1. グッディ∞
  2. 家電ワイヤレスマウスおすすめ比較ランキング!持ち運びにも人気なのは?

2018/02/15更新

ワイヤレスマウスおすすめ比較ランキング!持ち運びにも人気なのは?【2018年】

キーボードとマウス

わずらわしいケーブルから解放され、使い勝手が抜群に良い「ワイヤレスマウス」。一度使えば有線のマウスには戻れないと言われています。

しかし接続方式や読み取り方式など、同じワイヤレスマウスでも種類がたくさんあって、どのような基準で選べばよいのかわからない方も多いですよね。

そこで本ページでは、ワイヤレスマウスの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ワイヤレスマウスの選び方

PCに向かう男性

まずはワイヤレスマウスの選び方についてご説明いたします。ワイヤレスマウスを選ぶ際のポイントはたくさんありますので、順番にみていきましょう。

接続方式で選ぶ

ワイヤレスマウスの接続方式には「Bluetooth」と「2.4GHz」の2種類あります。それぞれメリット・デメリットがありますので順番にみていきましょう。

Bluetooth

Bluetoothは多くのパソコンやタブレット、スマートフォンに標準搭載されている近距離無線通信規格で、機器同士をペアリングすることで接続できます。

メリットはBluetoothが標準装備されている機器であればレシーバーが無くても接続できるという点と、持ち運びに便利であるという点です。

一方で、Bluetoothが標準装備されていないパソコン(デスクトップなど)を使っている場合、別売りのBluetoothアダプタを買う必要があるというデメリットもあります。また、2.4GHzと比べて商品のバリエーションが少なく高価であるという点や、人によってはペアリングが面倒に感じるという点もデメリットです。

2.4GHz

2.4GHzはUSB接続のレシーバーをパソコンに挿して無線通信を行う接続方式で、2.4GHz帯の周波数を採用しています。

2.4GHzはBluetoothと比べて商品のバリエーションが多く、価格が安いという点や、レシーバーをUSBポートに挿せばペアリングをせずともすぐに使えるという点がメリットです。一方で、USBポートが無い機器には接続できないという点や、USBポートが1つ塞がってしまうという点がデメリットです。

充電式か乾電池式かで選ぶ

ワイヤレスマウスは充電式と乾電池式の2種類あります。充電式はコストがかからないというメリットがありますが、充電が切れたときに再充電しなければ使えないというデメリットもあります。

一方で乾電池式はコストがかかるものの、電池を買い置きしていれば電池が切れても交換してすぐに使うことができるというメリットがあります。一般的に単3電池または単4電池を使います。

メリットとデメリットを比較してお好きなほうを選びましょう。

読み取り方式で選ぶ

ワイヤレスマウスには大きく分けてレーザー、Blue LED、IR LED、光学式の4種類の読み取り方式があります。それぞれ読み取り精度などに違いがありますので順番にみていきましょう。

レーザー

レーザー光を使用した読み取り方式で、光学式では思うように動作しない光沢面でも使うことができます。読み取り精度が高くさまざまな面で使えるので便利です。

Blue LED

青色LEDを使用した読み取り方式で、レーザーと同様、読み取り精度が高くさまざまな面で使えます。青色に発光しているのが特徴です。場所にとらわれず快適にワイヤレスマウスを使いたい方におすすめの読み取り方式です。

IR LED

赤外線LEDを使用した読み取り方式で、他と比べて消費電力が低いのが特徴です。レーザーやBlue LEDと比べると読み取り精度は劣り、光沢面などで使いにくいというデメリットはありますが、電池のコストを抑えたいという方におすすめの読み取り方式です。

光学式

赤色のLEDを使用した読み取り方式で、値段が安いのが特徴です。光沢面や白い面など、特殊な面での使用には向いていないので、マウスパットの上で使うことをおすすめします。

解像度で選ぶ

指さす男性

ワイヤレスマウスにおける解像度とは、マウスが1インチ移動したときにどれだけマウスポインタが移動するかという度合いのことで、単位は「dpi」で表します。

一般的には800~1,600dpiくらいがちょうどよいと言われていますが、FPSなどのゲームに使う方は高解像度のワイヤレスマウスを選ぶとよいでしょう。

付加的な機能で選ぶ

ワイヤレスマウスの中には、左右のボタンとホイールに加えて別のボタンや機能が付いているものもあります。以下にその例を挙げるので、ワイヤレスマウスを選ぶ際の参考にしてみてください。

ブラウザの「戻る」、「進む」ボタン

ブラウザの「戻る」、「進む」の操作はブラウザ上部のボタンの他、キーボードでも行うことができますが、マウスでもできれば便利ですよね。

また、このようなボタンはショートカットを割り当てることもできるので、よく使う機能やよくアクセスするページを割り当てたい方は、なるべくボタン数が多いワイヤレスマウスを選ぶとよいでしょう。これらのボタンはマウスを右手で持ったときに親指が当たる部分に付いていることが多いです。

dpiの切り替えボタン

dpiの切り替えボタンが付いていればボタン1つでマウスの解像度を変えられて便利です。何段階切り替えられるかも商品によって異なるので参考にしてみてくださいね。一般的にdpiの切り替えボタンはマウスホイールの下に付いていることが多いです。

チルトホイール

基本的にマウスホイールは縦に回すことでページを縦スクロールしますが、このホイールを横に倒すことができるマウスも存在します。この横に倒すことができるホイールは「チルトホイール」と呼ばれ、チルトホイールを横に倒すことでページを横スクロールすることができます。表計算ソフトなどで横スクロールを使う機会が多い方におすすめの機能です。

レシーバーの収納スペース

2.4GHzのワイヤレスマウスを持ち運ぶ場合、USB接続のレシーバーも一緒に持ち運ばなければなりませんが、レシーバーはとても小さいので、紛失してしまう可能性があります。ワイヤレスマウスを持ち運ぶ機会が多い方は、マウス本体にレシーバーを収納するスペースがあれば紛失する可能性が減るので便利です。

静音性で選ぶ

マウスのクリック音が気になることってありますよね。自分は気にならなくても、周囲に人がいる場所でマウスを使う場合はクリック音にも気を使ったほうがスマートです。ワイヤレスマウスの中にはこのクリック音を軽減し、静音性に優れたものもあるので選ぶ際の参考にしてみてください。

持ちやすさで選ぶ

特に手の小さい女性の方や左利きの方などは、持ちやすさも重視してワイヤレスマウスを選んでみてください。サイズが小さくて持ちやすいものや、左右どちらの手にもフィットするような商品もありますよ。

スポンサーリンク

ワイヤレスマウス人気おすすめ商品TOP10

次にネット通販で購入できる人気のワイヤレスマウスを、ランキング形式でご紹介いたします。口コミなどを参考にしつつ、自分に合ったワイヤレスマウスを探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ホワイト BSMLW09SWH

iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ホワイト BSMLW09SWH

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

「iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ホワイト」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。最大10m離れていても操作できる高性能な2.4GHz帯と高感度レーザー式センサーによって、距離や場所を気にせずストレスフリーな使い方ができます。

また、dpi切り替えボタンが裏面に付いており、マウスポインタが動くスピードを切り替えることができます。

約55mm×92mmのコンパクトな本体サイズに加え、レシーバーを裏面に収納できるので、ノートパソコンと一緒に持ち運ぶ機会が多い方におすすめのワイヤレスマウスです。コンパクトなので女性の方にもおすすめですよ。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】レーザー
【その他の機能】dpi切り替えボタン、レシーバー収納

iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ホワイト BSMLW09SWHの口コミ評判

操作性に特に問題なく、手になじむ形でクリックしやすいです。
値段に対してこの性能なら文句なし。
電源も、単三電池一個なので入手しやすいし楽です。

手にすっぽり、丁度いい大きさでおさまるマウスです。
反応は鋭にして敏。それまで使っていた光学式有線マウスとの差にびっくりしてます。
なによりコスパ最高!買って損は無いよ。

9位

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ブラック M505BK

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ブラック M505BK

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,980

「LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ブラック」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。
ロジクール独自のUnifyingレシーバーを採用しており、Unifyingに対応したマウスやキーボードであれば同じUnifyingレシーバーに最大6台まで同時接続することができます。

ホイールの下のほうに付いているステータスインジケーターは電源がオンになると緑色に点灯し、電池残量が残りわずかになると赤く点滅します。チルトホイールを搭載しているので横スクロールが可能ですし、レシーバーの収納スペースがあるので持ち運びにも便利です。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】レーザー
【その他の機能】チルトホイール、レシーバー収納、5ボタン

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ブラック M505BKの口コミ評判

実際に使ってみると引っ張るコードのない分、机の上がすっきりします。クリックの感触もほどよいです。マウスの背中を開けると電池とレシーバーの収納スペースがありますので、持ち運びにも便利です。

三年前に購入してから、職場や出張先で使用しつづけましたが、壊れることもなく今日に至っています。
電池交換もエネループを使っているのですが、三回だけ充電しただけなので、そうとうタフだと思います。

8位

Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/A

Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/A

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,800

「Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/A」はBluetoothタイプのワイヤレスマウスです。

この商品が他のワイヤレスマウスと異なるのは、スクロールボールを搭載しているという点です。このスクロールボールは上下・左右・斜めの360度スクロールを実現しています。

このスクロールボールにより、フルサイズの大きな画像を自由に見渡したり、表計算ソフトなどの縦横に長い大きなデータを快適に移動したりすることができます。

接続方式がBluetoothで単3電池が1本または2本で動くので携帯性が非常に優れています。Appleならではの洗練されたデザインも魅力的ですね。

【接続方式】Bluetooth
【電源】乾電池式
【読み取り方式】レーザー
【その他の機能】スクロールボール

Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/Aの口コミ評判

USB接続のMighty Mouseを使ってきましたが、Mac Book Proを買ったのを機会にワイヤレス版を試してみることにしました。マウスポジショニングの精度も高いし、電池も思ったよりずっと長くもちます。操作感も従来どおりで問題なし。

一番のこのマウスの良いところは、PCのマウスによくあるホイールではないところです。
球形の小さなポインティングデバイスが全方向に回ります。
自分がターゲットにしている場所へ素早く移動できます。

7位

iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ブラック BSMLW09SBK

iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ブラック BSMLW09SBK<

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

「iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ブラック」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。電源は乾電池式で単3電池を1本使いますが、電池の残量が少なくなるとホイールの下部にある「電池残量確認LED」が点灯して知らせてくれます。

また、底面のボタンを押すことで1600dpiと800dpiを切り替えることができます。Sサイズマウスなので手の小さな女性にもおすすめの商品です。レシーバーを本体に収納できるので持ち運びにもとても便利ですね。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】レーザー
【その他の機能】dpi切り替えボタン、レシーバー収納

iBUFFALO レーザー式無線マウス 2.4GHz ブラック BSMLW09SBKの口コミ評判

手が小さい私には、他のマウスは大きくて、どれも使いづらかった。最近、デスクの上が整理しても、ごちゃごちゃして落ち着いてない。このマウスはそんなストレスを解消してくれました。デザインもスポーツカーみたいだし、安いし!これはお勧め!

仕事で国内外に持ち運ぶノートパソコン用に買った。大きさ、レスポンス、デザインについては、少し小ぶりなところが持ち運び用に最適。レスポンス、デザイン共に申し分なし。

6位

マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 6000 ピアノ ブラック MHC-00011

マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 6000 ピアノ ブラック MHC-00011

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 13,000

「マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 6000 ピアノ ブラック」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。

読み取り方式がBlue LEDなので、とても高い読み取り精度を実現し、さまざまな面の上で安定した操作をすることができます。電源は乾電池式で、単3アルカリ電池1本の使用で約10か月使い続けることができます。

また、電池の残りが少なくなるとバッテリーステータスインジケーターが点灯して知らせてくれるので安心ですね。レシーバーは本体に収納することができるので持ち運びにも便利ですよ。

人間工学の専門家によってデザインされており、左右どちらの手にもフィットするようになっているので、右利きの方だけでなく左利きの方にも自信を持っておすすめできるワイヤレスマウスです。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】Blue LED(BlueTrack)
【その他の機能】チルトホイール、レシーバー収納、5ボタン

マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 6000 ピアノ ブラック MHC-00011の口コミ評判

小さな手、デザイン作業で膨大にクリックします。小さめマウスより小さく、指をぴったり掛けてもアングル自由で当たるカドのない丸さ、その状態でチカラの要らない軽いクリックと細かな操作がしやすいスムースなホイールによる低負荷が魅力です。

本体の両サイドにボタンが付いていますので、HPを閲覧する際にも大変便利です。付属する無線用のレシーバーは非常に小さく出来ていて、全くと言って良いほど場所を取りませんでした。

5位

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ライトシルバー M505LS

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ライトシルバー M505LS

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,980

「LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ライトシルバー」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。読み取り方式がレーザーなので、場所を選ばず高い読み取り精度を保ってくれます。

電源は乾電池式で単3電池を2本使いますが、電池の交換をせずに最大で15か月も使い続けることができますよ。

Unifyingテクノロジーを搭載しており、超小型レシーバー1つに対して本商品の他にもキーボードなど対応した製品を接続することができます。USBポートが1つあればよいので便利ですよね。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】レーザー
【その他の機能】チルトホイール、レシーバー収納、5ボタン

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M505 ライトシルバー M505LSの口コミ評判

コードがないのでテーブルが大変すっきりしましたし、出先などでスペースが狭い時、タッチパッドでやるよりむしろ自分の太ももでマウス操作をしたほうが、正確かつ高速に操作できるくらい、快適なマウスです。

初めてコードレスタイプを購入しました。
こんなに使いやすいとは知りませんでした。カーソルの位置の狂いもなく確実です。
電池の消耗も少ない省エネです。おまけにコンパクトで手になじみます。

4位

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス MicroGearスクロールホイール搭載 MX-1100

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス MicroGearスクロールホイール搭載 MX-1100

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 14,480

「LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス MicroGearスクロールホイール搭載 MX-1100」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。

dpiの切り替えボタンが付いているので、ボタン1つで好みの解像度に変えることができます。また、チルトホイールを搭載しており、ホイールを横に倒すことでページを横スクロールすることができます。ボタンが合計で9つもあるので、さまざまなショートカットなどを割り当てることができますね。

電源は乾電池式で単3電池を2本使いますが、非常に多機能なワイヤレスマウスなので、パソコンでさまざまな作業をする方におすすめです。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】レーザー
【その他の機能】チルトホイール、dpi切り替えボタン、9ボタン

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス MicroGearスクロールホイール搭載 MX-1100の口コミ評判

1、多機能で使い勝手がいい
2、微妙なマウス操作が楽
3、横スクロールは便利
4、ボタンの割り当てやソフト起動ができる
5、コードレスなので操作が楽で置く場所を選ばない

左右スクロール、フリースクロール切り替え、進む、戻る、そして何よりDPI切り替えが何と言っても便利。CADや写真などで細かい部分をいじったりするときと、エクセルで高速移動させたい場合をスイッチひとつで切り替えられる。これはもう本当に素敵です。

3位

マイクロソフト ブルートゥース レーザー マウス Blutooth Notebook Mouse 5000 ホワイト 69R-00004

マイクロソフト ブルートゥース レーザー マウス Blutooth Notebook Mouse 5000 ホワイト 69R-00004

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

「マイクロソフト ブルートゥース レーザー マウス Blutooth Notebook Mouse 5000 ホワイト」はBluetoothタイプのワイヤレスマウスです。読み取り方式がレーザーなので光沢面でも難なく使うことができ、高解像度で場所を選ばないのでたいへん便利です。

左右のボタンとホイールボタンの他にもボタンが1つ付いています。また、乾電池式で単4電池を2本使用します。人間工学の専門家によってデザインされており、左右どちらの手にもフィットするので左利きの方にもおすすめできる、操作性の良い商品です。

【接続方式】Bluetooth
【電源】乾電池式
【読み取り方式】レーザー
【その他の機能】4ボタン

マイクロソフト ブルートゥース レーザー マウス Blutooth Notebook Mouse 5000 ホワイト 69R-00004の口コミ評判

Bluetoothのマウスが欲しくなり購入しました。
個人的に使ってみて、すごくいいものだと思います。
電池の消費もそんなにありませんし、エネループだと一ヶ月くらいはもちます。
BluetoothなのでUSBポートもふさがらないので便利です。

以前から気に入って使っていた有線マウス(Microsoft Compact Opitical Mouse)から、ノートPCを購入したので乗り換えました。
やっぱり線がないと、便利です。モバイルで使うときは、PCを取り出した後、絡まっている線をほどく手間が省けますから・・^^;

2位

【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 サテン ホワイト D5D-00015

【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 サテン ホワイト D5D-00015

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,350

「【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 サテン ホワイト」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。

電池の持ちが良く、単3電池1本で最長約10か月もの間電池交換をせずに使うことができます。また、電池の残りが少なくなるとバッテリーステータスインジケーターが赤く点灯して知らせてくれます。

チルトホイール機能を搭載しており、ホイールを横に倒すことで横スクロールが可能なので、表計算ソフトなど横に長いデータを扱う方にもおすすめです。また、本体にレシーバーを収納するスペースが付いているので、マウスにレシーバーを収納したまま持ち運ぶことができて便利です。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】Blue LED(BlueTrack)
【その他の機能】チルトホイール、レシーバー収納、4ボタン

【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 サテン ホワイト D5D-00015の口コミ評判

クリック感やホールド感は手の小さい私にはちょうどいい感じです。
カーソルの精度もストレス無いです。
値段を考えるととてもコスパの良いマウスです。
電池の持ちもかなり長くて良いです。

・しっかりした重さがある。
・大きめな手にもフィットするちょうどよいサイズ
・高級感がありつつもほどほどの加飾
・ホイールがヌルヌル動いて気持ちいい
・レシーバーが小さい。マウス本体にしまえる。
・単三一本で動く

1位

【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 ストーン ブラック D5D-00014

【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 ストーン ブラック D5D-00014

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,400

「【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 ストーン ブラック」は2.4GHzタイプのワイヤレスマウスです。

読み取り方式はBlue LEDで、発光源に赤色LEDではなく青色LEDを使用しています。このトラッキング技術はBlueTrackと呼ばれ、高い読み取り精度を誇り、従来のマウスでは困難だったカーペットや木材、石材などさまざまな面の上で安定した操作をすることができます。

4個のカスタマイズ可能なボタンが付いているので、使う頻度が高い機能を割り当てたり、よくアクセスするページを割り当てたりすることができます。

【接続方式】2.4GHz
【電源】乾電池式
【読み取り方式】Blue LED(BlueTrack)
【その他の機能】チルトホイール、レシーバー収納、4ボタン

【Amazon.co.jp限定】マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000 ストーン ブラック D5D-00014の口コミ評判

クリックも軽すぎず重すぎず、長時間使ってても腱鞘炎になりませんでした。
私はヌルヌルホイールが好きだし、前ページに戻るサイドボタンも地味に便利です。
初代は可愛いホワイトでしたが、汚れが目立ってくるのが気になったので今後は黒にします。

これまでいろいろなマウスを使ってきましたが、このマウスが最高です。
適度なクリック感・音、音がしないホィール、手になじむ大きさ・重さで疲れにくい、サイドのゴムの滑り止め、カーソルの動き…。
妻もこれが一番使いやすいと絶賛。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ワイヤレスマウスの効果的な使い方

マウスを使う手

最後に、ワイヤレスマウスの効果的な使い方をご紹介いたします。「ワイヤレスマウスの選び方」でご説明した通り、ワイヤレスマウスにはBluetoothと2.4GHzの2種類の接続方式があるので、2つに分けてみていきます。

Bluetoothタイプの使い方

Bluetoothタイプのワイヤレスマウスは2.4GHzタイプと比べると設定がやや面倒です。接続の手順をみていきましょう。

ワイヤレスマウスを充電する(電池を入れる)

Bluetoothタイプのワイヤレスマウスには充電式と乾電池式の2種類ありますが、充電式であれば充電を行い、乾電池式であれば対応した電池を入れましょう。

ワイヤレスマウスのスイッチをオンにする

ワイヤレスマウスの充電を行ったら(電池を入れたら)、ワイヤレスマウスのスイッチをオンにします。

パソコン側のBluetooth機能を有効にする

パソコンの機種やOSによって方法が異なりますが、パソコン側のBluetooth機能を有効にしてください。

ペアリングを行う

パソコンでBluetoothデバイスの管理画面を開き、ペアリングを行います。ペアリングを行うには、ワイヤレスマウスのペアリングボタンを押します。場合によっては長押ししてください。

一度ペアリングを行えば、次回からはパソコンやワイヤレスマウスの電源を入れただけで自動でペアリングされるはずです。

2.4GHzタイプの使い方

2.4GHzタイプはレシーバーが付属しているのでUSBポートがあればそのままの状態で使うことができるはずです。接続の手順をみていきましょう。

ワイヤレスマウスに電池を入れる(充電する)

一般的に対応した電池が付属しているはずですが、そうでない場合は対応した電池を用意して、ワイヤレスマウスに電池を入れましょう。2.4GHzタイプは乾電池式が多いですが、充電式の場合は充電を行ってください。

レシーバーをパソコンのUSBポートに挿し込む

ワイヤレスマウスに電池を入れたら(充電を行ったら)、付属のレシーバーをパソコンのUSBポートに挿し込みます。

ワイヤレスマウスのスイッチをオンにする

レシーバーをパソコンのUSBポートに挿し込んだら、ワイヤレスマウスのスイッチをオンにしましょう。ワイヤレスマウスのスイッチをオンにしたら、マウスを軽く動かしてパソコンの画面のポインタが動くかどうか確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ワイヤレスマウスは有線のマウスと比べるとメリットが多いので、今まで有線のマウスしか使ったことがない方は一度試してみてはいかがでしょうか。きっとその使いやすさに驚くはずです。

本ページを参考に、ぜひ自分に合ったワイヤレスマウスを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->