1. グッディ∞
  2. 家電おすすめ食器洗い乾燥機の人気比較ランキング

2018/01/22更新

おすすめ食器洗い乾燥機の人気比較ランキング【2018年】

キッチンの食器洗い乾燥機

食事の後の食器洗いは誰にとっても面倒な作業の一つです。洗剤による手荒れの最大の原因でもあり、できれば食器洗いの手間や負担を少しでも軽くしたいものですね。

そんな願いをかなえてくれる家電製品が食器洗い乾燥機です。使った食器や調理器具などを入れて洗剤を加えてスイッチを押すだけで機械がきれいにしてくれて乾燥まで終了する夢のような家電製品として今では多くの家庭で使われるようになりました。

ぜいたく品と思われていた時代もありましたが、現在では忙しい共働き家庭などにはなくてはならない家電製品として絶大な支持を集めています。そんな便利で頼りになる食器洗い乾燥機に関する様々な情報をお届けします。

スポンサーリンク

食器洗い乾燥機の選び方 

タブレットを使う女性

一般家庭への普及率もだんだん高まっている食器洗い乾燥機は、食器洗いの手間が省けるだけでなく衛生的で、さらに省エネにもつながる優れた家電製品です。価格帯も幅広く、手に入れやすい価格のものも増えてきました。多くの種類の中からどんなものを選べばよいか悩んだ時に役立つ、チェックしておきたいポイントについてご紹介します。

設置タイプの種類

食器洗い乾燥機には設置タイプの異なる2種類があります。

ビルトイン型

システムキッチンに取り付けて使用するタイプで、システムキッチンの中にぴったりと収まるため、キッチンが無駄なくすっきりと見えるのが最大のメリットです。ただし、導入にあたってはキッチンの改修工事が必要で、その分システムキッチンの中の収納スペース部分が少なくなる点がデメリットです。家の新築時やキッチンリフォームのタイミングで導入する人が多いようで、価格面では据置型の製品に比べて高額になるのも特徴の一つです。

据置型

キッチンへの取り付けが簡単で、ビルトインタイプに比べてずっと手軽に導入できるのが魅力です。設置に際して工事は必要ないのですが、給排水設備の変更が必要になります。具体的には食器洗い乾燥機に給水するための分岐水栓の取り付けが必要になるのですが、費用の節約の為に分岐水栓を自分で取り付ける事を希望する人もいます。大きさや機能、価格帯も幅広く、コンパクトサイズでも使い易く魅力的な製品が数多くあります。

まずは設置スペースを確認しよう

食器洗い乾燥機を設置するにあたって、設置スペースに適したサイズかどうかを確認する必要があります。また、据え置き型は設置のためのスペース以外にも実際に使用する際に不都合のないように余裕を持たせたサイズを検討する必要があります。

キッチンのどこに置くか

キッチンの使い勝手を左右するのが使いやすい動線です。食器洗い乾燥機の場合、他の電化製品や家具などよりも設置できる条件が限られてくるため、自分が最も使いやすい動線にできる場所の中からどこに置くかを検討してみるようにしましょう。

例えばシンク脇のコンロと逆側にスペースがある場合にはシンク側に設置することで水じまいがよく便利に活用できます。シンクとコンロとの間の調理台スペースなどに置くときは食器洗い乾燥機が正面を向くように設置するのが一般的です。ただし、L字型キッチンなどの場合にはコーナー部分に設置することもできますが、その分給排水のためのホースが長く必要になります。

シンクの前に出窓などがある場合にも設置場所としてよく活用されます。シンク周りに設置スペースを確保できないときなどには、キッチン前の窓は有効な設置スペースになります。

寸法の確認は正確に行う

食器洗い乾燥機を置くスペースが大体決まったら今度は具体的に希望の製品が置けるかどうか詳細の寸法を確認する必要があります。食器洗い乾燥機の場合、本体の寸法だけでなく扉が大きく開く必要があるため、扉がどんな開閉の仕方をするかによって置く場所に必要になる寸法が変わってきます。

実際に扉が開く際に必要になるスペースもきちんと把握しておかないと、本体は確かにおけるスペースがあるけれど、使い勝手が悪かったり場合によっては開け閉め自体がきちんとできない事も考えられます。

水栓の位置とコンセントの位置

食器洗い乾燥機を設置する際には洗濯機の設置と同様に給排水が必要になります。その為本体を置きたい場所があっても、そこが給排水のしにくい位置の場合設置することが難しくなる場合もあります。

できるだけ水栓の近くに設置する方が効率よく便利に使えます。また、電源も必要になる事を考え、あらかじめコンセントの位置も事前にチェックしておくようにしましょう。

ドアの開き方の種類と特徴

食器洗い乾燥機のドアの開閉方式は4種類のタイプに分類されます。それぞれのタイプにメリットもデメリットもあるのですが、キッチンの収納によく利用される吊戸棚にぶつからないか、近くの家具の扉や窓などの開閉に影響しないか、扉を開けた時に水栓とぶつかる事はないかなどをチェックする必要があります。

前開き式

扉を手前に倒して開閉するタイプです。据置型だけでなくビルトイン型にも採用される開閉方式ですが、ビルトイン型では海外メーカーの製品に多く見られるタイプです。

引き出し式

国内メーカーのビルトインタイプの食器洗い乾燥機に主に使用されている方式です。引き出しのように扉をスライドさせてあけるタイプで、食器は上部から出し入れするので、最初のうちは食器の入れ方に慣れるのに時間がかかるかもしれません。

上下2枚の前開き式

上下の扉をそれぞれに手前に引いて開く方式です。カゴが上下に分かれているので食器の出し入れが楽にできるのが特徴です。

上部スライド式

据置型の食器洗い乾燥機で使用されるタイプです。下部の扉は引いて開け、上部は天板へとスライドさせて収納するようになるため、開口部を大きくとることができます。調理器具や大きな食器なども出し入れしやすいのが特徴です。

食器容量の選び方

食器洗い乾燥機

普段生活する家族の人数やその家の生活スタイル、食事内容などによって使用する食器の種類や数は変わってきます。収納できる食器の容量が大きくなるにつれ、食器洗い乾燥機本体のサイズも大きくなるため、設置にスペースが必要になる事を考えれば、むやみに大きなものを選ぶばかりがよいわけではない事に気が付く事でしょう。

それでも大容量のものになる程、なべやフライパンなどの大型の調理器具まで洗えるなど、使い勝手がよくなることも考えられます。ビルトインタイプでしっかりとスペースを最初から確保できるなら別ですが、据え置きタイプで後から貴重なキッチンのスペースを使って設置するなら、どんな使い方をするかをよく考えて人数に合わせて、食器容量を選ぶようにしましょう。

同じ6人分の食器が洗えるとなっていても、収納できる食器の点数は異なります。また、フレキシブルに様々な使い方ができる収納かごのついた製品なら、大きな食器も細かい食器もその時に合わせて使い勝手を選べるので便利です。

本当に手洗いよりも節水になる?

よく言われるのが、食器洗い乾燥機を使って食器を洗った方が、手洗いするよりも少しの水で済むので水道代の節約になるというものです。手洗いの際にはやり方によって使う水量は変わってきますが、確かに食洗機の方が使用する水量は少なくて済むようです。

水道代が気になるという場合は、より使用する水量の合計が少ないものを選ぶ必要がありますが、一般的には食器の容量と使う水の量は比例するので、比較する時には同じ食器容量の製品同士を比較し、表示されている標準総使用水量で比較するようにしましょう。よく利用されるタイプで標準総使用水量は10L程度のものが中心です。

意外に大切な騒音対策

昨今ご近所トラブルに発展しがちな事の一つに騒音問題が挙げられると言われています。食器洗い乾燥機の稼働中の運転音は結構大きいため、深夜に使用したり集合住宅で使用することを考えればご近所に迷惑にならないように運転音のできるだけ小さな機種を選ぶと言うのも一つの対策になります。

あまり神経質になりすぎてもいけませんが、例えば図書館の騒音レベルは40dbだとされているため、この数値を目安により静かな製品を選ぶこともできます。製品に記載された運転音の数値をチェックしてみましょう。

運転コースの種類と運転時間

目覚まし時計を持つ手

食洗機の導入は時間短縮になるというイメージで実際に使って見ると、運転時間が意外に長いことに驚く人が少なくありません。多くの場合標準コースでおよそ1時間半ほどの運転時間が必要になるので、手洗いしたほうが早いと思ってしまうのも無理もないかもしれません。

でも、食器をセットするだけであとは機械がきれいにしてくれるのですから、時間短縮になるのは利用する側の労力にかかる時間のことだといえます。運転コースによってどの製品も運転時間が変わってきて、強力コースやパワフルコースなどの場合2時間から3時間かかるものもあります。

逆にスピーディーコースなら30分ほどで終了すると表示されているものもあるのですが、この場合高温乾燥時間が含まれていないことが多いので注意が必要です。自分が使い易いような運転コースが設定できるものを選べば、運転時間も効率よく使う事が出来て、電気代や水道代の節約にもつながります。

売り場に行って実物に触れてみよう

食洗機は忙しい家事を手助けしてくれる心強い助っ人のような存在で、決して安くはない金額を投資することを考えれば自分が満足できる製品を選びたいのは当然のことです。だからこそどんな機能がどんなふうに便利なのか、製品によって違うアピールポイントを実際に目で見て触れてみて実感してみましょう。

特にデータ上はたくさんの食器が入るとなっていても、実際に食器をセッティングする手順がかなり複雑だったりする製品もあるので、毎日使う事を考えれば食器の出し入れが簡単にできるものを選ぶこともとても重要です。

スポンサーリンク

食器洗い乾燥機人気おすすめ商品TOP10 

便利で使い易い食器洗い乾燥機を人気の高いものを中心にランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

パナソニック 食器洗い乾燥機ガンコな油汚れをすっきり洗浄「パワフルコース」 (ホワイト) (NPTM9W) ホワイト NP-TM9-W

パナソニック 食器洗い乾燥機ガンコな油汚れをすっきり洗浄「パワフルコース」 (ホワイト) (NPTM9W) ホワイト NP-TM9-W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 50,690

頑固な油汚れも高温ですっきりと落すパワフルコース搭載の食器洗い乾燥機です。最後の加熱すすぎを80℃の高温で行う為、洗い上がりがすっきりと仕上がります。手洗いに比べ約7分の一も節水できて、低温設計なので夜でも安心して使う事が出来ます。

ドアが手前に開くタイプなので上に物を置くことができるのでコンパクトなキッチンスペースも有効活用できます。6人分約40点の食器を洗え、食器だけでなく調理器具もたっぷりセットできます。

パナソニック 食器洗い乾燥機ガンコな油汚れをすっきり洗浄「パワフルコース」 (ホワイト) (NPTM9W) ホワイト NP-TM9-W口コミ評判

この機種の二つほど前の機種を使っていました。その機種が調子悪くなっての買い替えです。ドアが2段構えになっていました。音が前の機種より静かです。使い勝手は、比べ物にならないほどよくなっていますね。水栓金具などは、前の機種とまったく変わらないので、そのまま使えました。結構この金具は高いのでちょっぴり得した気分です。

同じPanasonicのNP-TR3からの買い替えです。我が家では設置場所の上部にキッチンの戸棚があるため、今回寸法を測ってこのモデルにしました。食洗機としてきちんと進化しており、少し静かになっていると感じますし、当然ながら汚れもキレイに落ちます。
設置場所のサイズを良く測って結果こちらしか入らない人にはおすすめ出来る機種になっています。

9位

Panasonic 食器洗い乾燥機 ホワイト NP-TM3-W

Panasonic 食器洗い乾燥機 ホワイト NP-TM3-W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 27,225

トリプルブーメランノズルとダブルアームノズルで隅々まで洗浄液が行き渡り食器をきれいに洗えます。標準コースで使用水量は約11リットルなので、手洗いするよりもはるかに節水効果が期待できます。食器は約42点セットすることができ、80℃すすぎモードで油汚れもすっきり洗い上げ、駆動音も静かなので夜でも使用できます。

Panasonic 食器洗い乾燥機 ホワイト NP-TM3-W 口コミ評判

今回、初めて食器洗い機を購入しました。初めて使った感想は、とにかく便利!!
使って2ヶ月程度ですが、1度使うと、これがない生活は考えられないってぐらいに手放せなくなります。共働きのご夫婦に、是非オススメします。80℃すずぎで、油汚れもすっきり落ち、お茶碗についているご飯もきれいになり、購入時はちょっと高いな〜と思いましたが、1年で十分に元が取れると思います。

食洗機を初めて購入しました。NP-TR3-Wと迷いましたが、こちらの値段が安かったことと、食洗機の上に物が置けることでこちらを選びました。音は思っていたほど大きくないです。また肝心の食器の洗浄は、手洗いよりきれいでした。80度のお湯での洗浄効果でしょうか。お皿の並べ方も最初は難しかったですが、慣れれば簡単になりました。
食洗機でお皿を洗っている間に他のことができて、共働きには欠かせない物ですね。

8位

TOTO 食器洗い乾燥機 EUD510 食洗機 6人用

TOTO 食器洗い乾燥機 EUD510 食洗機 6人用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 50,000

汚れに合わせて選べるコースが設定されています。使用水量は約10リットルで外形寸法がW525×H598×D330、食器などを62点セットすることが可能です。

TOTO 食器洗い乾燥機 EUD510 食洗機 6人用 口コミ評判

パナ以外が撤退した据え置き型食器洗い乾燥機ですが、TOTOは食器が多く入り、コンパクトで、よく洗えます。同じ商品を探して中古で購入しました。とてもクリーニングされていて、内部のタンクもぴかぴかでした。

7位

ZOJIRUSHI 象印 BW-GB60 食器洗い乾燥機 6人用

ZOJIRUSHI 象印 BW-GB60 食器洗い乾燥機 6人用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

食器が入れやすくなり、洗浄力もアップしました。コンパクトな食器かごサイズながら6人分の食器がすっきりと入ります。外形寸法は幅430 mm、高さ315 mm、奥行き580 mm で重量は約16kgです。

6位

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ベージュ) (NPTR9C) ベージュ NP-TR9-C

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ベージュ) (NPTR9C) ベージュ NP-TR9-C

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 59,293

頑固な油汚れをすっきりと洗浄できるパワフルコース搭載の食器洗い乾燥機です。セットするのが難しかった深皿やどんぶり鉢なども楽に入るアレンジエリアがあるので、食器のセッティングが楽にできます。6人分45点の食器をセッティングできて、酵素の力を引き出して汚れを分解するバイオパワー除菌搭載です。

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ベージュ) (NPTR9C) ベージュ NP-TR9-C 口コミ評判

10年以上前からパナの同じタイプの食洗機を使っていましたが、可動部分も増えるなど使い勝手が良くなっているので、納得してます。

80度で洗い終わった、「キュッキュッ」と鳴くお皿やコップを一度触ったら、もうやめられません。このサイズは、Panasonicさんのラインナップでは最大サイズですが、小学生の娘2人の4人家族で、「やや大きいかな?」レベルです。大人があと一人増えたら、多分食事の度に一回の稼働では間に合わないかもししれません。

5位

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ブラウン) (NPTR9T) ブラウン NP-TR9-T

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ブラウン) (NPTR9T) ブラウン NP-TR9-T

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 58,160

洗浄ノズルにトリプルブーメランノズルとダブルアームノズルを採用し、隅々までムラなく洗浄液が届くので洗い残しの心配がありません。使用水量は標準コースで約11リットルと、手洗いに比べて節水効果があります。落しにくい油汚れもスッキリと洗い流せるパワフルコース搭載で、酵素の力を引き出して汚れを分解するバイオパワー除菌が特徴です。

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ブラウン) (NPTR9T) ブラウン NP-TR9-T 口コミ評判

大人二人+幼児+小学生の四人分、食器のみなら余裕。フライパン、まな板、調理小物を入れるとギリギリです。容量目安の6人分はきついと思います。とくにどんぶりは2つが限界です。小鉢の場所を犠牲にしたらもっと入るかもしれませんが、私はどんぶり・大皿の大きなものは手洗いにしてその分洗うのが面倒なカトラリー、調理小物、小鉢を優先して入れています。右側の上段が外れるので背の高い麦茶ポットも洗えます。細いものなら2個洗えちゃいます。

パナソニックの食洗機は2台目ですが、とても満足しています。買って良かったです。

4位

パナソニック 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4-W

パナソニック 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4-W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 36,870

本体は高さ460mm、幅470mm、奥行300mmのコンパクトな水切りかごサイズなので、二人暮らしにぴったりです。高温洗浄機能で手洗いよりも水道水を節水しながらも綺麗に洗い上げる事が出来ます。

軽い汚れやつけ置き後にさっと洗えるスピーディコースなら洗浄時間は約29分と短時間で済み、標準コースと比較して35分から40分の時間短縮が可能です。最終すすぎは標準コースなら70℃、スピーディコースなら50℃の温水で洗い上げます。

3位

パナソニック 食器洗い機 プチ食洗 NP-TCB1-W ホワイト

パナソニック 食器洗い機 プチ食洗 NP-TCB1-W ホワイト

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 39,699

少人数世帯におすすめのコンパクト設計の製品です。限られたスペースにも置きやすいサイズ(幅47×奥行30cm)ですが和食器やお皿なども含め約18点の食器を洗う事が出来ます。ブーメランノズルで手洗いにはできない洗浄力を実現し食器を清潔に保ちます。

パナソニック 食器洗い機 プチ食洗 NP-TCB1-W ホワイト 口コミ評判

2人家族で1日1-2回使っています。もう、これが無い生活は考えられないと言ったら大袈裟でしょうか。18点収納とありますが、それを気にせず、少量の食器でも回します。給湯器に接続した状態で1時間強かかります。終了後、すぐに取り出せばほぼふき取り不要です。ふきんで水滴をポンポン吸う感じです。手で洗うより絶対キレイになります。取り出す際、食器に自分の指紋が付くほどキレイです。また、シンクや排水溝のゴミ受けも、手洗い程汚れません。掃除も大幅に減りました。

食洗機は20年近く使ってます。今回は一人暮らしに買購入しました・・・キッチンの流しに置いてますが、サイズ的にはちょうど良いです。ただ、普段使いの大皿の寸法を確認して購入しましたが、2枚しか入りません(笑)手持ちの小鉢や中サイズのお皿が微妙な大きさで入りません。食器に合わせて購入をでなく、食洗機に合わせて食器を買う必要があるかもですね。毎回洗うなら十分なんですが、昼食と晩ご飯の2回分はキツイかもしれません。ただ、洗浄はキレイに出来て、乾燥時は蓋を開ければほぼ乾きます・・・普段使いの食器置き場にもなるし(笑)購入まで苦しんだ手のひび割れは解消されました!!

2位

Panasonic(パナソニック) 食器洗い乾燥機 NP-TR3-W(ホワイト) エコナビ パワー除菌ミスト機能付 NPTR3W

Panasonic(パナソニック) 食器洗い乾燥機 NP-TR3-W(ホワイト) エコナビ パワー除菌ミスト機能付 NPTR3W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 19,000

トリプルブーメランノズルとダブルアームノズルで手洗いでは届きにくい部分もパワフルに洗えます。幅 550mm、 奥行 343mm 、高さ 564mmで、6人分53点の食器をセットすることができます。

Panasonic(パナソニック) 食器洗い乾燥機 NP-TR3-W(ホワイト) エコナビ パワー除菌ミスト機能付 NPTR3W 口コミ評判

「良い」という商品を購入しました。きっちりと梱包した段ボール箱を開けると、クリーニングされた食洗機が出てきました。少しへこんだところもありましたが、実用に問題はなく、綺麗に洗えています。5人家族ですが、何とか全部詰め込めているようです。
なかなか良いものを安く買えました。

2010年製だけどとても綺麗。本当につかってたの?というレベル。想像してたより大きかったけどそれは製品依存。排水のホースが短くて利用できなかったのでそれだけ購入しました。生活変わったので評価5で。

1位

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ホワイト) (NPTR9W) ホワイト NP-TR9-W

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ホワイト) (NPTR9W) ホワイト NP-TR9-W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 58,748

酵素の力を引き出して汚れを分解するバイオパワー除菌できれいに洗い上げます。落としにくく頑固な油汚れもスッキリと落せるパワフルコースや、大きな食器も楽にセットできるアレンジエリアなど便利な機能が搭載されています。6人分、約45点の食器をセッティングできます。

パナソニック 食器洗い乾燥機酵素の力を引き出し、汚れを分解「バイオパワー除菌」 (ホワイト) (NPTR9W) ホワイト NP-TR9-W 口コミ評判

期待通りです。和食中心の家庭にはジャストでしょうが、中皿が多い我が家ではスペース不足を感じました。

設置後、工事の人には「洗濯機を使うつもりで使ってもらえればいいです」と
言われ、妙に納得し、内部の溝に沿って食器並べる>洗剤入れる>蓋をする>入ボタンを押す を恐る恐るやりました。「洗ってるなぁ」と思える頼もしい音、排水ホースから出てくる「手ではこの温度では洗えないなぁ」と思える温度のお湯(触れます)が出てきて、結果・・・食事用箸、調理用箸、食器全部、お弁当箱、パッキン、子供の水筒の蓋、ザル、すべてピッカピカのツルツルです。水道代も手洗いより随分安く済むようですが、精神的な開放感もハンパありません。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

食器洗い乾燥機の効果的な使い方

食器

家事の負担を少しでも軽減したいと考えてせっかくキッチンに導入した食器洗い乾燥機を、どうせなら上手な使い方を覚えて、より効果的に活用したいものですね。

食べ残しや汚れはあらかじめ取り除いて置く

食洗機には汚れた食器をそのまま詰め込んでしまえばすべて機械がきれいにしてくれるという印象があるかもしれません。でも、食器洗い機に入れる前には必ず食べ残しやひどい汚れなどは事前に取り除いてから入れるようにしましょう。

前もって紙やヘラなどを使って食器の汚れをさっと落としてからセットする事で、ほかの食器に汚れが移るのを防ぐことができます。

落としにくい汚れは前処理をする

例えばグラタン皿のこびりついた汚れなどは、手洗いでも簡単には落とせません。時間がたって固まった汚れや焦げ付きなどの落しにくい汚れは、必ず水に漬け置きして汚れをふやかしてから洗うなどの前処理をすることが必要です。

製品によっては落としにくい汚れを取り除きやすくするためにミストが出るタイプなどもありますが、こびりついた汚れなどはやはり落としにくいことには変わりないので、汚れの状態に合わせて必要な前処理をすることは結局時間短縮にもつながります。

洗剤は必ず専用のものを使用する

食洗機の専用の洗剤は一般的な手洗い用の洗剤とは成分が全く異なるものです。でも、価格が高めなので普段使っている洗剤を代わりに使って見ようというのは大きな間違いで、場合によっては故障の原因になる事も考えられます。必ず専用の洗剤を使用し、汚れの具合に合わせて使用量を調整するようにしましょう。

運転コースはその時に応じて最適なものを選ぶ

食洗機には製品によって様々なコースがありますが、その製品の使い方をよく確認し、最適なコースを選ぶことが大切です。選ぶコースによって運転時間も異なるので、使うときの食器の状態に合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

食事の後でつけ置きや水洗いなどをせずにそのまま洗うときは標準コースを、軽い汚れの時にはスピードコースや短時間洗浄コースを、汚れが強いものや事前に水洗いなどの処理をできなかった場合には強力コースや頑固汚れ洗浄コースなどのように選び分ける事で無駄なくしっかりと洗う事が出来ます。

まとめ

食器の汚れを落とすためには何らかの力が必要ですが、手洗いがスポンジなどを使ってこするという力を加えるのに対し食器洗い乾燥機は洗浄液を食器に噴射する力で洗うものです。そして食器洗い乾燥機は手で洗うよりも洗う時間が長く手洗いよりもはるかに高温のお湯を使って洗うためにすっきりと汚れを落とすことができます。

食器洗いの家事の負担を軽くして、手洗いでは洗いにくいものも綺麗に洗ってくれるのが特徴ですが、ライフスタイルや家族の人数に合わせて最適なものを選ぶことで、より便利に使う事が出来ます。さらに使い方のコツを覚えてしっかりと使いこなしたいものですね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.