1. グッディ∞
  2. スマホ&アプリ人気の360度カメラおすすめ比較ランキング!スマホアプリへの対応は?

2018/07/10更新

人気の360度カメラおすすめ比較ランキング!スマホアプリへの対応は?【2018年】

カメラのレンズ

何かと話題になることも多く、一度は目にしたことがあるという方も多い「360度カメラ」その名前からもお分かりの通り、一箇所だけではなく360度撮影することができるカメラのことです。少し前まではあまり目にする機会もなく、ちょっとした珍しいアイテムでしたが、最近では手頃な価格で購入できるようになりました。

でもまだ必要性も分からないし、そもそもどんな魅力があるのか分からない、そんな方も多いはず。そこで今回は、おすすめしたい360度カメラを選び方とともにご紹介したいと思います。ぜひ、楽しく活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

360度カメラの選び方

丸い画像

InstagramといったSNSなど、さまざまなシーンで360度ぐるりと撮影した映像を見かけたことがある、という方も多いのではないでしょうか。通常の写真や映像などと違って、視界が広く見せることができるなど、よりリアルな世界を表現するのに役立ってくれることでしょう。今まで表現することができなかったシーンも、360度カメラを使うことで作り出すことができるかもしれません。

360度カメラが注目されるようになった理由

もともと、360度カメラは最近登場したばかりのものというわけではありません。以前から国内メーカーを含め、海外メーカーからも製造・販売されていました。しかし、どちらかというと個人が楽しむものというよりは業務用などとして販売されている背景もあってか、普段の撮影に用いる方は一部を除いてそう多くはなかったようです。

ですが、近年TwitterやInstagramといったSNSが流行するにつれて、若い方々を中心に「面白い映像を撮ろう」「インパクトのあるものを残そう」といった考えが多く広まるようになりました。その過程のなかで撮影アプリなど、映像を面白く加工するツールもたくさん登場するなど、撮影自体をひとつの遊びのジャンルとして取り入れられるようになりました。

以前はプロであったり、特別な機器がなければ撮れなかったようなシーンも、手軽に撮影することが出来るようになるなど、なんといっても「リーズナブルで手軽にできる」ということが幅広く受け入れられている理由の一つとなっているのではないでしょうか。360度カメラもまた同じことが言えるでしょう。

一つの思い出を残す、共有する。そのために使用するツールや機器は人それぞれ。だからこそ表現の世界も無限に広がっていきます。360度カメラは必ずなければならないものではない、でも、あればもっとたくさんの世界を表現することが出来る。素敵な映像を生み出すためのお手伝いをしてくれるアイテムではないでしょうか。

選び方のコツは?

さて、より楽しい世界を表現するためという理由において、必須アイテムの一つとなりつつある360度カメラですが、実際にはほとんどの方が触れたことがないなど、手に取る機会はそう多くはありません。なんとなくイメージとして「高価な気がする」というように、先入観によって購入を躊躇されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし心配する必要はありません。想像よりもずっと使いやすく、そして価格においても安心できる商品が多数あります。もちろん、機能など性能がアップするにつれて高価になりがちなことは確かですが、決して手に入らない価格設定ではないので安心して選んでください。

そこで、実際に購入する際にどんなことに気をつけて選べばいいのか、選び方のコツを簡単にまとめてみました。全ての条件に当てはまるものを購入しようとするのではなく、ご自身にとって使いやすいと思えるものを選ぶのがおすすめ。ぜひ実際に手に取る際に、参考にしてみてください。

全天球か半天球で選ぶ

まず360度カメラを手に取る際、いちばんはじめに理解しなければならないポイントが「全天球」であるか、もしくは「半天球」であるか、この点についてです。この形状の違いによって撮れる範囲など、どれぐらいの程度記録することが出来るかが変わってきますので、まずはじめにこの点を重視して決めるのがいいでしょう。

とはいうものの、具体的にはどのような違いがあるのかハッキリ分からないという方も多いはず。まずはそれぞれの特徴を知ってから、選んでみるといいでしょう。全天球も半天球も各自メリットが違います。ぜひそれを見比べてみてください。

全天球タイプ

全天球タイプの特徴・メリット

まずは全天球タイプのカメラについて、こちらは前と後ろの二箇所にそれぞれ一枚ずつのレンズが搭載されています。つまりひとつのカメラに、合計2枚のレンズが搭載されており、両面から映像を撮影する仕組みとなっています。この二枚のレンズの映像をあわせることによって360度の景色を撮影する仕組みになっている、いうわけです。

言い替えると全方位をカバーしてくれることになりますので、上下左右すべて360度の景色を記録することが出来ます。画角の広さが何よりもメリットになりますので、あらゆる角度の景色をしっかりと残したい、という方にとってはぜひ選びたいタイプになるのではないでしょうか。

全天球タイプのデメリット

しかし決してメリットだけではなく、全天球ならではの気になる点も存在します。まずひとつは全方向が写るため、撮影方法を工夫しなければご自身や撮影者、三脚やその他の機材など、撮影には不要なものも一緒に映り込んでしまう場合があります。撮りたいものだけを撮る、という場合には気をつけれなければなりません。

また先ほどお話したように、レンズの映像を合成させることで一枚の画像として完成します。つまり、画像が合わさった部分がやや不自然な繋がりに見えてしまうなど、映像のクオリティがやや低下してしまうことは否めません。ご自身で画像処理が可能である、という場合は別ですが、誰でも簡単にできるかというと難しいところ。

あくまでも気軽にパノラマ映像を楽しみたい、という点においては大変優秀ですのでおすすめできるアイテムといえるでしょう。全方向を撮影できるという魅力を最大限生かすことで、今まで撮ることが出来なかったような映像にもチャレンジすることが出来るはず。360度カメラにとにかく触れたい、という方にもおすすめです。

半天球タイプ

半天球タイプの特徴・メリット

先ほどの全天球タイプとは違い、レンズが一枚だけの機種となっているのが半天球タイプの特徴になります。なかにはそうではないものもありますが、ほとんどが一枚レンズになりますので、そこがまず大きな違いのひとつと言えるでしょう。カメラにおいて水平方向360度、あとは地球儀でいう上半分しか撮影することができません。

しかしそれゆえにハイクオリティの映像を仕上げやすいのも半天球タイプのメリットといえるでしょう。先ほども少し触れましたように、全天球タイプは画像を合成するシステムになっています。半天球の場合はご自身での処理が必要となる分、その分クオリティの高い作品に仕上げやすいという利点があるのです。

もちろん、人によってはこの点をデメリットと捉える方もいらっしゃるでしょう。しかし、ひとつの作品として仕上げる意味でも編集しやすく、しっかりとした映像を残すことが出来る。プロの仕上がりを目指している方にとってはぜひおすすめしたいタイプなのです。

半天球タイプのデメリット

先ほども挙げましたように、ご自分で画像処理等を行わなければならないという点において、やや手間隙かかるというところがデメリットになる方もいらっしゃるでしょう。また、上下左右360度の映像を作成する際には、それぞれ上下に分けて撮影する必要があるため、一度で作業を済ませることができないという点がネックになることもあります。

また、編集用にパソコンやソフトウェア等が必要となることもありますので、本格的な映像に仕上げるためには初期投資としてカメラ以外の費用を準備しておかなければならないことも。この点は仕方ないと割り切れるかどうか、必要か不要かによっても感じ方は変わってくるでしょう。

ご自身がどんな映像を撮りたいか、その目的に応じてそれぞれのタイプのメリット・デメリットも逆転するかと思います。その辺りの見極めをまず行ってから、機能などのこだわりたい点を選ぶのがおすすめです。

カメラの性能で選ぶ

360度カメラを選ぶ際において、やはり重要になるのがカメラの性能でしょう。カメラの持つ基本的な性能によって映像の完成度は大きく左右されます。どういった点に気をつければいいのか、それぞれが持っている機能に注目しながら選ぶのがおすすめです。では一体、どういった機能に注目すればいいのでしょうか。

画素数で選ぶ

画質を決める大きなポイントとして挙げられるのはずばり「画素数」でしょう。一般的なカメラにおいてもこの画素数は、画像のクオリティを大きく左右する数値になります。よりクリアで美しい画質のものを、という場合にはやはり画素数が高いものを選ぶ、というのが一般的な考え方と見られます。

しかし、実のところ画素数が高ければ高いほど良い、というと必ずしもそうとは限らない場合も多いのです。それこそが画素数が高いがゆえに起きるデメリットともいえるでしょう。ひとつは画質が良くなるほど必要とするデータ容量もアップするという点です。記録媒体として使用するmicroSDカードなど、あらかじめ容量の大きいものや数を準備しておかなければなりません。

当然容量が大きくなるほど価格も上昇しますので、その分費用がかかってしまうというのがネックになることも。また、360度カメラはもともと撮影時に多くの処理を必要とする傾向にあります。つまり、高画質になればその分多くの処理を要することに。場合によっては熱暴走が起きるなど、システムにも影響を与えてしまいます。

いい塩梅、というのは実に難しいところかもしれません。しかし、画質と必要とする作業やコストなど、それぞれご自身にとって求めているラインはどこであるか。まずは見極めてから決めても遅くはありません。必ずしも画素数が良いものが必要であるかはまた別の話ですので、総合的に見比べながら決定するのがおすすめです。

ストレージ容量で選ぶ

こちらは先ほどの画素数にも少し関係していますが、ようは画像を記録する際の容量をどのようにして扱うか、というお話になります。基本的に二つのストレージ搭載方法が存在しており、その二つから選ぶのが一般的。ひとつめは本体に内蔵ストレージを採用したもの、もうひとつは先ほども触れたmicroSDカード、この二種類です。

内蔵されているもののメリットは、いちいちmicroSDを購入する必要なくすぐに映像を記録することが出来るという点でしょう。できるだけコストを抑えたい、必要なものを最低限で済ませたい、という方には嬉しいですね。しかしデータ容量を保存するには限りがありますので、逐一データ移動を行う必要があるなど、かえって手間になることもあります。

microSDカードにおいてはその逆、容量に応じてカードを交換すればストレスなく映像を記録することが出来ます。動画などはとくに容量を必要としますので、あらかじめ交換することが前提であるのならばmicroSDを準備しておくのもいいかもしれませんね。ただ、カメラとの相性があるため、事前に調べておく必要があります。

ストレージ容量においては映像を記録するために決して無視することができないポイントになります。双方のメリット・デメリットを見比べながら購入するといいでしょう。

アプリの有無で選ぶ

最近のモデルは、スマートフォンなどと連携することが出来る、というのもひとつのポイントになります。360度カメラを使用する場合にスマートフォンと上手く連携できるかどうか、これによって使い勝手の良さが左右されるといっても過言ではありません。

専用のアプリを使ってスマートフォンからの操作が出来ることによって、撮影のコントロールも容易になります。また、幅広く撮影を楽しむことが出来るなど、より納得した作品に仕上げるためにもアプリは欠かすことが出来ない注目ポイントでもあるのです。

基本的にはAndroid・iOSともに対応していることが多いのですが、なかには一方しか対応していないものもあるため購入する前のチェックは欠かしてはいけません。また、機種によっては使用できないものもありますのでスペック等もあらかじめ確認しておくようにしましょう。

SNSとの連携機能で選ぶ

360度カメラで撮影した映像は自分だけでこっそり楽しむ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方はその楽しみを自分以外の人達と共有したいと思っているのではないでしょうか。リアルをその場ですぐ楽しむことができる、というのもカメラの醍醐味でもあります。それを活かすためには、SNSとの連携機能が必須となるでしょう。

各種SNSとの連携機能が付属しているものは多く、ライブストリーミング機能など直接アップロードすることができるものも増えています。むしろ、これを目的に購入される方も少なくありませんので、もしこの機能を目当てに360度カメラを購入しようとしている方はチェックしましょう。

今この瞬間を共有することができる、というのは以前であれば考えられないことでした。しかしそんな夢のようなことも今の技術をもってすれば実現させることが出来るのです。SNSとの連携機能はさまざまな使用用途にも繋がるなど、楽しみをより広げてくれる機能でもあります。ぜひ使ってみてください。

耐衝撃性能や防水機能で選ぶ

360度カメラは自宅で使用するというよりも、屋外など野外で使用することが多いのではないでしょうか。その際に気になるのが衝撃や、水がかかってしまうといった小さなトラブルです。カメラなどの機器類は基本的にそういったものには弱く、ちょっとしたことが故障の原因となってしまうこともめずらしくありません。

しかし耐衝撃性能や防水機能が搭載されていれば、そういったトラブルから回避することが出来るでしょう。もちろん100%守ってくれる保証があるわけではありませんので、丁重に扱わなければならないということには変わりはありません。しかし、全くなにも機能が付いていないよりは安心です。

もともとカメラ自体にそういった機能が搭載されていない場合でも、ケースなどで対策することが出来ます。その場合はオプションとして購入することをおススメします。色んなシーンで撮る予定がある、できるだけリスクを減らしたいという方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

使いやすさを重視して選ぶ

これらの機能はどれも魅力的に感じられることでしょう。しかし、すべてを搭載したものを選ぶのは難しいことです。何が自分にとって必要なのか、どんな機能が本当にいるものなのか、それをまず見極めることを重視してみましょう。それによっても使い勝手のよさ・悪さというのは大きく変化します。

デザインへのこだわりを持ちたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、もともとカメラは映像を撮るためのもの。あまり外観だけにこだわりすぎないよう、必要な機能をチェックしながら選んでみてください。また、あらかじめ予算を決めておくと失敗が少なく済みます。ご自身の無理のない範囲で購入するのがおすすめです。

スポンサーリンク

360度カメラ人気おすすめ商品TOP10

ここからは、おすすめしたい人気の360度カメラをご紹介したいと思います。それぞれ魅力的な機能を搭載したものばかりですので、ぜひ購入する際に参考にしてみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

YUNTAB(JP) 全天球 360度カメラ パノラマカメラ VR・WI-FI対応モデル 360°Panoramic Camera 1080P Full HD Android・iphone 128GBまでのTFカード対応

YUNTAB(JP) 全天球 360度カメラ パノラマカメラ VR・WI-FI対応モデル 360°Panoramic Camera 1080P Full HD Android・iphone 128GBまでのTFカード対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 12,500

高品質の画像を楽しむことが出来るのが、こちらのモデルの特徴です。カメラ初心者の方にも扱いやすく、また満足の仕上がりを期待できる2つの超広角魚眼レンズ搭載。品質も高く、このパノラマカメラで撮影した360度の景色は美しく、迫力ある映像に仕上がることでしょう。

ビデオ録画時間は最大で2時間までと、長時間にも対応しているところがポイント。撮りたい映像を余すことなく記録することが出来るので安心です。Wi-Fiでデバイスとアプリの同期も可能ですので、画像を確認しながら取ることができるのもいいですね。自動露出調整やホワイトバランスの調整なども簡単、画質へこだわりたい方におすすめです。

【可動式液晶】 いいえ
【F値 (広角側)】 2 f_stop
【ファインダー付き】 いいえ
【WiFI】 有り
【カラー】 WI-FIモデル
【電池付属】 はい
【商品重量】 290 g
9位

360fly 4K VRアクションカメラ 4K対応 360°動画・静止画 64GB内蔵メモリー搭載 FL364KZ111

360fly 4K VRアクションカメラ 4K対応 360°動画・静止画 64GB内蔵メモリー搭載 FL364KZ111

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 50,608

球体型のボディーはとてもコンパクトでスタイリッシュ。でもその見た目だけではありません。搭載された「超ワイドシングルレンズ」によって、気になりやすい継ぎ目もない、360度どこでも美しくビデオ撮影ができるので、仕上がりに満足できなかったという方でも安心して選んでいただけます。

ビューファインダー・映像編集・共有・VR変換と、必要な機能もすべてスマホでかんたんにコントロールできるところが魅力。本体だけで10m防水、IP6Xの防塵、1.5mまでの耐落下衝撃、-20度の耐低温といったタフさもまたこの商品の注目すべきポイントになるのではないでしょうか。

【製品型番】 FL364KZ111
【年式】 2016
【可動式液晶】 いいえ
【F値 (広角側)】 2.5 f_stop
【ファインダー付き】 いいえ
【レンズ構成】 ウルトラフィッシュアイ(レンズ8枚構成)
【WiFI】 Wi-Fi [802.11b/g/n], Bluetooth 4.0
【付属品】 クイックスタートガイド(保証書)、パワークレードル、USBケーブル、アクションカメラアダプター
【内蔵メモリー容量】 64GB
【防水性】 IP6X
【防水深度】 10 m
【カラー】 ブラック
【サイズ】 360fly 4K スペック
【バッテリータイプ】 リチイムイオン電池
【電池付属】 はい
【保証書】 同梱
【保証】 メーカー保証:1年
【商品重量】 172 g
8位

360度カメラ Androidスマートフォン向けHDビューとビデオVR 3Dパノラマライフをソーシャルメディアに共有する

360度カメラ Androidスマートフォン向けHDビューとビデオVR 3Dパノラマライフをソーシャルメディアに共有する

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,799

このカメラで撮れるのはまさに世界中の360度の全景。今この瞬間の全てを記録することが出来るので、今まで諦めていた枠に収まりきらなかった世界も、ひとつのなかに収めることが出来ます。FacebookやTwitterなど、SNSと共有することももちろん可能。ご自身の映像をすぐ、多くの人と一緒に楽しむことが出来るでしょう。

アプリも使いやすく出来ているので、感覚的に掴みやすく初心者の方でも扱いやすいですね。また、セルフタイマー機能も充実しているなど、あれば便利な機能も付いているのが嬉しいところ。必要な機能を有していながら、コンパクトで軽く、どこにでも連れて行きたくなるような便利さを備えたアイテムです。

【重さ】120g
【ボディ形状】正方形
【パッケージの寸法】13.6 * 3.6 * 8.2cm
【コネクタ】マイクロUSB内蔵
【画像フォーマット】JPEG
【動作モード】携帯電話APK動作
【オペレーティングシステム】Android 5.0 以上
【表示モード】フラットモード、球面モード、惑星モード、VRモード
7位

Insta360 ONE 360度アクションカメラ 24MP (7K) 写真 4Kビデオ iPhone 6/7/8/X シリーズ 【国内正規品】

Insta360 ONE 360度 全天球 アクションカメラ, 24MP (7K) 写真 4Kビデオ 超広角 魚眼 レンズ iPhone 6/7/8/X シリーズ 【国内正規品】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 42,999

瞬時に周囲全ての景色を撮ることができる、記録したいその瞬間を逃す心配がありません。360度カメラを使用すると、どうしても気になるのが画像の縫い目。ですがこちらは心配ご無用、縫い目のない美しい画像を記録することが出来ます。4k高画質の360度動画と24MP (7K)の静止画を撮影できるなど、画質へのこだわりもポイントです。

手ブレ補正の機能も備わっており、どんな撮影シーンでもまさにプロ並みの安定した映像を撮ることができるでしょう。また、さまざまな遊びも取り入れることが出来るので、今までできなかった面白いシーンも撮影できますね。リアルタイムに、そして便利に。使い勝手の良さが際立つ一品です。

【製品型番】 INSTA360-ONE
【年式】 2017
【可動式液晶】 いいえ
【F値 (広角側)】 2.20 f_stop
【ファインダー付き】 いいえ
【カラー】 黒
【対応機種】 iPhone 7/7 Plus, iPhone 6s/6s Plus, iPhone 6/6 Plus, iPad Pro(10.5インチ), iPad Pro(12.9インチ), iPad Air 2
【サイズ】 Insta360 ONE
【電池付属】 はい
【商品重量】 227 g
6位

SAMSUNG 三星 サムスン ギア Gear 360度 VR カメラ SM-C200 for Galaxy S6, S6 edge, S6 edge+, Note5, S7, S7 edge (International Version) 【海外直送品】【並行輸入品】

SAMSUNG 三星 サムスン ギア Gear 360度 VR カメラ SM-C200 for Galaxy S6, S6 edge, S6 edge+, Note5, S7, S7 edge (International Version) 【海外直送品】【並行輸入品】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 10,000

コンパクトな360度カメラを求めている方にはこちらはいかがでしょうか。画質においては満足の仕上がりで、撮りたいその瞬間もキレイに記録してくれます。スマホがGalaxyの場合ですと、そのまま簡単にFacebookやYouTubeへアップロードすることが出来、難しい手間なども必要ありません。

スペック自体の高さをメインに考えている方にとっては満足していただけることでしょう。多くの機能が付いているわけではありませんが、シンプルに美しい画像を撮影したい方にとっては十分なカメラといえます。

【製品型番】 SM-C200NZWABTU
【年式】 2016
【電池付属】 はい
【商品重量】 154 g
5位

USAMS 360度カメラ 全天球カメラ スマホレンズ 写真ビデオ撮影 日本語アプリ アイホン専用(iPhone6/6s)

USAMS 360度カメラ 全天球カメラ スマホレンズ 写真撮影 日本語アプリ アイホン専用(iPhone6/6s)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,399

いつでも大切な瞬間を残してくれる、全天球タイプの360度カメラです。前面と背面のレンズによって、周りの景色をしっかりと撮ってくれるので、一枚の写真のなかに、全方位の景色を見せてくれます。操作もとても簡単。カメラをスマホに取り付ければ、それだけですぐに360度カメラに変身します。

iPhone専用となっているため、その点だけ注意が必要ですが、それさえクリアしていればしっかりフィットした状態で使えるので安心です。アプリにはリタッチ機能など充実の仕様となっているため、あれこれ揃えなくとも購入してからすぐにさまざまな加工を行いアップロードして楽しむことが出来ますね。

【電池付属】 いいえ
【商品重量】 68 g
4位

iPhone 360度カメラ Giroptic iO (ジロプティック アイオー) 写真 動画 ライブストリーミング配信 VR撮影 簡単操作

iPhone 360度カメラ Giroptic iO (ジロプティック アイオー) 写真 動画 ライブストリーミング配信 VR撮影 簡単操作

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,800

大切な場面を瞬時に360度ライブ配信・撮影することができます。動画や静止画など、アプリを使えばFacebookやTwitterなどのSNSとリンクし、共有することができるので、リアルをご自身だけでなく世界中の方に感じていただけるでしょう。もちろんライブ配信も可能となっており、世界はぐんと広がります。

966万画素と大変高画質になっているため、鮮明かつ美しい映像を残すことが出来ます。今までの画質では物足りなさを感じていた、という方にもきっと満足していただけるでしょう。操作もシンプルで簡単、初心者の方でも安心して使用できます。ぜひご自身の世界を表現してみてはいかがでしょうか。

3位

【電池2つ付き】4k アクションカメラ wifi 水中カメラ 360度カメラ 全天球 30m防水 自転車 空撮 3D・VR仮想メガネサポート アプリで八種類撮影モード 遠隔操作 日本語対応 V1(シルバー)

【電池2つ付き】4k アクションカメラ wifi 水中カメラ 360度カメラ 全天球 30m防水 自転車 空撮 3D・VR仮想メガネサポート アプリで八種類撮影モード 遠隔操作 日本語対応 V1(シルバー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,999

撮影角度が水平方向360°、垂直方向に220°と全方位撮影することが可能。ただそこに置くだけで、ほぼすべてのシーンを撮ることができます。アウトドアはもちろん、さまざまな場面でオリジナルな使い方を楽しんでみるのがいいでしょう。画質は4K画質、1600万画素と、圧倒的な高画質を誇るなど、美しさにきっと満足していただけるはず。

専用のアプリをダウンロードすることで、カメラを遠隔操作することも可能です。また、8種類の撮影モードを自由に選択できるなど、簡単な操作でオリジナリティを出すことも出来るでしょう。充実の機能が備わったカメラの使い心地をぜひ実感してみてはいかがでしょうか。

【製品型番】 V1
【画面サイズ】 0.96 インチ
【WiFI】 Wifi
【付属品】 1×OVTECH 360度カメラ 1×防水ケース(水中30メートル規格) 2×電池 1×自転車ブラケット 2×ヘルメットベース 3×スイッチのサポート 1×データケーブル 1×ユーザーマニュアル(日本語説明書) 1×クリーニングクロス
【カラー】 シルバー
【対応機種】 スマートフォン, iPad, windows
【商品素材】 ABS
【形状】 Round
【サイズ】 V1
【バッテリータイプ】 リチウムイオン
【電池付属】 はい
【商品重量】 95.3 g
2位

LG 360度 CAM VR カメラ LG-R105 (International Version) [並行輸入品]

LG 360度 CAM VR カメラ LG-R105 (International Version) [並行輸入品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 10,500

簡単ワンタッチ操作で、360度の景色を記録することが出来ます。スマートフォンを使用すれば、今録画しているものをリアルタイムで観ることが出来るので、確認しながら映像を記録することも可能です。デュアルワイドアングル仕様の1300万画素のレンズは、かつてないほどの鮮明さでハッキリと見せてくれるでしょう。

Wi-FiだけでなくBluetoothでスマホと繋げて動画撮影することも可能。広範囲の音もしっかりと拾ってくれるので、画像だけでなくその瞬間の音まで記録してくれます。シンプルな操作性を求めている方にもきっと満足していただけるはず。ぜひ味わってみてください。

【製品型番】 LG-R105
【有効画素数】 1300万画素
【カラー】 ホワイト
【サイズ】 4 x 2.5 x 9.7 cm ; 77 g
【電池付属】 いいえ
【商品重量】 77.1 g
1位

RICOH 360度カメラ RICOH THETA SC (ホワイト) 全天球カメラ 910740

RICOH 360度カメラ RICOH THETA SC (ホワイト) 全天球カメラ 910740

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 21,540

高画質の映像を楽しみたい方にはこちら。画像が合成されるとどうしても不自然、とお悩みの方にも満足していただける、精度の高い繋ぎ処理で自然な360度静止画と動画を記録することが出来ます。電源を入れてから約1.5秒で撮影できるクイックレスポンス仕様は、必要な時にもすぐ使えるのがいいですね。

iOS、Androidに対応しており、ほとんどのスマートフォンと連携可能。届いたその日からすぐに撮影することが出来ます。また、市販のVRビューアーがあれば本格的なバーチャルリアリティーも体験できるなど、最近流行の楽しみ方もできるのがオススメポイント。軽量で持ち運びしやすく、どこへでも連れて行きたくなる相棒になってくれるでしょう。

【製品型番】 FBA_910740
【可動式液晶】 いいえ
【ファインダー付き】 いいえ
【カラー】 ホワイト
【サイズ】 本体のみ
【電池付属】 いいえ
【保証書】 説明書内に記載
【保証】 メーカー保証:1年
【商品重量】 99.8 g

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

360度カメラの効果的な使い方

青空の写真

なんといっても360度カメラの魅力と言えば、普段撮ることができないような画像を撮れる、というのが楽しみ方になります。既成概念にとらわれない、自由な発想を生かすことが出来るアイテムでもあり、ありがちな風景だけを残すのではなく、また違った視点から物事を見ることが出来る、というのも面白さです。

いつもの風景も違って見える

野外で使用されることが多い360度カメラですが、あえて自宅で楽しんでみるというのもありです。いつも当たり前のように見ている見慣れた風景が、全く別の世界のように感じられるようになるなど、これまで発見できなかった面白さを味わうことが出来るかもしれません。まるで異世界に迷い込んだかのような、不思議体験がそこにあるでしょう。

とっておきの場所へ持ってでかけるのももちろんいいのですが、まず手始めに見慣れた風景を向き合ってみるのも楽しいはず。案外面白みを感じられないと思っているところほど、新たな発見があるかもしれません。こだわりすぎないこと、自分の感性を信じてみること。発想の転換を意識してみましょう。

三脚などのアイテムを使用する

カメラを使用する際、どうしても自身の手が映り込んでしまうのが不満、という方もいらっしゃるでしょう。あえてそれを味にして楽しむのもおすすめですが、できるだけ映り込まないようにしたい方も多いはず。その場合はカメラだけでなく、三脚や自撮り棒を準備するといいでしょう。

これらのアイテムを駆使することで、自分の映り込みを極力減らすことができますので、より理想に近づいた映像を撮ることができるでしょう。最近は三脚もコンパクトで持ち運びしやすいものが増えてきていますので、そういったアイテムを選ぶと気軽に撮影に使用することができますね。

ただし自撮り棒など、周りの迷惑にならないよう使用しなければなりません。映像を記録するのに夢中になるあまり、周囲への気配りを忘れてしまうというのはルール違反。モラルを忘れてまで残す映像というものに、意味はないでしょう。最低限守らなければならないことは守る。それが楽しむための大事なルールです。

いつでもバッグにしのばせて

どんな時に撮りたい映像に出会えるかわからない、だからこそ普段から360度カメラを持ち歩くのがおすすめです。最近はコンパクトかつ軽量なものも増えてきていますので、バッグに入れても荷物にならず気軽に持ち運ぶことが出来るものも多いです。あえて撮影する、と意気込んで用意するのもいいですが、日常のなかで取り入れるのもおすすめ。

その際はケースに入れるようにするなど、傷つかないように注意が必要です。衝撃に強いものや防水仕様のものなど、そういった機能が付いているものを選べばより安心して持ち運ぶことができるはず。外へ持ってでかける機会が多い方はそのあたりにも注目しながら選ぶといいかもしれませんね。

加工次第でも世界は変わる

撮影した映像はアプリやソフトウェアを使用して加工することができます。その加工によって、見える世界は大きく変化しますので、ぜひ色んな加工を施してみてはいかがでしょうか。同じ映像も全く違ったものに見えるなど、どんな面白さが潜んでいるか分かりません。ぜひ、自由に楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

多くの方々から注目されている360度カメラは、自由な発想を生かすことでたくさんの楽しみ方ができるアイテムです。こんなふうに使ってはいけない、ではなく、こんなふうに使ってみたらどうだろう。そんな気持ちで活用していただくのがおすすめ。ご自身にしか撮ることができない世界をぜひSNSなどを使って広めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.