1. グッディ∞
  2. 家電おすすめスロージューサーの人気比較ランキング

2018/05/21更新

おすすめスロージューサーの人気比較ランキング【2018年】

ジュース画像

気軽に野菜やフルーツを摂取できるとっても便利な調理器具ジューサー。近年の健康志向の高まりから気軽に野菜やフルーツを摂ることができるツールとしてジューサーが気になっている、という人もいるのではないでしょうか。

その中でもスロージューサーは野菜不足の方やビタミン不足を感じている方にピッタリと言われています。”スロージューサー”と一口で言っても様々な商品があり、何を買ってもいいのか迷ってしまいそうですね。

本ページではそんなスロージューサーの人気ランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

スロージューサーの選び方

考える画像

スロージューサーの選び方には様々な目の付け所があります。迷った場合はスロージューサーの特徴を良く観てポイントを整理することが大切です。

ミキサーとジューサーの違い

海外では”ブレンダー”と呼ばれているミキサー。基本的にミキサーとは食べ物を切り刻むものです。高速で刃を回転させて食べ物を細かくしていきます。みじん切りにする時に使われている方もいるかもしれませんね。

ミキサーでジュースを作ることもできます。しかし、ミキサーでジュースを作った場合、野菜やフルーツに含まれる栄養素や酵素が壊れると言われており、また、繊維質も含まれているためドロッとした飲み口になります。

一方、ジューサーは食べ物の繊維質と果汁を分離したジュースを作ることができます。繊維質と分離させることができるのでサラッとした飲み口のジュースを作ることができます。ジュースを作ることに特化した調理器具ということができると思います。

ジューサーには2つのタイプがある

ジューサーには2つのタイプがあります。高速回転遠心分離方式と低速回転圧搾方式です。

高速回転遠心分離方式

高速回転遠心分離方式は分速約2万回転という高速でカッターを回転させて食材を削り出し、遠心力で繊維質の果肉を分離させていくのですが、食材を削りだす過程で発生する摩擦熱によって栄養素や熱に弱い酵素が壊されてしまうほか、遠心力で繊維質の果肉を吹き飛ばす際に空気に触れてしまうので酸化しやすくなります。

高速式で作ったジュースは低速式のものよりも薄くて、時間が経つと分離してしまいます。

低速回転圧搾方式

低速回転圧搾方式は、分速40から60回転という低速で石臼で野菜やフルーツを磨り潰すようにしながら搾っていくので高回転による摩擦熱も発生せず、酵素は破壊されません。

つぶしながらしぼるので空気にも触れず酸化しにくく、野菜やフルーツの栄養素をできるだけ壊さず摂取できるのが特徴的です。多くの生きたままの酵素が摂取できるというわけです。

ジュースの色も高速で作ったものよりも濃くて時間がたっても分離しにくく、新鮮さもおいさしも保たれたままの状態が持続され、美容や健康にいい影響が期待できると言われています。

ギアについて

スロージューサーは野菜やフルーツをすりつぶす部分にギアという部品を使っています。
ギアが一つの場合はシングルギアと言います。シングルギアのジューサーはフィルターに素材を擦りつけるようにしてジュースを絞ります。

ギアが二つの場合がツインギアです。ツインギアのジューサーはギアとギアの間で野菜やフルーツを圧搾し、ジュースを取り出す方式です。
スロージューサーはシングルギアとツインギアから選ぶことになります。

一般的にはツインギアの方が良いと言われています。
その理由は野菜やフルーツから多くの果汁や栄養素を取り出せると言われているからです。

本体の機能で決める

本体の機能をしっかりとチェックすることも大切です。

コンパクト性

スロージューサーを買おうと思う人は毎日、または毎朝使おうと思っている人がほとんどだと思います。
そんな時思ったより大きな物だったとすると置き場所に困ってしまうでしょう。

また戸棚の奥に仕舞い込んでしまうと面倒になって使わなくなってしまいます。
なるべく目に届く所に置くのがポイントだと思います。どれだけの大きさなのか、コンパクト性に着眼するのも一つの方法です。

投入口の大きさ

投入口が小さければジュースを作るのに時間がかかってしまいます。材料を小さく切る手間もかかります。ジューサーに材料を入れる投入口は危険防止のため小さめに作ってあります。

忙しい朝にジュースを作る人が多いでしょうから少しでも投入口が大きいものを選んでおきましょう。

スロージューサーを買おうと思っている方はジューサーの音を想像する時、ミキサーの音を想像するのではないでしょうか。ミキサーは高速で刃が回転するので音は大きめになっています。

しかしスロージューサーは分速40から60回転で石臼で磨り潰すような構造になっているため、ミキサーよりは静かになっています。

また、スロージューサー自体も回転が遅ければ遅いほど音が静かな傾向にあります。
音が気になる方は低速回転のものを選ぶようにしましょう。

農薬除去機能

野菜やフルーツを投入する時は丸ごと投入します。農薬が気になる方はよく洗ったり、皮を取り除いて投入すると思いますが、それでも農薬は残る物。できれば農薬除去機能があるものを選びましょう。

お手入れのしやすさ

スロージューサーを毎日使おうとする方はお手入れのしやすさもチェックしておきましょう。スロージューサーはミキサーに比べると部品点数が多いのも特徴です。

使う度に洗う物なので部品点数は少ないほうがいいでしょう。部品点数が多いと洗ったり片付けたりするのに手間がかかります。また部品点数が多いと残りかすが残りやすくなります。毎度のことなので大変重要です。

スポンサーリンク

スロージューサー人気おすすめ商品TOP10

ここからはネットで購入できる人気のスロージューサーをランキング形式で紹介していきたいと思います。口コミの一部もご紹介しますので、参考にしてみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ヒューロム スロージューサー HQ-WWA13

ヒューロム スロージューサー HQ-WWA13

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 18,000

スロージューサーを世に広めたと言われているヒューロム製のスロージューサー。

寸法は幅192mm、奥行176mm、高さ398mmとヒューロム製のスロージューサーの中では比較的コンパクトなのが特徴的。

重量も4.5kgと扱いやすい軽めとなっています。コンパクトで軽量ながらドラム容量は大きめの500mlと大変便利となっています。

低速回転圧搾方式を採用し、スクリュー回転数(毎分)は、43/48回転となっています。刃がないので洗うとき安全です。

ヒューロム スロージューサー HQ-WWA13の口コミ評判

ホントに毎日楽しくジューサーライフしております。ミキサーのような刃がないので、洗うとき安心です。ミキサーで作ったジュースより飲みやすく、おいしく、これなら続きそうです。ありがとうございました。

初めてのジューサーですが、とても使いやすく、毎朝一人分作っています。ゴミや容器の掃除もしやすいです。なるべく価格が安く、場所を取らず、軽めのものを探しました。満足しています。

9位

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ オレンジ EJ-CF10A-D

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ オレンジ EJ-CF10A-D

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 14,840

シャープ製のヘルシオシリーズの一つ。

外形寸法は幅×奥行×高さが150×177×425mmとコンパクトなのが特徴的です。

低速回転圧搾方式を採用し1分間当たりの回転数が32回転と低速で野菜やフルーツの果汁や酵素を多く取り出せます。

フローズンが作れるフローズン用アタッチメント付き。フローズン用アタッチメントを使えば、凍った野菜やフルーツから、ヨーグルトを加えてフローズンサラダが作れたりフローズンデザートを作れたりして料理の楽しさが増大します。

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ オレンジ EJ-CF10A-Dの口コミ評判

タイムセールでお安く買えて良かった。手入れも簡単で使いやすく、スタイリッシュなので気に入っています。しぼりかすが絞り切ってない感が(けっこうしめっている)のでしぼりかすを2度いれると絞れます。けっこう野菜が必要なので、家庭菜園をはじめました。

人参ジュースのために購入。毎日のことなので、手入れが楽というレビューでこれに決めました。細かいパーツがなく、分解しても1つのパーツが大きいので洗いやすいです。網部分以外は絞りカスが入り込む部分がなく、流水でサーッと流すだけですべてのカスが流れ落ちます。

8位

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ ブルー EJ-ST1A

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ ブルー EJ-ST1A

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 10,269

シャープ製のヘルシオシリーズの一つであるジュースプレッソ ブルー EJ-ST1A。コストパフォーマンス抜群の一品。

低速圧縮絞りなので、分離しにくく、味が濃くおいしくジュースを作れます。また高速ミキサーよりも食材のもつ栄養成分が壊れにくいという特徴もあります。

さらにおいしいジュースはもちろんのことスープや、繊維質を利用してお菓子も作れ、例えばコーンスープ、みぞれ鍋、大根おろし、おろししょうが、すりごまなどが作れ料理の楽しさがアップします。

分離型スクリューを採用し金属の刃を使っていないのでお手入れの時も安心。食洗機で洗えるのもオススメのポイントです。

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ ブルー EJ-ST1Aの口コミ評判

商品説明に沿っていましたので、期待通りでした。パーツを洗う時もカスが取れやすいので苦ではありません。毎日愛用しています。

思っていた以上によいです。手入れも割りと楽だと思います。買って良かったです。

7位

ヒューロム スロージューサー フェラーリレッド H2H-RBA11

ヒューロム スロージューサー フェラーリレッド H2H-RBA11

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 35,000

アメリカ、ドイツ、韓国で合計4つのデザイン賞を受賞したロングセラーモデルであるヒューロムのスロージューサー フェラーリレッド H2H-RBA11。

低速で2つのギアの間で野菜やフルーツを搾るツインギアを採用。効率よくジュースを作ることが出来ます。

回転数は分速約40回転の安心の低速回転圧搾方式で野菜やフルーツを栄養素や酵素を損なわずに果汁をしぼることが期待できます。

付属品に豆腐用キット、柑橘用スクイーザー、スムージーストレーナー、使わない時に便利な乾燥スタンドなど、多彩なアイテムが同封されている幅広く活用できる一台です。

ヒューロム スロージューサー フェラーリレッド H2H-RBA11の口コミ評判

毎日使っています。掃除もしやすくて、使いやすいです。色では最後まで迷いましたが、レビューを見てレッドにしました。キッチンの雰囲気にもマッチしていて、いい感じです。毎日使うものなので、見た目重視だったので、満足しています。

これで毎朝、有機にんじんとリンゴ、レモンなどを絞っています。昔すったリンゴをガーゼで漉して飲んだことがありますが、そんな物とは次元が100倍違う物です。ジュースに絞れば2本ぐらいのにんじんならあっという間に摂取できます。体が元気になります。

6位

ヒューロム スロージューサー HUROM H15-WH12(ホワイト) 種や皮まで栄養まるごと

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 25,400

ヒューロムのシンプルな小型エントリーモデルであるH15-WH12。コンパクトで、最軽量・最小型のスロージューサー。
丸びを帯びたボディで持ちやすさを考慮しています。

野菜やフルーツから多くの果汁や栄養素を取り出せると言われているツインギアを採用しています。回転数は分速約40回転の低速回転圧搾方式で食材にかかるストレスや熱を最小限に抑えています。

ドラム、ドラムキャップ、スクリュー、ストレーナー、押し棒、回転ブラシ、掃除ブラシ、レシピ、取説など付属品も充実しておりオススメのポイントです。

ヒューロム スロージューサー HUROM H15-WH12(ホワイト) 種や皮まで栄養まるごとの口コミ評判

ジュースはもちろん、搾りかすも料理に利用できるので健康的です。特に質の良いジュースを作るには空気に触れないことが大切と聞きました。

2016年モデルということで、HAAと悩みましたが、値段もちょっとリーズナブルで丸っぽい見た目も可愛かったので、こちらにしました。大きさが心配でしたが、思ったよりコンパクトで場所をとらないので、出しっ放しになってます。

5位

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 20,418

1分間で45回転の低速回転でゆっくりとていねいに搾っていきます。

スクリューの底部をステンレス化し、やわらかい食材だけでなく、豆類や葉菜類などの固い食材もしっかりと搾りきることができます。

スクリューをゆっくり回転させて、食材を圧縮しながらすりつぶすことでジュースを搾るので空気を含みにくいため、なめらかな仕上がりで、ビタミンCたっぷりのジュースが作れます。凍った食材からフローズンスイーツが作れます。

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-Sの口コミ評価

パーツはシンプルで矢印等をあわせて組み立てる。けれど間違えて組み立てる程複雑ではないし、間違えればが電源が入らないのも良い所。他のメーカーのものと比べた訳ではないが掃除もそれほど大変ではない。
ジュースが絞りでてくる時間もそれほどかからないし、ノイズもそれほど大きいものではない。

初めてシューサーを購入しました。
昔親が使っていたジューサーのイメージは大きくて、掃除も大変でしたが、これは場所も取らないし、部品が多いわりに掃除が簡単で、一番怖かった刃もこの製品にはありません。

4位

ヒューロム ヒューロムスロージューサー フェラーリレッドHUROM H-AA-RBA17

ヒューロム ヒューロムスロージューサー フェラーリレッドHUROM H-AA-RBA17

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 32,000

フローズンの楽しみもプラスされ、動作音も静かで使いやすさにこだわりました。高機能水準。ボディサイズもコンパクトになり、従来のパワーはそのままでモーターのスリム化を実現しました。

キッチンを美しく彩り、インテリア家電としてもお部屋を華やかにします。幅18cmのスリムですっきりしたボディ。安定感があり倒れにくいです。

さらに汚れを掃除しやすい素材で作られています。入れすぎや詰まりを防ぐ半透明キャップを採用し、食材を絞る過程が確認できます。絞りカスがスムーズに排出されるので、お手入れが簡単です。

ヒューロム ヒューロムスロージューサー フェラーリレッドHUROM H-AA-RBA17の口コミ評価

このジューサー買ってよかった!!毎朝のジュース作るのは楽しい!!三歳の子供も旦那も美味しく飲んでるし本当によかった!!パーツは確かにちょっと多いけど、洗いやすいしセットしやすい。
バナナブルーベリーオレオアイスクリームも美味しかった!!今度とうふ作ってみるのは楽しみ!!大満足

スロージューサーは初めて使うが、想像以上に絞れることに驚いた。
ストレーナーによって、搾りカスが、ほとんど無いように搾ることも出来れば、多少の搾りかすを入れて搾ることも出来る。
残念な点は、洗うのが少し面倒なこと。部品の点数は多くないが、ストレーナーの掃除は少し骨が折れるかも知れない。
それでも、毎朝やるだけの価値はあると思う。

3位

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ レッド EJ-CF10A-R

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ レッド EJ-CF10A-R

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 16,449

アタッチメントをフローズン用に付け替えれば、フローズンが作れます。ヨーグルトを加えたり、果物や野菜を使ったりと色々な味が楽しめます。分離型スクリューで金属の刃を使わないので、お手入れも安心。

さらに、メッシュ部分のフィルターが取り外しでき、網目に詰まった繊維なども簡単にお手入れ可能。洗うパーツが少ないのでお手入れの時間が短縮できる他、本体のセットもラクラクです。本体とプレッシャー以外のパーツは食器洗浄機OK。

ジュースの注ぎ口に付属のキャップを取り付けたら、コップを取り替える際にジュースのしずくが垂れにくいです。

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ レッド EJ-CF10A-Rの口コミ評価

人参ジュースのために購入。毎日のことなので、手入れが楽というレビューでこれに決めました。細かいパーツがなく、分解しても1つのパーツが大きいので洗いやすいです。網部分以外は絞りカスが入り込む部分がなく、
流水でサーッと流すだけですべてのカスが流れ落ちます。カスと果汁が出て来る管も指が入るくらいには太いので問題なく洗えます。網部分は詰まっている繊維をこそぎ落とす作業が必要ですが内側から付属のブラシで掃除すれば落ちます。朝は水洗いだけで済ませています。

これまで使っていたシャープの EJ-CP10Aが、スイッチが入らなくなったので、買い換えました。結果はとてもGOODでした!
新しい機種が発売されて、古い機種はお安くなっています。まだ、古い機種をお使いの方は、使い続けるよりも機種変更をお勧めします。
ええっ!こんなに楽になったの?!と、きっと驚かれるはずです。

2位

TESCOM スロージューサー シルバー TSJ500-S

TESCOM スロージューサー シルバー TSJ500-S

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 8,563

低速で圧中搾ので酵素や栄養素を守ます。皮まで搾り、栄養素たっぷりのジュースが作れます。フィルターが細かい目なので繊維を取り除き、サラッとし飲みやすい味わいです。

低速回転するため、動作音が静かでです。スクリューやフィルターは食器洗浄機可能。重さは業界トップクラスの約3kg。スリムボディで移動や片付けも楽でスペースにもスッキリ収納。刃を使わないのでお手入れが安全。季節や目的に合った充実したレシピブック付き。

TESCOM スロージューサー シルバー TSJ500-Sの口コミ評価

以前購入した某社の製品は、騒音がひどく、隣近所に迷惑になりそうで、困っていました。
この商品は、とにかく静かです。これだけでも買った価値がありました。
もちろん、よく絞れるので不満はとくにありません。

当初は夫婦でニンジンジュースを作るつもりで購入したので、人参やリンゴをあらかじめ切る作業が苦ではなかったのですが、
両親も飲みたいとのことで毎日1L作るとなると、朝の時間に30分以上の手間は苦痛になり、丸ごと投入できる機種を買いました。
手入れも問題なく良いと思います。

1位

siroca crossline スロージューサー ホワイト SSJ-201WH

siroca crossline スロージューサー ホワイト SSJ-201WH

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 12,562

食材をゆっくりと搾るので熱に弱い栄養素が壊れにくく、搾りたての100%ジュースが毎日ご自宅で楽しめるスロージューサーです。刃を使わない構造なので安全にも配慮。1分間に約65回転の低速でじっくり搾るので分離しにくく、濃厚でおいしいジュースに仕上がります。

従来のスロージューサーより幅が約6cmスリムになって、スペースに余裕ができました。出しっぱなしでも邪魔にならず、デザインもキッチンの雰囲気を壊しません。ジュースカップと絞りかすカップは重ねて収納できるので、場所をとりません。

それぞれ分解して洗うことができるパーツで、衛生的に使えるのも嬉しいですね。さらに、付属の専用ブラシがついているので中に残った食材の繊維もキレイに取り除くことができます。

siroca crossline スロージューサー ホワイト SSJ-201WHの口コミ評価

今までミキサーを使っていましたが、これに変更。早速、ニンジンジュースを作りましたが、太いの一本でコップ半分程度。甘く、おいしい汁が絞れました。
カスはもりもり出ました。洗うパーツは多いですが、付属のブラシを使うと手早くできました。カスは料理に利用できるので捨てることもありません。

20年来ジュースを飲んできましたが、今回スロジューサーに変えてみました。高齢になり健康に良いと思い購入しましたが妻と二人で毎日楽しく飲んでいます。良い買い物したと思つています。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

スロージューサーの効果的な使い方

三色のスムージー

最後にスロージューサーの効果的な使い方をご紹介いたします。

スロージューサーの基本

スロージューサーは「コールドプレスジュース」を作る専用の調理器具です。野菜やフルーツを使ってゆっくりと果汁と搾り出します。摩擦熱が少ないので壊れやすい野菜やフルーツの酵素を取り出しやすく、また空気に触れることも少ないので酸化しにくくなっています。

このように「コールドプレスジュース」を毎日摂取することにより健康や美容に効果が期待できると言われています。

スロージューサーの応用

「コールドプレスジュース」をダイエットに利用するとい方法があります。固形物を摂らずに数時間ごとに「コールドプレスジュース」を飲む、ということを数日間続けるというものです。タレントさんがやっていることで脚光を浴びました。これを「ジュースクレンズ」と言います。

【注意点】

  • 「ジュースクレンズ」をする前後には消化のいい物を食べて胃を慣らす
  • 水分を多めに摂る
  • アルコールを控える

まとめ

スロージューサーは国内外のメーカーから出ていますのでたくさんの商品が販売されています。まずはスロージューサー自体がどのようなものなのか理解した上で購入したいものです。上記のように回転数や圧縮方式などで選んでみたり、デザイン性で選んでみるのもオススメです。

また、付属品も様々あるので要チェックです。掃除ブラシやカップ、フローズンストレーナーなどあると便利なものがあるかもしれませんので確認してみてください。ご自分にあったスロージューサーで健康的な毎日を送れればいいですね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.