1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーダイエットおすすめ黒酢の人気比較ランキング!タイプにも注目

2018/02/15更新

おすすめ黒酢の人気比較ランキング!タイプにも注目【2018年】

黒酢の写真

みなさんは、健康のために意識して摂取している食品はありますか?日本では、現在さまざまな健康食品を買い求めることができますが、その中でも黒酢は、抗酸化作用があるとされているアミノ酸を多く含んでいることから、身体に良い影響を与えるとして非常に注目を集めています。

今回はこの黒酢をテーマに、選び方のコツや、おすすめ商品などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

黒酢の選び方

悩んでいる女性

はじめに、黒酢の選び方に関するポイントについてご紹介していきます。以下を参考に、ご自身に合った黒酢のタイプを探していただけたらと思います。

注目はアミノ酸の含有量

アミノ酸とは、身体づくりに必要不可欠となっており、生命活動において欠かすことができないタンパク質の原料となっている成分です。黒酢は、このアミノ酸が豊富に含まれていることから健康に良いと話題になり、愛飲者の増加へとつながっています。

気になる黒酢を見つけたら、まずは裏面の原材料の欄、そして記載があれば、栄養成分の欄をチェックしてみましょう。ただ、ここで注目したいアミノ酸については、

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • L-カルニチン

などのように、アミノ酸の各種名称で表示されていることもあれば、「タンパク質」と総じて表示している場合もあり、メーカーによって異なります。また、含有量についても、黒酢100mlあたりの量で記載されていることもあれば、粒状のサプリメントならば「○粒あたり××g」などのように、商品によって表示にばらつきが生じることがあるため、注意しましょう。

店頭にて即座に各商品の含有量を比べるのは難しいかもしれませんが、概算でも構いませんので、比較してから購入されることをおすすめします。

原材料や製法にこだわってみる

黒酢は、基本的に米酢の一種であり、主に玄米を主原料としています。黒酢特有となる深い琥珀色は、長時間じっくりと熟成され、発酵が行われたしるしであるといえます。

黒酢を選んでいく際には、原材料となる玄米がどこの産地のものを使っているのか、そしてどのくらいの期間熟成されていたのかなど、産地や製法について調べてみることがポイントの一つとなっています。実際のところ、こだわればこだわるほどコスト面でアップしてしまうのは否めませんが、予算と照らし合わせ、ご自身に合った黒酢を選ばれればよいのではと考えます。

その他の原材料が味の決め手に

黒酢は、料理に取り入れることはもちろん、直接飲んで摂取したいという方も多いでしょう。直接飲む場合に気になるのは、その味となりますよね。

黒酢は通常の米酢などに比べ、酸味がまろやかとなっているものが多く、比較的飲みやすいとして知られています。ただ、やはり酸味が全くないというわけではありませんので、少々苦手意識を持っている方も少なくありません。

そのような方でも飲みやすい黒酢として話題なのが、他の原材料を含んだ黒酢です。各種フルーツや蜂蜜などが含まれると、酸味を緩和したり、うま味がプラスされる効果が期待できますので、初心者の方でも飲みやすい黒酢となっているケースが多いといわれています。

是非とも毎日摂りたいものですから、せっかくなら美味しく頂くことで長く続けていきたいですよね。そのためには、黒酢の味は非常に大きな要素の一つといってもよいでしょう。

濃縮タイプまたはストレートタイプの特徴とは

黒酢には、水などで希釈して飲む「濃縮タイプ」と、そのまま飲むことができる「ストレートタイプ」があります。それぞれの特徴は以下となりますので、黒酢を選ぶ際の参考にされるとよいでしょう。

濃縮タイプ

希釈することから、ストレートタイプに比べコスパに優れているのが濃縮タイプです。また、水での希釈はもちろん、炭酸水や牛乳と混ぜて飲むなど、バリエーション豊かな飲み方を楽しむことができるのも、濃縮タイプの特長となっています。黒酢の酸味が気になる方は、水と共に、蜂蜜や砂糖を混ぜて飲む方法もおすすめです。

ストレートタイプ

コストパフォーマンスでは濃縮タイプに劣るところがありますが、そのまま飲める手軽さは、ストレートタイプには敵わないといってもよいでしょう。また、砂糖などを混ぜて飲むケースは少なくなるため、糖分の摂り過ぎなどを防ぐことができ、カロリー管理がしやすいこともメリットとなります。

サプリメントタイプも登場

今回は、黒酢の中でも主に飲料タイプについてのご紹介となっています。そのため、少々テーマから外れることになってしまいますが、「黒酢の味は苦手だが、黒酢の成分を摂取したい」とお考えの方には、粒状となったサプリメントタイプもありますので、調べてみるのはいかがでしょうか。

メリットは、黒酢の味を気にすることなく飲むことができる点、また、いつでもどこでも手軽に飲むことができる点などとなっています。

スポンサーリンク

黒酢人気おすすめ商品TOP9

続いて、黒酢のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。トレンドとなっている黒酢はどのような商品となっているのか、是非ともチェックしてみましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

9位

おいしいくろ酢 1800ml

おいしいくろ酢 1800ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,600

薩摩産のくろ酢のほか、青森県産の発酵黒ニンニク、また丹波産の黒豆から作った黒豆酢をベースとした黒酢飲料。美味しさを追求した独自のレシピで、毎日欠かさずに飲むことができると好評です。5~7倍の希釈用となるため、お好きな配合で楽しめるほか、酢の物やドレッシングなど、料理に活用することも可能となっています。

その他、注目成分としては、アンチエイジングにも効果が期待できるコエンザイムQ10、また脂肪燃焼にアプローチするアミノ酸の一種L-カルニチンなどが含まれています。

おいしいくろ酢 1800mlの口コミ評判

飲みやすく、これからの夏にはさっぱり炭酸で割っても美味しいです。
身体が軽くなったように思います。

もともと高血圧ではなく低血圧気味でありましたが、加齢のためかだんだん血圧が上がってきたのです。気にしていたところたまたま知り合いから押し付けられて(?!)期待もせず、飲んでみたら血圧が若い頃と同じ様になっていきました。

8位

鎮江香酢(中国黒酢・瓶入) 165g

鎮江香酢(中国黒酢・瓶入) 165g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 270

もち米、塩、水を原材料とした中国黒酢。本場中国では調味料として広く愛用されているほか、横浜中華街などでも多くの飲食店で採用されています。

人気の秘密は、その豊富な栄養成分。一般的な穀物酢と比べ、25倍ものアミノ酸、クエン酸が含まれていることで、健康効果が期待できます。日本産のものと比べてもアミノ酸は多くなりますので、少しの量でも十分に効果的となるでしょう。

シュウマイなど天津でのつけだれに、サラダのドレッシングに、あんかけ料理など、幅広く活用することができます。

7位

おいしい黒酢

おいしい黒酢

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,691

山地にこだわった国内産玄米を、伝統の静置発酵法にてじっくりと熟成。玄米黒酢をベースに、みかん酢をブレンドした「おいしい黒酢」は、まろやかな酸味が特徴となるため、薄めれば飲料としてもピッタリとなり、好評です。もちろん酢豚など、各種料理の材料としても最適となっています。

季節の変わり目は、気温の変化なども大きくなることから体調を崩しがちです。毎日を元気に過ごしていくために、是非とも習慣づけてみてはいかがでしょうか。

おいしい黒酢の口コミ評判

飲みやすく30ccを水30ccでわり飲んでます。娘が毎日飲んで、疲れが取れると
催促されてあげてますが、黒酢は健康目的に我が家にこれから欠かせないものです。

黒酢でこんなに美味しいのは初めて〜
やっぱり他では買えません〜(笑)

6位

坂元のくろず 360ml

坂元のくろず 360ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,058

屋外に並べられた壺畑にて、陶器製の壺に蒸し米、米麹、地下水を仕込み、1年以上の年月をかけて発酵、熟成。こだわりの原料と製法でつくり上げた純米黒酢となっています。

まろやかでいてコクのある風味は、飲料としても飲みやすく最適。その秘密は、良質な原料によるアミノ酸、有機酸などによるものとなっています。料理に使う場合はそのままで、飲用の際は、20ml~30mlを5倍程度にうすめた量が一日の適量となっています。

ラインナップは、ご紹介の360mlタイプのほか、1000ml、700ml、150mlを用意。お好みに合わせ、お好きな容量を選ぶことができます。

坂元のくろず 360mlの口コミ評判

リピーターです。
毎日 朝 お味噌汁に入れて飲んでます。
買出しに行かなくて助かってます。

5位

坂元のくろず紅麹 120粒

坂元のくろず紅麹 120粒

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,539

壺づくりの純米黒酢もろみ末に、悪玉コレステロールや中性脂肪にはたらきかけるとされる紅麹粉末を配合。飲みやすいソフトカプセルタイプで、毎日を忙しく過ごされている方などにピッタリとなる黒酢サプリです。

原材料は、サフラワー油、ゼラチン、米黒酢もろみ末、紅麹粉末、グリセリン、ミツロウを配合。1日4粒を目安量として、水や白湯などと共に飲みましょう。健康が気になる方、年齢を感じ疲れやすくなっている方などに特におすすめとなっています。

坂元のくろず紅麹 120粒の口コミ評判

1瓶飲み終わる前に職場の検診での採血結果、LDLはそれほど下がらなかったのですが、トリグリセライドが何年も下がらなかったのに、50ほど下がってました。 

黒酢がいいと聞き、飲み始めたのですが肩こりが軽減されているような気がします。終わったのでしばらく飲まないでいたら頭痛と肩こりがでてきたので再注文です。

4位

紫蘇黒酢 720ml

紫蘇黒酢 720ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 880

注目の米黒酢をベースに、免疫力向上にアプローチする、紫蘇葉抽出液を加えた紫蘇酢です。アミノ酸を豊富に含む黒酢と、必須脂肪酸であるα-リノレン酸、そしてポリフェノールを含んだしその葉を含み、高い健康効果を期待することができます。またりんご果汁を配合することで、さらに飲みやすくなっているのも嬉しいですよね。

飲用の場合には、紫蘇黒酢1(30~50ml)に対して、水2(60~100ml)を加えて飲みましょう。また紫蘇黒酢をあらかじめ冷やしておくことで、より一層美味しくいただくことができます。

3位

坂元のくろず 1000ml

坂元のくろず 1000ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,592

「坂元のくろず」の最大の特徴は、野天に並べられた陶器の壺で発酵・熟成を行う独自の製法です。こだわりのこうじ米をベースに、姶良カルデラの地下水で仕込むことで、良質な黒酢をつくり上げることに成功しています。

1年以上、長期熟成をすることで独特の味と香りを形成。味わい深さは他の黒酢と一線を画しています。もちろん、幅広い料理に活用することができるほか、薄めれば飲用としてもピッタリ。ご家族でたっぷりと味わえる1000ml容量となっています。

坂元のくろず 1000mlの口コミ評判

付属のカップ1杯を200ccのコップの水でうすめて飲んでいます。
飲み始めて10年になりますが、飲むととてもからだがスッキリした気分になります。これからの続けていきたいと思います。

もう、一年近く愛用しています。毎日一杯水で薄めて飲んでます。次第に疲れにくくなり、血圧も安定し、ダイエット効果もある。色々黒酢を試してきましたが、クオリティをかなり高いと感じました。

2位

井藤漢方製薬 ビネップル ざくろ黒酢飲料 720ml

井藤漢方製薬 ビネップル ざくろ黒酢飲料 720ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 350

黒酢飲料(りんご酢飲料のみ黒酢の配合なし)ながら、豊かなフルーツの風味で美味しいと話題のビネップルシリーズ。今回は、女性ホルモンに作用し、更年期障害の緩和などが期待できる「ざくろ黒酢飲料」のご紹介です。

ざくろならではの甘酸っぱい風味で、お酢が苦手という方にも飲みやすいと大好評。ストレートで飲むのはもちろん、お好みによりソーダ割りや、フルーツポンチの材料として、またヨーグルトにかけるなどしてもおすすめとなっています。

井藤漢方製薬 ビネップル ざくろ黒酢飲料 720mlの口コミ評判

健康のために購入したが、美味しすぎる。これは飲みすぎても大丈夫なんだろうか。お酢なんだから大丈夫さ、と言い聞かしてすぐ全部飲んじゃいます。キンキンに冷やして飲むと格別に美味い。
風呂上りとかも本当に美味い。

おいしいです!だーい好き💕
ブルーベリー、リンゴ、酵素と飲みましたが私はザクロが一番好きです!
ザクロは女性の味方ですしね!

1位

オリヒロ 純玄米黒酢 720ml

オリヒロ 純玄米黒酢 720ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 409

瀬戸内海産となる玄米と水からつくられた純玄米黒酢。匠の技により濃厚な味わいと深みを実現し、幅広いシーンで活用することができる黒酢を作り上げました。

飲用の際には、1日20ml程度を目安に、水などで薄めて飲みましょう。また黒酢と蜂蜜を1:1で混ぜ合わせ、さらに水で薄めて飲む方法もおすすめ。蜂蜜のまろやかな甘みがプラスされ、飲みやすくなるだけでなく、さらなる健康効果も期待することができます。もちろん、料理酢として使うこともOKです。

オリヒロ 純玄米黒酢 720mlの口コミ評判

はじめはあまりの飲みやすさに驚き
これで大丈夫なのかと不信感さえもったほどですが、
ただ効果はこれまでの飲みづらいものと変わりません。

値段もお手頃で文句無しの優良品です。

注文から2日で届き、すぐに蜂蜜と水
で薄めて飲みました。飲み易いです!
これなら続けられる♪
あと大好きな黒酢炒めやドレッシング
にも使えるので苦手な料理も楽しめそ
うです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

黒酢の効果的な使い方

女性とグラス

いよいよ黒酢を手に入れたら、適切な摂取量や、飲み方などについて知っておくことが大切です。より黒酢による健康効果を引き出すためにも、以下の活用法を覚え、取り入れていくことをおすすめします。

黒酢を飲む量を覚えよう

黒酢を飲用として取り入れる場合には、手に入れた黒酢に関する適切な摂取量を把握しておきましょう。

はじめにパッケージで目安量を確認

黒酢は純度をはじめ、希釈するタイプか、ストレートのドリンクタイプかによっても一日の目安量が異なります。つまり、黒酢のタイプや種類によってそれぞれ違いがありますので、商品パッケージなどを確認し、目安とする量を覚えておくことが大切です。

まずは少なめの量からスタート

黒酢の適切な摂取量は、年齢や体重の違いによっても多少異なることがあります。また、飲み慣れているか、そうでないかによっても効果に違いが生じてくるかもしれません。黒酢を飲み慣れていない初心者の方については、まずは表示されている量より少なめで摂取を始めていき、身体の健康状態によって量を加減するようにしていきましょう。

飲みすぎには注意して

黒酢を飲む量が足りないという場合には、それだけ健康効果も薄いものとなってしまう可能性があるでしょう。それならば次回より量を増やして試せばよいのですから、それほど心配はありません。

ただし、美味しいからといって飲み過ぎてしまうことには注意しましょう。黒酢は、主成分が「酢酸」と呼ばれる酸性の成分となっています。酢酸は体内でクエン酸へと変化し、疲労回復効果や内蔵脂肪の減少などにはたらきかけるのですが、摂り過ぎてしまった場合、酸によって胃腸を傷つけてしまう恐れがあるのです。

胃腸にダメージが与えられると、消化不良を招いたり、腹痛や下痢などの原因となってしまうことがあります。特に普段より胃腸が弱い方については、飲む量に注意して飲むよう心がけましょう。

飲むタイミングを考えよう

飲む量について確認ができたら、続いて飲むタイミングについて考えていきましょう。

数回に分けて飲むとよい

黒酢は、一日の適量とする範囲内を数回に分けて飲むことをおすすめします。少しずつ飲んでいけば、先程も触れたように胃腸へのダメージを最小限に抑えることが可能となりますので、守るようにしていきましょう。

食中や食後すぐの飲用がベスト

胃への負担を考慮した場合、やはりダメージのリスクを抑えるためにも空腹時の飲用は避けた方がよいでしょう。酸による刺激を和らげるためにも、胃の中に食べ物を含んだ食中、または食後の飲用が最もおすすめです。

食後に飲む場合の注意

先程もご説明したとおり、食後に黒酢を飲用することは、胃への負担の面ではベストタイミングとなっています。しかし、口内環境の面を考慮すると、気をつけていかなくてはならないことを覚えておきましょう。

酸性となっている黒酢の注意点としては、飲んだ直後の口の中や歯が、酸にさらされることになります。つまり、酸によって歯のエナメル質が溶けやすい環境となっていますので、歯へのダメージがリスクとして生じることになるのです。食後に黒酢を飲んだ場合、黒酢の成分によって歯が傷まないようにするためには、口を水ですすぐなどの対応をしていきましょう。このひと手間があるだけで、グッとリスクを抑えることとなります。

また、黒酢を飲んでからすぐの歯磨きはおすすめできません。なぜならば、歯磨きの刺激によりさらに歯を削ってしまう危険性があるからです。歯磨きは、飲用後30分ほど経過するのを待ってから行うことで、歯の傷みを防ぐことが可能となるでしょう。

黒酢を美味しく飲むためのアドバイス

飲み物を持つ女性

健康効果が高いとされる黒酢。せっかく取り入れることになったのですから、より美味しく味わいたいものですよね。ここからは、黒酢を飲用する際におすすめしたい摂取方法をご提案していきたいと思います。

水で希釈するのが基本

黒酢の最もポピュラーな飲み方といえば、水で希釈して味わう方法ですよね。パッケージに記載されている割合を基に水を加えることで、飲みやすく、健康に摂取することが可能となります。黒酢の酸味に慣れていない、という方は、水の量を多めにして飲んでもよいでしょう。胃への負担を考え、希釈タイプを原液のまま飲むことはおすすめできません。

砂糖や蜂蜜を入れても

黒酢の酸味を和らげる方法として最もおすすめなのが、砂糖や蜂蜜などの甘味を加え飲んでいくことです。黒酢特有の酸っぱさが抑えられることで、まるでジュースのように気軽に飲むことが可能となるため、お子様などにもおすすめとなっています。

ただし砂糖などを入れる際に気をつけたいのが、カロリーの問題です。ダイエット目的に黒酢を飲用されている方などは、カロリー計算をした上で加えることがポイントとなっています。

炭酸水で希釈するのもいい

糖分が含まれていない炭酸水で希釈すれば、ローカロリーな上、水を上回る清涼感で、さらに飲みやすくおすすめです。

お湯で希釈しホットに

黒酢をお湯で希釈すれば、あっという間にお手軽ホットドリンクの完成です。身体の芯から温まる効果が期待できるため、冷え性の方などはいかがでしょうか。こちらも、蜂蜜などを混ぜるとさらに美味しくなりますよ。

その他の活用方法について

黒酢は、飲む以外であっても摂取する方法はたくさんあります。積極的に黒酢を取り入れていきたい方、また飲むことを苦手としている方などは、こちらの活用方法を参考にするとよいでしょう。

料理に取り入れる

もちろん、いつものお酢の代わりに、黒酢を使うこともおすすめです。一本あれば、中華料理だけではなく、すし飯や煮物など、日本食でも幅広く活躍することとなるでしょう。

デザートの材料として

比較的まろやかな味わいとなる黒酢は、デザートの材料としても幅広く活用することができます。ヨーグルトにかけるだけでもいいですし、ゼリーとして固めたり、フルーツと共にソース代わりとして使ってもマッチするでしょう。

黒酢の種類によっては、各種フルーツの味が楽しめるタイプも登場しています。このような黒酢を用いることで、より美味しいデザートを作ることができそうですよね。

まとめ

今回は黒酢をテーマに、おすすめしたい選び方をはじめ、人気となっている黒酢商品のランキング、そして適切に飲んでいくための注意事項や、取り入れ方のご提案などについてご覧いただきました。

黒酢は、100%純粋な黒酢のほか、飲みやすさを追求してさまざまな配合がされているものなど、豊富なラインナップの中から選ぶことができます。黒酢で健康効果を得るためには、日々の継続が大切です。

また毎日飲み続けていくためには、自身が飲みやすいと感じる黒酢を選ぶことがポイントとなりますので、出来れば試飲などを行い、美味しいと感じられる黒酢をチョイスしていくことがおすすめとなっています。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.