1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーエチケット加齢臭を抑えるボディーソープおすすめ比較ランキング!人気なのは?

2018/04/03更新

加齢臭を抑えるボディーソープおすすめ比較ランキング!人気なのは?【2018年】

アメニティグッズ

男女とも40歳を過ぎたあたりからだんだん気になり始める加齢臭。自分ではなかなか気づきませんが、知らない間に周囲の人に迷惑をかけている可能性があるので気を付けたいですね。

加齢臭の主な原因は「ノネナール」と呼ばれる物質ですが、これは加齢とともに皮膚の表面に増えた「9-ヘキサデセン酸」が、過酸化脂質によって酸化されることで作られます。つまり、加齢臭を防ぐには、毎日の入浴でこうした物質をできるだけ増やさないようにすることが重要なのです。

本ページでは、加齢臭対策に効果が期待できるボディーソープの選び方、ネット通販で購入できる人気商品、効果的な使い方についてお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

加齢臭を抑えるボディーソープの選び方

体臭 臭い

加齢臭を抑えるボディーソープの選び方についてまずはご説明したいと思います。ひとくちに「加齢臭対策」といっても商品ごとに様々な特徴があるので、より使いやすいものを選ぶためにぜひお役立てください。

酸化に強い成分入りのものを選ぶ

加齢臭は皮脂上の脂質が酸化することによって発生するので、臭いを抑えるためには抗酸化物質が入ったボディーソープを使うのが効果的と言われています。有名なのが、渋柿や緑茶に含まれる「柿タンニン」や「緑茶カテキン」と呼ばれるポリフェノール。どのボディーソープにしようか迷った時は、これらの成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

柿タンニンと緑茶カテキンは抗菌作用も期待できる成分

抗酸化作用が高いと言われる柿タンニンと緑茶カテキンは、抗菌作用も高く、ボディーソープとして使うことでワキガや足の裏の臭い対策にもなるそうです。年齢を重ねるとホルモンバランスが崩れたり、免疫力が落ちたりしていろいろな臭いが出やすくなるので、幅広い悩みをカバーできるのは嬉しいですね。

その他に加齢臭を抑える効果が期待できる成分

他にもこれらの成分が加齢臭を抑える効果があるとされています。

  • 烏龍茶エキス
  • 甜茶エキス
  • ミョウバンエキス
  • イソプロピルメチルフェノール
  • ルイボスエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • クマザサエキス
  • セージエキス
  • ブドウ葉エキス
  • シソエキス
  • アルニカエキス
  • 竹炭
  • よもぎエキス
  • オウゴン根エキス
  • シャクヤク根エキス
  • ユーカリエキス

保湿効果が期待できるものを選ぶ

加齢臭対策には余分な皮脂を抑えることが大切なので、こまめに体を洗って常にさっぱりとした状態にしておくほうが良いような気もしますが、人間の肌は乾燥を感知すると皮脂を出してカバーしようとするので、適度なうるおいを保つことも大切です。

特に男性用に作られたボディーソープには「皮脂を取り除いてさっぱりさせる」効果を謳ったものが多いので注意してください。メンソール入りで清涼感のあるもの、アルコールが配合してあるものは避け、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入っているものを選びましょう。

香りが強すぎないかどうかをチェック!

香りが強すぎるボディーソープは、加齢臭の臭いをうまく隠すどころか、両者が交じり合って余計にきつい臭いを発してしまうことがあります。加齢臭の臭いは「ごまかす」のではなく「元から断つ」のが基本。「香りがないと洗った気にならない」という場合は、万が一加齢臭と交じり合ってしまっても不自然になりにくい、爽やかな柑橘系のものがおすすめですよ。

価格やパッケージデザインにもこだわる

自分の加齢臭が気になり始めると、人目が気になって気分が落ち込みがちです。毎日の入浴時も「ちゃんと臭いが取れたかな」とそのことばかりが気になって、憂鬱な気分で体を洗っている人が多いでしょう。

そんな時だからこそ、風呂場ではお気に入りのアイテムを使ってテンションを上げることが大切です。なぜなら、ストレスや不安は血行を悪くし、ホルモンバランスを崩して、余計に臭いやすい状態を作り出してしまうから。楽しく入浴して「きっと大丈夫!」と気持ちを明るく保つようにしましょう。

また、加齢臭対策のアイテムは一般的な石鹸やボディーソープに比べて値段が高めに設定されていることが多いので、自分が続けやすい価格かどうかも重要です。どんなに気に入っているアイテムでも、高くて購入できなければ意味がないので、値段もしっかりチェックしておきましょう。

泡立ちの良さ

体を洗う時にあまりゴシゴシこすりすぎると、必要な皮脂や常在菌まで取り除かれてしまい、余計に臭いやすくなります。刺激の強いナイロンタオルは避け、肌触りの良いコットンやシルクのボディタオルを使うか、手で優しく洗うようにしましょう。

また、重要なのがボディーソープの泡立ちの良さです。泡立ちが少ないとどうしても肌を強くこすってしまうので、それだけ刺激を受けやすくなります。モコモコに泡立つボディーソープなら、弾力のある泡で摩擦を避け、優しく洗うことができますよ。

添加物が少ないものを選ぶ

市販のボディーソープの中には、泡立ちを良くしたり、香りを良くしたりするために添加物を配合したものがあります。たとえば、パラベン、トリクロサン、プロピレングリコール、ラウリル硫酸塩などですね。加齢臭対策用の商品に多いメントールも、肌への刺激はちょっと強めです。

これらはボディーソープを使いやすくするためにとても役立つ成分ではあるのですが、発がん性があったり、皮膚への刺激が強すぎたりといった問題を起こしやすいので、できるだけ添加物を使わないものを選ぶほうが安心です。特に、もともと皮膚が弱い人は十分に気を付けてください。

スポンサーリンク

加齢臭を抑えるボディーソープ人気おすすめ商品TOP8

ここからはネット通販で購入できる人気の加齢臭を抑えるボディーソープを、ランキングでご紹介していきたいと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

【大容量】デ・オウ 薬用クレンジングウォッシュ(つめかえ用) 470mL[医薬部外品]

【大容量】デ・オウ 薬用クレンジングウォッシュ(つめかえ用) 470mL[医薬部外品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 888

有効成分として「ベンザルコニウム塩化物」を配合し、加齢臭の原因となる菌を殺菌しながらさっぱりと洗い上げるボディーソープです。泡立ちが良いので肌への刺激を抑えられるところが便利ですが、ジェルタイプのため、特に気になる部分には塗り込んで洗うと良いということですよ。

また、薬用炭を配合しているので、臭いの元となる皮脂や汚れを吸着する効果も期待できます。しっかり洗っているつもりでも汚れはどんどん蓄積していくので、この洗浄力の高さは魅力ですね。一般的な炭に比べて吸着孔の多いものを使用しているので、それだけニオイ物質を取り除く力も強いのだそうですよ。

香りは爽やかな「シトラスハーブ」ですが、いやな臭いを包み込み、良いにおいへと変化させる「ニオイベール香料」という仕組みなので、1日中快適に過ごせます。リラックスできる香りなので、毎日の入浴も楽しみになりそうですね。

7位

体臭 石鹸 【ロエグア】80g ワキガ 加齢臭対策 脇 臭い 足 ニオイ 高級 肌にやさしい ボディ ソープ

体臭 石鹸 【ロエグア】80g ワキガ 加齢臭対策 脇 臭い 足 ニオイ 高級 肌にやさしい ボディ ソープ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 1,380

かわいらしいオレンジ色の固形ボディーソープで、お風呂場の雰囲気もぱっと明るくなりそう。植物由来の洗浄成分で優しく洗いあげ、湯上りはぷるぷるのお肌になるということです。

香りは清潔感を感じさせるグレープフルーツ。着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコン、動物性由来原料、パラベン、エタノールを使用していないので、肌の弱い人でも安心して使えるところが良いですね。

「ロエグア ソープ」が加齢臭対策に有効なのは、殺菌・消毒作用を持つ「カキタンニン」や「イソプロピルメチルフェノール」などの有効成分が配合されているから。また「ベントナイト」と呼ばれる粘土が毛穴の奥の汚れを吸着・洗浄してくれるので、臭いの原因となる物質が肌に残りにくいのです。

さらに「豆乳発酵液」「ニンジンエキス」「ローヤルゼリーエキス」などの美容成分、「ヒアルロン酸ナトリウム液」「トレハロース」などのうるおい成分配合で、美肌づくりにも一役買ってくれます。

6位

L’eau de DIAMOND(ロードダイアモンド) 薬用デオドラントボディウォッシュ 500ml

L’eau de DIAMOND(ロードダイアモンド) 薬用デオドラントボディウォッシュ 500ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,404

真っ黒でおしゃれなパッケージが「効きそう……!」と思わせてくれるボディーソープ。ぱっと見ただけでは加齢臭対策用とは分かりにくいので、お風呂場に置いておいても安心です。

この商品にはオードトワレが配合されているのですが「ロードダイアモンド バイ ケイスケ ホンダ」という、プロサッカー選手・本田圭佑氏をイメージした香りだそうです。品が良く爽やかな「フレッシュフルーティ」の香りがほのかに持続し、気分もリラックスするということですよ。

泡立ちが良く、汚れやベタつきもすっきり落としながら「イソプロピルメチルフェノール」が気になる加齢臭や汗の臭いを徹底ブロックしてくれます。また、顔も一緒に洗えてしまうので、入浴時間が短くて済むのも嬉しいところです。

5位

大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) 薬用スキンウォッシュ 詰め替え用 420ml

大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) 薬用スキンウォッシュ 詰め替え用 420ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 866

「シメンー5-オール」と呼ばれる殺菌剤と「グリチルリチン酸2K」と呼ばれる消炎剤の働きで、肌を清潔にしながら殺菌・消毒し、加齢臭や汗の臭いを防いでくれるボディーソープです。ニキビにも効果が期待できるということですよ。

顔も体もこれ1本で洗えるので、わざわざ別々に購入する必要がなく、手間もコストも最小限に抑えることができます。また、泡立ちが良く途中でへたりにくいので、肌に負担をかけることなく優しく洗えるところも魅力。洗いあがりは肌がつっぱらず、快適な使い心地だそうですよ。

4位

アズマ商事の 柿渋ボディソープ850ml

アズマ商事の 柿渋ボディソープ850ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,332

加齢臭対策に効果的と言われている「柿タンニン」と「茶カテキン」をWで配合したボディーソープです。無鉱物油、低刺激処方で、肌が弱い人でも安心して使えるし、保湿成分が肌にうるおいも与えてくれるということなので、毎日の入浴に大活躍してくれそうです。

製造元のアズマ商事はホテルや旅館向けの商品を多く作っているメーカーで、口コミによるとこの「アズマ商事の 柿渋ボディソープ850ml」は、温泉施設のお風呂場で使って気に入り、自宅に帰ってから通販で取り寄せる人が多いようです。

3位

PRO TEC(プロテク) デオドラントソープ 詰替 330ml

PRO TEC(プロテク) デオドラントソープ 詰替 330ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 312

殺菌有効成分として「イソプロピルメチルフェノール」と「茶葉由来成分」を配合したボディーソープ。加齢臭の原因となる菌を落としてくれるので、長時間臭いにくい状態を保つことができます。また、汗の臭いにも効果を発揮してくれるということですよ。

洗い心地はとてもさっぱりとしており、汗や臭いの原因菌を洗い流しながら気分をリフレッシュすることができます。こちらは詰替え用の商品なので、経済的で保管場所に困らないところも便利ですね。

2位

DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュ 詰め替え用

DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュ 詰め替え用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 877

お得な詰替え用で、まとめ買いにもおすすめのボディーソープです。この商品の特徴は、なんといってもこれ1本で全身まるごと洗えてしまうこと。「ノンシリコンシャンプー」「洗顔ソープ」「ボディシャンプー」の機能が凝縮されており、短時間でケアが完了してしまうのです。忙しいビジネスマンも、このボディーソープなら手軽に入浴が楽しめそうですね。

肌に優しいアミノ酸系の洗浄成分は泡立ちも良く、髪や肌への刺激を抑えながら優しく洗い上げることができます。途中でへたっとなりにくいので、何度も追加してその都度泡立てる手間がかかりにくいのは便利。肌のうるおいを保つ保湿成分や、リラックス効果が期待できるアロマの香りも配合されていますよ。

1位

柿のさち 薬用柿渋ボディソープ 450mL

柿のさち 薬用柿渋ボディソープ 450mL

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,160

石鹸づくり一筋、創業明治38年のメーカーとして知られる(株)マックスが開発した加齢臭対策のボディーソープです。原料となる柿には農林水産省の「エコファーマー」指定を受けた安心・安全なものを使っており、国内の自社工場で徹底した管理のもと丁寧に作られています。

「柿のさち 薬用柿渋ボディソープ 450mL」が加齢臭を防ぐ仕組みは、毛穴から臭いの原因となる物質を洗い流す→有効成分「シメンー5-オール」が毛穴や肌表面を殺菌・消毒する→「柿タンニン」で肌を保湿するの3ステップ。トータルでケアしてくれるので「さっぱり洗えるけど肌がつっぱる」なんて不満も起きにくいです。

香りは爽やかなシトラスムスクで、口コミでも「あんなにしつこかった加齢臭が気にならなくなった」という喜びの声が多く投稿されています。暑い季節はもちろん、蒸れて臭いのこもりやすい冬場も大活躍してくれそうですね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

加齢臭を抑えるボディーソープの効果的な使い方

シャワー

加齢臭を抑えるボディーソープの効果的な使い方をご紹介します。

特に臭いやすい部分を重点的に洗う

加齢臭が出やすいのは、襟足、首の裏側、耳の裏側、脇、背中、胸元です。全て鼻に近い体の上のほうなので、きちんとケアしていないと他人にも迷惑がかかりやすいですよね。お風呂に入る時は、これらの部位をしっかり洗うようにしましょう。特に、忘れやすい耳の裏側や手が届きにくい背中は不十分になりやすいので気を付けてください。

ただし、必要な皮脂や常在菌を残しておくためにも、力を入れてゴシゴシこするのはNG。泡立ちが悪い時は泡立て用のネットを使用し、もこもこの泡を作ってからなでるように優しく洗うようにしましょう。お風呂上りの乾燥が気になる場合は、肌が濡れたままの状態でボディクリームを塗るとうるおいを保ちやすいですよ。

保湿に化粧水を使う場合の注意点

ボディクリームはちょっとベタベタするので、人によっては使いにくいと感じるかもしれません。しかし、保湿に化粧水だけを使うのはあまりおすすめできません。なぜなら、化粧水は蒸発する時に肌に必要な水分まで一緒に奪ってしまうから。化粧水を使う場合は、必ず油分も与えるようにしましょう。

顔から出る加齢臭にも要注意

「加齢臭」というと体から出るものというイメージがありますが、実は顔の脂っぽい部分(Tゾーン)も要注意ポイントです。しばらく顔を洗わずにいると、なんとなくぷんと臭ってくる時がありませんか? その臭い、他人にもバッチリ気付かれてしまっています。

顔の臭いが気になる時は、顔にも使える加齢臭対策用のボディーソープで優しく洗いましょう。洗顔後は化粧水、乳液、クリームなどで保湿をして、皮脂の過剰分泌を抑えてあげてくださいね。

浴槽のお湯に浸かり、毛穴を開いてから洗う

「お風呂はいつもシャワーだけ」という人は、どんなに質の良いボディーソープを使ってもきちんと汚れを落としきれていない可能性があります。なぜなら、浴槽のお湯に浸からないと毛穴がしっかり開かないから。閉じたままの毛穴の表面だけをこすっても、中の皮脂や汚れは取り除けないのですね。

気温の低い冬場はもちろん、夏も38~40度ぐらいのぬるま湯に10分ほど浸かり、しっかり毛穴を開いてから体を洗うようにしましょう。最初はなかなか汗が出ないかもしれませんが、続けていくうちに汗腺が鍛えられてサラサラした「質の良い汗」がかけるようになるので、外出中に汗ばんでも臭いにくい体になるというメリットもあります。

シャンプーの後で体を洗う

せっかく加齢臭を抑えるボディーソープで体をキレイに洗っても、その後で使うシャンプー、リンス、トリートメントの成分が肌に残ってしまっては意味がありません。毛穴に詰まればニキビの原因にもなるので、まず頭を先に洗い、最後に体を洗って肌に何も残らない状態にしておきましょう。

朝のシャワーで寝ている間にかいた汗を流す

人間は、寝ている間にコップ1杯分もの汗をかくと言われています。それだけの量の汗をかけば、体が臭ってしまうのも当然ですよね。また、ノネナールの原因となる皮脂は寝ている間にも分泌されるので、このままの状態で学校や職場に出かけると周りに迷惑をかけてしまう可能性があります。加齢臭に効果が期待できるボディーソープを使い、面倒でもシャワーでさっと洗い流す習慣をつけましょう。

ただ、寒い冬や忙しい朝は、シャワーを浴びることで風邪をひいてしまったり、遅刻しそうになってしまったりすることもありますよね。その場合は、デオドラントシートで臭いやすい部分をさっと拭くだけでもある程度の効果が望めます。外出先で汗をかいた時も、できるだけ早く汗やニオイ物質を拭き取るようにしましょう。

まとめ

加齢臭を抑えるのに効果があると言われているボディーソープや選び方のポイント、効果的な使い方をご紹介しましたがいかがでしたか? 自分ではなかなか気付けないからこそ、毎日のこまめなケアが重要な加齢臭。円満な人間関係を保つためにも、さっそく今日から対策を始めましょう!

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.