1. グッディ∞
  2. 家電家庭向け低価格3Dプリンターのおすすめは?人気商品比較ランキング

2018/04/25更新

家庭向け低価格3Dプリンターのおすすめは?人気商品比較ランキング【2018年】

3Dプリンタで作ったカエルや人形

3Dプリンターには少し興味があるけれど高額過ぎて手が出せなそう……と思っている方は多いのではないでしょうか。しかし最近は「家庭向け低価格3Dプリンター」が続々と登場し始めており、ネット通販などでも購入することができるようになっています。

本ページでは、家庭向け低価格3Dプリンターの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

家庭向け低価格3Dプリンターの選び方

PCを使う男性

まずは家庭向け低価格3Dプリンターの選び方についてご説明いたします。使用素材や精度、造形サイズ、機能、付属品など、選ぶ際のポイントがいくつかありますので順番にみていきましょう。

3Dプリンターの出力方式

まずは価格帯などによって3Dプリンターにはどのような出力方式があるのかをご紹介いたします。

熱溶解積層方式

熱溶解積層方式は主に家庭向け低価格3Dプリンターに採用されている出力方式です。ABS樹脂やPLA樹脂など、熱によって溶ける樹脂を積み上げていきます。

価格がリーズナブルであるという点や、構造がシンプルで小型化できるので狭いスペースにも置くことができるという点がメリットです。一方で、他の出力方式と比べると造形精度が劣るという点がデメリットです。

光造形方式

光造形方式は日本人が発明した技術で、最も長い歴史を持っています。光硬化性樹脂に紫外線を照射して硬化させ、層を沈めていくことで造形します。熱溶解積層方式と比べると高価ですが、日本の製造業で広く普及しています。

粉末焼結方式

粉末焼結方式は粉末にレーザー光線を照射することで焼き固めていく出力方式です。ナイロンや金属などさまざまな素材を使うことができ、頑丈なオブジェクトを作ることができます。高価な機種が多いです。

インクジェット方式

インクジェット方式は噴射した紫外線硬化樹脂に紫外線を照射することで硬化させ、層を積み上げていく出力方式です。高精度なオブジェクトを作ることができますが、高価な機種が多いです。

使用素材で選ぶ

現在販売されている家庭向け低価格3Dプリンターで使用できる素材は主に「ABS樹脂」と「PLA樹脂」の2種類です。素材によって異なる特徴を持つので、家庭向け低価格3Dプリンターを選ぶ際は、どの素材が使えるかを確認してみてください。

ABS樹脂

ABSは「Acrylonitrile(アクリロニトリル)・Butadiene(ブタジエン)・Styrene(スチレン)」の頭文字をとっています。

ABS樹脂は剛性や耐衝撃性に優れており、表面仕上げや塗装に向いているというメリットがあります。一方で、高温でないと出力できないという点や、温度の低下による収縮量が大きく反りやすいという点はデメリットです。

PLA樹脂

PLA樹脂はポリ乳酸のことで、植物由来のプラスチック素材です。

ABS樹脂と比べて低温での出力が可能で、反りにくいというメリットがあります。大きなオブジェクトの造形に適しています。一方で、硬いので造形後に表面仕上げなどの加工をすることが難しいというデメリットがあります。

精度で選ぶ

3Dプリンターの精度と聞くと、積層ピッチをイメージする方がいらっしゃるかもしれません。積層ピッチとは造形を積み重ねていくピッチのことで、この積層ピッチが細かければ細かいほどオブジェクトの精度が高くなると考えられがちです。

確かに積層ピッチが細かいほどオブジェクトの密度が高くなるので、強度が増して表面は滑らかになります。しかし積層ピッチの細かさとオブジェクトの精度は必ずしも比例しません。

精度で選ぶなら積層ピッチの細かさに惑わされず、使う素材の品質などを重視するようにしましょう。時間をかけて造形することで精度が高まる場合もあります。

最大造形サイズで選ぶ

定規の目盛り

家庭向け低価格3Dプリンターの仕様を見ると、最大造形サイズが載っています。大は小を兼ねるということで、最大造形サイズはなるべく大きいものを選んだ方がよいかというと、そうでもありません。それはなぜでしょうか。

まず第一に、最大造形サイズが大きいということは、本体もそれだけ大きくなるからです。そこまで大きなオブジェクトを作る予定がないのに最大造形サイズが大きいものを選んでしまうと、その分のスペースが無駄になってしまいますよね。

第二に、一度に大きなオブジェクトを作ろうとすると造形に悪影響を与えるおそれがあるからです。悪影響というのはゆがみや反りなど精度の低下のことです。

第三に、大きなオブジェクトを作るのは時間がかかるからです。大きいものだと10時間を超える場合もあります。造形に時間がかかる分、素材不足やマシンの不具合などによる失敗のリスクも上がってしまいます。

大きいオブジェクトを作る場合は一気に作るのではなく、小さなパーツに分けて作ることも検討してみてください。

オートキャリブレーションが搭載されているかどうかで選ぶ

3Dプリンターはキャリブレーションといって、出力するオブジェクトが乗るベッド(台)の水平レベルを調整する機能があります。

手動のキャリブレーションの場合、自分でつまみなどを回して調整する必要があります。3Dプリンターの使用経験が豊富な方は手動のキャリブレーションでも上手に調整できるかもしれません。

しかし、3Dプリンターの使い方に慣れていない方だと調整に時間がかかってしまいますし、上手に調整できないかもしれません。

オートキャリブレーションの場合は自分で調整する必要がないので手間がかかりませんし、腕に自信のない方でも安心です。オートキャリブレーション機能が搭載されているかどうか、ぜひ確認してみてくださいね。

ディスプレイが付いているかどうかで選ぶ

家庭向け低価格3Dプリンターの中には操作用のディスプレイが付いているものと、付いていないものがあります。

操作用のディスプレイが付いていない場合は基本的にパソコンから指令を出すことになりますが、パソコンになんらかのトラブルが発生してしまうとプリントが失敗する可能性があります。

3Dプリンター単体でもある程度の操作ができるように、できるだけディスプレイが付いているものを選ぶとよいでしょう。また、ディスプレイは商品によって大きく性能が異なりますので、実際にディスプレイでどのような操作ができるのか、という点にも注目してみてください。

ソフトウェアで選ぶ

海外製の家庭向け低価格3Dプリンターの中には日本語のソフトウェアが付属していないものもあります。外国語に自信がない場合は、日本語のソフトウェアが付属しているかどうかを確認するとよいでしょう。

スポンサーリンク

家庭向け低価格3Dプリンター人気おすすめ商品TOP10

次にネット通販で購入できる人気の家庭向け低価格3Dプリンターを、ランキング形式でご紹介いたします。口コミなどを参考にしつつ、自分に合った家庭向け低価格3Dプリンターを探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

FLASHFORGE フラッシュフォージ 3DプリンターGuiderガイダー PLA1リール付

FLASHFORGE フラッシュフォージ 3DプリンターGuiderガイダー PLA1リール付

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 239,000

「FLASHFORGE フラッシュフォージ 3DプリンターGuider」は大型プリントを実現したワンランク上の家庭向け低価格3Dプリンターです。最大造形サイズが280mm×250mm×300mmなので、さまざまなオブジェクトに対応できます。

半自動キャリブレーション機能や停電回復機能、フィラメント検出機能など、いくつかの便利な機能も搭載されています。

マニュアル、ソフト、タッチパネルが日本語なので、外国語が苦手な方にも安心です。

【使用素材】ABS、PLA、HIPS、PET、PPなど
【積層ピッチ】0.05~0.3mm
【最大造形サイズ】280mm×250mm×300mm

FLASHFORGE フラッシュフォージ 3DプリンターGuiderガイダー PLA1リール付の口コミ評判

《良い点》
・専用ソフトのスライサーの精度がいい(気がする)
・0.05mmのレイヤーは仕上がりがかなりいい(価格に対してかなり満足な出来)
・キャリブレーションがわりかしし易い

外装もしっかりしており、高級感があります。
本体が箱型で、ほぼ密閉されているため、思ったより作業音が静かなところは、更に満足です。また、作業台が取り外せると説明ありましたが、協力マグネットで固定されていたのは驚きました(満足)。

9位

★24時間以内発送★QIDI TECH シングル押出機 3Dプリンター 新モデル:X-1 無料の1 PLAフィラメントと, 公式の旗艦店【その日配達、日曜日は除く】

★24時間以内発送★QIDI TECH シングル押出機 3Dプリンター 新モデル:X-1 無料の1 PLAフィラメントと, 公式の旗艦店【その日配達、日曜日は除く】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 49,800

「QIDI TECH シングル押出機 3Dプリンター 新モデル:X-1」は組み立て済みですぐに使える家庭向け低価格3Dプリンターです。

3.5インチのフルカラータッチスクリーンを搭載しており、直感的なアイコンにより簡単な操作が可能です。

また、出力プラットホームは最大110度まで加熱することができ、ABS、PLA、PVA、HIPSなど、さまざまな素材を使うことができます。

【使用素材】ABS、PLA、PVA、HIPS
【積層ピッチ】0.1~0.5mm
【最大造形サイズ】150mm×150mm×150mm

★24時間以内発送★QIDI TECH シングル押出機 3Dプリンター 新モデル:X-1 無料の1 PLAフィラメントと, 公式の旗艦店【その日配達、日曜日は除く】の口コミ評判

色々3Dプリンターを試してきて、この機種が4台目になります。
使ってみた感想ですが、操作が非常にシンプルで使いやすいと思いました。
本体の設定や、プラットホームのレベル調整も他の機種に比べて格段に簡単です。

このプリンタは、筐体の剛性も高く、動作に不安がありません。
初期設定として、ノズルとテーブルのクリアランスだけ調整すれば、あとはSDカードに書き込んだGcodeを読み込んで単独で出力してくれます。

8位

FLASHFORGE(フラッシュフォージ) 3Dプリンター Finder(ファインダー) PLA1リール付き (ブルー)

FLASHFORGE(フラッシュフォージ) 3Dプリンター Finder(ファインダー) PLA1リール付き (ブルー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 69,800

「FLASHFORGE(フラッシュフォージ) 3Dプリンター Finder(ファインダー)」はオートキャリブレーション機能やWi-Fi接続機能、メモリーカードプリント機能などが搭載された家庭向け低価格3Dプリンターです。

デザインは立方体に近く、カラーバリエーションも複数用意されているので、気に入ったものが見つかるかと思います。

マニュアル、ソフトウェア、タッチパネルの全てが日本語なので、外国語が苦手な方にも安心です。

【使用素材】PLA
【積層ピッチ】0.05~0.3mm
【最大造形サイズ】140mm×140mm×140mm

FLASHFORGE(フラッシュフォージ) 3Dプリンター Finder(ファインダー) PLA1リール付き (ブルー)の口コミ評判

会社では高価な3Dプリンターを使用することもあるが、家で好きなものを印刷したいので購入。
日本語対応のソフトのおかげで何にも問題なく印刷でき、仕上がりもホビー用途では問題なし。

最小積層ピッチが0.05mmという高精度での造形ができます。ひと昔前の高級機並みです。
造形物の仕上がりは素晴らしいの一言。そのままでも十分綺麗ですが、軽くペーパーを当てて、
下地を塗れば既製品のようなフィギュアを作ることができます。

7位

FLASHFORGE (フラッシュフォージ) 3Dプリンター Creator Pro クリエイター プロ デュアルヘッド 日本語マニュアル&フィラメント2リール付き

FLASHFORGE (フラッシュフォージ) 3Dプリンター Creator Pro クリエイター プロ デュアルヘッド 日本語マニュアル&フィラメント2リール付き

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 99,800

「FLASHFORGE (フラッシュフォージ) 3Dプリンター Creator Pro」はミドルクラスの家庭向け低価格3Dプリンターです。

トリプル冷却ファンを搭載しており、出力されたオブジェクトを素早く冷却して硬化させてくれます。

また、ヒーター付き成形テーブルを採用しているので、成形テーブルを一定の温度に保ち、急激な温度変化による樹脂の変形を抑えることができます。

高精度な造形が期待できそうですね。

日本語のマニュアルが付いているので、外国語が苦手な方も安心して組み立て方や使い方を学ぶことができます。

【使用素材】ABS、PLA、HIPS
【積層ピッチ】0.1~0.3mm
【最大造形サイズ】230mm×145mm×150mm

FLASHFORGE (フラッシュフォージ) 3Dプリンター Creator Pro クリエイター プロ デュアルヘッド 日本語マニュアル&フィラメント2リール付きの口コミ評判

今まで3Dプリンターや3Dのデータを扱ったことが無かったので、レビューを参考にいろいろ奮闘中です。
多少の組み立てがありますが、特に苦労はありません。SDカード内の日本語マニュアルを見ればなんとなくでも出来ます。

出力精度はABS/PLAともかなりいいです。サイズも±0.1mm程度で綺麗に出来上がります。
積層ピッチは0.2mmで使っていますが、0.06mmぐらいまで小さくしても綺麗に出力できています。
速度は80mm/sで使っていますが、安定して問題なく使えています。

6位

3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker

3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 38,408

「3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker」は重さ約8kgで持ち運びに便利なサイズを実現した家庭向け低価格3Dプリンターです。コンパクトでありながら最大造形サイズは150mm×150mm×150mmとなっており、十分な大きさを確保しています。

LED表示によりステータスが一目でわかり、ボタン1つで簡単な操作が可能なので、初心者の方でも使いやすいはずです。

見た目が非常にポップで可愛らしいので、部屋の中に置いてもインテリアの一部として活躍しそうですね。

【使用素材】PLA
【積層ピッチ】0.1~0.4mm
【最大造形サイズ】150mm×150mm×150mm

3Dプリンター ダヴィンチ miniMakerの口コミ評判

同社の他の製品に比べて、設置に必要なスペースが大きく縮小されたことも高く評価できる。筐体がコンパクトになっているにもかかわらず、最大造形サイズは15×15×15cmと大きく、日常的な用途なら十分だ。

プリントの精度はほぼ文句なし。
仕事では800万円ほどする業務用の3Dプリンタも使ってますが、実用上はこれで十分。
値段を考えると驚異的です。
音は大きめの扇風機にモーター音が混じった感じで、真横で睡眠でもしない限りきになる音ではありません。

5位

ALUNAR-M508 【工場直販】Reprap Prusa i3 3Dプリンターキット DIY未組立 プリントサイズ200*200*180mm 組立てビデオSDカード付属 (ブラック)

ALUNAR-M508 【工場直販】Reprap Prusa i3 3Dプリンターキット DIY未組立 プリントサイズ200*200*180mm 組立てビデオSDカード付属 (ブラック)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 28,899

「ALUNAR-M508」は高精度でカラフルな出力をサポートする家庭向け低価格3Dプリンターです。

完成品ではないので自分で組み立てる必要がありますが、組み立て動画が入ったSDカードが同梱されているので問題なく組み立てられるはずです。

自分で組み立てる分DIY気分も味わえて完成したときの達成感もひとしおでしょう。

0.3mmノズルを使うことで精巧な作品を実現できます。

【使用素材】PLA(推奨)、ABS
【最大造形サイズ】200mm×200mm×180mm

ALUNAR-M508 【工場直販】Reprap Prusa i3 3Dプリンターキット DIY未組立 プリントサイズ200*200*180mm 組立てビデオSDカード付属 (ブラック)の口コミ評判

クリアモデルのせいか、部屋の中で思ったより威圧感というか圧迫感がないのでアタリだと思います。
私には組み立てには同梱のSDカードに入ってる組立ビデオより、拡大縮小ができるPDSファイルが役に立ちました。

同梱のsdカードに入ってる組立ビデオで、何の問題もなく組立できました。5時間ほどで完成、サンプル作成まで辿り着きました。ベアリングの精度は微妙なのでグリースは別途準備しておいたほうがいいと思います。サンプル作成に特に問題はないレベルです。

4位

HICTO PReprap Prusa i3 3D プリンターキット DIY アクリル板 未組立 黒3dp-08bk

HICTO PReprap Prusa i3 3D プリンターキット DIY アクリル板 未組立 黒3dp-08bk

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 28,300

「HICTO PReprap Prusa i3(3dp-08bk)」はPLAやABSだけでなく、WOODやFLEXなどさまざまな使用素材に対応した家庭向け低価格3Dプリンターです。

本体にSDカードの挿入口が取り付けられているので、パソコンを接続せずに単体で出力することが可能です。また、LCDスクリーンを搭載しており、回転ノブを使って印刷パラメーターの調節ができるようになっています。

わかりやすいマニュアルと充実したサポート体制によって初心者の方でも楽しみながら3Dプリンターを組み立てることができますよ。

最大造形サイズが270mm×210mm×200mmと大きめなのもポイントです。

【使用素材】PLA、ABS、WOOD、FLEX、HIPS、NYLONなど
【積層ピッチ】0.02~0.35mm
【最大造形サイズ】270mm×210mm×200mm

HICTO PReprap Prusa i3 3D プリンターキット DIY アクリル板 未組立 黒3dp-08bkの口コミ評判

詳細な操作マニュアルはないが、ソフトウェアはcuraで簡単です。
出力精度はABS/PLAともかなりいいです。
サイズも±0.1mm程度できれいに出来上がります。
積層ピッチは0.2mmで使っています。
速度は60mm/sで使っていますが、安定して問題なく使えています。

覚悟の上にマニュアルを開いて、間違った箇所もありますが、写真を見て、うまく組立ました。動画も送られた来たので、さらにわかりやすくなります。
印刷のサイズは大きいし、多分こちらは未組立のプリンターのメリットでしょう。
いろいろの機能の追加も出来ますし、やはり、未組立のほうが楽しめます。

3位

「新機種」HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIYキット未組立 最大印刷サイズ 300*300*400mm アルミニウム 0.2KGフィラメント付属 3dp-20 Creality CR-10

「新機種」HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIYキット未組立 最大印刷サイズ 300*300*400mm アルミニウム 0.2KGフィラメント付属 3dp-20 Creality CR-10

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 55,880

「HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3(3dp-20)」は最大造形サイズが300mm×300mm×400mmで大きなオブジェクトの造形が可能な家庭向け低価格3Dプリンターです。

部品は最初からほぼ組み立てられており、簡単な設計なので10分以内で組み立てることができます。

大きなオブジェクトの造形ができる点が売りの本商品ですが、テスト結果によると最大で520時間連続で出力することができます。大きなオブジェクトの造形にはどうしても時間がかかってしまいますが、これなら安心ですね。

精度を上げるために出力スピードを落とすこともできます。安くて最大造形サイズが大きい3Dプリンターが欲しいという方におすすめの商品です。

【使用素材】PLA、WOOD
【積層ピッチ】0.05~0.4mm
【最大造形サイズ】300mm×300mm×400mm

「新機種」HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIYキット未組立 最大印刷サイズ 300*300*400mm アルミニウム 0.2KGフィラメント付属 3dp-20 Creality CR-10の口コミ評判

今までダビンチMiniを使用していましたが、大きいサイズを印刷するために購入。組み立ても簡単(本当に10分で完成)で、何よりダビンチより綺麗で早い。ダビンチでサポートしなきゃならないようなブリッジもサポートなしで全然大丈夫です。

・製品はほとんど組立済みで輸送サイズのために垂直(Z軸)部と配線部が分離されている状態で、組立は10分もあれjば十分です。
・造形エリアが30cx30x40cmなので大物を作りたい&低価格でとなると現在唯一の選択となります。

2位

「新機種」HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIYキット未組立 高精度 ヒートビルドプレート アルミニウム 3dp-21 ender

「新機種」HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIYキット未組立 高精度 ヒートビルドプレート アルミニウム 3dp-21 ender

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 26,900

「HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3(3dp-21)」は1時間以内で簡単に組み立てができる家庭向け低価格3Dプリンターです。

軽くて使い方も簡単なので、子供でも楽しく使うことができます。本体フレームはアルミとステンレスで構成され、軽さと丈夫さを両立させています。

最大造形サイズは150mm×150mm×200mmで大きめなので、さまざまなオブジェクトを出力することができるはずです。使用できる素材の種類が多いのも魅力的ですね。値段も安く、3Dプリンターの最初の1台としてもおすすめです。

【使用素材】PLA、ABS、Soft rubber、woodなど
【積層ピッチ】0.05~0.4mm
【最大造形サイズ】150mm×150mm×200mm

「新機種」HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIYキット未組立 高精度 ヒートビルドプレート アルミニウム 3dp-21 enderの口コミ評判

部品点数は多くないので比較的簡単に組めた。X軸の片支持の強度が心配であったが短いので問題ないようだ。プラ部品はよくある3Dプリンター出力品でなく成型物が使用されている。

組み立ても簡単で、ビデオを参考にして1時間もかかりませんでした。
組み立ての道具類もニッパーを含め組み立てに必要なものはすべて揃っています。
苦労すると思っていたワイヤリングも組み立て済みで、コントロールボードより出ているコネクターを差し込むだけです。

1位

【ボンサイラボ】BS CUBE™ PLA3Dプリンター クリアブルー

【ボンサイラボ】BS CUBE™ PLA3Dプリンター クリアブルー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 32,184

「【ボンサイラボ】BS CUBE™ PLA3Dプリンター クリアブルー」は場所をとらないコンパクトな家庭向け低価格3Dプリンターです。

高品質の素材(フィラメント)やmicroSDカード、カードリーダーなど必要なものが同梱されているので、届いたらすぐにセットアップして使うことができます。

LCDディスプレイとSDカードスロットが内蔵されているので、パソコンと接続せずに単体で出力することが可能です。出力の途中で発生するパソコンのトラブルなどを心配する必要がなく、安心して完成を見守ることができますね。

コントロールパネルで操作しますが、日本語メニューなので外国語が苦手な方にも安心です。面倒な組み立てをしたくない方や安価なものが欲しい方、初めて3Dプリンターを使ってみたい方などにおすすめの商品です。

【使用素材】PLA
【積層ピッチ】推奨0.2mm(0.1mm~0.4mm)
【最大造形サイズ】110mm×110mm×125mm

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

家庭向け低価格3Dプリンターの効果的な使い方

四角と男性

最後に、家庭向け低価格3Dプリンターの効果的な使い方をご紹介いたします。慣れてきたら3Dデータの自作にも挑戦してみてくださいね。

3Dデータを用意する

まずはオブジェクトの設計図となる3Dデータを用意します。3Dデータを用意する方法は主に以下の3つです。

  • 専用ソフトを使って自分で作成する
  • 3Dスキャナを使って3Dデータを作成する
  • Webサイトなどから3Dデータをダウンロードする

この中で最も簡単なのは3つ目の、3Dデータをダウンロードする方法です。3Dデータを無料で配布しているサイトもあるのでいろいろと探してみてくださいね。

STLファイルに変換する

3Dデータをダウンロードする場合は最初からSTL形式になっていることが多いですが、その他の場合は3DデータをSTLファイルに変換する必要があります。

ツールパスデータに変換する

3DデータをSTLファイルに変換したら、今度はスライスソフトを使ってSTLファイルをツールパスデータに変換します。

出力を開始する

STLファイルをツールパスデータに変換したら、いよいよ3Dプリンターに読み込ませて出力を開始します。

データを読み込ませるには、USBメモリやSDカード経由で行う方法やパソコンと3DプリンターをUSBケーブルで接続して行う方法などがあります。

機種によって異なるので説明書を読んで確認してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以前は手が届かなかった3Dプリンターも、現在では安価なものが増え、一般家庭にも普及し始めています。3DCGソフトなどを使えば自分の好きな形を作ることができる3Dプリンターは、ものづくりの楽しさをきっと思い出させてくれるはずです。

本ページを参考に、ぜひ自分に合った家庭向け低価格3Dプリンターを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.