1. グッディ∞
  2. インテリア&家具おすすめ防犯砂利の比較ランキング!不審者の侵入防止に人気なのは?

2018/04/03更新

おすすめ防犯砂利の比較ランキング!不審者の侵入防止に人気なのは?【2018年】

軽トラ 砂利

自宅の防犯対策として有効なのが、防犯砂利です。簡単で、しかも、リーズナブルに効果的な防犯対策ができるとあって取り入れる人が多くなっています。

ここでは、防犯砂利について、今人気のある商品をピックアップしてまとめました。防犯砂利についての基礎知識や選び方などもご紹介しています。

スポンサーリンク

防犯砂利の選び方

考える人

最近、取り入れる人が多くなっている防犯砂利。ホームセンターや専門店では様々な種類の防犯砂利が販売されています。

ここでは、防犯砂利についての基礎知識と、選ぶ時に注目したいポイントについてまとめました。

適切に防犯砂利を選ぶための基礎知識

防犯砂利を買う前に、まずは、防犯砂利がどのようなものであるかというのを知っておきましょう。

防犯砂利とは

石や岩を砕いて作られた通常の砂利とは違い、自宅や敷地内への犯人の侵入を防ぐ目的で作られた特別な砂利です。踏むと大きな音がすることや、白やブラウンなどのカラー石を使って光りを取り込むことで、明るい空間づくりをするなど、犯人の嫌がる要素が詰まった防犯対策のためのアイテムとして、多くの家や会社などで取り入れられています。

防犯砂利を敷く前に

まずは、除草をしましょう。雑草が生えていると、防犯砂利を踏んだ時の音が小さくなり、効果が薄れてしまいます。また、雑草の生えているような荒れた印象は、空き巣にとって好都合。ターゲットとなってしまう可能性もあります。

防犯砂利を敷く場所

家の横の細い通路や、人目に付かない裏庭など、侵入されたくない場所への通路がおすすめです。空き巣は、窓から入ってくるケースも多いので、掃き出し窓の下や、2階のベランダへ侵入するための足場になりそうなところもいいでしょう。

玄関までのアプローチや駐車場に敷くという人もいます。ただ、ガラスタイプは風で飛びやすいので、玄関周りに敷く場合は天然石タイプがおすすめです。

防犯砂利のメリット、デメリット

防犯砂利のメリットは、踏むと大きな音の出る石を敷地内に敷くことで、犯人の侵入を防ぎ、空き巣などの被害から強力に守ってくれるということです。明るい色目の石が多く、「防犯砂利を敷いています」というアピールをできることでも、防犯対策は高まります。防犯砂利には、白やブラウン、ピンクやグリーンなど様々なカラーがありますが、自宅のエクステリアに合わせてコーディネートできるので、庭いじりやガーデニングが楽しくなります。

デメリットは、自分や家族が防犯砂利の上を歩くとうるさいということ。なので、あまりに頻繁に人が通るところには敷かない方がいいでしょう。近所迷惑になる可能性もあります。

防犯砂利を選ぶポイント

ではさっそく、防犯砂利を実際に購入するときにチェックしたい項目をご紹介していきます。

石の種類で選ぶ

防犯砂利として一般的な素材が「ガラスタイプ」です。リサイクルガラスなどを使い、焼成するなど特殊な加工をされて、防犯砂利が生まれます。ガラスタイプの防犯砂利は、踏んだ時にガラスの破片をつぶした時のようなギシギシとした音がするのが特徴です。

ガラスからできているので、白やグリーン、ピンクやブラウンなど様々なカラーバリエーションがあり、選ぶ楽しみがあるのがメリット。また、軽くて持ち運びやすく、お年寄りや女性でも簡単に敷くことができるのは嬉しいポイントです。

デメリットは、軽くて水に浮くので、大雨の日には流されてしまう可能性があり、風で飛ばされることもよくあるということです。ですから、あまりに道路に近いところにガラスタイプの防犯砂利を敷くと、すぐに数が少なくなってしまうので、敷地内の少し奥まったところに敷くか、飛ばされないように対策をするなど工夫が必要です。

その他、石同士がこすれあうことで摩耗し、数やかさが減ることや、摩耗した時にガラスの粉が舞い上がることなどもデメリットの一つです。

もう一つが「天然石タイプ」です。天然石タイプは、一般的な砂利と見た目が変わらず、さりげなく防犯対策をしたいという人に人気です。ガラスタイプに比べてお値段は1~2割ほど割高になりますが、ナチュラルなカラーで周囲の環境や自宅・事務所などのエクステリアになじみやすいところが支持されています。

メリットは、こすれあっても摩耗しにくく、粉が飛ばないこと。デメリットは、ガラスタイプに比べて重いということです。

粒の大きさで選ぶ

防犯砂利には、小粒タイプと中粒タイプの主に2種類があります。小粒タイプは、一般的な砂利の石の大きさと同じくらいで、自然な見た目で人気です。ただし、ガラスタイプで小粒の場合は、風などで周囲に飛び散りやすくなるので、敷く場所に注意しましょう。

防犯砂利に多いのは、中粒タイプです。大きな粒にすることで、ボリュームのある音が出やすいというのがその理由。ゴロゴロと存在感がある見た目が特徴です。

スポンサーリンク

防犯砂利人気おすすめ商品TOP9

ここでは、防犯砂利について売れ筋の商品をピックアップし、その商品の特徴と合わせてご紹介していきましょう。前述の購入チェックポイントを踏まえて、今人気の商品をランキング形式にまとめました。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

9位

防犯防草砂利(小粒) 50L ナチュラルグレー

防犯防草砂利(小粒) 50L ナチュラルグレー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,267

明るいグレーカラーで、家周りを明るくしてくれる防犯砂利です。程よくブライトさを抑えたホワイトに近いカラーは、どんな雰囲気の家にもマッチし、玄関先やお庭の化粧石として使うこともできます。

ガラスから作られているこちらの防犯砂利ですが、硬質のため、石同士がこすれた際に粉が出にくく、頻繁に通行するところに敷いても安心の素材です。ガラス工場で焼成されているので清潔。水はけがよく、カビの発生が気になる日陰などにもおすすめです。

8位

グリーンテック 防犯の砂利(約72デシベル) ブラウンミックス 30L×3袋 【お買い得90L分セット】

グリーンテック 防犯の砂利(約72デシベル) ブラウンミックス 30L×3袋 【お買い得90L分セット】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,518

細かな防犯砂利がこすれあうことによって発生する音の大きさは、約72デシベル。周囲に響きやすく、近くで聞いているとうるさく感じられるほどの音量なので、しっかりとした防犯対策をしたいと思っている人にぴったりの商品です。リサイクルガラスを使っており、粒の大きさは約15mm~45mmとランダムにミックスされています。

どんなエクステリアのカラーにも合わせやすいブラウンミックスのカラーで、おしゃれなお庭造りやエントランスを演出するにもぴったりですよ。

7位

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 20L 3色ミックス

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 20L 3色ミックス

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,653

ピンク、ブラウン、グレーの3色がミックスされたカラフルな防犯砂利です。お庭や玄関周りのエクステリアをおしゃれに彩ってくれるので、一見すると防犯砂利とは思えないような見た目。しかし、踏むとジャリジャリと大きな音がするので、防犯対策にはきちんと効果を発揮してくれます。

軽量のリサイクルガラスを使っていることや、一袋20Lの比較的コンパクトなサイズで、誰にでも取り扱いやすいのがメリット。持ち運びやすいことや、撒きやすいことなど、女性がひとりで作業しても簡単に行うことができます。

6位

ガラスから生まれた防犯砂利(20リットル入り) 4袋セット!! (小粒(4-15), アイボリー)

ガラスから生まれた防犯砂利(20リットル入り) 4袋セット!! (小粒(4-15), アイボリー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,900

ガラス製のポピュラーな防犯砂利は、大きな音が鳴り、防犯効果が高いことで人気です。小粒タイプで、狭い隙間や角など、細かな部分にも敷き詰めやすいというのがメリット。廃ガラスからつくられた「スーパーソル」という新素材を使っており、硬くて丈夫な上に軽く、見た目の美しさを兼ね備えているのが特徴です。

さらに、水はけのよさや保水性にも優れているので、ガーデニングにもおすすめ。カラーは、明るいアイボリーで、日当たりを改善する効果があり、暗い通路や庭を明るくしてくれます。

5位

歩くと音がする 防犯砂利(30L) ブラウン 10袋セット【日本製】玉砂利に防犯ジャリ

歩くと音がする 防犯砂利(30L) ブラウン 10袋セット【日本製】玉砂利に防犯ジャリ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,800

ナチュラルなカラーが好きな人におすすめの、ブラウンカラーの防犯砂利がランクイン。真っ白なカラーに抵抗があるという人は結構多く、少し落ち着いたこちらのカラーは、意外に人気が高いんです。

一粒の大きさは、約1センチから2センチ。ガラス瓶をリサイクルした素材を使い、砂利の上を歩いた時には80デシベルの大音量で周囲に知らせます。保水力や水はけがよく、ガーデニングにも最適なので、おしゃれなお庭づくりに役立つ商品です。

4位

防犯砂利 増量20kg2袋セット

防犯砂利 増量20kg2袋セット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,700

天然石タイプの防犯砂利です。ガラス製のものに比べて重いので、水に浮かず、風で飛ばされるとか雨で流されるということがありません。また、見た目に重厚感があり、エクステリアにこだわる人にも人気です。

国内産の砂利を使用し、一粒のサイズは10mmから20mmと中粒。明るすぎないカラーで「いかにも防犯対策をしています」という雰囲気が苦手な人にも取り入れやすい商品です。音の大きさは約74デシベルで、砂利の上を歩いたという気配や存在感をすぐに感じられる音のボリュームが安心です。

3位

歩くと音がする防犯砂利(30L) レギュラー 10袋セット 【日本製】玉砂利に防犯ジャリ

歩くと音がする防犯砂利(30L) レギュラー 10袋セット 【日本製】玉砂利に防犯ジャリ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,800

砂利の上を歩く時にする音の大きさは、約80デシベル。数ある防犯砂利の中でも、大きな音がするので防犯効果が高いと評判の商品です。一袋で、約1㎡の大きさに厚さ3センチで敷き詰めることができるので、合計10㎡の広い範囲に広げることができます。

より自然の石のカラーに近いレギュラーの他、ホワイト、ブラウンの3色展開で、ご自宅のエクステリアやお庭の雰囲気に合わせて自由にカラーを選ぶことができます。お好みに合わせて、カラーをミックスして使うのもおすすめですよ。

2位

ガラスから生まれた防犯砂利(20リットル入り)×6袋 (中粒(15-25) アイボリー)

ガラスから生まれた防犯砂利(20リットル入り)×6袋 (中粒(15-25) アイボリー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,500

廃ガラスをリサイクルすることで作られた新素材「スーパーソル」によってつくられた防犯砂利です。一袋20Lと比較的小さめのサイズなので、女性など力の弱い人でも楽に運ぶことができます。

使う量の目安は、1㎡当たり2袋で、この6袋セットだと一坪弱の広さに敷き詰めることができます。中粒で、それぞれの粒に存在感があり、踏むとしっかりと音が鳴る頼もしい存在。白っぽい色合いは、玄関周りやお庭のイメージを明るくしたいという人にもおすすめですよ。

1位

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 40L ホワイト

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 40L ホワイト

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,120

真っ白な防犯砂利は、敷くとあたりが明るくなり、家の隙間や裏など、日の当たりにくい場所にも最適。ガラス製なので、砂利の上を歩くと犯人が嫌がるような「ジャリジャリ」と目立つ音がします。使っているうちに摩耗してきますが、その都度補充すれば効果はそのままキープ。

約4センチの厚さに盛れば効果的で、使う量の目安は、1㎡当たり一袋です。草むしりをした後の土の上にまんべんなく敷けば、雑草が生えるのを防いでくれる効果もあるので、お庭づくりにも役立ちます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

防犯砂利の効果的な使い方

猫 歩く

防犯砂利をより効果的に活用するための方法について、様々な点からご紹介していきましょう。

防犯効果をさらに高めるには

防犯砂利は、敷く量が不十分だと、それぞれの石がうまく摩擦せず、音も小さくなってしまいますので、しっかりとした厚みの出る量を敷きましょう。厚さは、3センチから4センチ程度がベストです。

踏むと「ジャリジャリ」「ザクザク」と大きな音のする防犯砂利は、空き巣や不審者の侵入を防ぐ効果があります。この時に鳴る音の大きさは、約70デシベルから80デシベルが平均的。これは、掃除機やドライヤーの運転音、目覚まし時計のなる音くらいのボリュームがあり「うるさいな」感じるくらいの音なので、特に静かな環境では大きく響いて目立ちます。

防犯対策以外の活用法

防犯砂利は、防犯対策のみならず、様々な活用法があります。ここでは、防犯砂利の様々な活用アイディアをご紹介していきましょう。

野良猫対策

防犯砂利を踏んだ時の音は、ネコにとっても不快な音です。防犯砂利は、ガラスからできているものが多く独特の音がするため、その音を嫌がってネコが来なくなるという効果も期待できます。

しかし、中には平気で防犯砂利の上を通過するネコもいるので、すべてのネコに効果的であるとは言えません。ただ、野良猫のフン害対策に取り入れて成功している人がいるのも事実。一度試してみる価値はあります。

雑草対策

除草をした後の土の上にまんべんなく敷くことで、次に生えてくる雑草を防ぐ効果があります。土は、むき出しの状態だと、風に乗って飛んできた雑草の種から生えた草が根付き、いつの間にか多くの草が生えてくるようになります。

防犯砂利を土の上に敷くことで、雑草が根付かないよう、カバーのような役割となってくれます。

鉢底に敷く石の代わりとして

花や野菜を植える鉢底の水はけを良くするための石代わりとしても使うことができます。防犯砂利として家の周りに敷いた後、余った石の使い道として、有効に活用することができます。

日当り改善

自宅の日当たりを改善したいという時にも、防犯砂利は便利に使うことができます。明るい色の防犯砂利を窓辺に敷くことで、太陽光が反射し、部屋に多くの光を取り込むことができるようになります。

例えば、隣の家との距離が近くて一日中日が当たらないとか、東向きのリビングで昼からの日当たりが悪くなるなど悩みを抱えている家には特におすすめです。

戸建ての家だけではなく、マンションやアパートのベランダにも有効。ただ、ベランダの場合は、コンクリートの上に直に石を敷き詰めると、コンクリートが破損する恐れがあるので、大きな植木鉢などに防犯砂利を入れて窓辺に置くなど、工夫するようにしてください。

玄関周りやお庭を明るくデコレーション

石や土はグレーや黒など、ダークなカラーが一般的。玄関の近くに砂利を敷き詰めた通路やスペースがあるのであれば、明るいカラーの防犯砂利を敷くことでおしゃれに見せることができます。

たかが防犯砂利を敷くだけの簡単なことですが、明るいカラーを取り入れることで見違えるようにきれいになり、夜でも明るくなるので、防犯性もアップします。家の周りに飾っているお花の色や、ハロウィン、クリスマスなど季節のデコレーションも映えますよ。

防犯砂利を敷く際に気を付けたいこと

防犯砂利は、天然石のものもありますが、大半がガラスを加工したものです。踏むことによる摩耗で石に傷が付くと、表面が鋭くとがるなど、直接触ると危険です。

もちろん、危なくないように加工されてい入るものの、小さなお子様が遊ぶ場所や物干し竿(台)の下など、人が頻繁に通る場所には使わないようにしましょう。防犯砂利は、摩耗により量が減ってくると、音が小さくなるなど十分な防犯効果を発揮しないので、時々量を見ながら足していきましょう。

まとめ

防犯砂利は、高い防犯効果があることはもちろん、防草やエクステリアをおしゃれに彩るためのものなど、様々な使い道があります。ぜひ記事を参考に防犯砂利を取り入れて、安心で快適な生活に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.