1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティースキンケアビタミンC美容液おすすめ比較ランキング!人気のオバジや高濃度は?

2018/06/07更新

ビタミンC美容液おすすめ比較ランキング!人気のオバジや高濃度は?【2018年】

スキンケア

お肌の悩みは人それぞれですが、さまざまな肌トラブルにアプローチできる成分のひとつがビタミンCです。

ビタミンCは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、お肌に弾力・ハリを与えるコラーゲンの生成をサポートするなど女性にうれしい効果が期待できるため、数多くのビタミンC美容液が登場しています。

そこで今回は、ビタミンC美容液の選び方のポイントや人気商品の特徴などについて詳しく説明していきます。ビタミンC美容液には色々な種類があるので、ご紹介する検討ポイントをチェックして自分にぴったりの一品を見つける参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ビタミンC美容液の選び方

内容成分を読む女性

ビタミンC美容液はどのようなポイントを意識して選べば良いのでしょうか。ここでは、購入前に最低限確認しておきたい基本的な検討ポイントをご紹介するので、ひとつずつチェックしていきましょう。

「ピュアビタミンC」か「ビタミンC誘導体」か

ビタミンC誘導体に含まれるビタミンCには、ピュアビタミンCとビタミンC誘導体という2種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、特徴を確認しておきましょう。

高濃度で即効性のある「ピュアビタミンC」

ピュアビタミンCはアスコルビン酸という成分で、純粋なビタミンCそのものです。ビタミンCの濃度が高く、即効性があるところが最大の魅力ですが、お肌に付けても浸透しないので効果を発揮できないという難点がありました。

しかしながら、技術の発達により最近ではピュアビタミンCを肌の内側に浸透させられる美容液も登場しています。価格は高めですが、高濃度で即効性を求める方におすすめです。

壊れにくく使いやすい「ビタミンC誘導体」

ビタミンCを肌の奥に届けられるよう開発されたのがビタミンC誘導体です。ピュアビタミンの構造を少し変えたもので、お肌への浸透をサポートする誘導体の作用でビタミンCが壊れにくく、安定した状態で届きます。

ピュアビタミンCと比べると即効性はなく濃度も低いですが、リーズナブルな価格の商品も多いので、毎日のスキンケアに気軽に取り入れやすいでしょう。

ビタミンC誘導体は3種類ある

ビタミンC誘導体は以下のような3タイプに分けられます。

  • 水溶性
  • 脂溶性
  • 水溶性+脂溶性(両親媒性)

水溶性のビタミンC誘導体は角質層にスムーズに浸透しやすいですが、壊れやすい性質があり、脂溶性は浸透するのに時間がかかります。両方の性質をあわせ持つ両親媒性のあるタイプは「APPS」と呼ばれ、肌になじみやすく浸透力・即効性があり、水溶性より効果を発揮しやすいと言われています。

同じビタミンC誘導体でも、タイプによって性質が異なるので、どのタイプが使われているかも確認することをおすすめします。

ビタミンC以外の成分もチェックしよう

ビタミンCに特化した美容液もありますが、それ以外の成分を配合してプラスαの機能を持たせている商品も多いです。

相乗効果が期待できるビタミンE誘導体

ビタミンCと似たような働きをする成分のひとつ「ビタミンE誘導体」を一緒に配合した美容液は、抗酸化作用に優れています。炎症を抑えて血行を促進する効果も期待できるので、ニキビケアやくすみ対策におすすめです。

うるおい・ハリを与える成分

ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートしますが、さらにヒアルロン酸やセラミドといった保湿・弾力アップに作用する成分が配合されていると心強いでしょう。

添加物の有無は?

お肌が乾燥しやすく刺激を感じやすいデリケートな肌質の方は、パラベンや香料、アルコール、鉱物油といったお肌への影響が気になる成分の有無もチェックしましょう。

好きな使い心地かどうか

ビタミンC美容液は、さらっとしたテクスチャーのものもあれば、オイリーな使い心地のものもあります。好みの使用感でないと毎日使うのが苦痛になってしまうので、どのような使い心地かユーザーの口コミ情報などを参考にしましょう。

スポンサーリンク

ビタミンC美容液人気おすすめ商品TOP10

では、実際にどのようなビタミンC美容液が支持されているのか、売れ筋10商品の特徴をチェックしていきましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ロート製薬 オバジC20セラム 15ml [134519]

ロート製薬 オバジC20セラム 15ml [134519]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,800

内側からなめらかに整うオバジブランドのビタミンC美容液です。肌のキメを整えてうるおいを与える水溶性ビタミンCと、保湿効果に優れた油溶性ビタミンEを配合したオバジ独自の高浸透処方が特長です。

保湿効果を高めるため、ツボクサエキスやアーチチョーク葉エキスをブレンド。防腐剤フリー・オイルフリーです。15mlと容量は少ないですが、少量でも使い続けることで毛穴やニキビ跡の対策に役立つと評判です。

9位

C20 オリジナルピュアビタミンC20美容液 – 30ml, OST Original Pure Vitamin C20 Serum [並行輸入品]

C20 オリジナルピュアビタミンC20美容液 - 30ml, OST Original Pure Vitamin C20 Serum [並行輸入品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,480

高濃縮の20%純粋ビタミンCを配合した美容液です。ビタミンC誘導体ではなくピュアビタミンが使われているので、たるんだ肌にもちもちとした弾力をプラスし、お肌のキメを整える効果をアップさせてくれます。

古い角質や毛穴の黒ずみを改善することによって、お肌がワントーン明るくなり、健康的な艶やかさをキープできるでしょう。紫外線によるダメージを軽減させる効果も期待できます。容量は30mlです。

8位

ドクターシーラボ スーパー100シリーズ ビタミンC 高濃度美容液 10ml 原液化粧品

ドクターシーラボ スーパー100シリーズ ビタミンC 高濃度美容液 10ml 原液化粧品

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,052

気になる毛穴を引き締めて、透明感のある美肌に近づけるドクターシーラボのビタミンC美容液です。油溶性ビタミンC誘導体が10%配合されていて、皮膚にしっかりと浸透します。肌なじみの良いオリーブオイルもブレンドされています。

10mlと少量ですが、とろみがあり伸びも良いのでほんの数滴でも顔全体になじませることができます。本品をそのまま使うと量の調整が難しいので、別売りのスポイトを使いましょう。

7位

薬用VCエッセンス(N)25ml

薬用VCエッセンス(N)25ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 700

医薬部外品のビタミンC美容液です。シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えて、くすみのない透明感あふれるお肌に近づけます。余分な皮脂の分泌を抑え、毛穴の引き締め効果も期待できるため、ニキビ予防やニキビ跡のケアにも良いでしょう。

さらっと伸びるベタつきのないテクスチャーなので、ほんの数滴で顔全体になじませることができます。内容量は25mlでスポイト付き。比較的リーズナブルな価格なのでコスパの良さも人気のポイントです。

6位

チューンメーカーズ VC-3 ビタミンC誘導体配合エッセンス 10ml 原液美容液 [くすみ・毛穴ケア]

チューンメーカーズ VC-3 ビタミンC誘導体配合エッセンス 10ml 原液美容液 [くすみ・毛穴ケア]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,620

高濃度・高品質の原液シリーズとして人気の「チューンメーカーズ」のビタミンC美容液です。整肌成分ビタミンC誘導体を3%配合しています。壊れやすいビタミンCをレシチンでカプセル状に包み込むことで鮮度をキープ。

安定した状態で角質層に浸透するため、気になる部分に塗布すれば毛穴の黒ずみやくすみ、ざらつきといった肌悩みを集中的にケアできます。内容量10mlでビタミンC美容液の入門編としておすすめです。

5位

そのまま! ビタミンC誘導体 20ml

そのまま! ビタミンC誘導体 20ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,296

お肌のくすみにアプローチして、ワントーン明るく透明感のある素肌へ近づけるビタミンC美容液です。ビタミンC誘導体がお肌の酸化を防ぎ、コラーゲンの生成を促進するのでアンチエイジングに役立ちます。

パラベンや香料、着色料、鉱物油などお肌への影響が気になる成分が配合されていないところもうれしいポイント。スポイト付きの容器なので適量を出しやすいです。内容量は20ml。

4位

ビーグレン Cセラム 15ml 美容液

ビーグレン Cセラム 15ml 美容液

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,790

超微小カプセルに包まれたピュアビタミンCが、さまざまな肌悩みに対応する美容液です。ビタミンCが高濃度に配合されているため、皮脂バランスを整えながら肌の内側から透明感を引き出します。

ビタミンCはデリケートな成分ですが、ビーグレン独自の浸透技術「QuSome(キューソーム)」で包み込むことで安定した状態で角質に届けることに成功しています。また、肌に付けるとほのかな温感があり、じんわりと角質の奥に浸透。肌に吸い付くようになじむ、さらっとした使用感も人気のポイントです。

3位

オバジ C10 セラム 12ml

オバジ C10 セラム 12ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,869

ビタミンC(アスコルビン酸)とビタミンE(トコフェロール)を配合したオバジの美容液です。角質にうるおいを与えながらキメを整えるので、お肌のざらつきや毛穴の黒ずみの改善に役立ちます。

壊れやすいと言われるビタミンCを、独自処方により安定した浸透させることに成功。シグナルロックコンプレックス配合で、さらなる透明感をプラスします。グレープフルーツエキスのさわやかな香り。容量は12mlで1回あたり3〜4滴が使用量の目安です。

2位

ドクターシーラボ スーパーホワイト377VC(ブイシー) 高浸透ビタミンC 美容液 18g

ドクターシーラボ スーパーホワイト377VC(ブイシー) 高浸透ビタミンC 美容液 18g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,415

整肌成分WHITE377と高浸透型ビタミンC誘導体(生ビタミンC)を配合したドクラーシーラボの美容液です。オリゴペプチドやオウゴン根エキスなど5種類のセンサーコントロール成分をブレンドし、お肌にツヤとハリを与えます。

香料や合成着色料、鉱物油は無配合。パラベンフリー、アルコールフリーでアレルギーテスト済みなので、デリケートな肌質の方でも使いやすいでしょう。容量は18gで、使いやすいプッシュ式容器となっています。

1位

メラノCC 薬用しみ 集中対策 美容液 20mL 【医薬部外品】

メラノCC 薬用しみ 集中対策 美容液 20mL 【医薬部外品】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,280

美白有効成分「活性型ビタミンC」を配合したロート製薬の美容液です。薬用効果が期待できる医薬部外品。活性型ビタミンCに加え、血行促進作用のあるビタミンE誘導体が配合されていて、2種類のビタミンがお肌にダイレクトにアプローチします。

殺菌成分や抗炎症成分も配合されているため、ニキビ跡のケアやニキビ予防にも役立ちます。お肌にみずみずしさを与えるうるおい成分アルピニアホワイトも含有。容量は20mlで1回4〜5滴が適量です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ビタミンC美容液の効果的な使い方

鏡でチェックする女性

最後に、ビタミンC美容液を効果的に使うコツをご紹介していきます。せっかく自分に合う商品を購入しても、使い方が適切でなければ意味がありませんので、基本ポイントを含めて使い方をチェックしておきましょう。

ビタミンC美容液を使うタイミング

ビタミンC美容液は、洗顔をして化粧水を付けた後に使うのが基本です。商品によっては化粧水の前に使うものもあるかもしれませんが、美容液を肌の内側までしっかり届けるには、メイクや皮脂汚れを落とし、水分補給をして整えてからでないと効果が薄れてしまいます。

必ず乳液やクリームで保護しよう

美容液を付けた後は乳液やクリームで油分を補い保護します。栄養たっぷりの美容液を付けると乳液やクリームは付けなくて良いと思う方もいるようですが、美容液に含まれる保湿成分だけだと時間の経過と共に肌の水分はどんどん失われてしまいます。

手抜きをすると、お肌の乾燥を促進させて本末転倒になるので、美容液の後は必ず乳液やクリームを塗りましょう。なお、油分の多い乳液やクリームの後に付けると、美容液をはじいてしまい肌に浸透しないので、適切な順番で使いましょう。

やさしいハンドプレスで浸透力アップ

ビタミンC美容液の効果を高めるには、手でやさしく顔を覆うようにして付けるハンドプレスという方法が良いと言われています。

手のひらの熱と圧力を利用する

スキンケア方法のひとつとしてお肌を軽くたたくように付けるパッティングという方法もありますが、ややとろみのある美容液の場合は、手のひらの熱と圧力を利用することで、より効果的に浸透させることができます。

1分くらいかけて、手の位置を変えながらハンドプレスをすれば、皮膚の血行が促進されて成分がいきわたりやすくなりますよ。

「内から外へ、下から上へ」を意識する

ビタミンC美容液を適量とり、おでこや頬、あごなど各パーツに乗せたら、内から外へ、下から上へとなじませていきましょう。

このとき、成分を塗り込みたいからといってゴシゴシこするのは逆効果。皮膚に摩擦をかけるとメラニンが蓄積しやすくなったり、真皮にダメージを与えてたるみを促進させてしまうこともあるので注意しましょう。

顔全体になじませるときはやさしくなでるように広げ、仕上げにハンドプレスをするのがおすすめです。

特に気になる部分は重ね付け

シミができている部分や毛穴が目立つ小鼻など、特に気になる部分はビタミンC誘導体を重ね付けすると良いですよ。この場合も指でグリグリ塗り込んだりせず、トントンとやさしく塗ればOKです。

なるべく毎日使い続けることが大切

ビタミンC美容液は効果が表れるまで時間がかかることが多いです。お肌にはターンオーバーという生まれ変わりのサイクルがあるので、大切な日の前日にだけ大量に使うよりも、少量でも毎日使い続ける方が改善効果が期待できます。

すぐに効果が出ないと使うのが嫌になるかもしれませんが、美容液を購入したら1〜2ヶ月毎日使うようにしましょう。

保管場所にも気をつけよう

ビタミンC美容液は、温度が急激に変化するような場所に保管するのはNGです。不適切な場所に保管すると中身の劣化を早めたり、テクスチャーが変わってしまったりすることがあるので、商品のパッケージに記載されている保管方法に従いましょう。

また、ビタミンCは紫外線に弱い性質があるので、直射日光が当たらない場所を選ぶことも効果を維持するポイントです。

まとめ

ここまで、ビタミンC美容液の選び方のポイントや人気商品の特徴などについてご紹介してきました。参考になる情報や気になる商品はありましたか?

ビタミンC美容液を選ぶときは、配合されているビタミンCがピュアビタミンCなのかビタミンC誘導体なのかを確認しましょう。ビタミンC美容液を使うのが初めての方は、比較的安価でポピュラーなビタミンC誘導体を使用した商品がおすすめです。即効性を重視するならピュアビタミンが良いでしょう。

ビタミンCの他にも、ビタミンEやヒアルロン酸など美肌をサポートする成分が配合されている商品も多いので、お肌の悩みに応じて選べば一石二鳥です。敏感肌の方は、添加物が配合されていないシンプルな処方の商品がおすすめです。

適切なビタミンC美容液を使い続ければ、お肌のくすみや毛穴の開きなどが改善されて透明感とハリのある元気肌に近づけます。今回ご紹介した情報を参考にしながら、ベストな一品を選んでくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->