュペーパーよりもずっと厚みがあり、ペーパータオルよりもフラットな質感で丈夫で使い易いキッチンペーパーです。片手でさっと一枚ずつ簡単に取り出せるポップアップ式で、濡らしても破れにくくて丈夫でありながらも2枚重ねのソフトタイプなので吸水性も高く肌触りがソフトです。

シンクや排水口、レンジや調理台などの掃除に、食器の油汚れのふき取りや食べこぼしのふき取りに、食器を洗った後の仕上げ拭きにキッチンや食卓の様々な用途に使用できます。また洗面所の手拭や掃除など、レジャーやアウトドアなどにも手軽に持ち運べるので最適です。毛羽立たないのでグラスをふき取るときにもきれいにふき取れて臭い移りもしません。

2位

Ar ハンドタオル 200枚入 5個パック

Ar ハンドタオル 200枚入 5個パック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 538

洗った後の手拭や食器拭きなど、様々なシーンで大活躍するハンドタオルです。程よい厚みがあって丈夫なので、濡れても破けにくく、1枚でしっかり拭きとれます。色も白くはなく、顔を拭くには硬めでややごわつきを感じる使い心地ですが、質感と吸水性は一度使うと他の柔らかくソフトなものでは物足りなさを感じるという意見もあります。

200枚入り5個パックになっていてコスパ的にも十分魅力があり、独特の使用感で使い勝手の良い製品です。キッチンや洗面所で手を拭いた後に拭き掃除にもしっかりと活用できる理想的な耐久性です。

1位

クレシア EFハンドタオル ソフトタイプ 2枚重ね 200組(400枚)×3パック

クレシア EFハンドタオル ソフトタイプ 2枚重ね 200組(400枚)×3パック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 646

柔らかな肌触りと質感が感じられるペーパーハンドタオルです。バージンパルプを原料として紙パックリサイクルパルプを配合した環境にもやさしい製品です。吸収スピードが早く高い吸収力を持ち一枚でしっかりとふき取れるので使用枚数を抑えられます。

蛍光染料を使用していないので食材の加工作業にも安心して使えるため、飲食店や病院、学校など、一般家庭以外でも幅広いシーンで活躍します。

ソフトな肌触りでありながらも丈夫なのでふき取った後にゴミが付くこともなく、水回りのしつこい汚れのふき取りなどにも十分耐えられます。衛生的に快適に使用できて、丈夫で吸水力の高さの点でも優れたペーパータオルです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ペーパータオルの効果的な使い方

洗面台

ペーパータオルをより効果的に使う為のポイントをご紹介します。

衛生面での注意点

お手拭にしたり顔を拭いたりするのにも使えるペーパータオルは水回りに欠かせないアイテムの一つです。布ふきんや布製のタオルなどのように何度も洗濯して繰り返し使うものではなく、基本的に使い捨てなので衛生的に使えるのがメリットの一つです。

その他にも落としブタや材料の下ごしらえなど調理器具のように使う事も考えると、保管するにあたっては衛生面での注意が求められます。たとえばロールタイプのペーパータオルの場合なら、必要な長さでカットする際に残った部分に汚れが付かないように注意する必要があります。ポップアップタイプの場合も、設置する場所で水や汚れなどが付かないように注意するようにしましょう。

最後までしっかり使い切るためのコツ

いくら丈夫で水にぬらしても破れないペーパータオルだとしても、衛生面を考えれば水をふき取った後に最後に汚れをふき取るために使用したら捨てるといった具合に、徐々に汚れの強いものに使用していくように心がけましょう。

そして汚れをふき取ったら最後は潔く捨てるようにするのが清潔に無駄なく使いきるためのコツです。また、できればペーパーホルダーやボックスなどを使用すれば見た目にもすっきりとスマートな印象を受け、便利に使い勝手の良い状態で使用できます。

まとめ

パルプ製のペーパータオルにも肌触りや質感など様々な種類があり、目的に合わせて最適なものを選ぶことで作業がぐっはかどり効率よく進められるようになります。使い捨ての手軽さと衛生面でのメリットなど様々な魅力を持つペーパータオルを、毎日の暮らし中でもっと上手に活用して快適な生活に役立てましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.