1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンクサプリおすすめ美白サプリメント人気比較ランキング!シミ対策に効果的なのは?

2018/06/21更新

おすすめ美白サプリメント人気比較ランキング!シミ対策に効果的なのは?【2019年】

横顔の女性

シミやくすみといったお肌の悩みを抱える方に心強い美白サプリメント。美白アイテムというとスキンケアアイテムを使用している方も多いと思いますが、場所を選ばず手軽に摂取できるサプリメントも人気です。

そこで今回は、美白サプリメントの選び方のポイントや人気商品の特徴など、購入前に知っておきたい情報をご紹介していきます。美白サプリはさまざまなメーカーから販売されていて、配合成分や機能、価格など特徴が異なります。

不適切な美白サプリを選んでしまうと、思うような効果が得られなくなってしまうため、ここでご紹介する検討ポイントなどをぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

美白サプリメントの選び方

スマホを使う女性

では早速、美白サプリメントを購入する際に検討しておきたいポイントをご説明します。最適な商品を見極めるには下記のように色々な要素を踏まえる必要があるため、ひとつずつチェックしていきましょう。

シミやくすみの原因は?

美白サプリメントを選ぶ際に、まず確認しておきたいのがシミやくすみの原因です。

美白に効果があるとされる成分には色々な種類がありますが、シミやくすみのタイプによって効き目のある成分は異なります。タイプ別の特徴と有効な成分を確認していきましょう。

ストレスや紫外線などによるメラニン

シミやくすみの原因としてとても多いのがメラニンです。メラニンは、ストレスや紫外線などのダメージによって増える活性酸素が大きな発生要因です。

活性酸素はアルコールや睡眠不足によっても発生するため、忙しい現代人の誰もがメラニンのリスクにさらされていると言っても良いでしょう。

メラニンが原因のシミやくすみに対して有効とされる主な成分を以下に挙げます。

L-システイン

タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、元々私たちの皮膚や髪の毛などに存在しています。

メラニン色素が過剰に作られるのを抑制したり、メラニンの原料となるチロシンという物質が黒くなるのを防いで無色化する作用の他、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進する効果もあります。

ビタミンC(アスコルビン酸)

美肌成分として広く知られているビタミンCには、メラニンの還元やメラニンの生成を抑える効果が期待できます。紫外線によって発生する活性酸素を分解したり、ハリを与えるコラーゲンの生成を促進する作用も。

ビタミンE

メラニン生成の要因となる活性酸素の発生を抑制し、抗酸化作用に優れたビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれています。血流を改善し、ターンオーバーを促す作用もあるため、みずみずしいハリとツヤを取り戻すのに役立ちます。

ビタミンA

ビタミンAも活性酸素の抑制に効果があります。コラーゲンの生成を促進したり、日焼けを防ぐ作用も期待できます。

トラネキサム酸

肌作りに欠かせないアミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑える働きがあります。肝斑の治療にもよく使われていて、炎症を抑える作用も期待できます。

乾燥が原因の場合

シミやくすみはお肌の乾燥が原因となることがあり、保湿が改善につながることも。乾燥によるシミやくすみの改善に役立つ主な成分は以下のとおりです。

  • オメガ3系脂肪酸(DHA、EPA)
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 亜鉛

各種ビタミンはメラニンの生成を抑えるだけでなく、お肌の乾燥を防ぐのにも効果があります。

血行不良が原因の場合

お肌の血流が悪いとくすみが目立ちやすくなるため、ショウガオールやフラボノイドといった血行を促進する成分が入っていると改善されやすいです。

美肌成分は複数ある方が良い?

上記のような美白成分は単体でもある程度の効果がありますが、複数の成分を一緒に摂取した方が、相乗効果が期待できます。

例えばL-システインだけではなくビタミンCもプラスされていると、メラニンの生成を抑えながらお肌にうるおいを与えることもできて美肌効果がアップします。

また、ビタミンCとビタミンEは共に抗酸化作用に優れているため、一緒に摂取するとアンチエイジングにも役立つでしょう。

食品カテゴリーか医薬品か

美白サプリメントには、栄養補給という位置づけの食品カテゴリーのものと、一定の効果・効能が認められた医薬品カテゴリーのものがあります。何はさておき品質や効果を重視するなら、製薬メーカーなどから発売されている医薬品の美白サプリを選びましょう。

第3類医薬品とは?

医薬品の美白サプリは「第3類医薬品」と記載されています。第3類医薬品は医薬品の中でも作用がおだやかで、処方箋がなくてもネット通販などでも手軽に購入できます。

食品サプリはより気軽に飲める

食品カテゴリーの美白サプリは、あくまでも足りない栄養素を補給するという位置づけなので、「シミに効く」といった広告表現をすることはできません。ですので、効果があるかどうかは不明瞭で個人差があります。

とはいえ、食品サプリは医薬品のように摂取するタイミングが定められてはいないため、自分の好きなペースで摂取できるというメリットがあります。

美肌成分の含有量を比較しよう

美白サプリメントは似たようなキャッチフレーズが使われていることが多いため、迷ったときは具体的な成分の含有量を比較するのがおすすめです。

パッケージに記載されている成分表では、配合量が多い順番に書かれているので、美肌成分が上位にあるかどうかも要チェックです。商品全体の総量ではなく、1日に摂取できる量を確認しましょう。

ただし、成分によっては摂取しすぎると副作用が出ることがあるため、他のサプリ類と成分が重複している場合は合計摂取量に注意が必要です。

例えば、L-システインは1日500〜1000mg以上、トラネキサム酸は1日1500mg以上摂取すると下痢や吐き気などを起こす可能性があります。

日本製・海外製どちらが良い?

美白サプリメントは国内外のさまざまなメーカーの商品があるため、日本製と海外製の違いも気になるのではないでしょうか。一概には言えませんが、サプリメント大国である米国製の美白サプリには、日本製のものより有効成分が多く配合されている傾向があります。

それなら米国製の方が良いと思われるかもしれませんが、欧米人は日本人より体格が大きいため、日本人には過剰摂取気味になる懸念があります。また、サプリ自体のサイズも大きめに設計されているものや、日本製より価格が高めのものが多く見受けられます。

米国ではサプリメントの検査基準が厳しめなので、効果に対する信頼性も高いと言われていますが、初心者の方は日本人向けに開発された国内メーカーの商品がおすすめです。

飲みやすさ/1日あたりの摂取量は?

どんなに優れた処方の美白サプリであっても、飲みにくい形状だと続けるのが苦痛になってしまいます。美白サプリには小さなタブレットタイプやカプセルタイプがあるため、これまでの経験などから飲みやすい形状のものを選択肢に加えましょう。

また、1日あたりの摂取量についてもあらかじめ確認しておきましょう。摂取量の目安は商品ごとに異なり、1日1錠でOKのものもあれば、1日8錠飲む必要があるものも。

摂取量が少ないと摂取する手間や負担も少ないですが、摂取量が多いものと比べると美肌成分の量が少ないかもしれないので、飲みやすさと効果のバランスを考えて選びましょう。

利用しやすい容器かどうか

美白サプリの商品には、ほとんどの場合、ガラス製の小瓶タイプまたはジッパー付きのパウチタイプの容器が採用されているので、使い勝手の良い方を選びましょう。

保存性の高いガラス瓶は市販薬にも使われているので安心感がありますが、持ち運びを想定している場合は破損のリスクがあるので要注意です。また、中身が減っても容器のサイズはそのままなので、容量によってはバッグの中でかさばるかもしれません。

パウチタイプの容器は、小瓶タイプほど厚さがないので、棚のすき間やスリムなバッグにもコンパクトに収納できるのが利点です。ただし、毎回ジッパーをしっかり留めないと、湿気やホコリなどが入って品質低下を招くおそれがあります。

基本的に自宅でずっと保管するという場合、品質維持という観点では医薬品でも長い実績のある小瓶タイプの方が良いかもしれません。

続けやすい価格であること

美白サプリの価格は1ヶ月あたり1,000円程度のものから、1万円近くするものまでさまざまです。

サプリメントは毎日コツコツと飲み続けることが大切なので、無理なく続けられる価格かどうかも必ず確認しておきましょう。どんなに効果が高そうでも、家計を圧迫するようなコストがかかってしまうと続けるのが困難になり、短期間で止めてしまうことになりかねません。

色々と商品を調べていくと、高機能・高価格な商品が魅力的に思えてきてつい購入したくなるので、まずは「これ以上は払えない」という予算を決めましょう。商品ごとに容量が異なるので、正確に比較するためにも1日あたりもしくは1ヶ月あたりに換算するとわかりやすいです。

お得なまとめ買いや定期購入

「ちょっと予算オーバーだけど利用してみたい」「予算内だけど長期間だと高くつきそう」と思われる場合は、公式サイトはネット通販でお得なまとめ買いや定期購入があるかどうかを調べてみましょう。商品によっては、まとめ買いや定期購入で10%以上割引になるものもありますよ。

また、気軽に試しやすい初回限定価格が設定されている商品もチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

美白サプリメント人気おすすめ商品TOP8

では、実際にどのような美白サプリメントが人気なのか、売れ筋の8商品をランキング形式でご紹介していきます。それぞれの特徴をチェックし、どのような商品が自分に合っているのかを絞り込むための参考にしてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

【美肌・美白系サプリメント】 “ベルムラヴィ・プラチナAR”45g(1.5g×30包入)り

【美肌・美白系サプリメント】 “ベルムラヴィ・プラチナAR”45g(1.5g×30包入)り

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 12,000

吸収しやすい顆粒タイプの美白サプリメントです。1包にEF2001乳酸菌が1兆個配合(ヨーグルト約100個分に相当)。他にも、トリペプチドコラーゲン1000mg。セラミド含有の米胚芽抽出物5000μgなど女性にうれしい成分がたっぷり配合されています。

1包1.5g入りで、1箱に30包入っています。1回分ずつ個装されているため、外出時や旅行などに必要な分だけ持ち運ぶのにも便利です。クセのないさわやかなヨーグルト風味なので、顆粒タイプの薬などが苦手な方でも飲みやすいでしょう。

7位

ピュアホワイト < タブレット > 240粒

ピュアホワイト < タブレット > 240粒

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,220

厳選された東洋の美容成分を配合した資生堂の美白サプリメントです。強烈な紫外線にさらされた環境で育つスーパーフルーツ クコの実のエキスや、特許製法で抽出した、次世代ビタミンEと呼ばれるトコトリエノールが豊富なアブラ椰子オイルをたっぷり配合。

他にも、楊貴妃が好きだったというライチ種子エキスや、アミノ酸が豊富なハトムギエキス、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが豊富な菊花エキスなど多彩な成分がプラスされています。

1日あたりの摂取量の目安は8粒と多めですが、240粒入りなので約1ヶ月もちます。

6位

EPORASHE 白肌星 美白サプリメント

EPORASHE 白肌星 美白サプリメント

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,400

体の内側から明るい美肌と美白にみちびく美白サプリメントです。1粒の半分を、美肌に効果的に働きかけるシステインペプチド(ペプチド化したL-システイン)が占めています。システインペプチドは天然のトルラ酵母由来です。

他にも、美肌に欠かせないビタミンCやビタミンC6・葉酸、“食べる美白成分”とも呼ばれ希少価値のあるセレプロンFなどを配合。すべての成分が輝く素肌につながる処方となっています。

内容量は90粒入りで、摂取量の目安は1日3〜6粒なので約15〜30日分となります。

5位

【第3類医薬品】トランシーノ ホワイトCクリア 120錠

【第3類医薬品】トランシーノ ホワイトCクリア 120錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,300

シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えるのに役立つL-システインを配合した美白サプリメントです。L-システインと共同でメラニン抑制をサポートするビタミンCも配合。発生した黒色メラニンを無色化する作用もあります。

他にも、ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンB6・ニコチン酸アミド(ビタミンB3)と4種類のビタミンがプラスされた充実処方で、美肌づくりを強力にサポートしています。

服用のタイミングは朝・夜の1日2回。内容量は120錠入りで摂取量は1回あたり2錠なので、約1ヶ月分です。妊娠期や授乳期のビタミン補給にもおすすめです。第3類医薬品。

4位

美白 サプリ 美白丸 大容量(約2ヶ月分)【初回半額お1人様3袋限り・送料無料】

美白 サプリ 美白丸 大容量(約2ヶ月分)【初回半額お1人様3袋限り・送料無料】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,650

20種類以上の成分を配合し、肌本来の透明感を引き出す美白サプリメントです。輝くような透明感をサポートする美白成分L-システインや馬プラセンタをはじめ、お肌の酸化を防ぐビタミンEや霊芝エキス、光ケア成分である燕窩末やセラミドなど多彩な成分をプラス。美白・保湿・ハリのトリブルリペアが期待できます。

低分子化処理が施されているため、吸収率が6倍アップ。防腐剤や保存料は一切含まれていないところもうれしいポイントです。1日2粒が摂取量の目安で、そのまま噛んで食べることができます。

3位

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 60錠

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 60錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 990

エスエス製薬ハイチオールCシリーズの美白サプリメントです。過剰なメラニンの生成を抑えてシミ・そばかすに作用する他、エネルギーに変換する酵素の働きをサポートして全身の倦怠感の改善にも役立ちます。

コアとなる成分L-システインはアミノ酸の一種で、体内の色々な代謝活動に作用するためメラニンの排出や疲労回復につながるエネルギー産生を促進してくれます。

内容量は60錠で、摂取量の目安は1日3回2錠ずつなので約10日分となっています。成人1日分あたりの配合量はL-システインが240mg、ビタミンCが500mgです。第3類医薬品。

2位

【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC 60錠

【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC 60錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

医薬品ならではのアプローチで曇りのない素肌に近づける、チョコラBBの美白サプリメントです。シミの発生自体の抑制・黒色メラニンの無色化・メラニンの肌の外への排出というトリプルアクションでシミやそばかすを防ぎます。

主な配合成分は、ビタミンC600mg・L-システイン240mg・ビタミンB6 20mg・天然型ビタミンE100mg・活性型ビタミンB2 15mg・ニコチン酸アミド25mgなど。それぞれの成分がターンオーバーの正常化や血行促進などに作用し、肌本来のきれいな肌に。

1日3回、2錠ずつが摂取量の目安です。60錠入りなので約10日分となります。

1位

【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア 120錠

【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア 120錠

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,370

シミ・そばかすを体の内側から治療するハイチオールCシリーズの美白サプリメント。大手製薬会社エスエス製薬製の第3類医薬品です。体の代謝をサポートするアミノ酸L-システインとビタミンCが過剰なメラニンの生成を抑えて排出を促します。

肝臓で働くL-システインはエネルギー産生に役立つため、体の疲れやだるさを取りたいときにもおすすめ。また、アルコールの代謝によって発生する有害物質アセトアルデヒドと反応して無毒化させるので二日酔い対策にも作用します。

内容量は120錠入りで、1日2回2錠ずつ服用するので約1ヶ月分です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

美白サプリメントの効果的な使い方

水とサプリ

最後に、美白サプリメントを効果的に摂取するポイントをご紹介していきます。基本的には商品パッケージに記載されている摂取方法に従えばOKですが、以下のようなコツもあるのでチェックしておきましょう。

最低3ヶ月は続けよう

まず、美白サプリは飲んですぐにシミが消えるものではないので、3ヶ月は続けるよう心がけましょう。

気長にコツコツと

サプリメントは栄養補給の食品扱いとされている商品も多く、一般的な医薬品のように即効性が期待できるわけではありません。毎日飲み続けることで少しずつ効果があらわれてくるものなので、1〜2週間飲んで変化がないからと言って止めてしまうのはもったいないです。

また、医薬品に分類されている美白サプリについても、入手しやすい第3類医薬品は効き目がおだやかなので、「これを飲む!」と決めたら気長に続けることが大切です。

シミやくすみは長年のダメージの蓄積

お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルは1ヶ月程度ですが、シミやくすみは長年にわたって蓄積されたダメージの結果なので、その意味でもある程度の期間がかかるということは理解しておきましょう。

他の選択肢も検討しよう

効果には個人差があり、その人に合っていれば短期間で目に見える変化が出てくることも。反対に3ヶ月以上続けても全く変化がなければ、商品が合っていないか、サプリでは改善が難しいかもしれないので、他の方法を検討しましょう。

飲むタイミングは?

美白サプリを飲むタイミングは、医薬品の場合は「朝晩2錠ずつ」というように記載されているので指示に従いましょう。

数回に分けて飲むのがおすすめ

医薬品でない商品には1日あたりの目安摂取量が記載されていますが、2錠以上飲む必要がある場合は、なるべくタイミングを分けて摂取するのがおすすめです。

なぜなら、配合成分によってはまとめて摂取すると、余分な分は尿と一緒に排出されてしまうからです。ビタミンCのように水溶性の成分はたくさん摂取しても排出されるので注意しましょう。

ビタミン類との組み合わせが◎

美白サプリには有効成分としてL-システインが含有されているものが多いですが、この成分はビタミン類との相性が良いと言われています。特に、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取すると美白効果やアンチエイジング効果がアップすることがあるため、美白サプリに含有されていない場合は追加摂取するのもおすすめです。

あらわれる前のシミ対策にも

まだシミが表面にあらわれていない場合でも、皮膚組織の中では着々とシミが表に押し出される過程にあるかもしれません。美白サプリは肌の内側でメラニンが生成されるのを防ぐ効果が期待できます。シミがあらわれる前から予防的な使い方をすることで、シミの発生確率を下げられるかもしれません。

まとめ

この記事では、美白サプリメントの選び方のポイントや人気商品の特徴など、購入前に知っておくべき情報をお伝えしてきました。どんなサプリが良さそうか、イメージできましたか?

美白サプリを選ぶ際は、まずご自身のシミやくすみの原因がどこにあるのかを考え、それに対応する成分が配合されている商品を選びましょう。紫外線やストレスなどによるメラニンが原因の場合が多いため、原因がわからない場合はひとまずメラニンに作用するサプリを選択肢に加えるのがおすすめです。

他には、医薬品扱いか食品扱いかという違いや、プラスαの成分の有無などを検討すると絞り込みやすいです。適切な美白サプリを使えば透明感のある素肌に近づけるので、ここでご紹介した情報を参考にしてベストな一品を選んでくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->