1. グッディ∞
  2. 生活雑貨段ボールカッターおすすめ比較ランキング!安全で工作などに人気なのは?

2018/04/02更新

段ボールカッターおすすめ比較ランキング!安全で工作などに人気なのは?【2018年】

段ボール

ネット通販で購入した荷物を開梱するのに便利な「段ボールカッター。」

一般的な事務用カッターより造りがしっかりしていて、段ボールの開梱・解体作業がしやすい仕様になっているため、通販を多用している方や引越しを控えている人は特に必要性を感じているのではないでしょうか。

そこで今回は、段ボールカッターを購入する前に知っておきたい選び方のポイントや人気商品の特徴などについてご説明していきます。段ボールカッターにはさまざまなタイプがあり、それぞれ機能性や使い勝手も異なります。

安全に使える商品のポイントについても解説していくので、商品選びに迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

段ボールカッターの選び方

段ボール 男女

では早速、段ボールカッターの選び方について詳しく見ていきましょう。

まず、手動か電動かを選択しよう

段ボールカッターには手動タイプと電動タイプがあります。荷物の開梱だけなら手動で十分かもしれませんが、一般家庭でも電動タイプがあると便利な場合もあるので、それぞれの特徴をチェックして選びましょう。

コンパクトで小回りがきく「手動タイプ」

自分で操作する手動タイプは、カッターやナイフのような形状のものが多いです。片手で持ちやすいサイズのものがほとんどで、持ち運びや収納にも便利です。小回りが利くので工作などにも使いやすく、価格も比較的リーズナブルです。

手動タイプは、商品ごとに使い勝手を向上させるための色々な工夫が施されているので選択肢も豊富です。

パワフルで連続作業に適した「電動タイプ」

電動タイプは大量の段ボールの開梱や解体作業に重宝します。スイッチひとつで自動的にカットしていくので連続作業でも疲れません。パワーがあるので、段ボールだけではなく不要になったカーペットやコルクマット、革製品などの裁断も可能です。

電気代などのコストがかかる点や、手動タイプと比べるとサイズが大きく価格も高めなので、必要性があれば購入を検討しましょう。

使いやすいサイズかどうか

長く使い続けるには、扱いやすい大きさであることも大切なポイントです。手動タイプの段ボールカッターのサイズは、全長12〜20㎝程度で手に収まりやすいものが多いです。

ショートサイズのものは刃渡りも短く、コンパクトな作業に適しています。刃渡りもハンドルも長めにとってあるタイプは、大きな段ボールの開梱・解体や重ねた段ボールをまとめてカットするに使いやすいでしょう。

ギザ刃だと軽い力でカットしやすい

段ボールは、刃先がまっすぐのものよりノコギリのようにギザギザになっている方がスムーズに切ることができます。荷物の開梱だけならあまり関係ないかもしれませんが、大きな段ボールを小さく解体したり、工作で好きな形にカットする場合はギザ刃が便利です。

またギザ刃は、鋭利な刃先のようにちょっと触れただけでケガをするリスクが低いという利点もあります。

ハンドルが持ちやすいかどうか

ハンドル部分の形状は、握りやすさや使いやすさにつながるポイントです。ハンドル部分は扁平すぎるよりやや厚みがある方が握りやすいでしょう。手にフィットしやすいよう、カーブが付いているタイプもオススメです。

また、中にはドーナツのような形状でつり革のようにしっかり握れるタイプや、傘のようにU字型になっていて安定した状態で使えるタイプもあります。

持ちやすいかどうかは個人差もあるので、口コミ情報なども参考にしましょう。

安全に使えるかどうか

段ボールカッターは刃物なので、安全に使えるかどうかも気になるところですよね。商品によっては、以下のように安全性に配慮された設計になっているものも多いので、主なポイント。

刃の先端が丸い

一般的なカッターナイフの刃の先端は鋭利にとがっていますが、段ボールカッターの場合は丸くなっているものが多いです。先端が丸いと、うっかり深く刺してしまっても荷物の中身を傷つける心配がありませんし、指に触れてもケガにつながりにくいです。

簡単に折れない

力が加わっても刃が簡単に折れたりせず、しなるように曲がるタイプだと安全です。事務用カッターナイフのように刃が薄いと、折れた破片が荷物に混入したり、飛んできてケガをするリスクもあります。

刃を収納できる

先が丸くてギザ刃だからケガをしにくいとはいえ、刃がむき出しのままだと心配です。安全に持ち運び・収納できるよう、刃をカバーできるキャップが付いているものや、スライドさせて本体に収納できるものを選びましょう。

滑り止めが付いている

使用時に手が滑ってしまうと、加減を誤って深く刺したり刃に手が触れてしまう危険性があります。ハンドルが持ちやすい形状かどうかに加えて、滑り止めが付いているかどうかもチェックしましょう。

つばが付いている

ハンドルと刃の間につばが付いていると、手が滑ったとしても刃に触れてしまう心配がありません。

こんなプラスαの機能も

以下のような付加機能が付いている商品もあります。

ガムテープが付着しにくい

開梱作業のとき、ガムテープの粘着物がカッターに付着してベタベタしてしまうことがありませんか?人気の段ボールカッターの中には、刃にフッ素加工が施されていて粘着物が付きにくく、汚れても落としやすいタイプもあります。

ヒモやテープ類もカットしやすい

段ボールはもちろん、ビニールひもやPPバンドなどの梱包材をカットしやすい機能が備えられている商品も。1本で開梱作業をスムーズに完了させられるので、段ボールはカッター、バンドはハサミと使い分ける必要がなくなります。

替刃の交換方法・価格も要チェック

商品によっては、替刃に交換できて長期間使い続けられるタイプもあります。替刃タイプの場合は、簡単かつ安全に交換できるかどうかや、替刃の価格をあらかじめ確認しておきましょう。

スポンサーリンク

段ボールカッター人気おすすめ商品TOP8

選び方をひと通り確認したところで、次はどのような段ボールカッターが人気なのか、売れ筋商品をご紹介していきます。ここでは8商品を厳選して紹介するので、それぞれの特徴をチェックしましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

slice(スライス) セラミック段ボールカッター 刃先3段調整型 10400

slice(スライス) セラミック段ボールカッター 刃先3段調整型 10400

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,776

著名なプロダクトデザイナー カリム・ラシッド氏がデザインした機能性とデザイン性を兼ね備えた段ボールカッター。シンプル・シャープ・セーフ(安全)という3つの特徴にこだわって作られています。

ハンドル部分は傘の持ち手のようなフック形状で握りやすく、折り返しの部分を箱に当てて安定した状態でスムーズにカットできます。3段階調節スライダーボタン付きで、刃の長さを簡単に変えることができます。

刃の材質はサビに強くスチールより10倍長持ちするセラミック製です。スタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

7位

貝印 段ボール カッター カートンオープナー DAMBO LK-010

貝印 段ボール カッター カートンオープナー DAMBO LK-010

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 891

多彩な日用品を手掛ける貝印製の段ボールカッターです。段ボールの辺をカッターで開梱するとき、途中でズレてしまうことがありますが、本品には箱の角にフィットするガイドが付いているので安定した状態でスムーズに切ることができます。

全長16㎝、重さは79gです。刃の材質は強度のある特殊刃物鋼で、本体はポリカーボネートが用いられています。オートロック式スライダーを搭載。尾栓の部分で刃折りをすることができて便利です。

グリップ部分には全体的にギザが付いているので滑りにくく、安全に使うことができるでしょう。

6位

アレックス(ALLEX) 段ボールカッター DK-2 34102

アレックス(ALLEX) 段ボールカッター DK-2 34102

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 360

全長24㎝、刃渡り12.8㎝の片刃タイプの段ボールカッターです。しっかりとした大きさがあるので、溜まった段ボールをまとめて処理するなどの連続作業にオススメです。ハンドル部分は曲線が付いた手にフィットしやすいデザインなので、長時間の作業でも疲れにくいでしょう。

刃の材質は丈夫なステンレスが用いられ、切りクズが出にくい特殊な波刃仕上げになっています。直刃より力を入れずにスムーズに切ることができます。ビニールサックが付いているので使わないときは安全に収納可能です。

5位

TRUSCO ストレッチフィルム・ダンボール用カッターTSD256

TRUSCO ストレッチフィルム・ダンボール用カッターTSD256

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 482

ストレッチフィルムやPPバンドなどの梱包材のカットにも便利な段ボールカッターです。工具類をはじめとする業務用ツールを取り扱うトラスト中山刃の材質は焼入鋼、本体はABS樹脂製。重さは67gです。

全長16.6㎝と適度なサイズ感で、荷物を固定しているヒモ類も段ボール自体も切れるマルチ機能なところが魅力です。段ボールをカットする刃が内蔵されていて、使うときだけ出すことができます。段ボール用の刃は数ミリ程度のミニカッターなので、荷物の中身を傷つける心配がありません。

携帯に便利な穴がお尻の部分に付いています。

4位

プラス カッター 折らないカッター オランテ 本体 グリーン CU-300 35-242

プラス カッター 折らないカッター オランテ 本体 グリーン CU-300 35-242

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 326

折らなくても切れ味が長持ちする加工刃を用いた、大手文具メーカープラスの段ボールカッターです。サビにくく耐久性に優れたステンレス製。凹凸表面加工とフッ素加工のダブルの効果でガムテープなどのベタつきを抑えます。

全長14.2㎝、刃渡り6㎝とコンパクトですが、刃の厚さは大型カッターと同等の0.5mmあるためパワフルかつ丈夫です。替刃がホルダーに収納され、刃に触れずに交換・廃棄が可能な「あんぜん替刃」仕様なので安全。また、チャイルドロックや指かけリングなど、安全性に配慮された工夫が充実しています。

明るいカラーリングのかわいらしいデザインも人気のポイントです。

3位

義春刃物 ダンボール・発砲スチロールカッター DBO-180 ステンレス

義春刃物 ダンボール・発砲スチロールカッター DBO-180 ステンレス

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 648

特殊ギザ刃を採用した両刃タイプの段ボールカッターです。創業100年以上の刃物メーカー義春刃物製。ハンドル部分が大きなドーナツ状になっているところが大きな特徴です。穴に親指以外の指を入れてしっかり握れるので、連続作業でも疲れにくいでしょう。

ハンドルの持ち替えも簡単なので、さまざまな角度に変えながらスムーズに切ることができます。刃の材質はステンレス刃物鋼で、ハンドル部分はABS樹脂が用いられています。

サイズは全長18.5㎝、刃渡りは10㎝です。刃を収納しておける安全キャップ付きなので安心して持ち運ぶことができます。

2位

長谷川刃物 ダンボールのこ ダンちゃん DC-190

長谷川刃物 ダンボールのこ ダンちゃん DC-190

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 504

岐阜県関市の老舗刃物メーカー長谷川刃物の段ボールカッターです。段ボールカッターの人気シリーズ「ダンちゃん」のスタンダード品で、全長19㎝・刃渡7.5㎝・重さ20g。年齢・性別問わず使いやすい大きさです。

両刃タイプです。先端は丸みがあるため段ボールの中身を傷つけにくく、刃は細かいギザギザ状になっているため誤って触れてもケガをしにくい仕様となっています。

刃の材質は耐久性があってサビにくいステンレス刃物鋼です。適度に刃の厚みがありよくしなるため、折れによる異物混入のリスクが軽減でき、業務用としても人気があります。

1位

長谷川刃物 カッター 段ボール用 ダンちゃん DC-190F イエロー

長谷川刃物 カッター 段ボール用 ダンちゃん DC-190F イエロー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 394

曲線もきれいにカットできる両刃タイプの段ボールカッター。岐阜県関市の老舗刃物メーカー長谷川刃物製です。全長19㎝で刃渡りは7.5㎝と扱いやすいサイズとなっています。重さは20gと超軽量です。

刃の材質はサビに強いステンレス刃物鋼です。フッ素コーティングが施されているため、ガムテープなどの粘着物が残りにくく、鋭い切れ味が長持ちします。ハンドル部分はポリプロピレン製です。

刃の先端が丸くなっているため、開梱時に中身を傷つけたりする心配がないところが人気のポイント。また、ハンドルにはつばが付いているので使用時に力を入れやすく、滑り止めにもなるので安全です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

段ボールカッターの効果的な使い方

段ボール 猫

最後に、段ボールカッターの効果的な使い方をチェックしておきましょう。

通販商品の開梱に

一般家庭で最も使用頻度が高く、効果的な用途と言えるのが通販商品の開梱です。ネットで商品を購入するケースが増えているので、その分段ボールを開ける作業も多いですよね。段ボールカッターなら普通のカッターより効率的かつ安全に開けることができますよ。

自宅や会社の引っ越しに

大量の段ボールを使う引っ越しは荷物をまとめるのも大変ですが、引っ越し先での開梱作業も大仕事です。急いでいると、うっかり中身を傷つけたりすることがありますが、先の丸い段ボールカッターを使えば作業がはかどります。

牛乳パックを解体する

牛乳パックなどの紙パック品を解体してリサイクルに出している人にも段ボールカッターはおすすめです。口の部分を開いておけば、あとはギザ刃でノコギリのようにザクザクと手早く切ることができます。

発泡スチロールを解体する

海産物などのお取り寄せをすると、大きな発泡スチロールで届くことがありますが、そのままだと自治体指定のゴミ袋に入らず小さく解体しなければならない場合も。そんなときでも、段ボールカッターならスピーディーに細かくカットできて便利です。

お子さんの工作に

お子さんの夏休みの自由研究や趣味などで、段ボールを使った工作にチャレンジする場合は、段ボールカッターを用意しましょう。

事務用カッターナイフだと曲線を切るのは難しいですが、段ボールカッターであれば、押したり引いたりしながら切ることで重ねた段ボールにも対応でき、曲線もスムーズに切れます。

厚紙や発泡スチロール、牛乳パックなど工作に便利な材料のカットを1本で済ませることもできて便利です。刃の先端が丸くなっているものが多いので、お子さんでも安全に使うことができますよ。

まとめ

ここまで、段ボールカッターの選び方のポイントや人気商品の特徴などについてご説明してきました。色々な角度からお伝えしましたが、欲しい商品のイメージはできましたか?

段ボールカッターを選ぶときは、まず手動タイプか電動タイプかを検討しましょう。一般家庭で、通販などの荷物の開梱がメインユースの場合は、手動タイプで十分です。大量の段ボールを扱う場合や、コルクタイルやカーペットの裁断などにも使いたい場合は電動タイプが良いでしょう。

他にも、サイズや持ちやすさ、安全性などの検討ポイントを確認しました。安全で使いやすい段ボールカッターがあれば、いつもの作業が一層はかどるので、ご紹介した情報を参考にしながらベストな一品を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック

グッディの人気記事 10選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.