1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーダイエット着圧ソックスおすすめ人気比較ランキング!効果のない商品に要注意

2018/04/10更新

着圧ソックスおすすめ人気比較ランキング!効果のない商品に要注意【2018年】

靴下を履く女性

足がむくむと見た目が悪くなるだけでなく、なんだか体も重くなってしまったり気分がすっきりしないことも多いはず。特に女性にとってはむくみをいかに解消させるかが大切、といわんばかりにむくみ対策が度々特集されています。やはり予防するためには日頃の対策が大事。

そこでおすすめしたいのが、着圧ソックスです。最近はドラッグストアなど身近なお店でも販売されるようになりましたが、たくさんの種類がありすぎて迷ってしまう方も多いはず。そこで今回は人気の着圧ソックスと、その選び方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

着圧ソックスの選び方

足元をケアする女性

着圧ソックスとはその名前からも分かる通り、足に適度な圧を加えることができる靴下のことです。着圧ソックスといってもどれもがすべて同じものではなく、最近はレギンスタイプやタイツになったものなど、多くの女性のニーズに合わせた商品がたいへん豊富に展開されています。ライフスタイルに合わせて選ぶのもまた楽しいですね。

ただ、ご自身に合ったものをみつけることが何より大切。着圧ソックス選びは、何よりも今必要なものを選ぶことが肝心です。実際にお店でたくさんの種類が並んでいますが、どんなことに気をつけて選べばいいのか。ポイントをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

着圧ソックスの目的を知る

まず、簡単に着圧ソックスの目的や構造についてご紹介していきましょう。最近は美容アイテムとしても注目されていることから、どちらかというと女性にとってはおしゃれや美を意識したグッズ、という認識が強いかもしれません。しかしそうではなく、元々は医療目的として使用されてきたという歴史があります。

リンパに関係する症状を予防する目的などで開発されてきたものですので、現在においてもそういった医師の監修によるものなど、明確に医療として使用されているものもあります。市販で購入できるものは、そういった背景のなかから開発され、応用したもののひとつであると言えるでしょう。

ですので病気を予防したりするもの、というよりはむくみを解消して細い足を維持したい、という美容目的で使用される方が多いはず。今回もそういった目的をお持ちの方にとって役立てていただけるであろう商品をご紹介していきたいと思います。

着圧ソックスは「圧力」で選ぶ

まず、着圧ソックスを選ぶ際に一番注目したいポイントが「圧力」ではないでしょうか。よく、商品パッケージにhPaという数値が書かれているのをみかけることがあるかと思いますが、それこそが圧力の単位でもあります。hPa以外には、mmHgと表記されていることもありますが、こちらも同じ圧力の表記になります。

ちなみに1mmHg=1.33hPaですので、同じような数値が並んでいたとしても、単純に比べてみればhPaの方が大きいといえるでしょう。ちなみに数字が大きくなればなるほど、その分かかる圧力も大きくなります。むくみの程度に応じて選ばれるのが一般的です。

圧力の目安は?

ただ、圧力の数値をポンと出されても具体的にそれがどの程度の数値であるのか、どのぐらいの圧を与えるのかというのは分かりにくいです。ですので、目安としては以下の通りであると覚えておくと、購入される際にもイメージしやすいかと思います。

  • 足首:20〜30hPa
  • ふくらはぎ:10〜20hPa
  • 太もも:5〜15hPa

およそこの数値があれば、むくみに対して効果が得やすいとされています。なんでもとにかく圧がかかっていればいい、というものではありませんので、実際に選ぶ際はこの数値を参考にして選んでいただけると効果を期待できるのではないでしょうか。

自分はむくみがひどいから、と強めの圧のものを選んでしまいがちかもしれませんが、まだ着圧ソックスを履き慣れていない方やはじめて試す方にとってはやや窮屈すぎたり違和感が発生しやすくなる可能性が非常に高いです。

医療用の着圧ソックスの場合は40hPaを超えるものもありますが、市販のものに関して、ましてやむくみを解消させるためのものとしてはそこまでの数値は必要ないとされています。まずはあまり圧力が強くないものから試していき、徐々に段階を上げていくようにすれば自然と馴染むのではないでしょうか。

長さ・タイプで選ぶ

着圧ソックスは先ほども触れましたように、タイツになったものやレギンスタイプになったものなど、いわゆるお尻まですっぽりと覆ってくれるようなものも増えてきています。冬場やお腹までしっかりとカバーしたい方にとっては便利ですが、あくまでも足元のみのケアとして使用されるのであればソックスタイプのもので十分かと思います。

長さも膝下の短めのものから太ももまでを覆ってくれるロングタイプのもの、日中履けるものやお休み前のケアとして最適なものなど、分類していくと実に細かに分けることができます。どれが一番いいか、というのはその方次第になりますが「こういうふうに使える」をイメージできる方が選びやすいでしょう。

そこで選び方のちょっとしたコツを簡単にまとめてみたいと思います。

長さで選ぶ

膝下の丈から太ももまでの長さがあるもの、いくつか着圧ソックスの長さは選べるようになっています。デスクワークの方におすすめなのはもちろんなのですが、日中立ちっぱなしのお仕事の方にとっては、特にむくみは最大の敵となることもあるでしょう。好みの長さを選んで、お仕事中に使用されるのはとてもおすすめです。

長さによって服装を選ばなければならないこともありますので、基本的に普段着用される服と合わせられるかどうか、をイメージしながら長さを選ばれるといいかもしれません。膝下タイプのものですと短めのスカートの方はちょっと靴下が見えてしまう、というデメリットも。

もちろんこれを活かしておしゃれを楽しむものアリですので、絶対にこれがだめというわけではありません。パンツスタイルの方は基本的に見えにくくなっていますので、どの長さでも対応しやすく選びやすいかと思われます。まずは普段の服装と照らし合わせてみましょう。

眠る前のお休みケアとして選ぶ

日中のケアとして着用されるのではなく、おやすみ前のケアとして活用される方も多い着圧ソックス。最近はマシュマロのようなふわふわとした肌触りのものが多く、心地よいふんわり感に包まれながら幸せな気持ちで眠ることが出来るでしょう。優しい素材はそれだけで癒してくれそうですね。

ふわふわとした素材ではありますが、きちんと圧力を与えて足のむくみをケアしてくれるので安心。適度な圧が足を心地よい状態に導いてくれますので、癒されながらケアすることができるでしょう。日中はどうしても履きづらい、という方も初めて着圧ソックスを使用するという方も、夜からなら試しやすくていいですね。

毎日確実にケアしていくことを前提とするならば、夜ですと忘れにくくおすすめ。お風呂上がりのすっきりした体で着圧ソックスをはけば体もリラックスするのではないでしょうか。ぜひ着圧ソックス初心者の方にもおすすめです。

デザインで選ぶ

着圧ソックスもよく眺めてみると、カラーバリエーションやデザインが豊富になってきていることにお気づきでしょうか。選び方でまた印象も変わってきますし、日常での使いやすさも実はデザインに左右されやすくなる部分があり、意外とこだわってもいいポイントではあります。

デザインを重視するのもアリ?

基本的に一般的に販売されている着圧ソックスは、若干の圧の違いがあるものの、そこまで性能に大きな開きがあるというわけではありません。メーカーによっても違いがあるように、実際の使用感はやはり好みで左右されるところもあります。となると、デザインを重視したほうがいい場合も時にあるのです。

最近はオフィスなどでも使用できるようなおしゃれなデザインのものが増えてきていますので、あきらかな着圧ソックスとわかりやすいものも減ってきているように思います。おしゃれをしながらケアできる、というのは働く女性にとってはとても嬉しいことですよね。ぜひ普段使いとしてもどんどん使えるものを選んでいきましょう。

おやすみ前のケアとして活用される方は先ほどもご紹介したように、ふわふわと肌触りがよいものなど使い心地で選ばれるといいかもしれません。癒しの効果を得ることも、また十分なケアに繋がっていきますのでぜひそういった面も重視してみるといいでしょう。

カラーはお気に入りのものを

おやすみ用の着圧ソックスは可愛らしいポップで華やかな色味のものが多いですが、お好みの色で選ぶ楽しさもまたいいかと思います。好きな色のものを身につけると癒し効果も得られますし、それだけのことですが気分も良くなります。着圧の数値のみに注目してしまいがちですが、ぜひ余裕もあればカラーもチェックしてみましょう。

日中お使いになる場合も、カラーは重要な要素です。できるだけ肌の色に近く目立ちにくいものを、という場合はベージュがおすすめ。きりっと引き締めたいときや、汚れが目立ちにくいというメリットを優先するのであれば黒、というようにカラーひとつでも印象や使いやすさは大きく変わってくるでしょう。

ぜひご自身にとってこれだ、と思えるものを見つけること。着圧の数値だけでなく全体のイメージなども想像しながら選ぶとより使いやすくなるかと思います。評判や予算などももちろん大切なのですが、自分にとって使いやすいものを想像することでより的確に選べるようになりますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

着圧ソックス人気おすすめ商品TOP12

ここからは、おすすめしたい人気の着圧ソックスをランキングでご紹介していきたいと思います。さまざまなアイテムがありますので、普段使い用として、またはお休み用のケアとしてそれぞれ選ばれるのもおすすめ。ぜひ購入する前の参考としても役立てていただけると幸いです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

12位

寝ながらメディキュット ライトタッチ ロング M(MediQtto Sleep light touch long M)

寝ながらメディキュット ライトタッチ ロング M(MediQtto Sleep light touch long M)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,141

寝ながら足をすっきりケアしたい、という方におすすめなのがこちらの商品です。履いて寝るだけの簡単美脚ケアで、翌日の朝もすっきり心地よい足元を手に入れることが出来るでしょう。忙しい毎日を送っている方や日中着圧ソックスを履くことが難しい方でも、これがあれば寝ながら気軽にケアすることができるのでとても楽です。

足首20hPa、ふくらはぎ15hPa、太もも10hPaとほどよい着圧になっているので、まだ着圧ソックスを履いたことがないというはじめての方でも使いやすいタイプとなっています。ソフトで軽い履き心地ですので、気持ちよく履いていただけるでしょう。

11位

おうちでメディキュット ひざ下 ブラック M

おうちでメディキュット ひざ下 ブラック M

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,679

ふくらはぎのつらいむくみも、これでケアしてみてはいかがでしょうか。ひざ下タイプとなっていますので、あまり長いものは使いづらいと感じる方でもスッと履きやすく気軽に使っていただきやすいアイテムとなっています。血行促進やリンパの流れを改善させたい、という方にもぴったりですので、日中にもどんどん活用してみてはいかがでしょうか。

足首は29hPa、ふくらはぎは20hPaと足首からしっかりと程よい圧をかけてくれます。つま先をカットしてあるオープントウタイプですので、熱や汗などがこもりにくくいつでもムレなく快適に過ごしていただけるでしょう。

10位

スラットスッキリ ゲルマソックス

スラットスッキリ ゲルマソックス

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,800

気になる足元のケアを総合的な角度から行いたい、という方におすすめしたいのがこちらのアイテムです。多くの女性が抱えている数々の悩み、たとえばむくみから気になるニオイ、年中悩まされる足先の冷えなど、すべてをこれ一枚でケアしていくことができます。6つの段階式着圧ソックスとなっていますので、ほどよい圧が心地よいですね。

ゲルマニウムやチタン、銀を生地に付着させて裏面コーティングさせるなど、生地への工夫が多く取り入れられているところもポイント。特殊パイル編みによって足裏へもほどよい刺激が伝わります。ぜひ色んなシーンで着用したいところでしょう。

9位

着圧ハイソックス 着圧おやすみハイソックス オープントゥタイプ 足のむくみ解消 ブラック1足

着圧ハイソックス 着圧おやすみハイソックス オープントゥタイプ 足のむくみ解消 ブラック1足

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 984

着圧ソックスのなかでも人気の高いオープントゥタイプのハイソックスです。快適なシェイプ機能で、履くだけで足をすっきり細く長く見せるケアに役立てることが出来ます。着圧設計も程よい刺激となり、足に心地よく優しく包み込んでくれる履き心地。履いている方がリラックスするという方もいるかもしれません。

足首の圧はきつめに、ふくらはぎはゆるやかに、を意識した設計となっていますので血行促進にも効果が期待できるのが嬉しいところ。普段足の疲れやむくみを感じやすい方にこそぜひ試していただきたいアイテムです。ほどよい厚みもあって履き心地も満足ですね。

8位

ボンボラン Bonvolant スリムハイソックス 2足組 (黒色) 段階圧縮ハイソックス (M)

ボンボラン Bonvolant スリムハイソックス 2足組 (黒色) 段階圧縮ハイソックス (M)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,800

750デニールとハードタイプの仕様になった着圧ソックスです。足首に最大の圧力を、膝に上がるに従って沿うように圧力を弱め、土踏まずは中圧というように多段階圧縮デザインと足に嬉しい設計が整っています。程よい刺激が心地よい履き心地へと導いてくれるので、毎日着用するのがおすすめですね。

長時間外歩きをされる機会が多い方、何かと足がむくみやすくお悩みの方、どんな方にも着用していただけるアイテム。色味も落ち着いたカラーですのでどなたでも、またどんな場所でも愛用していただける一品となるでしょう。男女ともに使用できるのもいいですね。

7位

ギロファ スタンダードソックス ブラック Sサイズ(22.0~23.5cm)

ギロファ スタンダードソックス ブラック Sサイズ(22.0~23.5cm)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,104

ドイツのメーカーによる健康靴下で、脚のために20年来の研究を重ねられてきたというこちらの一品。力と圧縮性の両方を備えた特殊な繊維を用いて製造されているので、脚の部分部分に必要な圧をかけられるようしっかりと工夫されています。その強弱の違いは履いてみると分かることでしょう。

脚が疲れて困っている、と感じている方はぜひ試してみるのがおすすめ。オールシーズンどの季節でも使っていただけるソックスですので、時期を気にすることなくいつでもケアすることができるでしょう。厚めの生地ですが、日中履いていただくことが可能ですのでぜひ普段使いとしてもいかがでしょうか。

6位

【外反母趾・内反小指対策】【公式】カサハラ式 あしやせ天国テーピング靴下(3本指タイプ)【黒M22-24】/足裏アーチをサポートするテーピング機能と強力な着圧機能付K13【M】

【外反母趾・内反小指対策】【公式】カサハラ式 あしやせ天国テーピング靴下(3本指タイプ)【黒M22-24】/足裏アーチをサポートするテーピング機能と強力な着圧機能付K13【M】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,456

ちょっと変わった3本指タイプの着圧ソックスです。足首からふくらはぎにかけて、パワーのある着圧を加えながら、3本指と甲部分に編み込まれた4本のテーピング機能によて足裏のアーチをサポートしてくれます。正しい歩行を促してくれる効果も期待できるなど、毎日履いて脚全体をケアしたい方にもおすすめでしょう。

脚に関する悩みを抱えている方はとくに毎日のケアとして取り入れるのがおすすめで、体のバランスを全体的に整えていきたい方にも役立てていただけるのではないでしょうか。はじめのうちは2〜3時間程度と、段々慣らしながら履いていくのがおすすめのようです。

5位

カロリーオフ 段階式着圧ハイソックス ベージュ 22-25cm

カロリーオフ 段階式着圧ハイソックス ベージュ 22-25cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 720

シンプルだけど頼もしい、段階式着圧設計の着圧ソックスです。ほっそりとした脚を手に入れたい、毎日のケアとしてぜひ試してみたい、という方にこそ使っていただきたいアイテムでしょう。履きながらスリムダウンを目指す、という目的のために誕生したものですので美容が気になる方にもおすすめです。

ふくらはぎもしっかりとカバーしてくれるハイソックス使用で、疲れやむくみを軽減しやすくなる段階式圧力設計が、脚全体にほどよい圧を加えてくれます。代謝をアップさせたい、足元から美しくなりたいという方もぜひ。カラーもベージュで目立ちにくいのがいいですね。

4位

おうちでメディキュット リンパケア ロング M (MediQtto home long M)

おうちでメディキュット リンパケア ロング M (MediQtto home long M)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,763

日中の脚の疲れを自宅で集中的にケアしたい、という方におすすめなのがこちらの商品です。休日のケアや帰宅後のケアをメインにお考えの方は、ぜひこちらを試してみてはいかがでしょうか。ロングタイプとなっていますので、太ももまでしっかり覆ってケアすることができるので脚全体を、という方におすすめです。

足首は24hPa、ふくらはぎは16hPa、太ももは13hPaと医学に基づいて設計された段階圧力で、脚全体の血行とリンパにはたきかけてくれる効果が期待できるでしょう。すっきりとした足元を手に入れたい方、ぜひ週末と夜のケアにいかがでしょうか。

3位

スリムウォークおやすみ美脚 ラベンダー MLサイズ おやすみ用(SLIM WALK,socks for night,tightening,ML) 着圧 ソックス

スリムウォークおやすみ美脚 ラベンダー MLサイズ おやすみ用(SLIM WALK,socks for night,tightening,ML) 着圧 ソックス

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,354

ふんわりやさしい肌触りに癒されながら、足元をすっきりケアするのはいかがでしょうか。日中使用できる着圧ソックスを開発していることでもおなじみのスリムウォークから販売されている、就寝時専用タイプとなった着圧ソックスです。朝まで心地よく履いていただける圧力値となっていますので、体に負担をかけず安心ですね。

といっても圧力はもちろんしっかり設計。履いた瞬間から足首を、そしてふくらはぎ、太ももと全体をひきしめてくれるので、翌日の美脚も期待できそうですね。寝ていても気持ちいい美脚リフト構造、ぜひ実際に履いて実感してみてください。

2位

スリムウォーク 美脚ソックス S-Mサイズ ブラック(SLIM WALK,socks,SM) 着圧 ソックス

スリムウォーク 美脚ソックス S-Mサイズ ブラック(SLIM WALK,socks,SM) 着圧 ソックス

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 833

着圧ソックスといえばおなじみこちらのシリーズは、やはり人気の高い商品の一つでしょう。夕方にむくみを感じやすい、という方には特におすすめ。足首からしっかりとひきしめてくれるので、夕方のつらい脚もともすっきりきれいに見せてくれます。ブラックのカラーでオフィスはもちろんカジュアル使いもできますね。

引き締め効果がきちんと設計されているのはもちろん、全面メッシュ編みとなっており通気性もよく、長時間でも快適に着用できるところもポイントです。やわらかさとなめらかさのある肌触りで、心地よく愛用していただけるのではないでしょうか。

1位

おうちでメディキュット リンパケア 弾性ストッキング つま先なし M (MediQtto home short black M)

おうちでメディキュット リンパケア 弾性ストッキング つま先なし M (MediQtto home short black M)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,427

しっかり足元からリンパケアをしたい、という方にもおすすめ。ご自宅でケアすることをメインに作られた商品で、リラックスしながら足元のすっきりを手に入れることが出来ます。むくみやだるさに悩まされている方も、これがあるだけで快適な足元を手に入れやすくなるでしょう。

つま先がないオープントゥタイプとなっていますので、ムレが気になる方も安心。最適な段階圧力設計がほどこされているなど、脚の血行が気になる方も安心して履いていただけるでしょう。ぜひ日常のケアとして、癒しとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

着圧ソックスの効果的な使い方

美脚

着圧ソックスは履けばそれだけでよし、と思っている方も多いかもしれませんが実はそうではありません。もちろん履くだけで効果を得られることに間違いはないのですが、正しい着用ができなければ折角の効果も半減してしまうことに。せっかくケアするために買ったのに、これではもったいないですよね。

そこで、より着圧ソックスの効果を実感する為にも「効果的な使い方」について考えてみたいと思います。基本的には靴下ですので難しく考える必要はありませんが、理解を少し深めてみるだけでも効果を実感しやすくなったり、心地よく着用できるようになりますので、ぜひそのあたりも意識してみてください。

圧力だけで選ばない

購入される際、自分はむくみがひどいからとにかく圧の高いソックスを着用する!と着圧の数値のみにこだわる方、意外と少なくないのではないでしょうか。確かに圧が高ければそれだけ効果を実感しやすくなるかもしれませんが、それはある意味正解ではありません。強すぎる場合は、時として体に負担をかけることがあります。

ギュッと引き締めるということはそれだけ血行障害を招く確率も高くなるというわけです。締め付けられている分効果がありそうに感じられるかもしれませんが、強すぎる刺激はかえって体の負担となりうる場合があるでしょう。圧力の高さ=効果の高さ、ではないということをあらかじめ理解しておく必要があります。

まだあまり着圧ソックス自体に慣れていない、という場合は無理して圧の高いものを選ぶ必要はありません。できれば段階的に着用していく方が体にも負担がかかりにくく、心地よさを感じながら使用できるかと思います。まずは慣れることを最優先にして選べば失敗も少ないので、ぜひ選ぶ際は参考にしてみてください。

正しく着用する

効果を意識するのであれば、もっとも重視しなければいけないのが「正しい着用方法について」でしょう。効果を最大限生かすことを考えるのであれば、これは絶対に守らなければならないことです。というのも、先ほど選び方のhPaのところでも少し触れましたように、足のパーツごとに合った着圧設定がされています。つまり、それぞれに必要な圧は違うということです。

それを踏まえると、きちんとそのパーツのポジションにあった状態で履かなければ折角の効果も半減してしまったり意味のないものになってしまうことだってあるのです。圧力をバランスよくかけるということは、むくみだけでなくからだ全体にとって必要なことなのです。

慣れないうちは履きづらい

着用したことがある方はご存知かもしれませんが、着圧ソックスは普通の靴下などと比べて伸縮性が著しく低いことが特徴です。それは適度な圧をかけるための設計ですので仕方がないのですが、着用しはじめのうちはまず慣れることが最優先となるでしょう。ひとつずつ、パーツを意識しながら伸ばしていくと適切な位置で履きやすくなります。

足先から順番に、ゆっくり確実にシワを伸ばしていくイメージで着用するとすっきりきれいに履くことが出来ます。あわてて履いては正しく着用されないこともありますので、まだあまり履き慣れていない時はとにかく正しく履くことを優先しましょう。時間にゆとりがある時に練習してみるのもいいですね。

一日中履きっぱなしはおすすめしません

着圧ソックスを履くことはケアとしては大変有効なのですが、長時間の着用は基本的にはおススメしません。あくまでも血流などの流れをよくしてくれる、という働きを促進するのが目的となりますので、長時間そのままの状態を維持してしまうと体の機能が正しく働きにくくなってしまいまです。

こうなるとかえって足がむくみやすくなってしまうなど本末転倒。ですので一日に着用する時間をしっかりと決めて、活用していくことをおすすめします。例えばお仕事している間履きたい、という方は日中の使用をメインに。一日の終わりのケアとして活用したい、という方は夜用のものを選ぶといいでしょう。

時間を自分の中で設定して着用すれば、きちんと効果を得ながら使い続けることができますのでぜひ自分に合った着用方法をみつけてみてください。一番効果的な方法としては何といっても「自分のライフスタイルに合わせて履く」こと。やりやすい方法を選ぶことが一番になります。

日常的なケアもセットで

着圧ソックスを履くだけでむくみ対策、と終わってしまうのではなく、ぜひお風呂に浸かるようにしてみたりマッサージをしてみたりと、プラスのケアを意識してみることをおすすめします。ソックスだけでも効果を得ることはできるかもしれませんが、より高めるためにはセルフケアも重要です。

美しい足を手に入れる為にはちょっとした工夫が鍵を握ります。食べ物などに気をつけてみる、水分補給も意識してみるなど、トータルでとらえていくとより良いでしょう。自分の体にとってはどんなことが必要なのか、どういったケアなら毎日ストレスなく続けていけるか、に焦点を当てるとケア方法も明確になっていくかもしれませんね。

むくみは滞っているサインでもありますので、ケアももちろん大切ですが、体の疲れを取ったり休むことも大切にしてください。ぜひ足元だけでなくからだ全体をすっきりキレイにしていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。むくみに悩まされる女性は決して少なくありません。ご自身の体にとって必要なケアはどんなものなのか、着圧ソックスを上手に活かせばよりすっきりと快適な体を手に入れることが出来るでしょう。まずは自分に合ったものからみつけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック

グッディの人気記事 10選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.