1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめのホッチキスリムーバー人気比較ランキング

2018/04/25更新

おすすめのホッチキスリムーバー人気比較ランキング【2018年】

ホチキスや文房具

ホッチキス留めされた書類の作り直しや廃棄の際に重宝するホッチキスリムーバー。針はホッチキスの後ろに付いているパーツで除去することもできますが、専用リムーバーを使うとよりスムーズで紙を破いてしまう心配がありません。もちろん、手で抜くより安全で確実です。

今回は、事務作業を効率的にしてくれるホッチキスリムーバーの選び方のポイントや人気商品の特徴などについてご紹介していきます。ホッチキスリムーバーにはさまざまなタイプがあり使い勝手も異なるので、ご自身にとって最適な商品が見つかるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ホッチキスリムーバーの選び方

考える男の人

では早速、ホッチキスリムーバーの選び方について見ていきましょう。

まず、タイプ・形状で絞り込もう

ホッチキスリムーバーには色々な種類がありますが、主流なのはスライドタイプとハンドルタイプです。その他のタイプもあるので、それぞれの特徴を確認していきましょう。

ペンのようなスリム形状の「スライドタイプ」

本体の先端に付いている小さなヘラのようなパーツを、ホッチキスの針の下に差し入れて、そのまま前方に滑らせながら抜き取るタイプです。ペンのような細長い形状をしているので、ペンケースなどに入れて持ち運びやすく、引き出しなどに入れておいても邪魔になりません。

対応枚数は商品にもよりますが、一般的には20枚程度までの書類に対応しているものが多く、分厚い書類には不向きです。

分厚い書類でもパワフルに除去できる「ハンドルタイプ」

ペンチやハサミのような形状をしていて、ハンドルを握ったり押し下げたりすることで針が抜けるタイプです。先端部分を針に差し込み、ハンドルを握る、または押し下げるとテコの原理で針が除去できます。

テコの原理を利用するため、軽い力でもスムーズに針を抜くことができるところが利点です。スライドタイプよりパワーがあるものが多く、100枚程度の書類に対応している商品もあります。

スライドタイプと比べると大きいので、持ち運びや収納の際は少しかさばるかもしれません。

こんなタイプも人気

スライドタイプやハンドルタイプ以外に、トングのように針をつまんで除去するタイプや、先端をフックのように針の上から引っ掛けて本体レバーを引いて除去するタイプも人気があります。

ご自身にとって使い勝手が良さそうなタイプを選びましょう。

対応している針のサイズ

使いたいホッチキスリムーバーのタイプが決まったら、対応している針のサイズを確認しましょう。針のサイズと先端のサイズが合わないとせっかく買っても使えなくなってしまいます。

スタンダードなのは10号タイプ

ホッチキスの針は、最もスタンダードな10号タイプ(幅8.4mm)の他、やや大き目の3号タイプ(幅11.5mm)などいくつかの種類があります。

ホッチキスリムーバーも10号針に対応しているものが多く、商品によっては10号針にも3号針にも対応しているタイプもあります。普段使っているホチキスの針のサイズに合うかどうかを確認しましょう。

紙の対応枚数も要チェック

針を抜く必要がある書類の厚さ・枚数もあらかじめ確認しておきましょう。ホッチキスリムーバーは、商品ごとに対応枚数が異なります。

スリムなスライドタイプは10〜20枚程度まで対応しているものが多いです。ハンドルタイプは、40枚程度に対応したものから100枚くらいの分厚い書類に使えるものもあります。普段取り扱っている書類の最大枚数に合うものを選びましょう。

針が飛び散らない仕様が便利

除去した針が、周りに飛び散ったりしないものだと後片付けしやすく便利です。針はホッチキスの後ろに付いているパーツでも外せますが、抜くときの勢いでどこかに飛んでいってしまうことがありますよね。

除去した針が本体に取り込まれる仕様になっているものや、抜いた針を押さえておくパーツがあるホッチキスリムーバーであれば、針が飛び散る心配がありません。商品によっては磁石が内蔵されていて、針を取り込みやすい仕様のものもあります。

使いやすい仕様かどうか

日常的にホッチキスリムーバーを使う必要がある方は、少しでも使い勝手の良い商品を使いたいですよね。見た目は同じように見えるかもしれませんが、商品によっては以下のような使い勝手に配慮されたものもあるので、以下のポイントをチェックしておきましょう。

持ちやすいかどうか

同じスライドタイプでも、指を添える部分がフィットしやすい形状になっていたり、絶妙なカーブが付けられているなど持ちやすいものもあります。またハンドルタイプだと、指を入れられるようハサミのように片側のハンドルに穴が開けられている形状のものもあります。

滑り止めが付いている

ホッチキスリムーバーは、スライドタイプだと前方に指を添え、ハンドルタイプだとハンドルを握って除去するので、その部分に滑り止めが付いている方が望ましいです。ギザギザや凹凸などの滑り止めが付いていれば、余計な力を入れる必要がないため、連続作業もスムーズに進めやすくなります。

針を収納しておけるものも

商品によってはホッチキスリムーバー本体に収納ケースが付いていて、除去した針を取り込んで溜めておけるものもあります。ある程度溜めておける収納ケースがあれば、外した針を頻繁に捨てる必要がないため効率です。

安全に使えるかどうか

ホッチキスリムーバーは、強固に留められた針を除去するために、先端に硬い金属や鋭利な金属が用いられているものが多いです。商品によっては、先端が丸みのある形状になっていたり、未使用時は先端がむき出しにならないよう閉じた状態で固定しておけるものもあります。

環境に配慮された商品も

ホッチキスリムーバーは樹脂や金属を組み合わせて作っているものが多いですが、中にはリサイクルされた素材を使用しているものもあります。グリーン購入法に適合している商品も増えていますから、会社などでまとめて大量購入する場合は、エコに配慮された商品を検討してみてはいかがでしょうか。

デザインで選ぶ

ホッチキスリムーバーを毎日のように使うのであれば、色やデザインといった見た目も大切なポイントではないでしょうか。

スチールなど金属製のホッチキスリムーバーはシルバーを基調にしたメタリックなデザインがほとんどですが、樹脂製はさまざまな色使いのものがあります。人気商品は白・青・黒が用いられているものが多く、ピンクをあしらった女性向けのものも人気です。

スポンサーリンク

ホッチキスリムーバー人気おすすめ商品TOP10

では、実際にどのようなホッチキスリムーバーの人気があるのか、売れ筋10商品の特徴を見ていきましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

LIKEMEミニ除釘器 ホチキス針リムーバー ステープルリムーバー紙類用 ホッチキス文房具 便利軽量 3色選べる

LIKEMEミニ除釘器 ホチキス針リムーバー ステープルリムーバー紙類用 ホッチキス文房具 便利軽量 3色選べる

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 98

ホッチキスの針を両サイドからつまんで取り除くタイプのミニリムーバーです。小さなトングのような形状で、片手で簡単に開閉できるようになっています。サイズは長さ5.5㎝×幅1.1㎝×高さ4.5㎝とコンパクトなので収納性・携帯性に優れています。

持つ部分は大きめの造りになっているので、指にフィットしやすいです。先端部分は尖っていますが、使わないときは閉じた状態のまま固定しておける仕様になっているので、安全に保管しておくことができます。使うときは固定パーツをスライドさせるだけでOKです。

色はブラック・ブルー・ホワイトから選べます。

9位

マックス リムーバー 10号・35号針用 グレー RZ-A

マックス リムーバー 10号・35号針用 グレー RZ-A

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 426

ホッチキスの針を先端で挟みこみ、スライダーで引き寄せて取り除くタイプのホッチキスリムーバーです。サイズは高さ1.8㎝×幅4㎝×長さ6.3㎝というコンパクトなところが魅力です。手のひらサイズなので収納しやすく持ち運びにも便利です。

先端は針を上から引っ掛けるような仕様になっていて、本体をつかむように持ちます。親指をお尻の部分に添えて左右のスライダーパーツに人差し指と中指を添えるようにして使います。20枚程度の書類を留めている針を抜くのに丁度良いです。

8位

オート リムーバー ハリトル君 クリアブルー RV-380クリアブルー

オート リムーバー ハリトル君 クリアブルー RV-380クリアブルー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 410

ハサミを使うような要領でホッチキスの針を取り除くことができるリムーバーです。先端部分を針に差し入れ、本体を固定したままレバー部分を握るとスムーズに除去できる仕様になっています。対応枚数は一般的なコピー用紙15枚程度です。

サイズは長さ10.5㎝×幅2.1㎝×奥行き6.8㎝。コンパクトなのでどなたでも使いやすいでしょう。32gと軽量なので持ち運びにも便利。レバーには滑り止めが付いています。

はクリアブルーを基調にしたスケルトンタイプ。シンプルでポップなデザインなので文房具は見た目にもこだわりたいという方にもおすすめです。

7位

マックス リムーバー 10号針用 グレー RZ-FE

マックス リムーバー 10号針用 グレー RZ-FE

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 405

軽量でコンパクトなマックス製のホッチキスリムーバーです。長さ14㎝、幅1.8㎝、高さ1.7㎝のスリムサイズで、重さはわずか16g。手の小さな方でも持ちやすく、収納や持ち運びもしやすいところがうれしいポイントです。

一般的な10号の針をスムーズに抜くことができます。対応枚数は20枚程度となっています。モノトーン調のシンプルなデザインも人気のポイント。シンプルながらも、指を添える部分がフィットしやすい円型になっていたり、滑り止めが付いているなど使い勝手に配慮されたデザインです。

グリーン購入法にも適合したエコ商品です。

6位

プラス リムーバー ブルー

プラス リムーバー ブル

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 291

前方に軽く押すだけで針を取り除くことができる、プラス製のホッチキスリムーバーです。シンプルでスリムなスティック型で、持ちやすいよう握る部分がくぼんでいるためどなたでも扱いやすいでしょう。

針に差し入れる先端は丸みのある形状になっていて、安全性にも配慮されています。本体には針を押さえておくパーツがあり、取り除いた針が周りに散らばってしまうことがありません。

サイズは長さ13.2mm×幅13mm×厚み13mmというスリムボディ。先端の爪の幅は7.6mmとなっています。本体の80%が再生樹脂で、ハンドル部分は再生ABS樹脂が100%利用されています。

5位

コクヨ ホチキス リムーバー 10号針用除針器 黒 SL-R10

コクヨ ホチキス リムーバー 10号針用除針器 黒 SL-R10

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 260

10号の針を書類から簡単に外すことができるコクヨ製のホッチキスリムーバーです。先端を針に差し入れたまま前に押せば抜けるスライド式。長さ13.6㎝、幅1.4㎝、高さ1.2㎝というスリムサイズなので、手の小さな女性でも扱いやすいでしょう。

ペン立てにも入れやすく、ペンケースでの持ち運びがしやすいところも魅力ポイント。黒を基調に部分的に青を配色したデザインで、汚れが付いても目立ちにくいでしょう。本体には再生ABSを使用し、グリーン購入法に適合しているなどエコにも配慮された一品です。

4位

マックス ホッチキス リムーバ 電子針・中型針・大型針 ホワイトRZ-3F/W

マックス ホッチキス リムーバ 電子針・中型針・大型針 ホワイトRZ-3F/W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 659

分厚い書類を留めているホッチキスの芯を楽に外すことができる、マックス製のリムーバーです。本体の先端を針に差し入れて、ハンドル部分を押し下げると簡単に除去できる仕組みとなっています。

本体を持つ必要のない自立する形状で、書類の上に置いたまま使えるため安定した状態で使うことができます。除去できる枚数はフラットクリンチ75枚程度、一般的なとじ方の場合は100枚が目安なので厚みのある資料を扱うことが多い方におすすめです。

白と黒を基調にしたモノトーンカラーなので机の上に置いておいても目障りになりにくいでしょう。グリーン購入法に適合した商品です。

3位

マックス リムーバ ホッチポン 10号針用 針収納型 ピンク RZ-10S

マックス リムーバ ホッチポン 10号針用 針収納型 ピンク RZ-10S

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 400

除去・収納・廃棄と1台で3役こなせるマックス製の人気ホッチキスリムーバーです。10号針に対応し、最大10枚分除去することができます。力を入れずに針を抜くことができるスライド式なので、大切な書類が破れたりする心配がありません。

除去した針は、本体内部のケースに取り込まれる仕組みになっています。マグネットが内蔵されているので確実に取り込まれ、逆流することもありません。ケース内の針はまとめて捨てることができるため、大量の書類の除去作業も効率的に進められます。

女性向けの白とピンクのカラーリングで、スリムで持ちやすい形状なので手の小さな方でも使いやすいでしょう。

2位

サンスター はりトル PRO S4765800

サンスター はりトル PRO S4765800

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 410

機能性と耐久性を兼ね備えたサンスター文具のホッチキスリムーバーです。ホッチキスの針に先端パーツを通し、ハンドルを握ると針がM字に折れ曲がって紙から取り除かれる仕組みとなっています。無理な力を入れる必要がないため、連続した作業でも疲れにくいでしょう。

取り除いた針は先端にそのままキープされるので、周囲に飛び散ったりすることがありません。本品は幅が1㎝以上ある3号針も取り除くことができるパワーがあるため、分厚い書類の除去作業もスムーズにできるでしょう。

スチール製なので耐久性にも優れています。持ち手部分にはドット状の突起が付いているため握りやすく、安定した使い心地です。

1位

マックス リムーバ ホッチポン 10号針用 針収納型 ブルー RZ-10S

マックス リムーバ ホッチポン 10号針用 針収納型 ブルー RZ-10S

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 489

取り除いた針をまとめて収納・廃棄することができるマックス製のホッチキスリムーバーです。先端を針に差し入れて前方にスライドさせるだけで簡単に取り除くことができるため、力を入れずにスピーディーに作業できます。

10号の針に対応していて、無理やり引き抜く必要がないため書類を傷めにくいです。除去した針はそのまま本体の収納ケースに取り込まれ、磁石も内蔵されているため針が周囲に散らばることがありません。収納ケースは大容量なので数多くの書類の除去作業がはかどるでしょう。

収納した針はフタをワンタッチで開けるだけで廃棄できるなど実用性の高さが魅力です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ホッチキスリムーバーの効果的な使い方

ホッチキスと針

ホッチキスリムーバーの選び方や人気商品をチェックしたところで、最後に効果的な使い方や上手に使うコツについてご紹介します。想定していなかった使い方があるかもしれませんよ。

こんなときに便利

ホッチキスリムーバーは主に以下のような用途に活躍します。

書類・資料に

ホッチキスリムーバーの用途として最も多いのが、書類や資料を一旦バラしたいときや廃棄するときです。専用リムーバーを使えばスムーズに除去できるので、急いで資料を差し替えたいときでも心強いでしょう。ホッチキス留めされた資料を大量にシュレッダーにかけるときにも便利です。

雑誌・冊子に

雑誌や冊子類の中には、ホッチキス留めされているものも見受けられます。雑誌を部分的に取っておきたいときや、コピーしたいとき、針が邪魔になることがありますが、リムーバーなら手早く外すことができます。

プラケースの廃棄に

パソコンやスマホの周辺機器商品の中には、紙の台紙にプラスチックのカバーが付いていて、ホッチキス留めされているものがありますよね。何か所も留めてあるので外すのに手間取りますが、リムーバーがあれば簡単です。

スライドタイプで上手に除去するコツ

スライドタイプはコンパクトで使いやすいですが、枚数が多い書類に使う場合、左右にひねりながらでないと上手く抜き取れないことがあります。ひねりを加えて除去した後の書類には、リムーバー先端の跡が残りやすく、針の穴の跡もやや大きめになりがちです。

なるべく跡を残さずに針を除去するには、まず書類の裏側の針をリムーバーの先端で垂直に起こすのがおすすめです。そうすることで、引き抜く際にひねりを加えずスムーズに取り除けるようになりますよ。

まとめ

ここまで、ホッチキスリムーバーの選び方のポイントや人気商品の特徴などについてご説明してきました。欲しい商品についてイメージできましたか?

ホッチキスリムーバーを選ぶ際は、まずスライドタイプやハンドルタイプなどの基本的な形状を検討しましょう。リムーバーを使う書類の枚数が20枚以内であればスリムで収納にも便利なスライドタイプがおすすめですが、分厚い書類が多い方はハンドルタイプが良いでしょう。

持ちやすさなどの使い勝手や安全性、デザインなどについて検討すれば自ずと理想的な商品にたどり着けるはずです。ここでご紹介したポイントを参考にしていただき、作業がはかどる一品を選んでくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.