1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンクドリンクジンのおすすめ人気比較ランキング!究極に美味しいのは?

2018/01/30更新

ジンのおすすめ人気比較ランキング!究極に美味しいのは?【2018年】

シェイカーとグラス

ジンというとちょっとオシャレな印象のあるお酒、というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。そのせいもあってか「敷居が高い」なんて思われることも。もちろんなかには高級なジンもありますが、それほどまでに敬遠する必要はありません。気軽に飲める物も沢山あるんです。

今回はそんなジンをおすすめしたいものを中心にご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

ジンの選び方

リキュールボトル

どのようにジンを選べばいいのかわからない、という方にも簡単にジンの違いや選び方のポイントをご紹介していきたいと思います。まずは難しいことを考えず、そんなふうになっているのか、ぐらいの気持ちで知ってみてください。

ジンは大きく分けると4種類

ジンと言うお酒はどれも同じ、というわけではなく大きく分けると4つに分類することができます。それぞれの違いを簡単に分けてご紹介していきましょう。

ドライジン

まずひとつめはドライジン。ジンのなかでも主流といわれており、バーなどでジンを頼めばこちらが出てきます。製造方法に特徴があり、蒸溜回数は二回です。これによって雑味の少ない仕上がりとなり、飲みやすくなっています。

ジュネヴァ

続いては昔ながらの製法としてもおなじみのジンになります。製造方法においてより濃さを重視した造りとなっており、濃厚さや風味をより味わえるものとなっています。とろっとした口当たりと甘みはジュネヴァならではでしょう。

シュタインヘーガー

こちらは香り付けに生のジュニパーベリーを使用していることが特徴で、甘さや風味も控えめになっています。ドイツのシュタインヘーガーで生まれた、そのままの名前がついているもの。飲みやすいジンを、と思われるのでしたらこちらがおすすめです。

オールド・トム・ジン

基本的な製造方法はドライジンと同じなのですが、そこへ砂糖を加えて造られるのがこのオールド・トム・ジンです。ジンの中でも糖分が加わることで甘口に仕上がっており、また他の物とは少し違った味わいを感じられるでしょう。

まずはオーソドックスに

ここまでご紹介してきたなかで、自分はこれがいいかも?と思われたかもしれません。もし迷った場合は、まずはドライジンから試してみるといいでしょう。今現在のオーソドックスなジンとして扱われていますので、まずはそこから。慣れてきたらいろんなものを楽しんでみるといいでしょう。

ジン人気おすすめ商品TOP8

それではここからは、おすすめしたいジンをランキング形式でご紹介したいと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

サントリー ビーフィーター ジン47度 750ml

サントリー ビーフィーター ジン47度 750ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,683

誕生は1820年と長い歴史を誇るビーフィーター ジン。製法のいちばんの特徴はその工程にあると言われています。高品質なグレーンスピリッツ(アルコール濃度95%以上に蒸留したもの)に24時間、一日という時間をかけてボタニカルを浸漬させるスティーピングにこだわりを持っているのです。これによって旨味や風味などをより深く味わうことができるようになっている、といわれています。

近年新しくなったボトルはよりロンドンを感じさせるデザインです。

サントリー ビーフィーター ジン47度 750mlの口コミ評判

40度よりも47度の方が、しっかりとした味わいで呑みごたえがある。
特有の薫りは好き嫌いが出やすいが、癖が少なくカクテルベースとして不動の人気を得ているだけあって、初心者でも呑みやすい。

冷凍庫に入れるとトロトロになります
それをそのままキュっと飲むと最高です。
暑い日にレモンやライムをいれて炭酸水で割ると甘くなくさっぱり飲むのが好きです。

7位

ヘンドリックス ジン 44度 700ml

ヘンドリックス ジン 44度 700ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,475

スコットランドのウイスキーメーカーとして知られる「ウイリアム グラント&サンズ社」から販売されているジンです。こちらのジンの大きな特長といえば、原料にキュウリとブルガリアンローズというバラのエッセンスを使用しているという点でしょうか。香りは華やかさを感じられる柑橘系の香りがとても上品。味わいは優しく、喉にもするりとなめらかでほどよい苦味と香りが口いっぱいに広がるでしょう。

カクテルとしてはもちろん、ロックやストレートなどさまざまな楽しみ方があります。

ヘンドリックス ジン 44度 700mlの口コミ評判

ライムとともに最高のジントニックを味あわせて頂いています。
他の組合わせは考えられません。超お薦め!!

薔薇に由来する華やかな香りと非常に滑らかな口当たりのとっても飲み易いジン。
ハードリカーがそんなに得意じゃない人でもロックでカパカパいけちゃうぐらい飲み易い。

6位

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU 700ml

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU <六> 700ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,059

日本の四季の中から生まれたジャパニーズクラフトジンです。魅力は何といっても6種のボタニカルを使用しており、日本らしさを感じられるところでしょうか。その6種のボタニカルは旬の時期に合わせて収穫・蒸溜されていることから最大限に味を引き出す工夫がされています。桜花・桜葉・煎茶・玉露・山椒・柚子、ぜひそれぞれの味わいをお楽しみください。

しょうがを使ったオリエンタルジントニックも美味ですので、試してみてはいかがでしょうか。

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU 700mlの口コミ評判

ジン大好きで良く飲んでおります。 このジンは繊細な味が楽しめます。 ロックでもジントニックでも美味しいです。 しかも翌日もスッキリで悪酔いしません。外人へお土産としてあげたところ瓶の日本的な美しさに大喜びでした。

深い味わいがありおいしいです!!
大人のお酒ですね。また買いたいです。

5位

プレミアムジン タンカレー ナンバーテン (NO10) スピリッツ・ジン 47度 700ml [並行輸入品]

プレミアムジン タンカレー ナンバーテン (NO10) スピリッツ・ジン 47度 700ml [並行輸入品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,398

厳選されたボタニカルに加え、生のフルーツを加えることでより繊細な、洗練された味わいを楽しむことができるでしょう。みずみずしいオレンジやグレープフルーツ、ライムやカモミールといった爽やかな香りは、口のなかに優しく広がっていくことでしょう。深みや香り、上品さをお求めの方にはピッタリです。

世界で唯一のフレッシュボタニカルを使用した高級ジン、今までにない新しい味わいを堪能したい方はぜひ一度飲んでみてはいかがでしょうか。

プレミアムジン タンカレー ナンバーテン (NO10) スピリッツ・ジン 47度 700ml [並行輸入品]の口コミ評判

美味しい!の一言です。本来割らずに味わうのが良いらしいですが、ライムとトニックウォーターで割って飲んでいます。高級なバーのジントニックの味が自宅で楽しめます♪

お酒が好きなので色々飲みますが、ジンは結局これだなと。
キンキンに冷やしたジンをトニックウォーターで割ってライム少々、これだけで至福の一杯に。
ジンが好きなら是非ともオススメします。ロックでも美味しいですよ。

4位

タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml

タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,080

1830年創業以来、4回蒸留するという製法で造られつづけてきたジン。こだわりの製法によってその洗練されたキレと味わいは、他ではなかなか味わうことができないものかもしれません。世界でも6人だけが知っている製法やレシピはすべて門外不出のもの。180年の歴史を守るその品質や味わいは、一本一本から感じられることでしょう。

フレッシュジュースを組み合わせることでより美味しいカクテルを楽しむことができます。おすすめです。

タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750mlの口コミ評判

美味しいです。大好きなジンです。冷凍庫に入れキンキンに冷やし、甘めが好きならトニック、辛めが好きなら炭酸で割るのがおすすめです。トロっとしたストレートで飲むのも大好きです。

ジンはもともと好きで、色々な割方で頂いていますが、このジンはその中でもすっきりと飲みやすいと感じています。もっと安いジンも沢山ありますが、おいしさを求めるならおすすめです。

3位

サントリー ビーフィーター ジン40度 700ml

サントリー ビーフィーター ジン40度 700ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,127

現在もロンドンにて造られているジンは、創業から秘伝のレシピを守り続けることで今日まで変わらぬ美味しさを維持し続けています。その風味は爽やか、口に広がる柑橘系の香りは納得の美味しさでしょう。ボタニカルの千別から完成後の味のチェックまで、厳しく行われたジンはそれだけの手間隙がかかっているのです。

さまざまなカクテルのレシピにもぴったり、ひとつだけではなく豊富な楽しみ方をできるのもこちらのジンの魅力でしょう。

サントリー ビーフィーター ジン40度 700mlの口コミ評判

安定のビフィーダー
値段味共にバランスがとれコスパに優れた商品
もっとおいしいジンはあるだろうがビフィーダーに不満を持つ事はない

ジンはあまり飲んだことが無かったのですが・・・、柑橘系の味が好きになりました。お薦めです!

2位

ボンベイ・サファイア 750ml

ボンベイ・サファイア 750ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,800

その名前のように美しいサファイアを思わせる瓶は、そのままインテリアとして飾りたくなってしまいそうです。しかし見た目だけでなく味わいにももちろんこだわりは十分。世界各国から厳選した10種類ものボタニカルを使用することで、一般的なジンよりもより深い香りを味わうことができるでしょう。独特な製法によって造られていることから、それによってより華やかさも加わっています。

こちらでしか味わうことができない華やかなジン、ぜひ一度ご賞味あれ。

ボンベイ・サファイア 750mlの口コミ評判

お酒の門が無く非常にまろやかです。
此れなら、余りお酒が好きでない人でも飲めるのではないかと思います。

ジン好きなら外せないかと
味もいいですが、ボトルの美しさが目を引きます
空いたボトルに水を入れてウォーターピッチャーとして使ってます
実用性は別として、とっても綺麗でおしゃれですよ

1位

季の美 京都ドライジン 箱入 700ml

季の美 京都ドライジン 箱入 700ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,690

日本で初となるジンに特化した蒸溜所、京都蒸溜所で造られたこちらはプレミアムクラフトジン。英国と京都、それぞれの伝統を融合させることがで生まれた、とても特別なジンになっています。通常の蒸溜とは違った独特な製法を用いるのが大きなポイント。それぞれのボタニカルを特性に応じてグループ分けし、別々に蒸留することで素材を最大限に行かす工夫がなされています。

ロンドンスタイルに和のテイストを加えることで出来上がった一本といえるでしょう。素材だけでなくパッケージデザインにまでこだわりを盛り込むなど、これだけでしか堪能することができない味わいがここにあります。

季の美 京都ドライジン 箱入 700mlの口コミ評判

締りのあるジンの香りのあとに華やかに香るフルーティな香り。のんびりと楽しむにはもってこいの酒です。個人的にはロックがおすすめです

最初はトニックウォーターで割って飲んでいましたが、
ソーダで割ってみたら・・・うまい!!
柚子以外にもドライな感じと程よい苦みが際立ってくるのがGOOD。
ロックでも美味しかった。
氷が解けてくると感じられるボタニカルが変化する。面白い。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ジンの効果的な使い方

ジンとおつまみ

ジンというお酒の飲み方は実にさまざま。一般的に知られるのはジントニックやマティーニといったカクテルとしての飲み方でしょうか。しかしそのままストレート味わうのもおすすめで、よく冷やしたものは最高にうまいと口を揃えて皆評価されているようです。ジンの特性上、40度という高いアルコール数であるため冷凍庫に入れても凍りません。むしろ、凍らせることでまろやかさが増す、とあえて冷凍庫に入れておく方もいるようです。

ジンはそれぞれ使用されているボタニカルが違うことで、味わいもまた変わってきます。そのため甘みを感じやすいものやキレのあるものなど、同じジンでも全く違った味わいを感じられることも。より色んな魅力を知ってみたい、という方はその違いを楽しむのもおすすめです。女性にも飲みやすく、もちろん男性にも好まれやすい味わい。さまざまな組み合わせを楽しみながら、よりジンのうまさを追求してみるのもまた楽しいかもしれませんね。

レシピなど、ジンの美味しい楽しみ方はたくさん紹介されているかと思います。バーなどへ行かなくとも、自宅でもフルーツや炭酸水などを組み合わせることで十分満足した一杯をつくることはできます。爽やかな口当たりのものから試してみれば、それほどクセを感じにくいのでまずはジュース感覚で飲めるものから試してみるのもいいかもしれませんね。

ただし度数は高めのお酒であることは確かです。口当たりがよくついつい飲み過ぎてしまわないように、ほどほどの量から楽しめば問題ありません。ジンの魅力にハマりすぎないよう注意してくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ジンは試したことがない、なんとなく手を出しづらくて今まで飲んだことがないという方も意外と多いようですが、そんなにかしこまる必要はないかと思います。まずは手頃なものから試してみて、自分好みの味わいをみつけるというのも一興。色んなレシピを試してみてはいかがでしょうか。

ぜひ百聞は一見に如かず、自分だけの「究極の美味しさ」を追求してみてくださいね。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.