1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーエチケットオーラルケアマウスピース洗浄剤おすすめランキング!人気商品を比較

2018/06/21更新

マウスピース洗浄剤おすすめランキング!人気商品を比較【2018年】

歯磨き

スポーツ用や歯ぎしり防止のためのマウスピースなどの口腔内装具は、いつもきれいに清潔に保って使うようにしないと口臭などの原因になりやすいし、不潔なまま使用すれば健康を害する心配もあります。

そんな時に便利なのがマウスピース洗浄剤です。錠剤になったものを水に溶かして漬け置き洗いをするものや、直接泡状の洗浄剤を吹き付けて汚れを取り除くタイプなど様々な種類があります。

本ページでは自分にはどんなものが合っているのかわからず迷ってしまった時に役に立つ、マウスピース洗浄剤に関する様々な情報をお届けします。

スポンサーリンク

マウスピース洗浄剤の選び方

女性 歯磨き

口の中に装着するマウスピースなどを綺麗に清潔に保つための洗浄剤を選ぶとき、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

除菌洗浄効果の違い

マウスピースなどの口腔内装具は、口の中に装着するものなのでいつもきれいに清潔な状態にして使いたいものです。食事をした後や寝る前には歯磨きをするように、マウスピースなどの口腔内装具も専用の洗浄剤を使って綺麗にする必要があります。

口の中に装着することで食べかすによる汚れや飲み物による色素沈着や黄ばみなどがついてしまったり、細部についた汚れから口臭の原因ともなる細菌やカビなどが発生することも考えられるので、除菌効果の高い洗浄剤を選ぶことが必要です。

マウスピース洗浄剤の中でも漂白活性化剤が配合されているものは、比較的短時間で漂白ができるのが特徴の一つです。そのため錠剤などのタイプをぬるま湯に入れて製品によっては軽い汚れなら5分ほどつけておくだけで、短時間で綺麗にする効果のあるものもあります。

さらに高い除菌効果を得るためには、例えば夜眠るときなどに外すタイプなら一晩漬けておけばより効果的です。また、99.9%除菌などのように数値で除菌効果の高さをアピールする洗浄剤もおすすめです。

洗浄剤のタイプの違い

マウスピース洗浄剤は家庭で日常的に使うタイプは、タブレットタイプになったものをぬるま湯などに溶かした洗浄液の中に口腔内装具を漬けておくという使い方をするものが一般的です。

錠剤を指定された量のぬるま湯の中に入れて洗浄液を作り、そこへマウスピースなどを入れて一定の時間漬け置いてから洗い流す使い方をするものです。使い方は製品によって異なりますが、配合成分によってはごく短い漬け置き時間でも十分に日常的な汚れは落とせるものもあります。

短時間使用しただけでは汚れが気になるというときには、長時間漬けておけばさらに高い効果が期待できるので、使用するものの状態に合わせて漬け置き時間などを調整できます。つけ置き後には流水で丁寧に洗い流し、洗浄剤が本体に残らないように注意します。

そしてもう一つ泡スプレータイプの洗浄剤は、家庭での使用だけでなく外出先でも使い易いのが最大の特徴です。漬け置きタイプのように洗浄のための容器も不要で簡単に持ち運べるので、例えば職場やスポーツシーンに使用する時にもマウスピースなどに吹きかけてさっと洗うだけで簡単にきれいになるので大変便利です。

ただし、泡スプレータイプのものは洗浄液に長時間漬けておくタイプのものと比較すると、全体にまんべんなく洗浄剤をつけるのがやや難しいのがデメリットです。

特に複雑な形状の口腔内装具などは漬け置きタイプよりも細かな部分の汚れを取り除きにくいため、泡スプレータイプだけでは汚れ落ちが気になるという人は少なくありません。
そんな時は昼間の時間帯は出先で手軽に泡スプレータイプ活用して、家に帰ってからは漬け置きタイプの洗浄剤を併用するなどの使い方をするのがおすすめです。

洗浄にかかる時間の違い

漬け置きタイプの洗浄剤は10分から15分程度の漬け置き時間が多いのですが、配合されている成分によっては5分ほどの短時間でも綺麗になるという、とても便利なタイプも市販されています。

指定された用量のぬるま湯に洗浄剤を溶かしてマウスピースなどを漬けておくだけで菌と汚れを取り除く効果があるのですが、いくら説明書には5分でOKとなっていても、実際にまだ頑固な汚れが落ちていないと感じる時には自分で漬け置き時間を長くすればさらに効果が高まります。対象になるマウスピースなどの状態に合わせて自分で調整できるところはこのタイプのメリットです。

一方泡スプレータイプのものは通常は洗浄液の泡をスプレーしてから1分から5分程度放置し、その後簡単に指や歯ブラシでこすって汚れを落とせば完了なので、時間の無い時や出先での使用には大変便利です。

家で使うときのように洗浄液に長時間漬けておく必要がなく、短時間で作業が済むので出先では特に使い勝手が良いといえます。

スポンサーリンク

マウスピース洗浄剤人気おすすめ商品TOP10 

使い易く効果の高いマウスピース洗浄剤を、人気の高いものを中心にランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

アース製薬 マウスガード除菌 ・ 洗浄スプレー 100ml

アース製薬 マウスガード除菌 ・ 洗浄スプレー 100ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,522

除菌率が99%のマウスガード用除菌洗浄スプレーです。持ち運びもしやすく手軽に除菌洗浄ができるので、マウスガードを使用するスポーツの前後にも使い易いハンディ-タイプのスプレーです。

マウスガードに直接スプレーするだけで瞬時に除菌洗浄効果が得られます。スポーツシーンでのマウスガード以外にも歯ぎしり防止装置として就寝時に使用するナイトガードや、顎関節症治療に使用するスプリントの除菌洗浄にも使用できます。

口腔内に装着する前と後に使用することで口内を清潔な状態に整える事が出来ます。マウスガードの樹脂に影響を及ぼす心配もなく、使用することで爽やかなペパーミントの香りが広がり、口臭予防にも効果的です。

9位

デントムース 300ml (ボトルタイプ) 矯正装置・マウスガード・入れ歯用除菌洗浄剤

デントムース 300ml (ボトルタイプ) 矯正装置・マウスガード・入れ歯用除菌洗浄剤

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,324

わずか30秒でマウスガードなどをすっきりと除菌洗浄できる泡状の除菌洗浄剤です。義歯やマウスピースなどを取り外して軽く水洗いした後、1~2プッシュ洗浄剤をかけてからブラシなどを使って全体を軽く洗います。

その後しっかりと流水ですすぐことで、口内トラブルの原因菌などを除菌できる製品です。石灰防止成分に界面活性剤の中でも殺菌効果の高いカチオン界面活性剤を独自の技術でふわふわの泡状にして配合しており、義歯などの毎日のお手入れに使用することで歯石の付着を防止する効果があります。

見た目はきれいに見えても義歯やマウスピースなどには菌が残っており、水洗いだけでは完全に除菌できません。そんな時に30秒以上洗浄することで、お口のトラブルの原因菌をしっかり除菌できる心強い存在です。

8位

NDY マウスピースウォッシュ 100m

NDY マウスピースウォッシュ 100m

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,380

漬け置きするだけで入れ歯のぬめりやマウスピースやナイトガードなどの着色汚れなどをしっかりと取り除くマウスウォッシュです。入れ歯やマウスピースなどは、きれいに見えても水洗いだけでは口臭や歯茎の炎症などの口内トラブルの原因となる菌が残っています。

毎日のお手入れをマウスピースウォッシュにすることで、口内トラブルにつながる危険性のある菌の繁殖を抑え、口臭などの気になる症状を予防できます。歯茎など口内に炎症がある場合に使用しても界面活性剤や酵素を使用していないので、刺激を感じる事が少なく、体内に薬品の化学物質が取り込まれてしまう心配がありません。

健康な体は健康な口元からと言われます。マウスピースウォッシュならお口の中を隅々まできれいにできます。

7位

スポーツ用マウスピース洗浄剤 100ml

スポーツ用マウスピース洗浄剤 100ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,864

スポーツ時に装着するマウスピース専用の洗浄剤です。水に浮きやすいスポーツ用マウスピースのための洗浄剤で、泡洗浄することによって除菌消臭ができます。ただし長期にわたって使用し続ける事でマウスピースに色素沈着や歯石などが付着している場合には、無理に洗浄せず歯科医師などに相談する必要があります。

泡フォームの洗浄剤なので手軽に素早く洗浄できて、ボトルポンプタイプで漬け置き容器が要らないので持ち運びが楽で便利です。除菌成分にCPC緑茶由来の消臭成分を配合しており、無着色なので、マウスピースが変色する心配もありません。爽やかなグレープフルーツの香りの微香タイプです。

6位

小久保 マウスピースの汚れやニオイに! デントクリア マウスピース洗浄剤 48錠

小久保 マウスピースの汚れやニオイに! デントクリア マウスピース洗浄剤 48錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 756

酵素の力でしっかりとマウスピースについた汚れを取り除く漬け置きタイプのマウスピース洗浄剤です。酵素の効果でしっかりと洗浄力を保ち、漂白成分によってマウスピースに付着した臭いを消臭し、口臭などを予防します。

強力除菌作用により口内をいつも清潔に保つことができるので、口内炎の予防にもつながります。150CCの水またはお湯に1錠入れて発砲し始めたらすぐにマウスピースを浸します。特にひどい汚れが付着している場合には一晩ひたしておくとより除菌漂白効果が高まります。

普段の汚れには5分ほどひたし、その後流水で良くすすいで終了です。毎日使う事でさらに効果が高まります。カテキンが配合されており緑茶の香りで息爽やかにリフレッシュできます。

5位

デンタルマウスピース洗浄剤 30錠

デンタルマウスピース洗浄剤 30錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 798

歯ぎしり防止用のナイトガードや、いびき防止用のマウスピースなどのための洗浄剤です。
水に錠剤をとかして漬けおくことで99.9%の高い除菌率が実現できるので、清潔に気持ちよくマウスガードを使用できるようになります。

コーティング剤、キシリトール、歯石防止剤を配合しており、微香性で着色料は使用していません。リッチシトラスミントの爽やかな香りで、除菌後に使用したときに爽快感があります。

使用前に軽くブラシで汚れを取り除いて漬けおくだけなので、毎日のマウスピースのお手入れが楽に簡単にできて便利です。開けたままで放置すると発泡しない事もあるので、使用直前に包装を開けて取り出すようにして、湿気の少ない場所に保管します。

4位

矯正用リテーナー・マウスピース 洗浄剤 108錠 ミントの香り

矯正用リテーナー・マウスピース 洗浄剤 108錠 ミントの香り

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,280

酵素配合の強力な除菌力でマウスピースや矯正用装具などについた汚れをしっかりと洗浄する専用の洗浄剤です。漂白成分が配合されており、着色汚れをきれいにするだけでなく臭いもスッキリと消臭できます。水かぬるま湯150mリトル程度に1錠を入れて発砲させ、装具を浸して使用します。洗浄後には水で良くすすいで終了です。

漬け置き時間は5分以上は必要ですが、一晩漬けおくことでより高い洗浄効果が期待できます。防湿効果の高いアルミ包装は使用する直前に開封するようにして、開封したまま放置しないように注意が必要です。爽やかなミントの香りで臭いも汚れも気持ちよく取り除きます。

3位

入れ歯洗浄剤 ポリデント 泡のハミガキ (入れ歯・矯正用リテーナー・マウスガード 洗浄) 125mL

入れ歯洗浄剤 ポリデント 泡のハミガキ (入れ歯・矯正用リテーナー・マウスガード 洗浄) 125mL

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 609

歯ぎしり防止用のナイトガードやスポーツ用のマウスガードなどのマウスピース、矯正用のリテーナー、入れ歯などの洗浄に使用する洗浄剤です。研磨剤を使用せず、泡によるブラッシングで手軽にマウスガードなどの洗浄が出来ます。

きめ細かな泡が複雑な場所に潜む汚れも浮かせて取り除き、臭いの原因菌を約60秒で99.9%除菌できます。ミント成分が配合されており、爽やかさが長続きします。

容器を良く振ってから適量をマウスピースなどの口腔内装具に押し出し、60秒から90秒程度全体をブラシで磨いて洗浄後、流水で成分をしっかりとすすぎ流します。漬け置きタイプの洗浄剤との併用で、より清潔に気持ちよく口腔内装具を使用することができます。

2位

デントウォッシュ デンタルマウスピース 洗浄剤 60錠

デントウォッシュ デンタルマウスピース 洗浄剤 60錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 785

酵素の力でしつこい汚れもしっかりと落せるマウスピースなどの口腔装具用の洗浄剤です。マウスピースなどに付着するカビやばい菌などを強力に除菌し、臭いを取り除く効果も期待できます。配合された洗浄成分が臭いの原因となる汚れをしっかりと取り除き、口臭予防にもつながります。

150ml程度のぬるま湯に1錠を溶かしてマウスピースなどを漬け置いて使用します。通常の汚れは5分程度の漬け置きで綺麗になりますが、汚れのひどい時には一晩漬け置きするとより効果的です。

洗浄終了後には水で良くすすいでから使用します。毎日使用することでマウスピースなどの臭いや着色を予防します60錠入りで2か月使用できるコストパフォーマンスの高い製品です。

1位

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 650

5分間洗浄液に漬け置きするだけで、マウスピースや矯正用リテーナーなどの口腔装具を洗浄できる専用の洗浄剤です。口臭の原因ともなるにおいの原因菌やカビの一種などの汚れも取り除き、清潔に保ちます。

研磨剤が配合されていないのでマウスピースなどを傷つけることなく汚れとにおいを綺麗に洗浄できます。漂白活性化剤を配合することで除菌効果をさらに高め、着色汚れやにおいの原因を取り除くことができます。

1回1錠を目安に洗浄液を作ってマウスピースなどを漬け置きます。洗浄液に浸した後市販の歯ブラシなどを使用して汚れを取り除きますが、シリコンゴムなど材質によっては傷つく可能性があるので注意が必要です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

マウスピース洗浄剤の効果的な使い方

歯科医

マウスピースなどを綺麗にするための洗浄剤を、より効果的に使う為のポイントをご紹介します。

洗浄剤を使っても綺麗にならないときは医師などに相談する

マウスピース洗浄剤には除菌漂白効果を高めるための様々な成分が配合されており、製品によってはごく短時間でもその効果が期待できるものもあります。

ただし、長期にわたって使用しているマウスピースなどの口腔内装具で、除菌漂白効果の高い洗浄剤に一定時間漬け置きしても綺麗にならないような場合、もしかすると本体に傷がついていることも考えられるし、一度医師などに相談してみるのがおすすめです。

場合によっては新しいものに交換する時期に来ていることも考えられるので、むやみに長時間漬け置きしてみたり、指定された用量以上に洗浄剤を濃くして使用するなどの自己流の使い方はしないように注意が必要です。

汚れを落とすためにむやみに強くこすらない

マウスピースなどの材質によってはブラシでこすると傷がついてしまうものもあります。そのため、泡スプレータイプの洗浄剤のように洗浄剤をまんべんなく吹きかけて時間を置いてから軽くこする事で綺麗にするタイプは、使用する前に注意が必要です。

汚れがなかなかきれいにならないからと硬めのブラシで強い力で落とそうとすれば、本体に傷がついてさらに汚れが落としにくくなることも考えられます。洗浄剤を選ぶ前に自分が使用するマウスピースなどの取り扱い上の注意をよく調べて使うようにしましょう。

まとめ

マウスピースなどの口腔内装具は、清潔な状態で使わないと口臭などのトラブルに繋がりがちです。使い易く効果の高い専用の洗浄剤を使って、いつも清潔に気持ちよく使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

まだデータがありません。


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->