1. グッディ∞
  2. 家電おすすめレーダー探知機の最強比較ランキング!人気なのは?

2018/04/20更新

おすすめレーダー探知機の最強比較ランキング!人気なのは?【2018年】

探知機搭載車内

安全運転に欠かせない「速度制限」。実際に車を運転するとなると、中々難しい問題ですよね。今回は、そんな安全運転を効果的にサポートするガジェットアイテム「レーダー探知機」をご紹介します。

お持ちのお車のスピードメーターと連動して安全運転を促したり、警察車両で使用されるネズミ捕りの電波を検知することもできるんです。

スポンサーリンク

レーダー探知機の選び方

白バイ

レーダー探知機は数千円~数万円と、かなり価格幅が広いところが特徴です。全体的な傾向として価格が上がるほどに高性能化、多機能化します。また、ハイエンドクラスのレーダー探知機ほどレイアウトもスマートでカッコ良いものが多く、このあたりも人気の秘訣となっているようです。

レーダー探知機ってどんなもの?

レーダー探知機自体は以前からありましたが、世間で広く知れ渡るようになったのは、比較的最近の話です。そのため「レーダー探知機とはなにか?」があやふやな方も多いのではないでしょうか。レーダー探知機の具体的な選び方に入る前に、まずレーダー探知機の性能をご紹介します。

電波をキャッチして教えてくれる!

電波の探知機能はレーダー探知機の最も人気のある部分ではないでしょうか。警察車両などが使う無線回線の電波や、ネズミ捕り用の速度探知レーザーなどを感知して、「この辺りで検問やってますよ~」と自動で教えてくれるんです。スピード違反で切符を切られたくない方には、とっても嬉しい機能でしょう。

なお、レーダー探知機は製品ごとの性能差が大きく、機種によって検知できるバンド数が異なります。基本的な5種類のバンド(テレビのチャンネルをイメージしてください)に絞ったものから、18バンド対応と幅広い検知機能を持った製品が存在します。

車内システムと連動して安全運転を促進

主に高価格帯のレーダー探知機に多いのですが、車内システムと連動して速度管理や燃費消耗のチェック。更にドライブレコーディングを視覚化してくれる機種も存在します。

これらはいずれも、レーダー探知機の目的を「警察からの取り締まり逃れ」に置いた場合は付加的な機能に留まる部分です。しかしながら、普段からの安全走行を心がけたいという方はもちろん、人身事故発生時においては、責任帰属性の決定的証拠材料として使えるケースも少なくありません。

そのため、万が一のリスク回避策として購入する方も多く、今後更に需要が高まる部分となっています。

機種ごとの違いを整理しよう

「安全運転」と「取り締まり回避」の2つの役割を果たしてくれるレーダ探知機は、これからの道路事情を鑑みると、購入の検討を強くオススメしたいアイテムです。ここでは、機種ごとの使用感や機能の違いを紹介しますので、商品選択の参考にしてみて下さい。

ルームミラータイプと固定タイプ。あなたはどっちを選びます?

レーダー探知機には大きく分けて、「ルームミラータイプ」と「固定タイプ」2種類のタイプが存在します。

ルームミラータイプは比較的最近登場したスタイルで、車載装備品であるルームミラーなどに装着することで使用するタイプ。余計な場所を取らず外観的にスッキリして見えるので、外観と機能美の両面を備えています。

これに対して固定タイプは、外付けカーナビのように両面テープで貼り付けるというもの。ルームミラータイプが使い難いと感じてしまう方や、カーナビと同じ感覚で使いたい!という方には良いのではないでしょうか。こちらは、昔から存在するスタイルです。

検知可能バンド数を調べよう

前項でも少し触れましたが、警察無線やネズミ捕りは基本的に電波通信で行います。電波にはそれぞれ周波数(バンド)が決まっているので、必然的に対応バンドが多ければ多いほど、色々な通信を検知することが可能です。

機種的な価格傾向として、高価なものになるほどバンド数も増えていくようです。あまり対応バンド数が多いものは無駄な通信を傍受することも見受けられるため、この辺りは実際の使用感に則して選択すると良いでしょう。

ちなみに、基本的には以下の5バンドがあれば十分だと言われています。

あれば嬉しい!? レーダー探知機の5大バンド

1、GPS用バンド…自車の位置情報の把握に必須。GPS搭載のメリットは後述しますが、有用です。

2、Xバンド…ネズミ捕りやオービス(自動取締機)に使用される。これが検知できない機種は購入しない方が良いでしょう。

3、警察無線用バンド…警察車両が本部との通信に使われる周波数。レーダー探知機を意識してか、切断されていることも多いようです。

4、Kバンド…海外のネズミ捕りに使われる周波数。最近は日本での導入検討が行われているという説もあり、検知できた方が良いと言えるでしょう。

5、警察通信用バンド…警察車両同士や警察官同士の無線通信で使われる周波数。本部通信用回線と合わせて、カバーしておきたいバンドです。ネズミ捕りの中には光電式と呼ばれる電波を使わない検知方法があるのですが、そのような環境下ではこの周波数が威力を発揮します。

GPS機能の有効性!

日本地図とネットワーク

レーダー探知機の中には、GPS機器を搭載した機種とそうでないものが発売されています。

GPS機能は、レーダー検知の機能や性能とは直接的な関係にありません。しかし、通信データを利用してリアルタイムで取り締まりの多い地域を連絡してくれたり、レーダーでは検知できない方式のオービスの設置エリアを警告するなど、取り締まり回避には欠かせない存在です。

結論として、警察の取り締まりを回避するという目的で使うのであれば、搭載済の機種を導入する方が良いでしょう。

自動更新機能を搭載した機種も

なお、更に高性能なレーダー探知機には、GPSの自動更新機能を搭載した商品も登場しています。このタイプはWi-fiを利用してオート更新を実施してくれるため、従来のSDカードなどを経由してアップロードするタイプよりも利便性は大きく向上。瞬く間に人気モデルとなりました。

最近は初期設定も手軽な設定で行うことができる製品も多く、利便性においても最高点。データ更新を無料で提供している企業も多く、最新の取り締まり状況を確認することが可能です。

供給電源もチェックしよう

レーダー探知機には従来のシガレット経由の給電式とソーラーパネルを使ったモデルが存在します。

シガレットタイプは安定的な電源確保につながるいっぽうで、コード配線の存在が車の内装美観に影響を与えるデメリットを持つため、ソーラーパネルを使ったモデルが注目を集めていると言って良いでしょう。

ところが、ソーラーパネルには電源の安定性が欠如すると言う、致命的な弱点が存在します。元々日本は降水量が多く曇りがちな地域。その上、シャッター付きの車庫をお持ちの家庭では駐車時にも十分な充電が行えません。

そのため、ソーラーパネル方式のレーダー探知機を購入した方の多くは、実際にはコード接続による給電を行っているようです。ソーラーパネルに固執するあまり、肝心なところで「電源不足」となっては、まさに本末転倒。これはやむを得ない部分でしょう。

もう1つ考えたい「バッテリー劣化の問題」

ソーラパネル式の弱点は、もう1つの欠点である「バッテリーの劣化」と言う部分にも依拠します。

ソーラパネルで得た電力は、内部の充電式のバッテリーに蓄電されるわけですが、この充電式電池も日々劣化するという事を忘れてはなりません。つまり、使えば使うほどにバッテリーの性能も劣化し、実質的な使用可能時間が短くなるというデメリットもあるでしょう。

結論として、常時稼働していなくてはならないレーダー探知機において、ソーラーパネルは、まだまだ十分な性能を有していないと見て取ることができます。購入するならば付属のコードの利用も想定して商品選択を行う方が無難です。

スポンサーリンク

レーダー探知機人気おすすめ商品TOP10

それではレーダー探知機の人気機種を順番にご紹介します。価格や性能はもちろん、大きさや使い勝手も考慮した、総合的な選択結果を考慮したランキングです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

セルスター レーダー探知機 AR-303GA 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 フルマップ OBDII対応

セルスター レーダー探知機 AR-303GA 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 フルマップ OBDII対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 16,401

セルスター製の高性能レーダー探知機です。50を超える通信衛星を使い、17バンドもの多彩な周波数に対応するという圧倒的なスペックを誇っています。警察無線などの電波を検知すると早急に知らせてくれるため、ネズミ捕り回避にはうってつけ。

多機能ハイスペック商品である本製品は、ドライブレコーダーとの連携通信も可能です。ドライブレコーダーが記録している情報を映像視覚化して表示するだけでなく、ドライブレコーダーの設定変更や車線逸脱情報を的確に教えてくれるんです。

また、スマートフォンを通じてGPS情報の更新を行うことで、常に最新の情報をキャッチすることも可能。道路情報はもちろん、ネズミ捕り多発地域や新型取締機設置ポイントなども常に最新の状態に維持することができますよ。

セルスター レーダー探知機 AR-303GA 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 フルマップ OBDII対応の口コミ評判

地図表示で分かりやすい。近くにパトカーがいるのが、かなりの確率で分かります。覆面はGPSを搭載していないのか、カーロケ表示しません。護送車含めて救急車など、GPS搭載の車は知らせてくれます。

音の広がりがスゴイです。GPS即位が早いです。画面が大きくなり、見やすくて、イイです。操作の仕方も前のとこ比べるとわかりやすいです。細かい設定は、これから徐々にしながら使いこなしたいです。

9位

コムテック レーダー探知機 ZERO 803V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携

コムテック レーダー探知機 ZERO 803V 無料データ更新 移動式オービス 小型オービス ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 24,980

高性能CPUを搭載することで、情報処理速度を高速化した実用的なレーダー探知機です。従来の機種で目立った通知遅れやフリーズ症状の改善が期待できます。

本製品は、見やすい位置にとりつけることができる設置型タイプである上に、4インチと大きなモニターサイズを持つため、視認性は抜群。本製品の看板機能である「モーションセンサー」により、手をかざすだけで画面処理等を行うこともできるんです。

また、製造元であるコムテックが提供するデータをダウンロードすることで、常に最新の規制情報をキャッチ。検問エリアやオービス情報はもちろん、従来は検知が困難と言われていた移動型オービスの情報も察知する能力を備えています。

おまけにデータ更新にかかる入会費や年会費は一切無料。完全無料で最新データを利用できる、とても優れた商品です。

コムテック レーダー探知機 ZERO 803V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携の口コミ評判

皆さんのレビューを参考にして購入して1週間になりますが、なかなかの優れものですね。
表示には、スピードと標高計を使って、取り付け位置は運転中見やすい様に右端に取りつけて居ます。

この度、初めてレーダー探知機を購入致しました。(803V)良い点はオービスやNシステムを教えてくれたり、過去の事故箇所を教えてくれます。また、中央分離帯挟んで対向車線のオービスが反応しないように出来ます。

8位

セルスター レーダー探知機 AR-383GA 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 無線LAN フルマップ OBDII対応

セルスター レーダー探知機 AR-383GA 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 無線LAN フルマップ OBDII対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 19,798

レーダー探知機の大手ブランド「セルスター」製の製品です。開発から生産まで全て自車で行っているため、メイドインジャパンとしてとても信頼できます。

本製品の最大の特徴は、その多様な対応バンド数と登録データ情報の膨大さです。実に17ものバンド数に対応しているため、多くの警察車両の電波情報をキャッチ。GPS機能により、注意すべき検問エリアやデータポイントを通知してくれます。

その上、ドライブレコーダーと連携接続することで、走行情報を視覚的にキャッチ。スカウター機能を搭載しているため、注意すべきオービスポイントなどを映像を介して通知してくれます。

また、本製品は無線LANを搭載しており、登録情報を自動で更新することが可能です。面倒な手動ダウンロードやパソコン経由する必要が無く、初期設定を済ませればあとは常に最新情報を維持できます。データ更新は無料で行えるため、気軽に使える点も大きいですよね。

セルスター レーダー探知機 AR-383GA 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 無線LAN フルマップ OBDII対応の口コミ評判

ラパンHE21Sにobd2で接続画面も綺麗で、カスタム待ち受けもカッコイイ!リモコンもなれれば、簡単につかいこなせます。無線LAN内蔵なので、家の駐車場にて、スマホ片手に、WIーFI接続で、更新簡単です。

初めてセルスターのレーダー探知機を購入しました。
無線LAN搭載で、スマホやモバイルWifiルーター等でデータが無料で更新出来るのが気に入っています。

7位

ユピテル レーダー探知機 ソーラータイプ コンパクト A1

ユピテル レーダー探知機 ソーラータイプ コンパクト A1

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,200

大手ブランド「ユピテル」が製造する音声通知型のレーダー探知機です。他の機種のように液晶画面が付属していないため、目立つレーダー探知機を好まない方に人気です。

本製品の最大の特徴は、なんといってもソーラータイプであること。天候が良い時は通電コードを接続せずに使用することができるため、とてもスマートに使いまわすことが可能です。

機能面も充実しています。ネズミ捕りで警戒すべきXバンドとKバンドをカバーしながら、通常の電波とステルスタイプの電波を分割して検出。それぞれ異なる通知音で教えてくれますから、早期警戒にとても役立ちます。

設定は付属のシガーソケットに接続用コードを差し込むだけという手軽さ。面倒な初期設定や複雑な操作を行う事なく、自動制御機能が行ってくれるんです。価格面もとてもお安く、人気モデルなのも納得ですね。

ユピテル レーダー探知機 ソーラータイプ コンパクト A1の口コミ評判

私のようにあまり長時間乗らない人なら、ソーラーのみで良いと思います。
使用者によってどの程度の日が当たるのかは違いますし、稼働時間との兼ね合いもあるため、有線供給するかどうかは各自の判断です。

他の方のレビューにもある通り予想以上にコンパクトで、仕事柄色々な車に乗りますが鞄にスッポリ収まり重宝しています。
まだレーダーに遭遇していませんが、間違いなく教えてくれる事を期待しています。

6位

【Amazon.co.jp 限定】ユピテル レーダー探知機 AM120 GPS/一体型/フルマップ表示/リモコン付属 小型オービス対応 レーダー波受信 GPSデータ13万6千件以上 OBDケーブル対応

【Amazon.co_.jp-限定】ユピテル-レーダー探知機-AM120-GPS-一体型-フルマップ表示-リモコン付属-小型オービス対応-レーダー波受信-GPSデータ13万6千件以上-OBDケーブル対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 17,800

商品名に記載されている通り、ユピテル製のレーダー探知機のアマゾン限定モデルです。基本的なスペックは同社モデルの「A120」をベースであるものの、付属の説明書(同社HPよりダウンロード)をカットした上に包装を簡易なものに変更したバーション。その代わりにコスト面でとても優遇されています。

機能的には人気商品である名機モデル「A120」がベースであるため、とても期待できます。基本的に必要とされるバンド帯は全て網羅していますし、GPS登録情報も13万件以上と膨大です。

その上、従来機種ではGPS登録により通知していたに過ぎない、小型オービスの電波検出も実現。GPSデータに登録されていない厄介なタイプのオービスにも対応することが可能です。更に新型道路交通規制「ゾーン30」のデータにも対応。様々な道路での活躍が期待できるでしょう。

【Amazon.co.jp 限定】ユピテル レーダー探知機 AM120 GPS/一体型/フルマップ表示/リモコン付属 小型オービス対応 レーダー波受信 GPSデータ13万6千件以上 OBDケーブル対応の口コミ評判

簡易梱包というだけで、この価格を実現しているのは凄いと思う。その差以上の割安感だ。
オリジナルモデルのA120は現在23000円前後で、オリジナルを購入する気が一切起きない。
品質が同じだとしたらお買い得だ。

最新のデータで5年前に購入した製品と比べて精度が上がっていました。載せ替えも簡単なので、仕事車ー自家用車両方に使っています。

5位

ユピテル フルマップレーダー探知機 W50 小型オービス受信対応 anniversaryモデル

ユピテル フルマップレーダー探知機 W50 小型オービス受信対応 anniversaryモデル

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 19,800

ユピテル創業50周年を記念したアニバーサリーモデルです。同社の最上位モデルをローエンド向けにカスタマイズしたダウングレード版といったところでしょうか。価格面で優れる一方で、多少機能が削除されています。

とは言え、性能面及び機能面では非常に優れたスペックを有している点に、違いはありません。従来では検知が困難だと言われていた小型オービスが発する電波も敏感にキャッチした上で、スムーズに音声通知を行ってくれます。また、GPS機能を有している為、データーベース上に登録されているオービス情報とも照合。電波とGPSのWアプローチを行うことで、より高い検出率を期待できるでしょう。

また、本機はハイエンドモデルをベースにした製品であるため、安価なGPSでは正確な即位が難しかった「高層ビル街や山間部」でも、より正確な自車走行位置を確認することができます。「ガリレオ」や「みちびき」と言った多くの通信衛星を利用して即位を行うため、精度的にはとても信頼できる水準です。

他にも、通信情報を利用したリアルタイム警報で検問中の要注意区画を通知してくれたり、自動ドアなどが原因で発生する誤検出を防ぐ「インテリジェントキャンセル」機能も搭載。多くの安物のレーダー探知機では味わえない、とても快適な使い心地を楽しめます。

ユピテル フルマップレーダー探知機 W50 小型オービス受信対応 anniversaryモデルの口コミ評判

コムテックからの買い替えです。使い勝手は良い方だと思います。コムテックは細かく教えてくれますが、ウザい時があります。車によりますが消費燃費教えてくれるし、ボイスは萌え系で教えてくれるから気にいってます。

良い❗️1キロぐらい手前で小型オービスの電波を受信しましたとアナウンス 小型オービス私も初めて見ました。
今までにないところに いきなりオービス⁉️
しかも法廷速度60キロの道に
小型オービス怖いー

4位

セルスター レーダー探知機 VA-820EZ 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 OBDII対応

【Amazon.co.jp限定】 セルスター レーダー探知機 VA-820EZ 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 OBDII対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 11,980

セルスターによる、アマゾン限定モデルのレーダー探知機です。セルフター製品は自社製造にこだわって作っているため、品質的な信頼感は最高峰だと言えるでしょう。3年保証である点も嬉しいポイントですね。

さて、このアマゾン限定モデルの特徴を一言で表現すると「ハイコストパフォーマンス」に尽きます。価格的には激安モデルであるにもかかわらず、主要5バンド受信やGPSと連動した検問及び取締情報は完備。その上、新交通基準である「ゾーン30」にも対応済みという優れもの。価格と機能面のバランスが取れた、非常に優れたモデルだと言えるでしょう。

また、本製品はハイエンドモデル同様の拡張機能も充実しています。トンネル内での測位に欠かせない「ODBⅡ」に対応した上で、GPS情報の更新サービスも無料で受け取ることができるんです。PCやスマホを介しての簡単アップグレードなので、大きな手間もかかりません。

アマゾンユーザー向けとも言うべき、とてもバランスの取れたスペックですね。

セルスター レーダー探知機 VA-820EZ 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 OBDII対応の口コミ評判

このレーダー探知機を付けたおかげで、ネズミ取りに引っかからず助かった❗️
かなり前から探知して知らせてくれた。
価格も性能も良い、同じセルスターの高額モデルは全くダメなので、此方の方がオススメだね。

平均速度、運転時間、最高速度、現在の速度、時計・・・いろいろなモードが表示できます。
カスタマイズ性が高いので、気に入った表示にできるのがGOODですね。

3位

ユピテル 最上位フルマップレーダー探知機 GWR303sd 小型オービス受信対応 GPS一体型

ユピテル 最上位フルマップレーダー探知機 GWR303sd 小型オービス受信対応 GPS一体型

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 24,525

商品名にあります通り、ユピテル発売のレーダー探知機の最上位モデル版です。価格は高めであるものの、全70もの衛星を駆使した通信情報は非常に精密で、多くの機能を搭載しています。

新機能も多数搭載しており、中でも「小型オービスの電波検知機能」を追加している点は非常に大きいと言えるでしょう。小型オービスの発する電波を検出することは、従来の技術では難しいと言われていた部分。現行モデルでも対応した機種はごく少数です。

その点、GPS内臓モデルである本機は、電波検出機能と同時にGPSでの位置情報とリンクした検出を平行処理することで、より正確な情報を導き出します。オービス検知によるスピード違反を避けたい方は、是非とも購入することをオススメします。

また、本機は「インテリジェントキャンセル機能」を搭載することで、従来のレーダー探知機の問題点であった「誤検出によるストレス」の軽減にも成功しています。「レーダー探知機を買ったけど、ピーピーなり続けてうるさい!」と言う方は、是非こちらの商品を利用して見て下さい。その快適な使用感は、一度使ったら手放せなくなるほどです。

ユピテル 最上位フルマップレーダー探知機 GWR303sd 小型オービス受信対応 GPS一体型の口コミ評判

とても高性能です。
皆さんが評価されていた通りでした。
先日、新名神や新東名でも使用しましたが、的確に反応してくれました。

今迄使っていたセルスターのレーダーより反応が良く、レーダーパトが良く居るところも教えてくれて助かります。
ただ、高速の追い越しで昔の速度超過音が出るのは笑いました。(ただ音は消せますが〕

2位

コムテック レーダー探知機 ZERO 100L 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS 薄型

コムテック レーダー探知機 ZERO 100L 無料データ更新 移動式オービス 小型オービス ゾーン30対応 OBD2接続 GPS 薄型

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 10,800

他の製品のようにモニター画面を搭載せず、音声通知のコンパクトなモデルのレーダー探知機です。超薄型モデルで厚さはわずか14mm。車内美観を損ねることなく利用することができます。

全体的にスリムさが目立つ本機ですが、性能面も秀逸です。バンド帯域やGPS測位は大変優れており、ネズミ捕りや各種検問で使われる電波を効果的に収集。準天頂衛星の「みちびき」を利用したGPS測位により、付近のオービス情報を正確に教えてくれます。

また、キャッチしたオービス情報は距離ごとに4段階の通知音で連絡。最大2㎞離れた位置からの通知を受けることができるため、対策準備もばっちりです。新交通規則のゾーン30にも対応しているため、心強いドライビングパートナーとして活躍するでしょう。

コムテック レーダー探知機 ZERO 100L 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS 薄型の口コミ評判

皆さんが書かれていますが、非常に小さくて目立たず、ダッシュボード上がごちゃごちゃせず良いです。
ちょっとアナウンスが多く、うるさく感じる事もありますが、安全運転につながると考えればOKかな⁉と。

ちょっとボタン操作がわかり難いですが、普段は触れないので問題ありません。
まだ固定オービスしか見つけてくれていませんが、たまに無線傍受もしてくれます。

1位

コムテック レーダー探知機 ZERO 602V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能

コムテック レーダー探知機 ZERO 602V 無料データ更新 移動式オービス 小型オービス ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 12,980

スマートで機能美溢れるウィンドウ画面が特徴の、コムテックの人気モデルです。警察無線を含めたバンド数のカバーはもちろん、GPSデータをベースにした新交通規則「ゾーン30」への対応や小型オービスの検知機能も搭載しています。

また、本機はレーダー検知機能のみならず、ランアバウトエリアの通知機能や進行方向の注意喚起等、安全運転を促す機能も搭載。準天頂衛星の「みちびき」を利用した位置情報の測位機能により、搭乗者のドライブを徹底サポートしてくれます。

設定や操作は付属のリモコンを使って行うことができるため、直接画面にタッチする必要はありません。最新データの無料更新に対応したモデルですから、常に最新の情報を収集できる点も、大きなメリットとして挙げられます。

高級機と変わらないスペックを有しながらもコストに優れたモデルとして人気を博しており、初心者はもちろんレーダー探知機の利用経験者まで、幅広い方にオススメできるアイテムです。

コムテック レーダー探知機 ZERO 602V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能の口コミ評判

彼氏の新車納車記念に
プレゼントしました。
設定も簡単だったみたいで受信も
しっかりしてくれます。
オービスなど
ちゃんと反応してくれました!

N-BOXのサンバイザーに取り付けましたがGPSもしっかり受信できてます。
配線もピラーを外すことなく綺麗に隠せました。
コストバリュー高過ぎでいい買い物できました(^з^)-☆

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

レーダー探知機の効果的な使い方

レーダー探知機をより便利に使うためには、いくつかのコツを理解することが重要です。
順を追ってご紹介しますので、一緒に確認していきましょう。

前方に車がいない時は要注意

常に電波を発信しているネズミ捕りばかりなら良いのですが、残念ながら最近のネズミ捕りは「ステルスタイプ」のものが多いのも特徴です。ステルスタイプのネズミ捕りは従来型のように常時電波を放っておらず、車両が通過した時点ではじめて電波を照射します。

そのため、レーダー探知機が検知した時には時すでに遅し。「速度測定がバッチリ記録に残っている!」なんてことも珍しくありません。レーダー探知機でこのようなケースを正確に回避するのは困難です。

ところが、前方に車が走っているときは話は別。同じような速度で走行している場合、先頭車両をまずは先頭車両が調査の対象となります。そのため、前方車両がいる状態で探知機が反応した場合、それは警察のネズミ捕りかもしれません。

GPS機能で情報収集!

前項で取り上げたステルスタイプのネズミ捕り。探知機能だけでは検知するのが困難だと述べました。ですが、リアルタイムGPSを搭載した機種となると話は別で、優れた性能を示すんです。

と言うのも、GPSを搭載した機種は通信衛星とのリンク機能を備えており、過去の検問履歴や最近頻出しているネズミ捕りスポットをリアルタイムで通知、警告してくれます。そのため、ドライバーはこれらのデータベースに基づいた対策を、事前に打つことが可能です。

更に、品質の良いものだとWi-fiを使って自動更新を行ってくれるので、更新忘れもありません。最近のレーダー探知機は「電波キャッチ+GPS情報」の2つのアプローチ方法を併用するのが有効だと言えるでしょう。お互いの弱点を補完しあって、優れた検出率を示します。

まとめ

安全運転に欠かせない、レーダー探知機をご紹介しました。いずれも非常に優れた機種ばかりですから、迷った方はランキングの商品から選ぶと安心です。

繰り返しになりますが、最近のネズミ捕りはステルスタイプも増えています。可能であれば本来の探知機能にGPS機能を加えたものが望ましく、維持コストまで検討すると更新料などもチェックしていきたいところではないでしょうか。

1度でもネズミ捕りに引っかかると、ゴールド免許は遠のきます。また、罰金も高額になりがちで、たった1度の違反でレーダー探知機が買えちゃうこともしばしば。

コストパフォーマンスを考えると、非常に優れた商品だと言えるのではないでしょうか。お車を運転中の方は、是非とも購入して安全運転を心がけてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.