1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめカーボン紙人気比較ランキング!白や青色なども紹介

2018/05/02更新

おすすめカーボン紙人気比較ランキング!白や青色なども紹介【2018年】

領収書

領収証・納品書など、控えや証明が必要なときの事務手続きのさいや、イラストなどを転写したい場合などに重宝する「カーボン紙」。一般的な使い方は「紙と紙の間に挟む」というシンプルなものですが、カーボン紙の種類や色などはさまざまあり、どれを購入すればよいのか悩んでしまいますよね。

今回はそんな迷いがちな「カーボン紙の選び方」についてご紹介したいと思います。選び方のポイントや人気商品の紹介・効果的な使い方など、カーボン紙に関する情報をまとめてみました。ぜひ参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

カーボン紙の選び方

悩む女性

カーボン紙を選ぶ上で重視する「種類」・「色」・「片面か両面」・「サイズ」について、それぞれのポイントをまとめてみました。ご自分がカーボン紙を使うさいに、どのようなところを重視したいのか・どのような目的で使いたいのかなどについて考えてみると、選びやすくなりますよ。

カーボン紙の種類について

まずはカーボン紙の種類についてご紹介します。ただ種類だけを紹介しても、どのような時に使うのが良いのかわかりにくいかと思うので、おすすめの使用目的なども一緒にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

ワックス系カーボン紙

「カーボン紙」と聞いて思い浮かべるのが、この「ワックス系カーボン紙」なのではないでしょうか。こちらは古くからあるタイプで、顔料や染料を蝋や油などと混ぜて練り、カーボン原紙に塗布したものとなっています。

イラストを描くときや版画を制作するさい、転写したいところにこのカーボン紙の着色剤が塗布された面を乗せて、その上に下絵を重ね、上からボールペンで下絵通りになぞることで、下書きがうまくいくでしょう。

プラスチックカーボン紙

カーボン紙の中でも「汚れにくい」という特徴があるプラスチックカーボン紙。その秘密は原紙にあります。原紙には、スポンジ状のプラスチック層が塗布されています。そこにインキが含まれており、上からボールペンなどで圧力を加えた部分のインキが浸み出して、複写ができるという仕組みになっています。

インキはスポンジ状の薄膜に包まれているため、手や用紙を汚すことなく使用できるということです。さらに耐久性にも優れており、上からの圧力がなくなると、その部分は近くのインキがしみこむようになっています。そのため一度使った場所でも、何度もくっきりとした複写が可能なのだそうです。

汚れにくい・繰り返し鮮明に使えるということから、領収証などの事務でカーボン紙を使うときにおすすめなのではないでしょうか。頻繁に買い足す必要がなく、キレイな複写ができるのが魅力的ですね。

チャコペーパー(手芸用カーボン紙)

布に転写するための、手芸用のカーボン紙です。紙に使うカーボン紙と同じ方法で使えます。図案や印などを簡単に布に転写することができるので大変便利。さらに水に濡らすと消えてくれる商品も売っているので、手芸での強い味方となりそうですね。

ノーカーボン紙

最近ではカーボン紙より主流になりつつある「ノーカーボン紙」。感圧紙ともいわれています。カーボン紙を挟むことなく複写することができるので、手が汚れる心配もなく手軽なことから、事務手続きのさいに人気となっています。

用紙の裏面にマイクロカプセルがあり、圧力を加えることでそのマイクロカプセルがこわれ、下の紙の発色剤と化学反応を起こして発色するという原理だそうです。さまざまな種類のものが販売されているので、自分の用途にあったものをすぐに見つけることができそうですね。

ただし、長期保存ができないことや、直射日光・高温多湿に弱いというデメリットがあります。長い間保管したい書類などには向かないので注意が必要です。

色で選ぶ

カーボン紙と聞くと、「黒色」や「青色」をイメージする人も多いかもしれませんが、他にも「赤色」や「白色」などがあります。やはり黒色や青色は、白い紙に転写するさいに見やすいため無難ですが、暗い色に転写するときは赤色や白色のほうが見えやすくなります。

特に「黒色の紙」や「黒色の板」に転写したい時は、「白色」のカーボン紙がおすすめです。非常に見やすくなるので作業もはかどるでしょう。白色や明るい色の紙だけに使う、という場合には使えないかもしれませんが、もし黒色の紙などに使う可能性があるのなら用意しておくといざというときに安心ですよ。

また、白色に限らず、黒色や赤色など数色用意しておくと良いかもしれませんね。

片面筆記か両面筆記かで選ぶ

カーボン紙には「片面筆記」か「両面筆記」があります。それぞれの違いは以下の通り。

片面筆記について

その名の通り、片面だけにカーボンが付着しているので、一般的な事務やイラスト等の転写に使われます。特殊なことをしない限りは、こちらを購入しておくと無難ですよ。

両面筆記について

こちらもその名の通り、表面と裏面の両方にカーボンが付着しているものです。布と布の間に挟んで使うことで、1枚目の布の裏面に鏡像、2枚目に正像を描くことができます。そのため、主に手芸用で使われているそうです。

両面筆記にもさまざまな色のカーボン紙がありますが、手芸用で使う場合は、青色のタイプを購入すると使い勝手が良いでしょう。

カーボン紙のサイズで選ぶ

カーボン紙はA4サイズのものが多いです。大は小を兼ねるということで、A4より小さいサイズが必要な場合も、切ることで使用できます。ファイルなどに入れておけば持ち運びにも便利ですね。

ただし、A4より大きいサイズの紙に転写したい場合は、A4をつなげるのではなく大きいサイズのカーボン紙を購入することをおすすめします。そのさいには、折りたたまれたものを選ぶと良いでしょう。持ち運びも便利ですし、普段使わないときに収納するさいにも場所に困りませんよ。

枚数で選ぶ

カーボン紙には、10枚入りや50枚入りなど、商品によって枚数が異なります。ご自分の使用頻度によって選べばよいのですが、初めて購入するカーボン紙は少なめの枚数から購入してみることをおすすめします。やはり実際に使ってみないと、自分のやり方や使用目的に合っているかどうかはわかりません。

少量から試して、悪ければ別の商品、良ければ多めに入っているものを購入する、などしておけば安心ですよ。

スポンサーリンク

カーボン紙人気おすすめ商品TOP10

インターネットで購入できるカーボン紙の人気商品を、ランキング形式で10位からご紹介します。気になる商品が見つかると良いですね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

万能カーボン紙 片面 黒 10枚組 210×300mm

万能カーボン紙 片面 黒 10枚組 210×300mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 259

片面筆記のカーボン紙。サイズは210mm×300mmなので、ほぼA4という使いやすいサイズとなっています。色は無難な黒色なので、事務手続きなどの普段使いにもぴったり。

「カッティングシート」・「木」・「コルク」などにも転写することができるので、気軽に芸術作品作りを楽しむことができるでしょう。10枚組なので、版画をするさいの下書きの転写に使ったり、お気に入りのフリーイラストをなぞってみたりなど、さまざまな用途にも利用できそうですね。

9位

カーボン紙 両面筆記 10枚入【黒】 PCPP200B

カーボン紙 両面筆記 10枚入【黒】 PCPP200B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 609

サイズは横229mm×縦318mm、A4よりも少し大きめのカーボン紙。色は黒色なので、どのような用途でも使用できそうです。そしてなんといってもこちらの商品は、カーボンが表と裏の両方ある「両面筆記タイプ」となっています。

手芸などで布や紙に鏡像と正像の2つを転写したい場合などにぴったりです。もちろん事務などの普段使いにも便利。両面筆記タイプの商品はあまり出回っていないので、カーボン紙は両面筆記が良いかたにおすすめの商品です。

8位

カーボン紙 大判用 10枚組 黒 300x445mm

カーボン紙 大判用 10枚組 黒 300x445mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

スタンダードな黒色タイプのカーボン紙。こちらの商品の特徴は、なんといっても「サイズが大きい」というところ。300mm×445mmということで、A3に近いサイズとなっています。

大きいサイズの紙などに転写したい場合、A4サイズのカーボン紙を貼り合わせていくのは大変ですが、こちらなら1枚~数枚で済ませられそうで良いですね。それにズレなどもおこりにくそうです。

さらに10枚入っているので、1枚だけでもたっぷり使えそうですね。ただし、サイズが大きいので、持ち運びや収納について考えておく必要がありそうです。

7位

ゼネラル カーボン紙 赤 片面筆記携帯用 #1300R 10枚

ゼネラル カーボン紙 赤 片面筆記携帯用 #1300R 10枚

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 509

片面筆記タイプのカーボン紙。サイズは横229mm×縦318mmとなっており、A4サイズよりも少し大きめです。こちらのカーボン紙のポイントは「赤色」というところ。黒色や青色が使いにくい・紙の色的に赤色のほうが目立つ、などといった場合におすすめです。

さらにこちらは従来のワックス系カーボン紙とは異なる、「ゾルタイプのカーボン紙」となっています。そのため、何度でも繰り返し使用できる耐久性と、手が汚れにくいという使いやすさを兼ね備えています。

6位

カーボン紙 片面筆記 10枚入【青】 PCPP100L

カーボン紙 片面筆記 10枚入【青】 PCPP100L

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 640

片面筆記タイプのカーボン紙。サイズは318mm×229mmなので、A4よりも少し大きめサイズとなっています。カラーは「青色」。黒とはまた違ったニュアンスの転写ができそうですね。

さらにこちらの商品は「プラスチックカーボン紙」になっています。スポンジ状のプラスチック層に、インキを含んでいるものが原紙に塗布されているそうです。そのため、一度使用した部分でも、周囲のインキが浸みこんでくれることによって、何度繰り返し使用しても鮮明な転写をしてくれるのだとか。

手を汚す可能性も少ないそうなので、大量に作業したい時などストレスを減らすこともできそうですね。

5位

万能カーボン紙 黒 片面筆記携帯用 画用纸 手芸 絵画 版画 工芸 美術 カーボン紙 23*33cm (50枚セット)

万能カーボン紙 黒 片面筆記携帯用 画用纸 手芸 絵画 版画 工芸 美術 カーボン紙 23*33cm (50枚セット)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,190

片面筆記用のカーボン紙。カラーは使い勝手の良い黒色。サイズは230mm×330mmで、A4より少し大きいサイズとなっています。

こちらの特徴はなんといってもお値段が安いというところ。50枚とたっぷり入っているので、1枚の値段が安くなっています。カーボン紙の枚数を気にせず、イラストや工芸品作りの練習などもしっかりできそうですね。さらに耐久性に優れているそうなので、1枚を繰り返し使うことで、エコにもなりそうです。

4位

ゼネラル カーボン紙 藍 片面筆記携帯用 #1300L 10枚

ゼネラル カーボン紙 藍 片面筆記携帯用 #1300L 10枚

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 509

片面筆記タイプのカーボン紙。サイズは横229mm×縦318mmなので、A4サイズよりも少し大きめとなっています。こちらのカーボン紙はなんと「藍色」。青く転写してくれるので、黒色よりも柔らかい色で転写したいときにおすすめです。

また、カーボン紙によく使われている「ワックス系カーボン紙」とは異なった原料・製法の、「ゾルタイプのカーボン紙」となっています。何度でも繰り返し使用でき、手も汚れにくいため、青色のカーボン紙を普段使いにしたいかたにおすすめです。

3位

アーテック カーボン紙 8切(10枚組) 45553 白

アーテック カーボン紙 8切(10枚組) 45553 白

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 618

サイズは380mm×270mmなのでA4よりも少し大きめ。こちらは珍しい「白色」のカーボン紙となっています。黒色をはじめ、暗い色の紙などに転写すると、白色がはっきりと見えて作業しやすくなるでしょう。

ただ、口コミなどを見ると、くっきりと写したいのならそれなりの筆圧が必要になるそうです。思い通りに転写するために、白色のカーボン紙に慣れる必要がありそうです。10枚入りなので「ちょっと練習してみる」ということも可能です。

2位

パイロット プラスチックカーボン紙・10枚パック ブラック PCP-P100B

パイロット プラスチックカーボン紙・10枚パック ブラック PCP-P100B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 445

片面筆記タイプのカーボン紙。カラーは無難なブラックです。サイズは横229mm×縦318mmなので、A4よりも少し大きめです。

こちらの特徴は「プラスチックカーボン紙」ということ。スポンジ状のプラスチック層にインキを含んでいるものが原紙に塗布されているため、一度使った部分に周囲のインキが浸みこんでくれます。それによって、繰り返し使用してもくっきりした転写をしてくれるそうです。

手や他の用紙を汚す心配も少ないので、普段使いはもちろん事務での使用にもぴったり。さらに10枚入りなので、「普通のカーボン紙とは違ったものを試したい」というかたにおすすめです。

1位

ゼネラル カーボン紙 黒 片面筆記携帯用 #1300K 10枚

ゼネラル カーボン紙 黒 片面筆記携帯用 #1300K 10枚

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 545

片面筆記タイプのカーボン紙。色もスタンダードな黒色なので、こちらを買っておけばさまざまな用途で使用できるでしょう。サイズは横229mm×縦318mmということで、A4サイズよりも少し大きめとなっています。また、こちらは折りたたまれた状態となっているため( 折りたたみ時のサイズ:横159mm×縦229mm)、持ち運びや普段の収納にも便利。

さらに、こちらは他社と技術提供し、ワックス系カーボン紙とは全く異なる原料と製法の「ゾルタイプのカーボン紙」となっています。複数回使用可能で耐久性に優れており、手も汚れにくくなっています。10枚入りなので気軽に試すこともできますよ。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

カーボン紙の効果的な使い方

領収書を書いている女性

カーボン紙の正しい使い方や注意点についてご紹介します。

転写するときは下書きとは違う色のボールペンで

カーボン紙を使って紙に下書きを転写する場合、自分がどこまで下書きをなぞったかわからなくなるときがありますよね。そんなときに確認するため、下書きとカーボン紙をめくったら、紙がズレて転写に失敗してしまう可能性があります。

そんなときは、下書きを描いた色とは異なる色のボールペンでなぞるとわかりやすいですよ。そのときは同系色にするのではなく、赤と黒など一目見てはっきりわかる色にすると、迷うことなくスムーズになぞることができますよ。

カーボン紙の保管について

カーボン紙を使わない場合は、棚や引き出しなどにしまっておきましょう。もしも机の上などに放置していた場合、手や周囲を汚してしまう可能性があります。また、近くの紙にメモ書きをする場合、下にカーボン紙が挟まれていたら大事な書類や机にそのメモが転写される恐れもあります。

シュレッダーに入れてはいけない

カーボン紙はとても薄いですよね。そのような薄い紙をシュレッダーに入れると、細断刃が上手く噛むことができなくなります。細断刃の隙間に入り込んで絡まるなどして、刃を痛めてしまうそうです。故障の原因にもなるので、カーボン紙はシュレッダーで裁断しないようにしましょう。

古紙の分別に入れてはいけない

古紙回収のときはカーボン紙を混入させないようにしましょう。「混ぜてはいけないもの」として分類されています。

まとめ

最近はコピー機やノーカーボン紙などの普及から、日の目を見る機会が減ったカーボン紙。しかし、カーボン紙を購入しておくと、「ちょっと転写したい」といったときに、紙とペンを使うだけでサッと使用できるので便利ですよ。

また、版画など美術作品の制作にも非常に重宝するでしょう。最近ではハンドメイド制作などが人気なので、カーボン紙を使う機会も増えていくかもしれませんね。

そんな、あると便利なカーボン紙。ぜひご自分の使用目的にあった商品が見つかると良いですね。そして捨てるさいには古紙に混ぜたり、シュレッダーに入れたりなどしないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.