1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーヘアカラーリング人気のブリーチ剤おすすめ比較ランキング!泡・クリームはどう?

2018/01/22更新

人気のブリーチ剤おすすめ比較ランキング!泡・クリームはどう?【2018年】

髪をブリーチする女性

髪の色を銀色や白色のようにしたり、金色にしたり。普通のカラーとは違ってさらに薄く透明感のある色を出したい場合は、ブリーチ剤を使います。見た目が個性的でオシャレに明るく見えるので挑戦してみたいという方も多いのではないでしょうか。

ブリーチ剤には幾つかのタイプがあり、自分好みのカラーにブリーチしていくには、薬剤選びが肝心です。今回は人気のブリーチ剤TOP10をご紹介します。泡やクリームなどそのテクスチャーによって使い方も変わるので、ぜひ参考にしてみてください。購入して試した人の口コミもたっぷりご紹介します。

編集部スタッフより

編集部スタッフ
“あれが欲しい!”と思ったときに役立つ情報をグッディ∞がお届けします!ご紹介する商品のなかに、気になる商品があるでしょうか。「これだ!」「いいね!」と思っていただける商品があれば幸いです。
スポンサーリンク

ブリーチ剤の選び方

スマホを使う女性

ブリーチ=脱色という意味で、ブリーチ剤は髪の色を抜いて新たな色を入れるためのものです。髪の色素を抜くくらい、強い薬剤を使うことなので、まずは安全に使える信頼の置ける商品であるかを確認しましょう。その他にブリーチ剤選びに気をつけたいポイントをまとめてみました。

ブリーチ剤とカラー剤の違いは何?

まずはブリーチ剤とカラー剤の違いについて解説します。

ブリーチ剤

日本人の黒髪には、髪の毛の中に「メラニン」という黒い色素が入っています。外国人の金髪や薄い茶色などの髪色と比べると、日本人の髪の中のメラニン色素はとても多いと言われています。そのためこのメラニン色素の多い髪の色を金髪や銀髪のような薄い色に変えるためには、一度脱色して黒髪の色を抜く必要があるのです。

ブリーチ剤を使用すると、最初の黒色の色素が抜けていくので黒色?茶色?金色?白色と薬剤を乗せて放置している時間によって少しずつ色が抜けていきます。この、色を抜いた状態の髪の上に新たな明るい色やビビッドな色を入れると、綺麗に染めることができるという訳です。

カラー剤

これに対してカラー剤は髪の毛の表面に色を乗せていくことを言います。このため、毛髪自体の色素は抜くことなく、上に新たな色を乗せることで髪の色を変化させていきます。

髪を茶色くしたい場合は、赤色やピンク色を選んで髪の上に乗せていきます。グレーを乗せると少しくすんだような柔らかいアッシュカラーになります。色素を抜くことがないので、髪のダメージもブリーチ剤よりは軽いと言われています。

このようにブリーチ剤とカラー剤は全く異なった性質を持っています。

泡VSクリーム!ブリーチ剤で使いやすいのは?

ブリーチ剤は泡タイプとクリームタイプの商品をよく見かけますが、どちらが使いやすいのでしょうか。それぞれの特徴を見ていきましょう。

泡タイプ

泡タイプの特徴は、肌当たりが柔らかく、全体的に広がりやすいため塗りムラが少ないことが特徴と言えます。薬剤を混ぜ合わせるとすぐ出来上がるので、時間短縮に向いています。

ただしブリーチ剤は保存がきかないために、使用後はすぐに廃棄することになり、余らせてしまうと少々もったいないことになりますね。クリームタイプほど色味が多くないのもデメリットと言えるでしょう。

クリームタイプ

このランキングでも圧倒的に多かったのがクリームタイプのブリーチ剤です。その種類の豊富さもバラエティーに富んでいます。薬剤を混ぜる時はパッケージの箱を使って立てられるものや、くし形ノズルがついているものもあり、何かと便利に作られています。

デメリットは液だれしないように固めのクリームのものが多いため、髪全体に塗布するときに時間がかかってしまうということでしょうか。

泡タイプとクリームタイプ以外にも、部分的にブリーチしたり、伸びてきただけのブリーチで良いという方にはスプレータイプもおすすめです。すでに液状になっているため、薬剤を混ぜる手間がかかりません。デメリットは全体を一度に染めるには向いていない所です。

髪の保護するための工夫はされているか

ブリーチというのは髪のメラニン色素を抜いてしまうことです。そのため、薬剤を添付する時間が長かったり、日を空けずに何度もブリーチを重ねてしまうと、髪には大きな負荷がかかってきます。ひどくなると切れ毛抜け毛も多くなるし、頭皮にまでトラブルが起こりかねません。

こうした問題が起こらないように、市販のブリーチ剤には保湿成分や毛髪修復成分、うるおい成分などが入っている商品がたくさん出ています。綺麗な髪の色を目指すのならば、土台となる髪をできるだけブリーチ剤で痛めないようにしたいものです。髪に優しい成分配合のブリーチ剤を必ず選ぶようにしてください。

さらにトリートメントが付属されていたり、同じシリーズで髪の保湿や指通りをよくするためのシャンプーやコンディショナーなどの商品が出ていれば、それらを使うと髪の痛みを抑えることができるでしょう。

薬剤を塗ってから放置する時間はどのくらい

砂時計

ブリーチ剤は脱色するために髪に薬剤を塗布した後に数分から数十分放置することになっています。この間に髪の退色が進み、薬剤がしっかりと髪の中に染み込んでいきます。

あっという間に退色が進むブリーチ剤もありますが、通常は髪の色の変化を様子を見ながら放置時間を決めていきます。初心者ではなかなかタイミングを計るののは難しいので、初めてブリーチを行う場合は使用上の注意に書かれた時間を守って行ってください。

自分の髪のタイプを知りましょう

同じブリーチ剤を使って2人の人が髪を脱色したとしても、その2人の髪のタイプが違っていたら仕上がりは全く違った色になる可能性があります。

例えば細くて柔らかい髪質で、元の色が明るめな人は、ブリーチ剤を塗布する時間も短めで良いでしょう。一方太くて硬い髪質で、元の色が黒など濃い色の人は、明るく色を抜きたいのであれば塗布時間も少し長めになります。髪質を考えずに強いブリーチ剤を使うと、抜け毛切れ毛などトラブルが起こりかねません。

自分の髪質を知り、なりたい髪の色をしっかりイメージしてからブリーチ剤を使用するようにしてください。

スポンサーリンク

ブリーチ剤の人気おすすめ商品TOP10

ここからは人気のブリーチ剤のおすすめ商品TOP10をご紹介します。どの商品もそれぞれ良さがあり、人気なのがよくわかります。口コミを参考にすると使用感がイメージしやすいので、ぜひ口コミも一緒に見てくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

第10位 パルティ ナチュラルブリーチ

パルティ ナチュラルブリーチ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 508

ブリーチ初心者におすすめなナチュラルな色味のブリーチ剤です。自然な明るさのブラウンで、黒髪の人が初めてブリーチするのには良さそうです!

ブリーチ剤特有のツンとした臭いを抑えるために爽やかな果実の香りがつけられています。ブリーチ後の髪は傷みやすいので、ツバキオイルでうるおい成分を、シリコーンでさらさら成分を、植物プロテインで毛髪保護成分が含まれています。ショートヘアの人は1箱で十分色が抜けるようですが、ロングの人は何箱か用意しておいたほうが良いでしょう。

パルティ ナチュラルブリーチの口コミ評判

私のは染める前が明るめのブラウンなのでイメージ通りではなく金髪寸前のよく染まってる感じになりました、これも気にいってます、
ミセス位のママの方も結構イケる色のカラーだと思います。とにかく頭皮が痛くなくて良いです。

初めてパルティーのナチュラルブリーチ使いました
黒髪から明るい茶色にしたかったので気に入ってます

第9位 ホイップハイブリ-チ

ホイップハイブリ-チ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 1,600

パウダーとクリームを混ぜ合わせて使うと、ホイップ状のクリームが出来上がるブリーチ剤です。パウダーとクリームを1:3の割合で混ぜ、髪に乗せたら放置します。この放置時間の長さで、色の抜け具合が変わってきます。10分で濃いめのブラウン、30分だと金色に近い色まで脱色できます。

2つの薬剤を混ぜるとホイップクリーム状になるまで撹拌が必要です。ホイプクリームの柔らかさなので、頭髪にも馴染ませやすいですね。ただし、ホイップクリームの配合を間違えると発熱するそうなので、使用上の注意をよく守って使用してください。

ホイップハイブリ-チの口コミ評判

インナーカラーで使用しました!
黒染めしてたにも関わらずとても抜けがよく、ほとんど痛みも感じませんでした。

ビックリです、垂れないし匂いもなく、本当にすぐ色がぬけ大大大満足、また注文したいです。

第8位 パルティ メチャフラッシュブリーチ

パルティ メチャフラッシュブリーチ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 559

ブリーチパウダーが別についていて、かなり明るくしっかりと脱色ができる商品です。「1回でフラッシュに輝くブロンドに!」のネーミング通り、かなり明るめな好みの色までブリーチができそうですね。

さらにブリーチ剤にある使用後のゴワゴワ感も、ツバキオイル、シリコーン、植物性プロテインと言う3つのトリートメント成分が入っているので、髪を保護しながらうるおい感とさらさら感をキープしてくれます。ツンとした臭いも抑えられているので女子におすすめなブリーチ剤ですね。

パルティ メチャフラッシュブリーチの口コミ評判

最近の量販店で売ってるブリーチの中では1番いいほうだと思います。
最近のブリーチは色がなかなか抜けないので何回もしないといけないですが、この商品は2回ぐらいで結構いい色になってくれます。

色も綺麗です。使用後に髪がキシキシしないし、自分でやってもムラにならなかったので、良かったです。

第7位 GATSBY (ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー シャンパンアッシュ (医薬部外品) (1剤35g 2剤70mL)

GATSBY (ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー シャンパンアッシュ (医薬部外品) (1剤35g 2剤70mL)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 574

光に透けるとブロンドに見えるようなベージュカラーがこのシャンパンアッシュです。11種類あるこのギャッツビーナチュラルブリーチカラーの中でも、この色はハイトーンのアッシュ系として位置しています。1箱で耳が隠れる程度の長さのミディアムヘアの使用が可能なので、長めの人はもう1箱用意しておくのがおすすめです。

スムースポリマーのさらさら成分、ミネラルオイルのツヤやか成分、プロリンのうるおい成分、アルギニンの毛髪保護成分、グルタミン酸の毛髪補修成分など髪に優しい成分が豊富に含まれているので使い心地も優しそうですね。

GATSBY (ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー シャンパンアッシュ (医薬部外品) (1剤35g 2剤70mL)の口コミ評判

簡単に染められてしかも安い。今まで使ったことがない人でも手軽に使用できていいと思う。

ほぼパッケージにある色になりますし、シャンパンというだけの明るさはありますが、決して明るすぎず、良い具合にくすんだ理想的なアッシュになります。なんだか品もあるように感じています。市販のものでここまでのクオリティが出せれば、美容室で高い金額を払う必要もないかと思います。

第6位 GATSBY (ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー アクアシルバー (医薬部外品) (1剤35g 2剤70mL)

GATSBY (ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー アクアシルバー (医薬部外品) (1剤35g 2剤70mL)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 617

ギャッツビーのブリーチカラーの中で一番のハイトーン(明るい色味)がこちら。アクアシルバーです。銀色がクールでブリーチ上級者の雰囲気を感じさせてくれますね。

伸びの良いクリームなので、髪全体に広がりやすい商品です。ブリーチ成分で明るくした髪に、カラー成分が浸透してしっかりと染めあげることができます。さらに頭皮に優しい低ph処方と、嫌な臭いを抑えたアクアフルーティーの香りがついているので使いやすそうですね。

GATSBY (ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー アクアシルバー (医薬部外品) (1剤35g 2剤70mL)の口コミ評判

黒髪からやりましたがめちゃくちゃ綺麗に色が入ってお気に入りです!明るすぎる色でもないのでオススメです!

ブリーチなしの剛毛で真っ黒な髪からこれ一回で少し暗めな茶髪になりました!パッケージのような明るい茶髪?にはなりませんでしたが個人的にはちょうどいい髪色で気にっています!

第5位 GATSBY (ギャツビー) EXハイブリーチ (パウダー18g ウォーター70mL クリーム35g) (医薬部外品)

GATSBY (ギャツビー) EXハイブリーチ (パウダー18g ウォーター70mL クリーム35g) (医薬部外品)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 507

数あるギャッビーの商品の中でも一番ブリーチ力の高いのがこの商品です。放置時間によって明るさの調整ができるのが特徴で、明るくしたい人は長く放置すれば茶色の髪も綺麗な金色まで変化するそうです。

ブリーチ液を乾いた髪につけたら5分放置し、そのあとさらに根元から髪全体になじませていきます。細くて柔らかく明るい髪色の人は放置時間短め、太くて硬く暗い髪色の人は放置時間を長めにおきます。その放置時間で明るさアップが決まるので、ここはしっかりチェックしたいところですね。ツンとする嫌な臭いを抑えるアクアフルーティの香りが待ち時間を和らげてくれそうです。

GATSBY (ギャツビー) EXハイブリーチ (パウダー18g ウォーター70mL クリーム35g) (医薬部外品)の口コミ評判

二度脱色した後アッシュグレーを入れそれが抜け暗めの茶髪に塗った状態で使用しました。茶髪の部分は綺麗に抜け、根元の地毛の部分は明るめの茶色になりました。かなり強力だと思います…2回使えばいい白くなるんじゃないかな?

毛の量が少ないので別の容器で半分混ぜて2回ブリーチ。
しっかり色が抜けてくれました。
一回でもそこそこ抜けました。
パッケージのお兄さんレベルに抜くには自分は2回必要でした。

1発じゃ茶色にしかならないというレビューがあったのでナメていましたが、40分×1回で脱色したことない茶髪から金髪になりました。

第4位 マニックパニック ホワイトボム ハイブリーチセット (ブリーチパウダー30g+オキシ6%90ml)(医薬部外品)

マニックパニック ホワイトボム ハイブリーチセット (ブリーチパウダー30g+オキシ6%90ml)(医薬部外品)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,400

ホワイトボムと言う名前通り、髪を白色に近づけるためのホワイトブリーチです。特徴はその塗布直後からの脱色時間のスピードです。つけた瞬間からみるみる髪の色が抜けていくようです。このため長い放置時間がなくてもしっかりと脱色が可能になりました。

さらにこのブランドの特徴は、髪の色が抜けたあとに入れるカラーの豊富さが群を抜いていることです。48色のカラーを絵の具のように混ぜ合わせて様々なカラーを作り出すことができるのが人気の秘密です。

マニックパニック ホワイトボム ハイブリーチセット (ブリーチパウダー30g+オキシ6%90ml)(医薬部外品)の口コミ評判

黒染め4日目にして
あの汚いオレンジにはならず、
(髪質にもよりますが…)
綺麗にブロンドに近い感じで抜けました!
一週間事に染めてるわたしの傷んだ髪にも
綺麗に入る優れものです!(笑)

一度でわりときれいに色も抜けるし、刺激が少ないのがとても良いと思う

第3位 フレッシュライト メガメガブリーチ 25g+83mL+22g アフターカラートリートメント15g

フレッシュライト メガメガブリーチ 25g+83mL+22g アフターカラートリートメント15g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 616

3種類あるブリーチ剤の商品の中で1番明るい色に仕上がるのが、この「メガメガブリーチ」です。塗布してから10分、20分と放置していく間に少しずつ髪の色が明るくシャープなプラチナ色になるように抜けていきます。

くし形のノズル付きで手を汚さずムラなく塗ることができるのも便利ですね。髪の痛みを極力抑えるためにシルク成分でツヤやか成分を、8種類のアミノ酸でうるおい成分を配合しています。グリーンアップルとカシスの香りも爽やかです。

フレッシュライト メガメガブリーチ 25g+83mL+22g アフターカラートリートメント15gの口コミ評判

アッシュブラウンの状態でこちらを使用。
夏場でしたので15分ほどでパッケージの色になりました。
痛みもそれほど無かったです。
液だれもせず、綺麗に抜けてコスパが良いので
おすすめです!

実際使用してみての感想は、素人の私が適当に付属品のクシや手ぐしで馴染ませる程度でも他のブリーチとなんら遜色無く、きれいに脱色できました。

第2位 フレッシュライト プリン解消ミストブリーチ 150mL

フレッシュライト プリン解消ミストブリーチ 150mL

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 477

せっかく綺麗に脱色したはずの髪に、また毛が伸びてくると、どうしてもプリン状になってしまい気分も下がってしまいますよね。そんなあなたにおすすめなのがこの「プリン解消ミスト」です。

ブリーチ剤入りのスプレーなので、気になる部分に吹きかけるだけで髪の色を明るくしてくれます。クリームでしっかりつけるのとは違い、スプレータイプなのでちょっと気になる部分にだけ使えるというのが便利ですね。全体にスプレーして髪の色を明るくすることもできる優れものです。

フレッシュライト プリン解消ミストブリーチ 150mLの口コミ評判

手軽に色を明るくできて徐々に明るくなるのでむらになりにくいです

3回くらいの使用で太陽の下ではけっこう茶色く見える。
部分的に明るくしたかったのでとても良かった。
もう少し脱色力が強ければさらにいいと思う。

第1位 ホワイトブリーチ

ホワイトブリーチ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,465

自宅でもサロンの仕上がりができるように、と美容室で開発されたブリーチ剤です。髪への浸透が良く、液も垂れない固めのクリームタイプでとても使い勝手がよくできています。また、ブリーチ剤特有の使用後のパサつきやゴワゴワ、引っ掛かりを極力抑えた保湿成分やエモリエント成分の働きにより、使用後も指通りはなめらかで手触りも良いようです。

このブリーチ剤のあとは、シャンプー、トリートメント、コンディショナーも同じ商品シリーズで販売されているので、一緒に使うとより綺麗なプラチナホワイトに髪の色を整えていくことができますよ。

ホワイトブリーチの口コミ評判

別のブリーチ材で脱色後にこのホワイトブリーチを使いました。太い黒髪直毛に使用しましたが、かなり脱色できました。

ミディアムくらいの長さでブリーチ2回分はありました!2回ブリーチしただけでかなり色が落ち、後は好きな色に染めれたのでブリーチしたい方はこの商品オススメです!

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ブリーチ剤の効果的な使い方

髪に触る金髪の女性

ブリーチ剤の効果的な使い方をご紹介します。

付属の商品をしっかり使いこなしましょう

ほとんどのブリーチ剤には、手袋がついています。この手袋をそのまま着けただけだと、薬剤を塗布した時に一緒にくっついて外れてしまうこともあります。美容院などでは、ゴムの手袋をきっちりはめてカラーリングなどを行いますね。手や肌につかないようにすることと、髪の細かい部分へ塗りやすいように、ゴム手袋は手首のところで輪ゴムで留めておくことをお勧めします。

塗るのは襟足から

さて、ブリーチ剤をどこから塗ろうか迷いますね。基本は襟足から後頭部→サイド→頭頂部→前髪と塗っていくと良いそうです。

これは後頭部の方が油分が多めだったり、今まで使っていたシャンプー剤やシリコン剤などが残っている可能性があり、前髪に比べて染まりが悪くなることがあるからです。染まりにくい部分から塗っていくことで、全体的にバランスのとれた同じ色味を作り出せるというわけです。最後に塗り残しの多いもみあげなどは指を使って丁寧に塗っていきましょう。

時間調整は目指す色に合わせて

どのくらいブリーチ剤を放置していればいいのか、迷いますよね。これは自分の髪質を知った上で目指す色味に近づくようになるまでそのつどチェックしながら様子を見ましょう。髪質の柔らかい人や、カラーリングなどで髪が傷んでいる人は少し短めに、髪質の硬くて毛髪量も多い健康な髪の人は少々長めにしても大丈夫でしょう。

まとめ

ブリーチ剤のランキングを見てきました。髪の色を脱色して明るくビビットな色合いにするとオシャレな雰囲気になるし、見た目も随分変わりますよね。ただしブリーチ剤は強力な薬品であることも忘れないでください。使い方を間違えてしまうと髪が傷んで取り返しのつかないことになってしまいます。

使用するときは、必ず注意書きを読んでから使うこと。また、薬剤を塗布して放置したら、そのまま置きっぱなしにせず、絶えず髪の色を確認して脱色の進み具合に気をつけましょう。

綺麗に明るい髪でいるために、髪の健康を大切にすることも必要です。アフターケアも忘れずに行うようにしてくださいね。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連キーワード

同カテゴリの人気記事

グッディの人気記事 5選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.