1. グッディ∞
  2. ゲーム&ホビーホームシアタースピーカーのおすすめ比較ランキング!人気なのは?

2018/04/25更新

ホームシアタースピーカーのおすすめ比較ランキング!人気なのは?【2018年】

テレビとホームシアタースピーカー

映画にスポーツ観戦に、臨場感あふれる迫力のサウンドを楽しめるのがホームシアタースピーカーシステムの魅力です。現在では本格的なものから簡単な設定でもクリアな音質や重低音の迫力を存分に味わえるものなど、様々な種類が豊富にそろっています。数ある種類の中から理想的なホームシアタースピーカーを選ぶために役に立つ様々な情報をお届けします。

スポンサーリンク

ホームシアタースピーカーの選び方

PCを使う男性

テレビを臨場感のある音で楽しみたいときに手軽に使えるホームシアタースピーカーの選び方のポイントをご紹介します。

迫力のあるサウンドで選ぶ

迫力あるリアルなサウンドを再現するために最もスタンダードなのが個別に複数のスピーカーを使って環境を作るリアル5.1chのタイプです。スピーカーの数が増えれば音のサラウンド感が増すので、ホームシアターでまるで映画館にいるような迫力満点のリアルサラウンドを再現するには最も適したタイプになります。

個別のスピーカーを複数組み合わせて環境を作るためサラウンド感の点では最高なのですが、各スピーカーをつなぐ配線がかなりごちゃごちゃとしてしまう事と、設置するにあたってはそれなりに広いスペースがないとせっかくの迫力あるリアルサラウンドを十分に楽しみきれない点がデメリットだとも言われています。

けれどもホームシアタースピーカーの中でもワイヤレスでケーブルが不要なタイプを選べば、ごちゃごちゃした配線に悩まされることなく、すっきりとした状態で設置することができます。

手軽にホームシアター環境を作れる設置性の良さで選ぶ

ホームシアタースピーカーの中でもサウンドバーという種類はコンパクトで設置が比較的簡単にでき、再生機器さえあればホームシアター環境をすぐに作れる手軽さが魅力的な製品です。AVアンプ機能を備えているものも多く、基本的には2.1ch~5.1chまで対応してサラウンドを再現する事が出来ます。

サウンドバーはほとんどがバーチャルサラウンドを採用していて仮想的にサラウンドを実現するのが特徴なので、複数のスピーカーを駆使してサラウンドシステムを構成するタイプとは根本的に異なり、リアルサウンドのものと比較するとサラウンド感は低下すると言われています。

ただしバータイプのスピーカーは映画音楽やスポーツなどコンテンツごとに最適な音質を選べる機能を搭載しているため、音の調整をすることでより快適なサウンドを楽しむことができます。また、スリムですっきりとした見た目で、現在使用中のテレビの前に置くだけという設置性の良さと手軽さが大きな魅力です。

テレビの大きさから適したものを選ぶ

普段見ているテレビの画面のサイズやテレビとの距離によっておすすめのホームシアタースピーカーの種類が変わります。

32型位までのテレビに適したもの

テレビの横幅が80センチくらいまでの比較的小型なら、フロントサラウンドのバータイプやベースタイプのスピーカーがおすすめです。スピーカーが分かれている2.1chタイプのものでも比較的スッキリと置くことができます。

32型~45型のテレビに適したもの

バータイプや台座タイプのものでも設置可能ですが、置く場所に左右のスピーカーを置くスペースが確保できるなら2.1chホームシアタータイプがおすすめです。左右のスピーカーを離して設置することでより音に広がりを感じられ臨場感もアップします。

40型以上のテレビに適したもの

横幅が90cm以上の大画面テレビに使用するならスピーカーの大きさにもこだわれるシアターセットを選ぶのがおすすめです。フロントだけでも音のレベルを上げる事は十分に可能ですがリアサラウンドを設置することでより本格的な環境で音と映像を楽しめるようになります。

スポンサーリンク

ホームシアタースピーカー人気おすすめ商品TOP5 

人気のホームシアタースピーカーをランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

5位

Bluetooth サウンドバー TaoTronics ワイヤレス テレビ スピーカー サウンドハウス 2.0 サウンドトラック 40W ホームシアター デュアルコネクション タッチ&リモートコントロール 壁掛け可能 TT-SK15

Bluetooth サウンドバー TaoTronics ワイヤレス テレビ スピーカー サウンドハウス 2.0 サウンドトラック 40W ホームシアター デュアルコネクション タッチ&リモートコントロール 壁掛け可能 TT-SK15

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,999

高品質ステレオによるホームシアターシステムを完成させられるスピーカーです。有線ケーブル、光ケーブル、同軸ケーブル、RCA音声ケーブルに加え、Bluetoothでも接続が可能です。テレビの前に並べても壁に設置してもピッタリなデザイン性の高さで、どこにでもおしゃれにマッチするモダンなデザインなうえ、堅牢な素材で作られた製品なので、長く愛用することができます。

Bluetooth サウンドバー TaoTronics ワイヤレス テレビ スピーカー サウンドハウス 2.0 サウンドトラック 40W ホームシアター デュアルコネクション タッチ&リモートコントロール 壁掛け可能 TT-SK15の口コミ評判

こもっていたTVの音声がクリアに聞こえるようになりました。 非常にいいです。 臨場感もあります。ただ光ケーブルで接続しているのですが、TVからとの音と少々ずれがあるのが気になります。

値段が安いので余り期待はしてませんでしたが、コスパ高いですね。非常に満足しています。

4位

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-106 4K映像対応 HDMI Bluetooth HDCP2.2 サウンドバー YAS-106(B)

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-106 4K映像対応 HDMI Bluetooth HDCP2.2 サウンドバー YAS-106(B)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 20,870

高さが53mmのスリムなワンバーボディを実現した、おしゃれでスタイリッシュなサウンドバーです。話題の4K映像にも対応したHDMI端子を搭載しており、テレビの前に置くだけで簡単にクリアで迫力のある高音質サラウンドを実現できます。

さらにBluetoothに対応していることから、スマートフォンなどから専用アプリによる再生・操作等が可能です。音量の調整や入力の切り替えなどのリモコン操作以外にもアプリ操作時だけ利用できる5種類のサラウンドプログラムの切り替えができます。

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-106 4K映像対応 HDMI Bluetooth HDCP2.2 サウンドバー YAS-106(B)の口コミ評判

テレビ番組の音は確かにクリアになり、聞きやすくなった程度と思いましたが、試しにブルーレイで「プライベートライアン」とマイケルジャクソンの「THIS IS IT」を見たところ、今までの音世界とはまるで別世界! 2万円弱でこれほどの音体験ができるなら、もっと早く買っておけばと思いました。私にとっては大満足の商品です。

レグザとゲームで5.1chを楽しむために購入、特に問題なくサラウンド感を味わえた。
バスエクステンション機能オフでも十分低音が出て良い感じ。機能オンだと体全体に響いてきてちょっとびっくりした。(笑)

3位

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー ブラック【国内正規品】

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー ブラック【国内正規品】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 32,400

良質なサウンドを楽しめるスリムでコンパクトな一体型スピーカーです。Bluetooth接続にも対応しているので、スマートフォンやタブレットなどの音楽をワイヤレスで楽しむこともできます。

テレビと接続するのはケーブル一本で簡単にセットアップでき、ユニバーサルリモコンで外部接続機器の操作もリモコンひとつでできるので大変便利です。そしてダイアログモードを使用すればニュースやトーク番組などの音声がクリアに聞き取りやすくなります。

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー ブラック【国内正規品】の口コミ評判

20Vの出力ができるバッテリーを持っていたので、それをつないで持ち運んで使っています。アダプタの入力のコネクタが良くある大きさなので、大抵のバッテリで使用可能。

ブルーレイで映画を観ましたが、この値段、このクラスでこれだけの音が出せるのはBoseだけでしょう。付属の光ケーブルでは少しいいTVスピーカーで感動も驚きもありませんが、ケーブルがいいと小さなボリュームでも心地良い音が出ます。5.1チャンネルのサラウンドスピーカーは低音が近所迷惑だしうるさいという家族の反対もあり、こちらに替えました。

2位

パナソニック 2.1ch シアターバー サブウーハー内蔵 Bluetooth対応 ブラック SC-HTB175-K

パナソニック 2.1ch シアターバー サブウーハー内蔵 Bluetooth対応 ブラック SC-HTB175-K

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 16,000

2.1chでクリアなサウンド&重低音再生できるスピーカーです。Bluetooth対応でスマートフォンなどを利用しワイヤレスで音楽を楽しむこともできます。スピーカーの設置角度が変わっても内蔵センサーによって常に使用方向に音が出力されます。場面の臨場感そのままにセリフがしっかりと聴けて映像と一体感のある音が楽しめる明瞭ボイスつきです。

スリムで低背設計のためテレビの前に置いても画面と重なる心配もなく省スペースですっきりと置くことができます。さらにサウンドモードを自動的に切り替えるため番組にぴったりのサウンドが楽しめ、急な音量アップを抑える音量オート搭載で快適に使えます。

パナソニック 2.1ch シアターバー サブウーハー内蔵 Bluetooth対応 ブラック SC-HTB175-Kの口コミ評判

プレステ4と、液晶テレビをこのシアターバーに繋げています。テレビはハイセンスの43型で、音質にかなり不満がありました。このシアターバーを使うと、見違えるくらい音が良くなり、もっとも感じたのはセリフが明瞭に聞き取れるようになった転です。

テレビと接続しました。今までは周囲で雑音がしたりするとテレビ音声が聞き辛くついついボリュームを上げていましたが、この商品を接続してからは多少の雑音にも負けずクリアに聞こえます(^^)離れていても良く聞こえるようになりました(^^)

1位

Bluetooth サウンドバー TaoTronics ワイヤレス テレビ スピーカー ステレオスピーカー 36W ホームシアター デュアルコネクション 壁掛け可能 Bluetoothスピーカー 18W ラウドスピーカー 2個搭載 リモートコントロール TT-SK017

Bluetooth サウンドバー TaoTronics ワイヤレス テレビ スピーカー ステレオスピーカー 36W ホームシアター デュアルコネクション 壁掛け可能 Bluetoothスピーカー 18W ラウドスピーカー 2個搭載 リモートコントロール TT-SK017

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 8,999

寝室などの狭い場所でも邪魔にならず、スリムなのにパワフルなサウンドが楽しめるサウンドバーです。Bluetooth対応で10mまで離れたデバイスとワイヤレスで接続できるので、スマホなどに保存した音楽も手軽にたのしめます。

そしてRCA端子変換3.5mm音声ケーブルや光ケーブルでテレビと接続できます。テレビ台に設置することもできるし壁に取り付ける事もできるので好みに合わせてホームシアターシステムが作れます。さらに光ケーブル接続でその場にいるような臨場感のあるサウンドが楽しめます。

Bluetooth サウンドバー TaoTronics ワイヤレス テレビ スピーカー ステレオスピーカー 36W ホームシアター デュアルコネクション 壁掛け可能 Bluetoothスピーカー 18W ラウドスピーカー 2個搭載 リモートコントロール TT-SK017の口コミ評判

肝心な音質ですが、かなり驚きました。物凄い重低音、そして広がる臨場感ある音です。国内メーカーでもないのでそこまで期待大ではなかったのですが、価格以上の高音質だと確信しています。テレビに接続することで、もともとテレビ自体の内蔵スピーカーがしょぼい方には衝撃を受けると思います。声のボリュームが拡大することで聞きやすくなるのはもちろん、音楽などでの重低音、きれいな高音域など、しっかりと出ています。

音質はテレビ用にチューニングしたあるのか素直な音質で、変な強調のないものです。
人の声がとても聞き取りやすく、騒音の中で使用する私の用途にぴったりです。
小さなスピーカでも低音はちゃんと存在感がありそれなりの迫力があると思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ホームシアタースピーカーの効果的な使い方

テレビを見る男女

ホームシアタースピーカーを効果的に使うためのポイントをご紹介します。

ホームシアタースピーカーを視聴する時のポイント

ホームシアタースピーカーを視聴する時にはできればテレビ売り場などから少し離れたところに専門のブースを構えた店舗を利用するのがコツです。さらに音質やサラウンド効果などを重視して選びたいならホームシアター専門店を選ぶのがおすすめです。

専門店の場合、設置や調整などがきちんと行われているので、例えば持参したソフトをじっくりと視聴することもできます。試聴に際しては通常の映画ソフトなどは後方のスピーカーに空間の広がりを感じさせる残響音を収録している程度なので、空間の広がりに注意するようにしましょう。

自分が必要な条件を知ろう

例えば使用する部屋が6畳くらいのスペースの場合、ホームシアタースピーカー入門者ならどれほど大音量が必要なわけではない場合がほとんどです。接続する機器類もそれほど多くない事が考えられるので、比較的安価な製品でも十分楽しめるはずです。

せっかく高額で高性能な機材を購入しても使いこなせないようではもったいないので、自分が必要とする条件を知って、まずは最小限の機材を購入するのがおすすめだといえます。

まとめ

大画面で優れた画質でしかも値段も手が届きやすくなったテレビを、さらに高音質で楽しむための設備がホームシアタースピーカーです。臨場感のある音が簡単な設置によって楽しめることで人気を集めています。手軽に音質を強化できるものも増えているので、好みのものを選んで、さらにホームシアターを充実させてみましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.