1. グッディ∞
  2. 家電重低音スピーカーおすすめランキング!人気の商品比較

2018/08/10更新

重低音スピーカーおすすめランキング!人気の商品比較【2018年】

重低音スピーカー

音楽や映画を楽しんでいる時、重低音が物足りなく感じることってありますよね。重低音スピーカーというとサイズが大きく価格が高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、最近ではBluetooth接続に対応したコンパクトサイズのものやリーズナブルなものも増えています。

本ページでは、重低音スピーカーの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

重低音スピーカーの選び方

スマートフォンを眺める男性

まずは重低音スピーカーの選び方についてご説明いたします。

スピーカーのチャンネルをチェック

皆さんはスピーカーに関して2.0chや2.1chという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。スピーカーの数やサブウーファーの有無によって数字が変わってくるのですが、整数部分がスピーカーの数、小数部分がサブウーファーの有無を表しています。

例えば2.0chであれば2つのスピーカー(サブウーファーなし)、5.1chであれば5つのスピーカーと1つのサブウーファーで構成されています。

サブウーファーというのは一般的におよそ100Hz以下の低音域のみの再生を担当するスピーカーのことですが、この重低音専用のサブウーファーが加わることでより迫力と深みのあるサウンドを楽しむことができます。

そのため、重低音スピーカーを選ぶうえでサブウーファー付きの2.1chであるかどうかという点は1つの判断材料になるでしょう。

フルレンジかマルチウェイか

低音域・中音域・高音域といった音域が存在するのは皆さんご存じかと思いますが、全音域を1つのスピーカーユニットで担当する場合もあれば複数のスピーカーユニットでそれぞれの音域を担当する場合もあります。

全音域を1つのスピーカーユニットで担当するタイプをフルレンジ、複数のスピーカーユニットでそれぞれの音域を担当するタイプをマルチウェイと呼びますが、マルチウェイは役割分担した数によって2ウェイや3ウェイと呼ばれます。

1つのスピーカーユニットだとカバーできる音域に限りがあるため、複数のスピーカーユニットでそれぞれ得意な音域を担当したほうが臨場感のあるサウンドを楽しめます。ただ、フルレンジにも低音から高音までバランスよく音を鳴らせるというメリットはあるので、どちらを選ぶかは好みにもよるでしょう。

エンクロージャーのサイズをチェック

エンクロージャーとは簡単に言うとスピーカーユニットを内包する「箱」のことです。基本的にエンクロージャーのサイズが大きいほど重低音が響きやすくなるので、迫力のある重低音を楽しみたいという方はエンクロージャーのサイズもチェックしてみるとよいでしょう。ただし、設置場所のスペースも考えながら選ぶようにしてくださいね。

スピーカーユニットの口径をチェック

円形のスピーカーユニットは口径でそのサイズを表しますが、重低音をより響かせるためにはエンクロージャーと同様に大きいほうが有利です。迫力のある重低音を追い求める方はエンクロージャーのサイズだけでなくスピーカーユニットの口径もチェックしてみてください。

Bluetooth接続に対応しているかどうか

特に重低音スピーカーを旅行やキャンプ、出張など外出先に持ち運びたいという場合、Bluetooth接続に対応しているかどうかは重要なポイントです。Bluetooth接続に対応していればお持ちのスマートフォンやタブレット、PCなどと無線接続していつでもどこでも音楽などを楽しめますよ。

ここではBluetooth接続に対応した重低音スピーカーを選ぶうえで重要なポイントをご紹介いたします。

Bluetoothのバージョン

Bluetoothにはver4.0やver4.1といったバージョンが存在しますが、それぞれ機能や性能が異なります。Bluetoothのバージョンが異なる機器同士を接続した場合は基本的にバージョンが低いほうに合わせるため、例えばお持ちのスマートフォンがver4.1でもスピーカー側がver4.0だと性能を十分に発揮できません。

そのため購入する前には接続したい機器のバージョンを確認し、同じバージョンかそれよりも新しいバージョンのスピーカーを選ぶようにしましょう。

対応コーデック

Bluetoothには「コーデック」と呼ばれる音声圧縮変換方式が数種類存在します。主なコーデックはSBC・AAC・apt-X・LDACの4種類ですが、SBCはBluetooth対応機器に標準で搭載されているコーデックです。SBCは汎用性が高いもののデータの圧縮率が高く、音ズレやノイズが発生する可能性もあり音質には期待できません。

Apple製品をお持ちの方はAAC、Android製品をお持ちの方はapt-X、ハイレゾ音源を再生したい方はLDACが選択肢に入るかと思いますが、接続する機器とスピーカーの両方が同じコーデックに対応していなければなりません。

そのため、購入する前に接続したい機器とスピーカーの両方の対応コーデックを確認するようにしてください。

デジタルアンプ

迫力のある重低音を楽しむためには音質や音量を増幅させるアンプの性能も重要ですが、Bluetooth接続に対応した重低音スピーカーはコンパクトサイズのものが多いため、しっかりしたアンプを搭載できるのかという不安がありますよね。

アナログアンプだと小さなスペースに収めるのが難しいのですが、デジタルアンプであれば小型化が可能なのでコンパクトサイズのスピーカーであっても問題なく搭載できます。

また、デジタルアンプは消費電力が少なく熱を持ちにくいというメリットもあります。Bluetooth接続に対応した小型スピーカーとデジタルアンプの相性は非常に良いと言えるでしょう。

パッシブラジエーター

パッシブラジエーターとは簡単に言うとアンプを使わずに低音域を増幅する機構のことです。エンクロージャーのサイズが小さいと低音を響かせにくいというデメリットがありますが、パッシブラジエーターを搭載することでそのデメリットをある程度補うことができるんです。

エンクロージャーのサイズが小さい小型スピーカーで重低音を楽しみたいという方は、パッシブラジエーターが搭載されているかどうかをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

重低音スピーカー人気おすすめ商品TOP10

次にネット通販で購入できる人気の重低音スピーカーを、ランキング形式でご紹介いたします。気になる商品があったらぜひチェックしてみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

Paxcess Bluetoothスピーカー ワイヤレススピーカー マイク内蔵 重低音 高音質 大音量 USBとAUXとNFC対応 HiFi 360度サウンド ハンズフリー通話 iPhone/Android/PC対応 改良版 おしゃれ 長時間連続再生 耐久性 低音強化 コンパクト ホームと旅行に最適なポータブルスピーカー ユニークなプレゼント/贈り物用に最適 【一年保証】

Paxcess Bluetoothスピーカー ワイヤレススピーカー マイク内蔵 重低音 高音質 大音量 USBとAUXとNFC対応 HiFi 360度サウンド ハンズフリー通話 iPhone/Android/PC対応 改良版 おしゃれ 長時間連続再生 耐久性 低音強化 コンパクト ホームと旅行に最適なポータブルスピーカー ユニークなプレゼント/贈り物用に最適 【一年保証】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

Bluetooth接続に対応し、コンパクトで持ち運びに便利な重低音スピーカーです。コンパクトでありながら独自のX-Bassテクノロジーによって迫力と深みのある低音を実現しています。

また、ダブルトラック・サラウンドサウンドの設計を採用しており、10Wのスピーカーを2つ搭載することによって低音を増強しつつ中高音もクリアでバランスの良い迫力あるサウンドが広がります。

なお、Bluetoothのバージョンは4.1で10mまで接続が可能です。IPX4の防水性能を持っているため海やプール、キャンプといったアウトドアシーンでも活躍しそうな1台ですね。

【Bluetooth接続】ver4.1
【電源方式】USB
【サイズ】高さ19cm×直径7.8cm
【重量】560g
9位

AURTEC bluetooth4.2スピーカー/ワイヤレススピーカー 改造版 重低音 大音量 USB充電 内蔵マイク 5W省電力設計 スマホ/タブレット/PC/Macbookに対応(ブラック)

AURTEC bluetooth4.2スピーカー/ワイヤレススピーカー 改造版 重低音 大音量 USB充電 内蔵マイク 5W省電力設計 スマホ/タブレット/PC/Macbookに対応(ブラック)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,399

Bluetoothのバージョン4.2に対応し、360度のステレオサウンドと大音量の低音を実現した重低音スピーカーです。5Wのオーディオドライバーとパッシブサブウーファーによってパワフルで重みのある音を再現してくれます。

磁石付きで2つのスピーカーをまとめられるうえにコンパクトなので持ち運びに非常に便利です。360度全方向に同じような重低音を届けられるので、大人数が集まるようなイベントでの活躍も期待できそうですね。

【Bluetooth接続】ver4.2
【電源方式】USB
【サイズ】長さ7.5cm×高さ6.2m
【重量】416g
8位

Sindax Bluetoothスピーカー IPX6防水 ワイヤレススピーカー ポータブル ステレオ 重低音 大音量 20時間連続再生 お風呂 アウトドア 車載用 iphone Android ipod iPad対応 防塵 衝撃吸収 TFカード対応 AUX対応 マイク搭載 ハンズフリー通話 (ブルー)

Sindax Bluetoothスピーカー IPX6防水 ワイヤレススピーカー ポータブル ステレオ 重低音 大音量 20時間連続再生 お風呂 アウトドア 車載用 iphone Android ipod iPad対応 防塵 衝撃吸収 TFカード対応 AUX対応 マイク搭載 ハンズフリー通話 (ブルー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,788

Bluetooth接続と高い防水性能によってさまざまなシーンで活躍する重低音スピーカーです。スピーカーユニットに8W×2のデュアルドライバーを搭載しているため、コンパクトボディでありながら高い音圧と重低音を両立させています。

本製品はIPX6という高い防水性能を持っているため、汗や雨に強く万が一水没しても問題ありません。そのためお風呂で音楽を流したい時に大活躍しますし、キャンプやバーベキュー、登山などのアウトドアシーンにもおすすめの1台です。

また、MicroSDカードスロットが搭載されているのでMicroSDカードにお気に入りの曲を詰め込んで楽しむこともできますよ。4500mAhリチウム充電池を内蔵することにより最大で20時間の連続再生が可能であるという点も魅力的です。

【Bluetooth接続】ver4.1
【電源方式】USB
【サイズ】19cm×5.4cm×8.6cm
【重量】300g
7位

Bluetooth4.2 ワイヤレススピーカー ステレオスピーカー 高音質 重低音 デュアルドライバー/AUX入力 10時間連続再生可能 ホーム/旅行/パーティー用- GOFREETECH

Bluetooth4.2 ワイヤレススピーカー ステレオスピーカー 高音質 重低音 デュアルドライバー/AUX入力 10時間連続再生可能 ホーム/旅行/パーティー用- GOFREETECH

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,230

Bluetoothのバージョン4.2に対応し、AndroidやiPhone、iPad、PCなど幅広い互換性を備えた重低音スピーカーです。デュアルドライバーとパッシブラジエーターによって低音が強化され、高音質なステレオ出力を実現しています。屋内だけでなく屋外での使用でも十分なパワーを発揮してくれますよ。

アルミニウム合金と質感のある織物素材による洗練されたデザインもまた魅力的ですよね。旅行のお供として持っていけば気分が上がりそうな1台です。なお、1回の充電で最大10時間の連続再生が可能です。

【Bluetooth接続】ver4.2
【電源方式】USB
【サイズ】幅7.7cm×奥行6.6cm×高さ20cm
【重量】-
6位

Willnorn SoundPlus ポータブル Bluetooth スピーカー 10W ステレオ ベース 大音量 重低音強化 24時間連続再生可能 内蔵マイク NFC搭載 IPX5防水機能 PC スマホ等に対応

Willnorn SoundPlus ポータブル Bluetooth スピーカー 10W ステレオ ベース 大音量 重低音強化 24時間連続再生可能 内蔵マイク NFC搭載 IPX5防水機能 PC スマホ等に対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,999

高音質・大音量・重低音を実現したBluetooth対応の重低音スピーカーです。1回の充電で最大なんと24時間も連続再生することができ、IPX5相当の防水性能を持っているのでアウトドアでの使用にも最適です。NFCに対応しているのでワンタッチで簡単にBluetooth接続することができます。

なお、本製品はWillnorn社が独自開発した電流増強技術を採用し、4W×2の大出力アンプとデュアルステレオスピーカーを搭載することにより音量を50%も増幅させることに成功しています。総合出力約10Wの高出力で大音量の再生が可能になっていますよ。

また、ビッグサイズのパッシブサブウーファーを搭載することにより重厚なバスサウンドを再現してくれます。

【Bluetooth接続】ver4.1
【電源方式】USB
【サイズ】14.3cm×4.3cm×5.3cm
【重量】422g
5位

「大口径102mmサブウーファー・重低音の迫力サウンド」 2.1chスピーカーシステム オーム電機 ASP-620N

「大口径102mmサブウーファー・重低音の迫力サウンド」 2.1chスピーカーシステム オーム電機 ASP-620N

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,750

総合出力15Wアンプと大口径102mmサブウーハーを搭載し、迫力のある重低音で臨場感のあるサウンドが楽しめる重低音スピーカーです。重低音を調整できる機能が搭載されているので自分好みの重低音にカスタマイズすることが可能です。

重低音用のサブウーファーを搭載した2.1chでありながら価格が非常にリーズナブルなので、試しに2.1chスピーカーを使ってみたいという方にもたいへんおすすめの製品です。

【Bluetooth接続】不可
【電源方式】AC電源
【サイズ】幅13cm×奥行17.6cm×高さ21cm(メインユニット)、幅8.1cm×奥行6.8cm×高さ14.1cm(サテライトスピーカー)
【重量】1570g(メインユニット)、250g(サテライトスピーカー)
4位

TEES 2.1ch スタイリッシュ スピーカー システム/サブウーファー ダブルスピーカーで迫力の重低音/ブルー LED イルミネーション 機能付き/メーカー保証1年 日本語説明書付/安心の店舗アフターフォロー/TSS-221/正規代理店

TEES 2.1ch スタイリッシュ スピーカー システム/サブウーファー ダブルスピーカーで迫力の重低音/ブルー LED イルミネーション 機能付き/メーカー保証1年 日本語説明書付/安心の店舗アフターフォロー/TSS-221/正規代理店

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,900

サブウーファーとサテライトスピーカーで幅広い周波数帯域をカバーした重低音スピーカーです。2.1chスピーカーでありながら省スペース性に優れているので置き場所に困りません。ブルーのLEDライトが暗闇でキレイに光るのも魅力的です。

本製品はDVDプレーヤーやスマートフォン、PC、オーディオプレーヤー、ゲーム機などさまざまな機器とオーディオケーブル1本で接続できます。さまざまなエンターテイメントをパワフルなサウンドと深みのある低音で楽しんでみてはいかがでしょうか。

【Bluetooth接続】不可
【電源方式】AC電源
【サイズ】幅11cm×奥行23cm×高さ24cm(サブウーファー)、幅8.6cm×奥行7.1cm×高さ18.8cm(サテライトスピーカー)
【重量】1900g(サブウーファー)、110g(サテライトスピーカー)
3位

2.1ch Bluetoothスピーカー

2.1ch Bluetoothスピーカー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,980

音声出力30Wの大音量で臨場感のある重低音サウンドを楽しめる2.1chの重低音スピーカーです。Bluetoothに対応しているスピーカーは小型で持ち運びを想定した製品が多いのですが、本製品はBluetoothに対応していながら本格的な重低音を楽しめるサブウーファー付きの2.1chスピーカーとなっています。

サブウーファー本体のフロントパネルにある調整つまみを回せば低音・高音が簡単に調整できますよ。価格がリーズナブルなので、スマートフォンやPCと接続して自宅で気軽に重低音を楽しみたいという方におすすめの1台です。

【Bluetooth接続】ver4.0
【電源方式】AC
【サイズ】-
【重量】-
2位

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,999

Bluetooth接続に対応し、1回の充電で最大なんと24時間もの連続再生が可能な重低音スピーカーです。特許を取得したらせん状のバスポートによって重厚なバスサウンドを実現し、デュアルドライバーを搭載することで臨場感のある透き通った音を実現しています。音の歪みはなんと1%未満に抑えられているんですよ。

デザインは洗練されていてコンパクトですし、何より充電が非常に長持ちなのでアウトドアや旅行のお供として持っておきたいアイテムですね。

【Bluetooth接続】ver4.0
【電源方式】USB
【サイズ】16.5cm×4.5cm×5.4cm
【重量】365g
1位

Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3

Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,480

コンパクトボディでありながら高品質なサウンドを実現する2ウェイデザインの重低音スピーカーです。スピーカー内部から音場への音波の流れを作り出す「BasXPort」を搭載することで、サブウーファーがなくても深みのある低音域を再生してくれます。

また、本製品が優れているのは重低音だけではありません。専用ツィーターとミッドレンジドライバーを組み合わせた2ウェイデザインを採用することで、スムーズな高音域から豊かな中音域まで音楽のディティールを詳細に描いてくれますよ。

【Bluetooth接続】不可
【電源方式】AC電源
【サイズ】8.8cm×19.4cm×13.2cm
【重量】2000g

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

重低音スピーカーの効果的な使い方

重低音スピーカー

最後に重低音スピーカーの効果的な使い方をみていきましょう。

サブウーファーを置く位置を考えよう

スピーカーは置く場所がわかりやすいですが、重低音専用のサブウーファーはどこに置けばよいかわからないという方もいらっしゃるかと思います。よって、ここではサブウーファーのおすすめの置き場所をご紹介いたします。

まず、一般的にサブウーファーは左右のスピーカーの近くに置くのがよいとされています。必ずしも中央である必要はありませんが、左右のスピーカーの間に置くとよいでしょう。

この際、できるだけ部屋の角や壁際には置かないようにしてください。これはなぜかというと、壁が振動して音が乱れてしまう可能性があるからです。サブウーファーの周りに物体が何もない状態がベストだと言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。重低音スピーカーと一口に言っても自宅に設置する本格的なものから持ち運びに便利な小型のものまでさまざまなタイプがあるということがおわかりいただけたかと思います。

自宅で腰を据えて重低音を楽しむのもよいですが、旅行やアウトドアで重低音を楽しむのもまた魅力的ですよね。本ページを参考に、自分に合った重低音スピーカーを見つけていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->